FC2ブログ

呉市 休山ハイキング

14日にS先生が院内でされているハイキングクラブの会の第百回記念登山に
お声を掛けていただき、家内と参加しました。
8年前の4月に第1回目をスタートされた時にも参加し、50回目のBBQと
今回のハイキングに参加できありがたいことです。先生は本当によく毎月
継続されたものだと敬服いたしました。

病院に集合し、亀山神社横を通っていきます。
丁度、秋祭りで出店がたくさんありました。

   015-001_201810191718390da.jpg

休山は例会で一回歩いたので今回で3回目になります。

      016_20181019172605c87.jpg

山頂手前の展望岩から阿賀方面の展望です。

020_2018101917183650e.jpg

021_20181019171836246.jpg

024-001_20181019171837cbf.jpg

山頂で昼食をとって下山は宮原へ
呉市内の展望できるところが一箇所ありました。

028-001_201810191726040b4.jpg

先の7月の西日本豪雨でいたる所が崩れていました。
数箇所ある砂防提も土砂が埋まり次の豪雨があったらオーバーするでしょう

030_20181019172606a67.jpg

お花はまったく無くこの写真だけです。

031-001_20181019172608de6.jpg

民家のザクロの前で

033-001_2018101917260779c.jpg

亀山神社の賑わい

034_201810191726503ca.jpg

15時頃から百回記念の懇親会があり、たいへんご馳走になりました。
次の150回が4年後になるかどうかわかりませんが、元気でいたら
参加させていただきたいと思います。

『百回記念登山』おめでとうございます。
スポンサーサイト

ホトトギスが咲き始めました

2~3日前から一輪づつホトトギスが咲き始めました。
今までヤマジノホトトギスとばかり思っていましたが、よく調べてみると
セトウチホトトギスと分りました。

    P_20181005_085237-001.jpg

ヤマジノホトトギスとセトウチホトトギスの特徴は…
花被片と花柱には赤紫色の斑紋が点在し、花弁の中心部が黄色を帯びる。
雌シベは中央から3つに分かれ、先端はさらに2つに分かれる、
雄シベは6本で紫色の斑紋はない。

     P_20181005_085249-001.jpg

       P_20181005_085455 1-001

ヤマジノホトトギスは花披片下部に黄斑はなく、花柱と花糸に紫色の斑点がない。

180918IMG_4032.jpg
            
だそうだ…  写真をクリック→ + するとよくわかります。
確かに花柱に斑点が無く、花披片下部に黄斑も無い。

他にもまだ3種類のホトトギスがあるのでよく調べて更新します。

10月3日 belleの命日

今日はbelleの一周忌です。
不思議ですが、亡くなった午前2時40分頃に目が覚めました。
亡くなってからはリビングのTVの横にお骨を置いて毎朝お線香を
あげていました。

今日からは寝室の棚に移りました。
ここには十二支が置いてあるので仲間が多くて寂しくないと思います。

003-001_20181004134605163.jpg

そして、belleが亡くなった時家族にくれたお手紙もあります。

        001-001_20181004135642859.jpg

涙が出てきます…

例会で道後山へ

25~26日は例会で前日テント泊をしました。
秋の道後山は山野草もたくさん咲き、特にタンナトリカブトを期待しました。

ゆうゆう山歩クラブ(道後山) 063-001

前日は16夜で満点の星をみれればと思いましたが、生憎の曇り空で風も強く
何とか1枚撮れました。

ゆうゆう山歩クラブ(道後山) 010-001

可部テント組は神戸牛のBBQ、K森テント組は比婆牛のすき焼き
地元で買ったのですが、1080円/100gでこんな時でないと買えませんね…

ゆうゆう山歩クラブ(道後山) 005

ゆうゆう山歩クラブ(道後山) 006

久しぶりのテント泊でカープの試合を苛々しながら聞き、結局優勝はお預けで
不完全燃焼で寝ましたzzz

大山夏道コース

16日は7時に朝食を取り8時にペンションを出発…下山キャンプ場に
駐車場は満車で一番奥が2台空いていました…ラッキー

大山(chocoちゃんファミリーと) 015-001

大人でもしんどいこの階段を健くん、あずちゃんよく頑張りました。
途中、登山届けを投函して

大山(chocoちゃんファミリーと) 018-001

大山(chocoちゃんファミリーと) 017-002

大山(chocoちゃんファミリーと) 026-001

大山(登山道)で見られるかも知れない花の写真を見ながら歩きます。
子供たちは興味を持ってくれました)

大山(chocoちゃんファミリーと) 019-001

あずちゃん…「お花がない~」
「黄色のお花ばっかり~」

大山 M 008-003

ヤマボウシの実がなっていたので食べれることを教えましたが、もしもお腹を壊しては
いけないので食べるのは止めておきました。

大山 M 004-001

2,3,4,5合目と本当に頑張って歩きます。
こちらはもう、ぜいぜい、は~は~
6合目の避難小屋で中休止。
7合目辺りからついに
カッパを着て更に頑張ります。

8合目辺りでいつもの足攣り^^; chocoちゃん達に先に山頂へ行ってもらい
避難小屋で再会。
小屋は満員でした。雨とガスで景色は残念ながらNG
遅い昼食をとって、用を足し…
トイレは水洗になっていて、とても綺麗でした。
トイレ使用箱を探したが、ありませんでした?

下山途中の6合目避難小屋で

大山 M 003

      大山(chocoちゃんファミリーと) 028-001

ガスの登山道も幻想的で大好きです。

大山(chocoちゃんファミリーと) 029

大山(chocoちゃんファミリーと) 030-001

      大山 M 019-001

この花の名前は分りませんが、花の後に写っているが次の写真です。

大山 M 010-001

大山 M 009-001

あと少しで下山…
chocoちゃんとツーショット

    大山 M 022-001

次回はいつ一緒に登れるかわかりませんが、別れを惜しんで深い霧の中帰路へ
思いがけず、声を掛けてもらって登った大山。
10年の時が経っても元気で会えた事に感謝です…

溝口ICの途中、コスモスが咲いていました。

大山(chocoちゃんファミリーと) 034-001

大山(chocoちゃんファミリーと) 035-001

chocoちゃんファミリーと大山へ

more...

大佐山の山野草

トレーニングと山野草を撮りに大佐山へ行ってきました。
大佐山は丁度10年ぶりです。
スキー場のリフト沿いに登れば良かったのですが、右側を登ったので
ススキの茂った急坂を籔コギする羽目になり、エネルギーを使い切って
しまいました^^;

大佐山 004
          ツリフネソウ

リフトの中継点からはスキーゲレンデを登りました。
スキーゲレンデはどこも急できつい…

大佐山 006-001
          ヤマジノホトトギス

    大佐山 002-001
           ゲンノショウコ(白)→東日本   初めて見た

大佐山 008-001
           ゲンノショウコ(ピンク)→西日本

大佐山 009-001
           アキチョウジ

大佐山 016-001
           マツムシソウ

大佐山 017-001
           オミナエシ

一番上のスキーリフトからはススキの中を歩きます。

大佐山 019

ササに巻きついたツルリンドウ

       大佐山 021-001

大佐山 022-001

ニンジンソウもたくさん咲いています

     大佐山 024-001

大佐山 023-001

これは、ツリガネニンジン

    大佐山 026-001

山頂で珍しくもないかもしれませんが、ゴマダラカミキリ?がいました。

大佐山 027-001
           ゴマダラカミキリ

山頂まで約100分かかりました。→途中バテて何度も休んだので…

大佐山 028

お弁当を食べたので少し元気になりました。

大佐山 2 017-001

少し雲行きが悪くなってきたので急いで下山…
    
     大佐山 034-001
           ナルコユリの実

大佐山 030-001
            ヤマジノホトトギス 

        大佐山 2 014-001
            カワラナデシコ

       大佐山 2 005-001
           キミズヒキ
            
写真奥のゲレンデのまだ奥から登った…

大佐山 031

大佐山 2 004
           ヨツバハギ

大佐山 041-001
          シモツケソウ           

大佐山 038-001

     大佐山 040-001
           ヤブラン   

大佐山 036
           オトコエシ ?

登山口に下山するとほぼ同時に雨が   
下山は40分…

登っていた時に山道の草群にニコンクールデジカメが落ちていたので
まだ新しそうで、一応電源を入れてみたところ写真がみれました。
防水型だったのが良かったよう
撮影時が先月の8/21で若い4人家族の写真が写っていました。

近くの交番を検索すると帰り道にあったので拾得物の届けをしました。
3ケ月経過して持ち主が出てこない時は届け者の権利が有るそうなので
一応、サインしておきましたが、家に帰ってから山県警察署から電話が有り
携帯、カメラ等は個人情報に触れるので取得権利はないそうでした。
落とし主が警察に問合せをしてくれることを…   

サギソウ連舞

我家に来てから3年目…
サギソウが舞っています。

庭の山野草 サギソウ 011-001

10日前はまだ1輪しか咲いていませんでした。

庭の山野草 サギソウ 002-001

3輪目から一気に咲き始めました。
これは、絶滅危惧種に指定されており、現在鉢に3~40株植えています。
6月の霧が谷湿原再生地の整備に行った時、刈尾茶屋のところで野菜などを
売っているところで、地元のオジサンにサギソウの育て方を教わりました。

1~2株づつ分けて植えたほうがいいそうでした。
来年は植え替え時期をよく調べて、分けようと思います。

庭の山野草 サギソウ 010-001

黄色っぽいところが頭で口ばしのようです。→クリック・+でよくわかります。
このサギソウは信州から近所にいる同級生のお母さんが買って帰られて
増やしたのをいただきました。
改良種ではないので貴重です。

深入りしませんか…深入山へ『動物・山野草自然観察会』

25日にNPO西中国山地自然史研究会主催の自然観察会に参加しました。

深入りしてみませんか…深入山へ 2 001-001

いこいの村で机上講習があり深入山自然観察会の資料として、生育数の数、
構成種の数、絶滅危惧種の数などについて勉強のあと、深入山元スキー場辺りと
南登山口辺りの蝶や山野草の説明を受けました。

この看板は3月から2箇所に立てられています。
昆虫採集は昔は自由にされていましたが、絶滅危惧種が増え、保護していかなければ
いずれは絶滅することになります。

山を愛するものは自然を守っていきましょう。

深入りしてみませんか…深入山へ 2 008

深入りしてみませんか…深入山へ 2 005

深入りしてみませんか…深入山へ 2 009

深入りしてみませんか…深入山へ 003

深入りしてみませんか…深入山へ 009-001

ツリガネニンジンかシャジンか見分けが難しい山野草です。

      深入りしてみませんか…深入山へ 013-001

深入りしてみませんか…深入山へ 016-001
          ミヤマママコナ

     深入りしてみませんか…深入山へ 018-001
          ホソバシユロソウ

観察していたらマムシが出てきました。
予測されていたようで捕獲道具を準備されていました。

深入りしてみませんか…深入山へ 022

もう一つ、珍しい植物をみました。
珍しいというか、気がつかなかった植物です。
葉っぱがナツハゼに似ていて、実もついているが実がブルーベリーです。

深入りしてみませんか…深入山へ 019-001

これは、アラゲナツハゼといってブルーベリー近縁種だそうです。
ナツハゼは低山にあり、アラゲナツハゼは高山にあることがわかりました。
これからはよく注意して探してみたいと思います。

登山南口に保護されているウメバチソウはまだ早かったです。
他にもいろいろ観察しましたが、深入山はここ3年、山焼きが気候の関係で
中止になってドングリ系の木が太くなり、草が聖高くなっているので山野草が
育たない状況です。

参加者がスタッフ入れて28人?…参加者の多いことに驚きました。
S間さん、K野さん、N島さん、U野さん、O竹さん、M田さん、K手さん、W田さん、
yositarou君、いろいろありがとうございました。

2度目の須佐のフォーンフェルス

盆の12~13日、益田へ行ってきました。
観光するところがないので、娘が行ったことのない須佐のフォーンフェルスへ
行きました。

004-001_20180820100520b75.jpg

段々近づきます。

007-001_20180820100521042.jpg

      014-001_201808201005234fe.jpg

010_20180820101555171.jpg

008-001_201808201005218cb.jpg

12日は息子のところに泊まって13日は長門の仙崎港に美味しい、新鮮なお魚が
食べれるところへ連れて行ってくれました。

037-001_20180820101027c9e.jpg

036-001_2018082010081022c.jpg

035.jpg

034_20180820100809d3d.jpg

033_20180820100807934.jpg

仙崎港の眺め

038_20180820101029f29.jpg

帰りは浜田経由で何年か前にbelleときた夕陽の見える丘で夕陽をみました。
belleと写真を撮ったところははっきりと覚えていて、つい涙がでてきます。

024-001_20180820100523a3b.jpg

031-001_20180820100805e9c.jpg

どこへ行くにもbelleと一緒だったのでとても悲しくなりますが、まだまだ跡をたどって
いきます。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク