犬ケ岳から求菩提山への縦走

27日はお天気もよくなり7時にスタート。
うぐいす谷・恐れ淵別れまで車で移動。
林道合流までは沢沿いを300m標高差…
花を撮りながらゆっくりと

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 049-001

タニギキョウだと教えてもらいました。
初めて見たかもしれない?

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 050-001
           タニギキョウ 7:54

ハコネウツギかニシキウツギ(二色空木)のどちらか?

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 053-001

ガクウツギかコガクウツギのどちらか

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 054-001

まだ、写真を撮るゆとりが有りました^^
林道出会いにでました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 055
          林道出会い 8:27

林道出会いから林道を数回横切って笈吊峠までの急坂が第1関門

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 056
           8:28

苔むしたところも有ります。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 057-001
           9:04
    万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 058-001
           9:08 ?

笈吊峠から直ぐのところに笈吊岩が有って

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 063-001

2番か3番のどちらかを選ぶことに…

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 059
           2番

敢えてリスクを避けるために3番にしました。
結構こちらも急登で足場も悪く緊張しました。

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 060
          9:33 3番上り口

多分南海ドウダンではないかと?

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 062-001
          9:44

笈吊岩からは暫く尾根歩きで楽になりました。
休憩を取ったところで、Tちゃんがツクシシャクナゲを一輪見つけました。
ここらはツクシシャクナゲの自生地であと2~3週間前だったら満開だったはず…
見れないと思っていたので、一輪だけでもよしとする。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 065-001
           10:07

同じところを探してたら…
あった^^

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 067-001

疲れがが一変に飛びました。
ナンカイドウダンもたくさん咲いています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 068-001
          10:18 

見晴らしの良いところも有ります。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 071
          10:43 どの方向かはわかりません^^;

やっと、犬ケ岳山頂が見えてきました。

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 072
          10:46

石積みは右側が入口になっていて、避難小屋らしい

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 074-001
          10:52 犬ケ岳山頂
            
次の休憩地で
ナルコユリだと思いますが、主肋に白い線が?
葉縁が白いのはよく見ますが…

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 077-001
           11:43 

二の岳、一の岳を過ぎて求菩提山までの稜線は九州自然歩道で登山道はよく整備されて
いて、歩き易い、ブナが綺麗なところでした。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 079
           11:51

杉の宿跡の次は虎の宿跡の間が長かった^^;

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 081-001
          14:04
  
やっと、求菩提山に着きました。
山頂には国玉神社上宮が残っています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 085
          14:56

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 082-001
          タツナミソウ

イナモリソウをまた、Tちゃんが見つけました。
これも初めて見たかもしれません。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 083-001

      万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 088-002
           山頂(782m)
 
下山予定時間を1時間オーバーしてたので急ぎたかったのですが…
自然石を積んだ850段の急な階段は膝が悲鳴をあげていました。
この写真の階段はずっと楽なものですが、ここまでが巾が狭く急で疲れました。

      万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 089

鬼の石段というそうです。

      万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 090-001
          15:16

ここから下山口までが急下りでもう写真は撮っていません。
肩が痛くて悲鳴をあげていて、デポした車はTちゃんに取りに行ってもらいました。

途中の求菩提温泉・卜仙の郷で温泉(入浴料600円)に入って、帰路に… 
帰宅したのは22:40頃でした。山中、8時間40分のロングでした。

           
スポンサーサイト

九州へチョッと

26日から27日にかけて大分、福岡へ行って来ました。
26日は大分の万年山へミヤマキリシマを見に…
27日が山開きという情報を得ていたので、大勢を避けるために前日にしました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 029-001

ここは何年か前の12月のクリスマス前後に来たことが有ります。
歩き始めて、まんじゅう岩が有りました。思い出しました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 001

それから牧草地へでます。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 004

後ろを振り返ると久住山が見えます。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 003-001

牧草地を暫く行くと左側にミヤマキリシマ園地が見えます。
見た限りでは茶色っぽく見えるのでもう終わっているのかも知れません…

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 005

近づくとピンクが所々に残っています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 009

園地へ行って見ました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 021-001

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 023-001

ピンクの多いところを見つけては奥へ入っていきました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 031

限がないのですが、撮りまくります…→あとで写真の整理が大変と分っていても

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 014-001

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 040-001

なんとかミヤマキリシマを見れて満足でした^^
それから急な長い階段を上がって山頂へ…

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 045

山頂からは360度のパノラマです。
面白そうな雲を撮ってみました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 043

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 044-001

風が強く、早々に下山…
ここから、福岡の豊前へ移動。
途中で道迷いをして、食料を買いだししてキャンプ場に1時間近く遅れて入りました。
管理人さんにはご迷惑を掛けてしまいました^^;

求菩提山キャンプ場
5人用バンガローで管理費込みで7000円でした。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 047

明日は出発時間を1時間早くして7時にすることにしてzzz~

東赤石山~八巻山~西赤石山~銅山越~日浦登山口の縦走

11日は4時起床し朝食を取ってスタート

赤石山系縦走 035

寝具の方付けをし→元通りにしまう

赤石山系縦走 016-001

朝食は

赤石山系縦走 011-001

赤石山系縦走 014-001

5時に出発。
山荘から東赤石山分岐まで引き返し、東赤石山へ登ります。急登です。
9年前も同じ写真を撮っていました。

     赤石山系縦走 018-001

アケボノツツジがホンワリと可愛いです。

赤石山系縦走 020-001

これも、9年前に撮っていました。

赤石山系縦走 021

赤石山系縦走 026

途中すれ違った人がシャクナゲが一つ咲いていたと言っていたのがこれだと思います。

赤石山系縦走 027-001

山頂手前で霜柱が… 0度以下ってこと?

赤石山系縦走 028-001

東赤石山山頂(1706m)

       赤石山系縦走 030

赤石山系縦走 033-001

遠くに石鎚山が見えています。

赤石山系縦走 037-001

これからこの尾根を歩いて行きます。
ほとんど岩稜です。

赤石山系縦走 038-001

稜線上の分岐点

赤石山系縦走 039-001

マークがなく、岩についた足跡を頼りに岩稜を登ったり降りたり…
ずっと緊張しっぱなしです。

赤石山系縦走 041

八巻山を通っていくと下に赤石山荘が見えて来ました。

赤石山系縦走 043

怖いばっかりではなく、アケボノツツジが和ませてくれます。

赤石山系縦走 046-001

物住頭山頂(1625.8m)→なんて読むのかカナをうってて欲しい

赤石山系縦走 050-001

西赤石山へはまだまだ先です…
こんなのがあるからガンバレます。

赤石山系縦走 049-001

9年前に教えてもらったコリンゴが有りました。

赤石山系縦走 055-001

歩いてきたほうを振り返って…
本当によく歩いた…
昨日は両足が攣って、みんなに迷惑を掛けてしまったが、今日は打って変わって元気

赤石山系縦走 054-001

西赤石山へ(1625.8m)到着

赤石山系縦走 060

西赤石山から銅山越まではほぼ下り…

赤石山系縦走 062-001



赤石山系縦走 061-001

ツガザクラも咲いていました。

赤石山系縦走 063-001

歓喜間符跡に着きました。
美味しい水があって生き返りました。

赤石山系縦走 064-001

少し休憩をして日浦へ
ダイヤモンド水を目指して

       赤石山系縦走 067-001

9年前と変らず豊富な水量が有ります。
ダイヤモンド水の発見は、鉱脈を探すために1951年ボーリング調査をし、
この辺りを調べていた際、発掘で使用されていたロッドの先端が水脈にあたり、
水が湧き出ました。
このダイヤモンド水と名が付いた由来は、ボーリング調査で使用したロッドの先端の
工業用ダイヤモンドを散りばめられたビットが、調査終了後、回収不能となって地下
に残っていることからこの名前が付きました。

500ccほど持って帰り、コーヒーをドリップしました。
ダイヤモンドの味がしました。

001_20180516170942d9f.jpg

今日のコースは5時スタートし、日浦に下山したのが14:40分。
9時間40分のロング…
ほぼ、9ケ月ブランクをおいての登山で本当に厳しいものでしたが、気心の知れた
仲間と過せたことに、感謝です。

四国(赤石山系縦走)

10~11日にプライベート山行で東赤石~八巻山~西赤石山を縦走しました。
S原さんの声掛けで7人で赤石山荘小屋泊です。

赤石山系縦走 041

ここは、9年前に例会で歩いたところです。
その時は赤石山荘のTSにテント泊をしましたが、今回は赤石山荘泊です。

11時に筏津登山口からスタートし、瀬場分岐から旧道廻りで赤石山荘…

赤石山系縦走 002

長さは6~7mの木橋ですが、揺れるのでチョとビビッて…

赤石山系縦走 003

アケボノツツジの自生している山でやっと、念願が叶いました。
でも、1200~300m位ではもう散っていました。
9年前の写真を見ると、アケボノツツジらしい花を撮ってはいましたが…

予定では、10日は東赤石山へピストンで山荘に入る計画でしたが、
今までになく足が度々攣って、時間が遅くなったので山荘へ入りました。
みんなに、迷惑を掛けてしまいました^^;

赤石山系縦走 005-001

赤石山荘へのロックガーデンらしき山道は花紋岩がたくさん有りました。
花紋岩はたくさんの種類があるようです。

赤石山系縦走 004

赤石山荘は今日、管理人さんがいない時なので、2000円/人を封筒に入れて
管理人の部屋に入れておきます。
電気は発電機が使えないので、ランタンが照明です。
寝具は大きな敷布と毛布と布団が有ります。
こんな風に丸めて有りました。
床はだっていて斜めになっている所も有りますが、安い金額で泊まれて有り難いです。

赤石山系縦走 016-001

夕食はS原料理長がうな丼と松茸風味にゅう面を準備してくれました。
山小屋でまさか、うな丼をいただけるとは…
ご飯は無洗米を炊きました。

赤石山系縦走 010-001

朝食は…
フランスパンと?のポタージュ
美味しくいただきました。

赤石山系縦走 014-001

赤石山系縦走 011-001

11日は4時起きの5時出発
続く…

大山滝

一向平(いっこうがなる)キャンプ場から約1時間で大山滝まで行けます。
キャンプ場は他の利用者がなく貸切でした。
中国自然歩道になっているのでお散歩コースです。

こちらではダイセンアジサイというようです。

SYK( 026-001

SYK( 002-001

30分ほどで大山滝吊り橋です。
40年前の竣工みたいです。

SYK( 005

結構横に揺れます…

SYK( 004

カールの可愛いウリノキの花です。

SYK( 024-001

新緑に癒されます

SYK( 007

SYK( 009-001

大山滝吊り橋から焼く30分で滝に着きました。
展望台がありましたが、木が茂っていて滝が見えません。
躊躇なく急で鎖のついたところを滝壺まで下りました。

     SYK( 016-001

昔は3段の滝でしたが現在は何年か前の地震で2段の滝になっています。
ベストショットは

     SYK( 021-001

大山滝は加勢蛇川沿いを歩きますが、紅葉の時期もいいと思います。
一向平キャンプ場に戻ってから、BBQです。
土iさんに食材を担当してもらいましたが、美味しい肉と野菜が絶妙にバランスよく
上品に、ゆっくり、焦げ付かず、お腹いっぱいになりました。

ただ、この日はむし暑くテントの中はサウナ状態で堪りませんでした。
広島も熱帯夜みたいでbelleのためにエアコンを点けたようでした。

一向平~大山滝

もう1週間前ですが、SYK(山遊会)の仲間7人で大山に行ってきました。
大山に行けば…
米子道の溝口IC近くの「大山そば」に行かなければ…
事前に予約が要ります。

SYK( 001

ここのそば粉は8反くらい自分で作られていますが、去年は凶作で殆ど収穫がなく
今年の営業は土曜日、日曜日(11時~14時)だけしかできないそうでした。

また、伯耆の国山岳美術館もやっておられて、JAC米子の会員の方です。

  電話は 0859-63-0396    です。

3~4日は四国へ…

アケボノツツジがどうしても見たいと四国へ
3日は伊予富士の超ショートカットで東黒森から伊予富士へと思っていたが…
ちょっとしたトラブルとお天気が悪くなって中止^^;
宿泊の土小屋白石ロッジへ移動。
翌、4日もガスが掛かって小雨
岩黒山~丸滝小屋~筒上山の予定を丸滝小屋~岩黒山の周回に変更

ロッジの情報ではアケボノツツジはまだ…
ヒカゲツツジもまだ…

咲いていたら

a0132039_1759364.jpg

    a0132039_1805550.jpg

でも、本当のアケボノツツジはこれが一番の蕾

028-001_20170506100650427.jpg

ヒカゲツツジは固い蕾

024-001_20170506101245b7b.jpg

8:20にロッジ出発

010_20170506100219ebb.jpg

苔むした整備された登山道です。
湿気が多く雨もきっと多いいんだと思う

012_201705061002215bf.jpg

013_20170506100221364.jpg

珍しいキツツキのレストランがあった
食べ残しの木屑がいっぱい散らかっていた。
お行儀が悪い

     014-001_2017050610022384c.jpg

ショウジョウバカマが咲き始め?

015-001_201705061002259a5.jpg

019-001_201705061006479cd.jpg

丸滝小屋に着いた。
写真では状況がわからないと思うので説明すると…
小屋が崖の端っこに建てられている
6帖くらいの小屋ですが中に入り端っこに行くと傾いて落ちるんではないかと

023-001_20170506100650b7f.jpg

筒上山へはガスもかかってるし、風も強くなってきたのでやはり諦めて止めました。

029-001_20170506101246fcf.jpg

岩黒山山頂は雨と風とガスで何にも見えません^^;
早々と下山しました。

032-001_20170506101247b8a.jpg

途中…

    035-001.jpg

    036-002.jpg

    039-001_2017050610174322e.jpg

そして、珍しい苔を家内が見つけました。
3月に県緑化センターの苔の勉強会で教えてもらった苔のようです。

    041-001_20170506101745c02.jpg

タマゴケというそうです。
スナゴケに似ていますが…
  タマゴケは北半球に広く分布するやや大型のコケ。やや湿った環境を好み、
山の谷や斜面下部の岩上や土壌上に半球状の美しい形の群落を形成して生育する。
球形の胞子嚢を持つ胞子体を形成する。和名の由来はこの丸い胞子嚢に由来する
のであろう。葉は乾燥するとちぢれてしまう。
植物体はやや大きいが繊細な美しいコケであり、印象深いコケの1つである。
丸い胞子体が付いていれば、わかりやすい。

    040-001_20170506101745187.jpg

写真をクリックし+すると確かに胞子があります。
よく見つけました。
他にも沢山の苔を見ました。
こんな日は苔が雨露で生き返っていてまた綺麗でした。

約2時間半の山歩きだったので面河渓に立ち寄ってみることに

続く

14年ぶりの小五郎山

30日は6時起床、既に女性たちは朝食作りをしていました。
申し訳なく思います。
おむすびと具沢山の味噌汁…
美味しくいただきました。

自分たちは向峠から小五郎山~容谷山分岐~木目の滝ジグザグ道~
浦石峽コースです。
これが本当にきつい、きつい、ひどいコースで何度も足が痙り、仲間に
迷惑をかけてしまいました。

   第1山行(寂地山・小五郎山縦走) 025
           これはまだまだ…

第1山行(寂地山・小五郎山縦走) 023-001
          イカリソウ

小五郎山までは順調に  
ほぼ、コースタイムで到着?
集合写真を撮って

     第1山行(寂地山・小五郎山縦走) 027-001

1137P…911P…容谷山分岐から約500m下りて木目の滝への
ジグザグの続くショートカット

写真は撮る余裕なく…
このコースは健脚向きで本当にキツイコースでした。



国東半島(中山仙境~高城~夷耶馬縦走 )

20日は6時30分に起きてまずは、部屋から朝日を見ました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 078

民宿を7:30に出発
霊仙寺近くの夷耶馬駐車場・中山仙境登山口まで約20分
駐車場には1台も車なし、5~6分早く6~7名の登山者が先に出発しました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 079-001

地図を用意してなかったので標識頼り…いけませんね。
しっかりした標識です。
峯道LTだからでしょう。
尾根に出ました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 083

登山道は良く整備されています。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 080

どこかわからないですが、火山岩で形成されているようで独特の岩稜が見えます。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 085

鎖場が出てきました。
足場が切ってあるので安心です。

     国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 082

     国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 087-001

鎖場が続きます。

     国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 090

いつかしら、お待ちかねの『無明橋』に出ました。
橋の下も通れて想像とは違っていました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 095-001

幅も、高さも、長さも…う~ん。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 093-001

怖くてここまで…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 100-001

怖くないので…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 098

               ↓           ↓この辺りを歩いてきたんかな?
国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 101

引き返すのはもったいないから先に進んでみることにしました。
奥の山が高城らしいです。石碑らしきものが見えました。
でも、結構急峻…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 106

道迷いはしませんね。
ヒトツバの種類のようですが、我が家のとはチョッと葉っぱが違っていました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 103

あともうちょっと

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 112-001

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 116
         高城山頂(4等三角点)

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 115

夷耶馬とかいてあります?

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 118-001

この写真は順番が正しいかどうかわかりません。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 109

ここらを歩くん?すごい馬ノ背

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 119-001

もうチョット…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 123

木曽駒の宝剣岳の鎖場より怖そうなところが有りました。
標高はないのにトレーニングにいいところですね^^、

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 125

そっと覗き込んでみると崖が垂直に切り込んでいました

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 126

多分この先が馬の背…

       国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 127

この先に急な下りの鎖場があって少し里山らしくなってきました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 129

でもまだこんなところもあります。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 131

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 130

でやっと、隠洞かな?

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 133-001

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 132


崖が大きくて写真が撮れません

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 134

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 136

上の歪曲した辺りを歩いていたらしい…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 137-002

坊中の登山口まではまあまあの登山道でした。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 139-001

駐車場までは思ったより近くてホッとしました。
時間が十分あるので熊野磨崖仏へ

途中の道から    

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 144-001

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 143-001

あそこらを歩いたみたい。

熊野磨崖仏はまた後で。
なかなか更新が進みません  

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

国東半島(両子山 フタゴヤマ )

19日に国東半島の両子山に行ってきました。6:30
国東市の両子寺から登ります。紅葉に時期がいいようです。
護摩堂にお参りして谷沿いの舗装道を歩きます。
観光案内では『7不思議』があるようです。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 003-001
         道祖神(家庭円満・夫婦和合)

第1の両子山7不思議のしぐれもみじ

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 065

何が不思議なのかわからんけど…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 005-001

第一発見の 白い花

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 006-001

第2の両子山不思議の鬼橋
一枚岩の橋だったらしいが割れて真ん中に支えがしてある

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 064

第3の両子山7不思議の鹿のツメ石
岩の右端の〓の傷が鹿のツメ跡に似ているから?

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 009-001

ここから延々と舗装道が続く…
それも、コブラが攣るくらいの急坂
Sピンカーブ、ヘアピンカーブ … 国土地理院の地図では---なのに
うんざりしながら、とにかくゼイゼイ。。。ε=(・д・`*)ハァ…

約1時間かかって山頂に着いた
まずは、国東半島標高最高の1等三角点にタッチ

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 012

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 010-001
          1等三角点だから18cm×18cmあった。間違いなし。

コンビニ弁当を広げ昼食。
多分右上の方向が広島の方

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 016-001

佛の里国東半島一周トレッキングの表記があった
下山は復路は嫌だから町堺尾根コースにした。
難路注意が気になったが…

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 018

ここの標識には国東半島峯道ロングトレイルとある
  
       国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 011-003

ちょっとの間だけ尾根道が続きましたが、すぐ、急斜面に下ります。
地図にはないのでコンパスを合わせて…

      国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 019


国東半島は溶岩性の地質で樹木の根が地中に行かず根っこが幹の
一部になって下へ、下へと伸ばしています。

       国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 021

奇木の好きな家内には素材がいっぱいです。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 028-001

でも、ロープが張ってあって、少々の急斜ではありません。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 025-001

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 034

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 042-001
          これが根っことは…   

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 043-001

第3の両子山7不思議の『鬼の背割り』に出ました。

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 037-002

そして、第5の『針の耳』

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 049

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 045-001

反対側から…

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 050

観音石像がたくさんあります。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 051

やっと、緩やかな道に

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 053-001

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 054-001

崖を下りたところに奥の院がありました。
一般の観光客でいっぱいです。
ザックを背負っているのが場違いのようでした。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 055

        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 062-001


        国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 058

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 060-001

そして、スタートの鬼橋に出ました。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 064

第6の『無明橋』に

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 068

戻ります。

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 069-001

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 074

第7の不思議の『走水観音』は外れているので止めにして宿泊の民宿に
竹田港の反対側のふるさと自然公園・権現崎キャンプ場の先の『シーサイド大沢』ってところ

Webで検索して見たところ、古そうなあんまり綺麗でなさそうな『檜風呂』が売り物の民宿
料金も安いので1500円アップした夕食を予約して

国東半島(両子山・中山仙境・熊野磨崖仏) 075

ゆっくり檜風呂に入っても思いましたが…
お湯の調整が難しく、湯船のお湯もぬるく

明日のコースはお天気も午前中は良さそうなので早出をして、『中山仙境』に行ってから
熊野磨崖仏として…   

20日に続く 
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク