木垣リフォームの完成

延べ、3日間で完成しました。

004-001_201806181413463d9.jpg
          完成

因みにリフォーム前は…

005_201806141829318dd.jpg

ここの部分を作りかえしました。

      010_201806141829321e1.jpg
          ビフォー

001-001_20180618141343b73.jpg

003-001_20180618141344d9b.jpg
          アフター    

他はペンキを塗っただけですが、3リッターくらいいりました。
木が古くなっているので、塗っても浸み込んでたくさんいりました。

002-001_201806181413452ed.jpg

でも、業者に頼んだら3~4万は軽く請求されたと思うので…
自画自賛。よくやった。。
→家内も助手をしてくれたので、できたのですが…   
スポンサーサイト

尾道の七佛めぐり

先週ですが、娘が2年位前に七佛巡りの残り1寺残していたのを
完結するためと、家内が以前から行ってみたいといっていたので
行ってきました。
JR尾道駅近くからスタートするので、近くの「イオン尾道店」に車を
停めさせてもらいました→勿論買い物をして

    005-001_20180618141347614.jpg

左上の持光寺が残っていたところで、一番に行きました。
そして、満願成就を押してもらい、掛け軸をいただきました。
本当は、持光寺が観光案内でも一番めになっていますが、娘は東京の友達と一緒に
行ったので、時間の関係で最後から巡って、結局時間切れで残ってしまったようです。

尾道・七佛めぐり 002
          持光寺(延命祈願)

別名、あじさい寺といわれていてあじさいが満開でした。

   尾道・七佛めぐり 004

尾道・七佛めぐり 003

江戸時代の女流画家の 平田玉露のお墓が有りました。

尾道・七佛めぐり 005

次は天寧寺坂を下って、病気平癒祈願の天寧寺に…

    尾道・七佛めぐり 023-001
          重文 三重塔

狭い道を辿って歩きます。

尾道・七佛めぐり 007

いよいよ、千光寺です。

尾道・七佛めぐり 008

5月連休にTVで報道された、脱囚者の因島です。

尾道・七佛めぐり 009

     尾道・七佛めぐり 011
                             夫婦岩

石鎚山の「くさり山」があったので、勿論登ります。奉納料100円です。
ほとんど人は登っていません。怖いと思います。

尾道・七佛めぐり 013

尾道・七佛めぐり 066

       尾道・七佛めぐり 067

登りきると石鎚杜が有りました。
ここからは行き止まりでぐるっと戻らなければなりません。

尾道・七佛めぐり 012

尾道・七佛めぐり 014

      尾道・七佛めぐり 015
          鏡岩

尾道大橋が近くに見え出しました。

尾道・七佛めぐり 019

千光寺から展望台へ行って見ます。
馬って書いてありました。

尾道・七佛めぐり 018

千光寺から学問の神様、菅原道真にゆかりのある、大山寺へは「猫の細道」というところを
歩きました。
平日なのでほとんど人はいません。

尾道・七佛めぐり 024

尾道・七佛めぐり 025-001

良神社が有りました。

尾道・七佛めぐり 026

千光寺ロープエー駅から直ぐのところに「御袖天満宮」があります。

   尾道・七佛めぐり 028-001

もう何年も前の映画「転校生」のシーンで男女の高校生が階段から落ちて
二人が入れ替わるって面白い映画でした。

    尾道・七佛めぐり 033
           登り階段  
    尾道・七佛めぐり 035
           下り階段

     尾道・七佛めぐり 034
          御袖天満宮(学問の神)

並びに大山寺があります

尾道・七佛めぐり 037

大山寺には「21世紀の新三猿」というのがあって、『見ざる、言わざる、聞かざる』とは
真逆の『見てご猿、言うてご猿、聞いてご猿』といい、「よく見て、よく言って、よく聞こう」と
いうのがあったようですが、見落としてしまいました。

また、ここからは千光寺を見渡すビューポイントだそうです。

尾道・七佛めぐり 036

続いて「西國寺」です。

尾道・七佛めぐり 038-001

尾道・七佛めぐり 042
       
そして、今崖崩れで拝観禁止になっていた三重塔へも行ってみました。

    尾道・七佛めぐり 040-001

西國寺は【健脚祈願】のお寺でそれが何でか分りました。
お参りするのが逆になったので下りて来てこの山門(仁王様)が有りました。

尾道・七佛めぐり 048

大きな草鞋が奉納されています。

    尾道・七佛めぐり 050

あと、二寺を残すことになりましたが、一時を過ぎてお腹も減ってきたので
店を探しに本通り商店街のほうへ移動しました。

飲み屋街で食事できそうなところがありません…
やっと、一楽という中華やさんがありました。
普通にラーメンと、冷ラーメンにシュウマイを注文。
珍しいちまき?があったのでテイクアウト。

尾道・七佛めぐり 063-001

お腹も落ち着いたので浄土寺(必勝祈願)
本堂は国宝です。

尾道・七佛めぐり 054-001

日本三大名塔の一つ、国宝の多宝塔らしいです。鎌倉時代末期の建築

    尾道・七佛めぐり 056

いよいよ最後の海龍寺(技芸上達祈願)へ

尾道・七佛めぐり 060-001

文楽の墓がありました。
鎖岩というのがあったのですが、忘れていました。

さ~これで七佛巡りは終了。
約5時間かかりました。
これから尾道駅までバスで移動。
娘から行ってみたら良いよって聞いた「おやつとやまねこ」の尾道プリンを探しに…

駅から直ぐのところにありました。
何人か並んでいました。
3つ買って帰りました。

尾道・七佛めぐり 062

お寺といえば、石階段…
段数は数えなかったけれど、トータルでは5~600段?
いい運動になりました。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

私ではなく、息子の買ったもの

先月末に息子が帰ってきた。
4月に車を買い換えるとは聞いていたが、車は何かはお楽しみにしていた。
13年間VW Gorf GTIのに乗っていたが、ドイツ車は日本車に比べ内装、外装とも
マークⅡに比べると雲泥の差です。

004-001_20180614182931cba.jpg

003_20180614182929dbe.jpg

001_2018061418292857a.jpg

メレセデツベンツA180AMGなのでレクサス級の価格らしい。
聞いて驚いた…

今度、皆でドライブ旅行でもと思ったが、後部シートは狭く、乗り心地はあまりよくなさそうで…

日曜大工?

毎日サンデ-なので日曜大工ではないが、木塀の部分取替えをやってみた。
材は「西村ジョイ」まで買いに行った。
ここは木材の種類が大変多い。

玄関前の電柱側のところが朽ちている。
全部取り替えるとなると手におえない。
約13年前にプロに作ってもらったが、結構高かった気がする。

005_201806141829318dd.jpg

この部分…

      010_201806141829321e1.jpg

そして、6月15日に作業にかかった。
それは、また後日・・・

落慶法要

6月9日に寺町の「中原山眞行寺」の建替えの落成記念法要が有りました。

眞行寺落慶法要 001-001

2003年に15ケ年計画で浄財(ノルマ)が始まり、昨年春着工しやっと竣功しました。
設計図を見て、「なに…これ?」  「これ、お寺?」と疑うほどの建物。

眞行寺落慶法要 004

建て替え前のお寺

     14singyouji.jpg

大きなシュロだけが残されています。
まるで、マンションです。

この際なので、歴史を調べてみました。
中原山眞行寺は浄土真宗本願寺派のお寺で、住吉は高宮郡(現在の安芸高田市)
上町屋村にあって、真言宗から浄土真宗に転じ、佛寺を沼隈郡(現在の福山市)新庄村
中原に移した。
毛利時代に広瀬村(現在の広島市中区広瀬町)に寺領を賜り、福島正則の時に今の
寺町に南北二十間、東西三十間の免地を拝領した。
当寺の始祖を順空という。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安芸武田氏は清和源氏の流れを組む名門武士で、源義光(新羅三郎義光)を
武田氏の始祖とする。承久の乱(1221)で功績を上げた武田信光が鎌倉幕府か
ら安芸を与えられ(守護)た。当初は甲斐武田に住み、守護代を派遣していたが、
第10代武田氏信の時代から安芸に定住するようになる。
長録3年(1459)城主武田治信の嫡子義信は、甲斐から武田一族の僧正信を迎え
龍原(広島市安佐南区祇園8丁目(北下安龍原)=広島県立祇園北高校付近)に
本坊の「龍原山仏護寺」と塔頭を数坊建立した。その門前には12坊が並んだ、
左は甲斐から招いた甲斐6坊、右を安芸の地6坊といった。
なお、龍原12坊は後で2坊増置して14坊になったようであるが、12坊と称するのは
龍原の旧称によるという。
この14坊は武田氏滅亡後、多くは現在の「広島市中区寺町」に移っており、
今も現存している。また、下に記すように寺町に移っていない4ケ寺もある。  (「祇園町誌」)
今回、これらの寺院の現況を主に写真で追ってみた。
歴史的背景を知り各々の寺院を訪れると、14坊はもとから有力寺院であったが、
今なお地域を代表する規模と気品とを有して、歴史を感じられる 寺院が多いい。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この中の14坊の一寺のようです。
もう気品らしきものはまったく感じられなくなってしまった。

我家のお墓は爺さんの時(130年くらい前)に落合村(現在の安佐南区落合)末光から
ここへ墓を移したよう。
今の墓は3代目と聞いたことが有る。

いずれにしても、永代に継いで行かなければならないので大変です。
昨年は取り壊しの前に、父と母の13回忌と17回忌をしていたので
当分は安心。 

初めてのバードウオッチング

6月4日は4時起きで臥龍山の山頂手前の雪霊水辺りでメインは
アカショウビンの姿を見に行きました。
写真は明るく加工しています。

山楽サロン(バードウオッチング) 020-001

現地に5時頃着きましたが、もう2~3人のバードウオッチャーがカメラを
構えていました。カメラもでっかい望遠レンズを付けています。

野鳥の鳴き声はいろいろ聞こえてきますが、名前は今日の先生である
上野さんがいろいろ教えてくれますが、???です。
アカショウビンの声は何回も聞けましたが、残念ながら姿は見れませんでした。

場所を変えて行った先で コルリ の写真が撮れました。
一眼レフの望遠を持っていったのでここまで摂れました。

   山楽サロン(バードウオッチング) 033-001
          コルリ
   山楽サロン(バードウオッチング) 034-001

遠くの木の枝に コサメビタキ がいると教えてもらっても中々見つけられません
12倍の望遠鏡で探しながら、カメラを構えても撮れているかどうか分らず、
5~6枚撮った中で一番いいものです。
真ん中のコブのようなところが巣です。
写真をクリック + クリックすると右向きの可愛い姿が見えます。

山楽サロン(バードウオッチング) 029-001

ホウノキとトチノ木の違いを教えてもらいました。
葉がどちらもヤツデの葉くらい大きくて葉が一枚づつ落ちるのが ホウノキ です。

  山楽サロン(バードウオッチング) 040-001
           ホウノキのつぼみ

これは ハクウンボク です。
エゴノキ と花はほとんど見分けが付きませんが、葉っぱの形が違います。
とは言っても、エゴノキの仲間ですから似てて当たり前ですね…

  山楽サロン(バードウオッチング) 042-001

もう一度、アカショウビンのところで待ってみましたが、飛ぶ姿は見れません
でした。
麓に戻って、ブッポウソウ の巣箱を掛けてあるところに移動して…

ブッポウソウの姿を撮ることができました。
ただ、近づくと巣箱に戻ってこないので50m位離れて撮ります。

電柱に留まった写真なので電線が邪魔になります。

     山楽サロン(バードウオッチング) 054-001

   山楽サロン(バードウオッチング) 052-001

       山楽サロン(バードウオッチング) 053-001

写真に撮れた野鳥は3種類ですが、4年前に買った「日本で見られる287種 野鳥」の
本を調べながら、山野草、樹木も覚えては忘れ、これに野鳥が入ってくると
頭はゴチャゴチャになりそうで、山に入ったら小鳥の鳴き声に立ち止まって、
静かに辺りを見渡すくらいに留めておこうと思います。

ルーデンス斎(別荘)で撮った野草

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 023-001
          オドリコソウ

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 024-001
          ホトケノザ→ クリック + クリックしてみてください

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 028-001
          ムラサキサギゴケ

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 008-001
          アカツメグサ→クリック + クリックしてみてください

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 025-001
          カキツバタ

      ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 026-001
          シロ・カキツバタ

2日間、自然の中で汗を流し、野鳥を探し、花を撮って…
自然に感謝です。 

ひろしま「山の日」県民の集い…霧が谷湿原再生地整備

もう1週間前のことですが…
山の日の北広島会場で湿原再生地の刈り取り作業がありました。
4月は下流部でしたが、今回は上流部になります。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 002

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 001

今回は刈り取りしたものはそのままにしておきました。
1時間毎の休憩です。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 006

休憩時間に花を撮りました。
一株だけアケボノツツジが色鮮やかに咲いていました。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 003

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 009-001

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 012-001
           フジバカマ

刈り取られずに残したマムシグサ

     ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 013-001

カンボクは辺り一面、真っ白い花をいっぱい咲かせています。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 017-001

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 015-001
            カンボク
ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 016-001

2:45分に作業を終了しました。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 019

年2回の作業ですが、これを1回でも空けると湿原の再生が遅れます。
会員の方にももっと、積極的に参加して欲しいものです。

かりお茶屋の前ではジュニアツリークライミングの体験会をJACのメンバーが
4年前からやっています。26名くらいの参加があったようです。

今日は、「ルーデンス斎」に泊まって、翌日臥龍山・雪霊水辺りで
バードウオッチングを初めてします。

犬ケ岳から求菩提山への縦走

27日はお天気もよくなり7時にスタート。
うぐいす谷・恐れ淵別れまで車で移動。
林道合流までは沢沿いを300m標高差…
花を撮りながらゆっくりと

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 049-001

タニギキョウだと教えてもらいました。
初めて見たかもしれない?

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 050-001
           タニギキョウ 7:54

ハコネウツギかニシキウツギ(二色空木)のどちらか?

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 053-001

ガクウツギかコガクウツギのどちらか

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 054-001

まだ、写真を撮るゆとりが有りました^^
林道出会いにでました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 055
          林道出会い 8:27

林道出会いから林道を数回横切って笈吊峠までの急坂が第1関門

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 056
           8:28

苔むしたところも有ります。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 057-001
           9:04
    万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 058-001
           9:08 ?

笈吊峠から直ぐのところに笈吊岩が有って

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 063-001

2番か3番のどちらかを選ぶことに…

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 059
           2番

敢えてリスクを避けるために3番にしました。
結構こちらも急登で足場も悪く緊張しました。

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 060
          9:33 3番上り口

多分南海ドウダンではないかと?

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 062-001
          9:44

笈吊岩からは暫く尾根歩きで楽になりました。
休憩を取ったところで、Tちゃんがツクシシャクナゲを一輪見つけました。
ここらはツクシシャクナゲの自生地であと2~3週間前だったら満開だったはず…
見れないと思っていたので、一輪だけでもよしとする。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 065-001
           10:07

同じところを探してたら…
あった^^

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 067-001

疲れがが一変に飛びました。
ナンカイドウダンもたくさん咲いています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 068-001
          10:18 

見晴らしの良いところも有ります。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 071
          10:43 どの方向かはわかりません^^;

やっと、犬ケ岳山頂が見えてきました。

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 072
          10:46

石積みは右側が入口になっていて、避難小屋らしい

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 074-001
          10:52 犬ケ岳山頂
            
次の休憩地で
ナルコユリだと思いますが、主肋に白い線が?
葉縁が白いのはよく見ますが…

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 077-001
           11:43 

二の岳、一の岳を過ぎて求菩提山までの稜線は九州自然歩道で登山道はよく整備されて
いて、歩き易い、ブナが綺麗なところでした。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 079
           11:51

杉の宿跡の次は虎の宿跡の間が長かった^^;

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 081-001
          14:04
  
やっと、求菩提山に着きました。
山頂には国玉神社上宮が残っています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 085
          14:56

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 082-001
          タツナミソウ

イナモリソウをまた、Tちゃんが見つけました。
これも初めて見たかもしれません。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 083-001

      万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 088-002
           山頂(782m)
 
下山予定時間を1時間オーバーしてたので急ぎたかったのですが…
自然石を積んだ850段の急な階段は膝が悲鳴をあげていました。
この写真の階段はずっと楽なものですが、ここまでが巾が狭く急で疲れました。

      万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 089

鬼の石段というそうです。

      万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 090-001
          15:16

ここから下山口までが急下りでもう写真は撮っていません。
肩が痛くて悲鳴をあげていて、デポした車はTちゃんに取りに行ってもらいました。

途中の求菩提温泉・卜仙の郷で温泉(入浴料600円)に入って、帰路に… 
帰宅したのは22:40頃でした。山中、8時間40分のロングでした。

           

九州へチョッと

26日から27日にかけて大分、福岡へ行って来ました。
26日は大分の万年山へミヤマキリシマを見に…
27日が山開きという情報を得ていたので、大勢を避けるために前日にしました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 029-001

ここは何年か前の12月のクリスマス前後に来たことが有ります。
歩き始めて、まんじゅう岩が有りました。思い出しました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 001

それから牧草地へでます。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 004

後ろを振り返ると久住山が見えます。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 003-001

牧草地を暫く行くと左側にミヤマキリシマ園地が見えます。
見た限りでは茶色っぽく見えるのでもう終わっているのかも知れません…

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 005

近づくとピンクが所々に残っています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 009

園地へ行って見ました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 021-001

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 023-001

ピンクの多いところを見つけては奥へ入っていきました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 031

限がないのですが、撮りまくります…→あとで写真の整理が大変と分っていても

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 014-001

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 040-001

なんとかミヤマキリシマを見れて満足でした^^
それから急な長い階段を上がって山頂へ…

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 045

山頂からは360度のパノラマです。
面白そうな雲を撮ってみました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 043

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 044-001

風が強く、早々に下山…
ここから、福岡の豊前へ移動。
途中で道迷いをして、食料を買いだししてキャンプ場に1時間近く遅れて入りました。
管理人さんにはご迷惑を掛けてしまいました^^;

求菩提山キャンプ場
5人用バンガローで管理費込みで7000円でした。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 047

明日は出発時間を1時間早くして7時にすることにしてzzz~

岩屋の観音さんの樹木の花

九州の山行前の足慣らし?で岩屋の観音さんへ行ってきました。
ネジキの花がたくさん咲いていました。

020_2018052817403494f.jpg

あとは…

034-001_2018052817412359a.jpg
            ウツギ

035-001_201805281741245e7.jpg

032-001_201805281741228a8.jpg
          エゴノキ   

021-001_20180528174036c1f.jpg
           不明

023-001_20180528174037d42.jpg

028-001_20180528174039759.jpg
            不明

026_20180528174038bec.jpg
            山頂に咲いていたヤマツツジ

と言った具合に珍しいものは有りませんでした。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク