臥龍山

14日に雪山2回目の臥龍山へ行ってきました。
前の日にNPOのK野さんに積雪、除雪状況を教えてもらっていたので
かりお茶屋まで入れました。
途中の深入山の方が積雪が多かったように思います。

臥龍山 002-001

だ~れも歩いていないのでトレースがなくかりお茶屋の裏から遠巻きしました。
先頭はスノーシューのK行さんに…

臥龍山 003-001

千町原まで1時間近く掛かりました。
積雪はか~るく1m越しています。

臥龍山 019-001

トレースがないのでラッセルです。

臥龍山 006-001

渡渉までほとんど高低差ないのにしんどい^^;
900mくらいから薄くトレースの残っていたところを歩いていましたが、
コースを外れていて、チョッとロスしました。
ここからは全くのラッセルで膝上まで沈みます。
足が痙りそう^^;

臥龍山 007-002

12時になったので13時半をリミット見決めて進みます。
雪霊水の1100mまでの遠かったこと…
まだか、まだか、まだか…
丁度、13時半に着きました。登山口から2時間半もかかった?

臥龍山 008-001

島根県の女子大生がここらで発見されました。
犯人は呆気ない結果となりましたが、これでやっと成仏されることと思います。
雪霊水は雪で埋まっています。

臥龍山 009-001

山頂は雪もちらついてきたし、足も限界なので今回もここでた~ん…

臥龍山 013-001

みんな早いので後ろから必死に歩きます。
苦労して登ってきたので写真にも撮りたいのですが…
置いて行かれると後追っかけるのがしんどいです。

臥龍山 014-001

それでも、何枚か

     臥龍山 015-001

臥龍山 018-001

下山は丁度1時間…
早っ…
ここからかりお茶屋までまた1時間
途中足が攣ったので辛い。
両足がいっぺんに攣ると始末が悪い。

頑張って歩きました。
往路は道路も圧雪していましたが、復路はアスファルト

臥龍山 021-001

道の両脇の除雪は豆腐をカットしたように見事

戸河内の道の駅に寄ってコロッケを食べて満足
19日にはまた、きま~す。
スポンサーサイト

呉裟々宇山縦走

昨日は春分の日、お天気も良さそうだったのでoliveさんを誘って
呉裟々宇山を歩いてきました。
去年の3月は腰痛で岩屋の観音さんまでしか行かれませんでした。
そして7月は暑くてあと山頂まで1.7kmのところで迂回しました。
今日はBコースから登って時間があったらAコースへ下りるコースです。

gosaso11.jpg

Bコースは途中アスファルト道を4ケ所横切ります。
山火事の時の消火作業をするために道を作ったと聞いています。

バクチ岩はほとんど山頂に近いところにありました。
随分昔に来たことがありましたが、眺望は素晴らしいところです。

呉裟々宇山 005-002

呉裟々宇山 004-001

約2時間で山頂に…
若い二人がやってきて自撮りなんかをしていました。
お弁当を作ってきてるのを見て感心していました。
また、服装やザックを見て「本格的な格好でいいですね~」と言っていました。

呉裟々宇山 006-001

途中で奇木がありました。
癌に侵されてリンパに転移した感じじゃ~ない?
根っこ胴回りは60cm位あります。
なんの木かはわかりません。

     呉裟々宇山 001

これも途中からイジケタ感じの…でも頑張って持ち直した感じの奇木

      呉裟々宇山 002-001

下山も時間と、元気が残っていたのでAコースの岩屋の観音さんへ
尾根歩きで瀬戸内海を見ながらのいいコースです。

今日もお天気に恵まれて2月とは思えないほど気温も高く
ちょっと汗ばむほどでいい山歩きでした。

黒岩水仙郷

下山してシャトルバスで送り迎えをしてもらいました。
入園料が500円ですが、駐車料も無料だし、結構なサービスと思います。

3時過ぎていましたがたくさんの観光客でいっぱいでした。

淡路島・諭鶴羽山 074-001

急な斜面を登って行きます。

淡路島・諭鶴羽山 049

500万本の水仙が咲いています。
日本固有種の水仙で可憐です。
歩いていると甘すっぱい香りが漂ってうっとりしそうです。

淡路島・諭鶴羽山 052

こういったところ(坂や階段)を歩くときには山を歩いているので元気で
優越感に浸ります←大袈裟?

しばらく、しつこいくらい、水仙の写真が続きますので我慢してください。

淡路島・諭鶴羽山 063-001
           クリック→拡大してください

淡路島・諭鶴羽山 078-001

淡路島・諭鶴羽山 079
          
淡路島・諭鶴羽山 083-001
           紅梅とひこうき雲

淡路島・諭鶴羽山 084-001
           気に入ってる写真 1

      淡路島・諭鶴羽山 086-001
           気に入ってる写真 2

    淡路島・諭鶴羽山 094-002
           気に入ってる写真 3

淡路島・諭鶴羽山 088
           気に入ってる写真 4

淡路島・諭鶴羽山 102-001
           気に入ってる写真 5

淡路島・諭鶴羽山 104-001
           気に入ってる写真 6

もう止めておきます。
駐車場のところで淡路みかんを売ってたので試食して甘かったので買って帰りました。

淡路島・諭鶴羽山 105-001
           今日登った諭鶴羽山山頂は真ん中の中継アンテナの右の方です  

帰りに鳴門大橋に寄ってみました。
5時ころに着いたので夕日が沈みかけていました。

淡路島・諭鶴羽山 106-002

渦も巻いていました

淡路島・諭鶴羽山 108

展望台に名物のオニオンバーガーがあるのですが、営業終わっていました^^;
橋脚の下へ…

      淡路島・諭鶴羽山 111-001
          クリック→+  重量感あります

最後にもう一度
5時半にはもう太陽は沈んでしまいました

淡路島・諭鶴羽山 109-002

往復650km位ありましたが、お天気もよく、楽しい一日でした。
Tちゃん…ありがとう。

淡路島・諭鶴羽山

more...

SYK(山遊会)深入山スノーハイキング

17日はお天気も良い情報で1日繰り上げて深入山に行ってきました。
15日に広島は大雪となり、戸河内の先から道路も圧雪状態でした。

いこいの村広島の駐車場のところの東登山口からスタートです。
平日でもあり車は数台しかありません。

SYK(山遊会)深入山 001-001

ブッシュがあるので積雪は5~60cmくらいでしょうか…
スノボーやスキーの人の数人のトレースしかなくコースとは外れた急斜面を歩きました。
ちょっと休憩…

SYK(山遊会)深入山 003

深入山は山頂が夏山でも山頂が隠れて見えず、ホッとしたら山頂はまだだった…って山です。
山頂はほぼ100%風が強く吹いているのですが、今日は無風です。
普段はこんなに遠くがはっきり見えないけど、三瓶山、遠くは大山まで…

SYK(山遊会)深入山 005-002

聖湖~高岳方向です。

SYK(山遊会)深入山 006-002

高岳をクリック+拡大すると、山頂が白く見えます。
数年かけて山頂整備をしたので山頂が広くなり白く見えるんですね。

昼食は東屋でとカップヌードル

SYK(山遊会)深入山 007-001

下山は積雪が少ないのでショートカットは諦めて林間コースへ
トレースがないのでラッセルしましたが、雪が重たく太ももが痙りそう

SYK(山遊会)深入山 010

        SYK(山遊会)深入山 011-001

新雪は気持ちがイイ…
でも、キツイ

        SYK(山遊会)深入山 016-001

ほとんど先頭をn-yocchanが歩いてくれたので楽をさせてもらいました
このつらら、拡大するとでっかいいんですよ。
1m以上はあったかな?

SYK(山遊会)深入山 014-002

林間コースは距離が長いのでショートカットすれば早いんですが、
雪が少ないのでブッシュもあり我慢しました。

SYK(山遊会)深入山 017-001

ほとんど終わりに近いところで我慢できずにショートカット…

SYK(山遊会)深入山 018-001

スノーハイキングはショートカットできるのが醍醐味
東登山口まではやはり、遠い…

帰り道はあれほどツルンつるんだった圧雪道がアスファルト道になっていました。
22日には例会で28人ほどここを歩きます。
週末からまた、降雪がありそうですが、荒れるようでもあり今日みたいなことは
ないでしょう…

新年安全祈願登山(弥山)

10日に弥山へ行ってきました。
8日の例会には予定があって行けませんでした。
11月6日のジュニアクラブで行ってからちょうど2ケ月振りの
登り納と登り初めになりました。

新年安全祈願登山(弥山) 002-001

鹿って海にも入るんですね…

弥山 002

厳島神社の入口にこんな看板あること知りませんでした。

      新年安全祈願登山(弥山) 003-001

昨年は多宝塔登山口がテープ張ってあって登れなくなっているようだったけど
どうなっているか回ってみました。

新年安全祈願登山(弥山) 004-001

テープはありませんでした。
まだ新しい足跡もたくさん付いていました。

新年安全祈願登山(弥山) 008

ここからのコースはアセビが群生しているところで…
日当たりのいいところは咲き始めていました。

新年安全祈願登山(弥山) 009-001

駒ケ林まではシダも茂ってはいましたが、今までと同じ位の感じで
誰かが整備したのかもしれまっせんね

弥山山頂は団体もいて煩かったので静かになってから写真を…

 2017-01-011.jpg

若そうな♂鹿がお弁当を狙って寄ってきます。

新年安全祈願登山(弥山) 014

下山は紅葉谷を
ここは下りも結構しんどい

四ノ宮登山口にはロープが張られていました。
アセビが満開だったので…

新年安全祈願登山(弥山) 016-001

お土産に
坂本菓子舗のモンブランもみじ饅頭

新年安全祈願登山(弥山) 018-001

新年安全祈願登山(弥山) 019-001

次に昨年カープが優勝して緒方監督の奥さんがTVで紹介した
クロワッサン(アップル)もみじ饅頭
これは珍しいとは思いますが、200円/個は高すぎ

新年安全祈願登山(弥山) 021-001

最後はやまだ屋のチーズもみじ饅頭

新年安全祈願登山(弥山) 020-001

今年の登り始めはなんとかスタート出来ました。
昨年のような事故を二度と起こさないことを念じてきました。

今年は全てが「穏」でありますように…

御在所岳

30日は7:15出発。
日向小屋にお別れを

御在所岳 033
大岩でゴロゴロした沢を歩きます。
クライミングの団体がこんなところにいました。
教室かなんかやってるんでしょうね

御在所岳 034
           7:24 
『七の渡し』とかいう橋を渡ります。
石橋なら叩いて渡ってもいいんですが、怖いのか一歩ずつ確認しながら
渡っていました。

御在所岳  036

沢を歩いたり山に中を歩いたり、また2008年の落石の跡が生生しい横を歩いて…

御在所岳  039

変んなきのこがありました

御在所岳  040

37分かかったけどやっと4合目の藤内小屋に着きました。
登山者らしい人はもうほとんどなし…

御在所岳  041
           7:52  

大きな岩の間を歩いて‥・

御在所岳  046
          8:00

杉の奇木の5合目に着きました。

御在所岳  049
           8:31

そしてすぐ横に
藤内碧の取り付きみたいです。

御在所岳  050

どこのパーテーかわかりませんがもう壁に取り付いています

     御在所岳  051-002

「凄い」…けど「こんな危険なところ登らんでもえかろうに」…
    
御在所岳  052

15分ほどで景色の良いところに
伊勢湾が見えているんかな?

御在所岳  053-001
           8:52

この頃から、へりが旋回してずっとあの辺りを3~40分飛んでいました。
下山途中でわかったのですが、キレットあたりで事故があったんです。

     御在所岳  059-001
          9:08

また岩場が続きます…

御在所岳  060

紅葉が少し見れてきました。

御在所岳  062-001

御在所岳  065-001
           9:25

先を歩いてたTちゃんが何かを見つけました。
花ではないようです。

    御在所岳  066

御在所岳  067-001
           ?

視界が開けて…

御在所岳  071-001
           9:33 中道の尾根

8合目の国見峠です。
2時間30分かかりました。

御在所岳  073-001
           9:42 

標識はよく見ていましたが、コンパスとは違う方向に歩いている?
でも、登山道はしっかりしていて上からも登山者が降りてくる?

ま・・・いいか
紅葉も綺麗だし。

御在所岳  075-001
           9:55

御在所岳  077-001
           10:10

御在所岳山上公園に出ました。
 
これは雨量観測の施設らしい

御在所岳 M 056

どうやらあれが御在所の山頂か?
スキー場のゲレンデを歩くんかい?
ロープエーできた観光客がワンサといる。
なんじゃ~これは。

御在所岳  080

山頂もワンサかいるわいるわ…
写真撮ろうとしても次から次に

御在所岳  084
           10:35

三角点は囲ってあったので中に入ってタッチするわけにはいかないので
ストックでタッチした。

    御在所岳  090

琵琶湖やら伊勢湾やら伊吹山が見えるらしい

御在所岳  092

御在所岳  094-001
           10:43 琵琶湖   

澄み渡っていればアルプスも

御在所岳  096
           11:22

こんなところもあったよ

    御在所岳  099

富士見岩展望台へ移動

御在所岳  100
           11:53

ロープエーがどんどん人を運んでいる

     御在所岳  102
           11:53

お昼をちょっと食べて
さ~これから中道を下りるど~

ひっきりなしに登山者とすれ違う。
すごい渋滞だ
10人、20人と続いてくる
すれ違いの人にちょっと聞いてみた。
ヘリコプターがキレットのところで転倒か、滑落か分からないが
救助をしていて1時間半位上待たされて大変だったと…
血痕が残っていますよ…

その場所に来たことが後でわかった

御在所岳  104-001
           13:00

この岩場で上からどんどん下りてきて登りの切れ目がつかめない
前を歩いていたお兄さんもどうしようか迷っていたので上の見えるところまで出て
登りをさせてください~って声をかけた。
それで、やっと上に出れた。
しかし、血痕が目に入りドキッとした。

急峻な岩場が続き気がぬけない
渋滞がまだ続いている
若い人が2時間も待ったんですよ…って言ってた。

やっと休めそうなところに
あんなところを下りてきたんです。

御在所岳  107
           13:20 

地蔵岩に着いたが若い非常識なグループが場所を譲ろうとしない
我慢しきれず登っていったが邪魔になって写真が撮れなかった

本当の山を知らない輩だと思う。

おばれ岩というらしい←おばれという意味が分からない

    御在所岳  118-002
           13:56

おばれ岩から中登山口までは比較的緩やかな登山道で役0分で下山

御在所岳 M 069
          14:30   

ほぼ予定通りの時間で下山できたのであとは安全運転で帰るだけ。
湯の山温泉もあったけど、帰りが遅くなるのでやめました。

Tちゃん、Tくん…運転してもらって楽でした。ありがとう。

白木山トレーニング

24日に4ケ月振りに白木山を歩いてきました。
10時20分、正面コースから登りました。
今日はスタートから坐骨神経痛もなく元気で歩けました。

     白木山 008

澄み切った青空の中快調に歩けます。
3合目で小休止、5合目で写真撮ります。

白木山 011

かるく、小ちゃなおむすびを食べました。

白木山 009-001
           クリック→+クリックすると山頂の中継塔がよく見えます。

順調に水場でもちょっと喉を潤して最後の9合目を目指します。
途中お花は全くありませんでした。

山頂手前のところ…

白木山 012

12時45分に山頂
休憩を除いて、約2時間…上出来
月曜日なのでもう誰もいなくて山頂、独り占めです。
360度の展望~
こんなに青空の澄み切った展望は初めてかも?
お弁当を食べて、写真を撮って

白木山 013-001

さ~…かえろっと

登りでは気がつかなかったツルリンドウの真っ赤な実

白木山 015

陽に当たった紅葉した葉っぱ

白木山 016-001

そして…
2合目あたりで今年やっと見ることができました
センブリの花です。
可愛い花です
石の脇にヒッソリと咲いていました。

       白木山 018-001

白木山 019

下山は1時間40分…
本当に今日は元気でした。
腰のヘルニアからくる坐骨神経痛…も全くなくて
毎日、骨盤調整体操を忘れないようにしないと…

これで、週末にちょっと遠くの山へ行く自信が付いたかな?

ネコヤマヒゴダイ…

10日なんですが…ネコヤマヒゴダイを探しに猫山に行ってきました。
プライベート仲間と6月、9月に計画してて延期になりやっと叶えることが
出来ました。

花が終わっていましたが、多分これだと思います。

SYK( 004-001

猫山スキー場の横を登っていってリフトの終点で休憩…

SYK( 001

猫山山頂は三角点があるだけなのでタッチして展望できるところに移動
先客があったので南峰に行ってからお昼にすることに…
約20分で着きました。
振り返ると結構な距離…
途中は歩き難い嫌な道でした。
                 
SYK( 005

多飯ガ辻山が多分この奥の方角なんだけど…

SYK( 008

下山の途中でもう一度ネコヤマヒゴダイの確認

SYK( 009

SYK( 011-001

これが葉っぱ。
細長く刺がちょっと柔らかい感じ

SYK( 010-001

これもネコヤマヒゴダイかと思いましたが、何とも…

SYK( 014-001

これは完全に違います。

SYK( 017-001

ほかに花がないので真っ赤なキノコを

SYK( 019-001

ちょっとアングルを変えて

SYK( 020-001

こんなキノコも群生していていました。

SYK( 018-001

登山口にいっぱい咲いていた花

SYK( 021-001
           ?

9月の後半だったら会えたかもしれませんが、また、来年機会があったら
もう一度、見に行ってもいいかもしれませんが、花そのものは?・?

英彦山

more...

プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク