ひろしま「山の日」県民の集い…霧が谷湿原再生地整備

もう1週間前のことですが…
山の日の北広島会場で湿原再生地の刈り取り作業がありました。
4月は下流部でしたが、今回は上流部になります。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 002

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 001

今回は刈り取りしたものはそのままにしておきました。
1時間毎の休憩です。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 006

休憩時間に花を撮りました。
一株だけアケボノツツジが色鮮やかに咲いていました。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 003

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 009-001

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 012-001
           フジバカマ

刈り取られずに残したマムシグサ

     ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 013-001

カンボクは辺り一面、真っ白い花をいっぱい咲かせています。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 017-001

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 015-001
            カンボク
ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 016-001

2:45分に作業を終了しました。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 019

年2回の作業ですが、これを1回でも空けると湿原の再生が遅れます。
会員の方にももっと、積極的に参加して欲しいものです。

かりお茶屋の前ではジュニアツリークライミングの体験会をJACのメンバーが
4年前からやっています。26名くらいの参加があったようです。

今日は、「ルーデンス斎」に泊まって、翌日臥龍山・雪霊水辺りで
バードウオッチングを初めてします。
スポンサーサイト

 芸北 霧が谷湿原再生地 ボランテイア

22日は芸北の臥龍山山麓の霧が谷湿原再生地の除伐、草のボランテイアに
行ってきました。
刈尾茶屋前は2ケ月前の大雪が嘘のようです。

総勢(JAC、県、西中国山間地自然史研究会、地元)40名位いたかな

いつものように、木道を歩いて行きますが、まだ木々は芽吹き初めで
桜が満開でした。
コブシも満開で、こちらはまだ初春です

霧が谷湿原再生 003-001
          写真中央の山稜あたりは山桜が満開→写真をクリック+

霧が谷湿原再生 004-001

刈り払機部隊が入っている間に生きものの勉強です。

霧が谷湿原再生 006

作業前の写真

霧が谷湿原再生 005-001

刈ったものをブルーシートに入れてトラックまで運びます。

霧が谷湿原再生 008-001

作業後の写真

霧が谷湿原再生 010-001

木道が見えるようになりました。
6月3日の「ひろしま県山の日」にもここの上流部の整備が有ります。
あたりはグリーンの湿原になっていると思います。

整備を始めて7年になります。
初めから参加しているので、身体の元気な間は続けていきたいと思っています。

第7回霧が谷湿原再生地整備活動

16日は雨の谷間で良いお天気の中、芸北の臥龍山麓の霧が谷湿原再生地の
ノイバラ、ハンノキの除伐ボランテイアに参加しました。
今までのところから苅尾茶屋に近いところの湿原復元中のところの
テスト的な除草作業でした。

霧が谷湿原再生地除草作業 032
           終了後の参加者と

before

霧が谷湿原再生地除草作業 017

after

霧が谷湿原再生地除草作業 028

作業開始…

霧が谷湿原再生地除草作業 018

草刈り機でノイバラや小さいカンボクを刈っていきます。
直径5cmくらいのものは鋸で刈ります。
10cm以上の木はチェンソーで切ります。

霧が谷湿原再生地除草作業 024

霧が谷湿原再生地除草作業 025

みんな一生懸命です。
サボってるものは一人もいません。

刈り取ったのをブルーシートに置いて引っ張って車まで運びます

霧が谷湿原再生地除草作業 021

それを軽トラックに積んで運びます。
9:30~12:00    午前中作業
13:00~15:00   午後作業

この地を湿原に戻すための水を山から引いています。
何年か先には湿原として潤っていると思います。

霧が谷湿原再生地除草作業 033

6月の広島県 山の日(6月4日)の前日にも霧が谷湿原の下流の整備があるので
どのようになっているか楽しみです。

皆さん~お疲れ様でした。
帰ってから飲んだが美味しかった

高岳~匹見登山道整備

9月10日中央分水嶺の高岳~匹見登山道の整備に行ってきました。
集合場所の草についた梅雨が綺麗でした。

004-001_20160916071148909.jpg

虚弱隊は高岳山頂から匹見分れまで…
元気隊は匹見分かれから行けるところまで。
制限時間は14:00で作業終了。

虚弱隊はK森さんが下刈機で刈っていき6人が払いのけします。
登山道は広くなっていてそんなに笹は出ていませんでした。

020_201609160726467d7.jpg

刈られる前にお花を撮っておきます…

008-001_20160916071150fdc.jpg
            ツルリンドウ

012-001_201609160711505c2.jpg
            ツリガネニンジン

017-001_201609160711519de.jpg
            ヤマジノホトトギス

025-001_20160916072330f98.jpg
            ツルニンジン

坂なので後ろ向きに刈ります。 キツイでしょうね…

023_20160916072328121.jpg

登山道はゆうに2m以上あります。
良いのか良くないのか?

      022_201609160711538c1.jpg

033-001_20160916072648bdd.jpg
             アキノキリンソウ

032-001_20160916072647234.jpg
             ヤマジノホトトギス

我が家の庭のホトトギスは今年は一向に咲く気配がありません‥

027-001_20160916072331642.jpg
              ?キク

ササユリの株があったので保護しました。
来年咲くのかどうかはわかりませんが…
ひとつ良いことをしました。

024_2016091607232957a.jpg

虚弱隊は結局、聖分かれまで行くことができず(半分位)、山頂に戻りました。

030_2016091607233391c.jpg

元気隊は山頂に戻ってきたのは15:30頃
みんな疲れきった顔でした…

出発前の元気な顔…

016-001_20160916072649774.jpg

下山はチェンソーを担いで下りました。
今日は不思議と膝が痛くなく、元気でしたよ…

明日11日は別の隊が匹見から高岳に向かって刈っていきます。
あっちからはキツいんです。
開通することを願って… 

『山の日ひろしま県民の集い』 初心者のための登山教室

山のお弁当…久しぶりです。

竜王山(山の日・初心者登山教室) 015

6月5日は6月第1土曜日で『山の日ひろしま県民の集い』が県内の14ヶ所で
開かれ、東広島市西条町のいこいの村 竜王山に行ってきました。
4日は芸北の湿原再生事業ボランテイアに参加して、今日は登山教室…
心配した神経痛も出ず、無事終わりました。

生憎の雨模様でカッパ着ています。
小学生15人、同行者4人?一般の参加者7人、サポート3人でした。

竜王山(山の日・初心者登山教室) 002-001

竜王山の源流で美味しい水を頂きます。

竜王山(山の日・初心者登山教室) 004-001

ゴミを拾ったり、植物のお話をしたり、ストックの使い方などしながら歩きます。
山頂手前の東屋でワンポイントレッスン…

竜王山(山の日・初心者登山教室) 007-001

ガスっていい写真が撮れませんが 

竜王山(山の日・初心者登山教室) 010

12時までに下山しなければならないので大急ぎで下ります。
ちょっと山らしいところを下りたのですが、皆早い…

ご褒美に山のお弁当が出ました。
久しぶりのお弁当で美味しかった~~

竜王山(山の日・初心者登山教室) 015


広島山岳連盟、JAC広島の会員が関わって開発された山のお弁当…
JAC本部で取り入れられて、高尾山の登山者、観光客へ提供できることに
なりました。
パッケイジ、中身は違いますが、山のお弁当として広まってほしいです。

『ひろしま山の日県民の集い』霧が谷湿原再生事業ボランテイア

6月4日はJAC公益事業として4年前から芸北の臥龍山の八幡高原にある
霧が谷湿原の除草活動に参加しました。
連続参加していると思います。

雨が心配でしたが、10:30ころ始めて15:00くらいまで
大丈夫でした。
開会式をしました。50人くらいたかも?

霧が谷湿原再生活動 002

いつもの通り、木道を歩いいて行きます。

霧が谷湿原再生活動 008

湿原には先行して草刈機隊が既に作業していました。

霧が谷湿原再生活動 012-001

自分達は草刈隊が刈った草や小木(カンボク)を集めて軽トラックに載せていきます。
屈んでの作業なので腰にきます。

霧が谷湿原再生活動 014

みんな時間を忘れて一生懸命作業します。
サボっている人は一人としていません。

霧が谷湿原再生活動 015

15時前でポツポツときそうだったので作業終了です。
全員で山の日に相応しく 手で『山』をイメージしてポーズ

霧が谷湿原再生活動 017

刈ったカンボクの花です。

霧が谷湿原再生活動 020-001

秋には真っ赤な実をつけて綺麗なのですが、湿原にはカンボクはいらないので
刈られてしまいます。
いつかは昔の湿原に戻って動植物が住めるようになるんでしょう…

腰と肩が痛い

東広島市西条小学校4年生屋外授業サポート 

8日西条小学校4年生153人の屋外授業で山の手入れと竜王山登山の
サポート要請がありJACから5名が協力しました。

西条小学校屋外授業サポート 002

半分の児童を①ハイキング+山の手入れ、②ハイキング+山の手入れに
分けて3時間の間に2往復しました。

    西条小学校屋外授業サポート 007-001

75~6人の児童をサポートするのは大変です。
子供たちは水筒しか持っていないのでどんどん走っていきます。
先頭を歩いていてもすぐ、最後部になってしまいます。

途中竜王山の水源地で一人づつ水を飲ませます。
酒都、西条の水がここから50年かけて町に届くそうです。

西条小学校屋外授業サポート 005-001

西条小学校屋外授業サポート 009-001

急な階段も飛び跳ねて行く児童について行かざるを得なかったので
死ぬかと思ったくらいです。

6日の山、7日のルームの新しい本棚のペンキ塗り、8日の過酷な?一日・・・
8日夕方から腰の激痛が始まりました。

登山道整備(聖山)

8月30日はJAC広島支部、公益事業の一つのボランテイア登山道整備でした。
先発隊は29日に高岳~匹見の中央分水嶺登山道の整備をしました。
今日も続いて後残りの500m余りの整備をします。
30日隊は十文字峠から聖山山頂までの整備組と、高岳聖分かれから
聖山山頂までの整備をしました。
聖山登山口から十文字峠までの林道は先の台風でしょうか、道路がズタズタで
フルタイム4駆でないと車は走れません。

私は十文字峠からの組で3人が草刈り機、4人が払い除けをしました。
聖山頂分れまでは結構整備されていて、作業はさほどありませんでした。

聖山登山道整備 001
           十文字峠

聖山登山道整備 003
           十文字峠登山口から

草刈り機の人もザックをしょって刈るのはきついと思います。

聖山登山道整備 008-001

刈った草、笹を払いのけるのも肩、腰が痛くなります。

聖山登山道整備 004-001

ツルニンジンが…

聖山登山道整備 015-001

ツルリンドウが…

聖山登山道整備 014-001

聖山頂~高岳分かれからは登山者が歩いていないのでしょう…
笹が生い茂っていました。
三角点が見えるようにして、

聖山登山道整備 018

展望岩も木が生い茂って眺望は0です。
これでは魅力ある山にはなりませんね。

聖山登山道整備 019

15~6年前に初めて登った時に、ここで携帯電話を落として
親切な大田の方が通話歴を見て娘に電話をかけてくれて、送ってもらったことがあります。
その方は毎年11月13日11時13分に山頂に着くように登っているそうでした。
聖山は1113mだからです。

今日の作業者7人です。

聖山登山道整備 021
聖山登山道整備 020

作業時間は9時30分から14時10分くらい
下山は峠まで20分で下りました。

30名の全員が樽床ダム駐車場に帰って来て、全工程終了の報告がありました。
分水嶺登山道は昨年が台風で中止になったので、3年目になると笹も背丈ほど
になるようです。

本来の登山道整備は登山者が登山道を多く歩くことによって整備されます。
多くの方に歩いてもらいたいと思います。

全国「山の日」協議会・プレイベント

山の日・プレイベント(高岳) 005
               高岳山頂

8月9日は2016年8月11日から国民の祭日になる前の山に親しむための
「ふるさとの山に登ろう」と
県内、11座を広島県山岳連盟加入団体でサポートする、プレイベントがありました。
JAC広島では道後山、高岳の2座を担当することになり私は高岳をサポートしました。

9時半に樽床ダム駐車場に集合し、高岳登山口に移動。
珍しい太陽の輪?が出来ていました。

山の日・プレイベント(高岳) 001-001

総勢20名が高岳に登り、高岳山頂から物足りない人たち5人は聖山へ行くことに。

山の日・プレイベント(高岳) 003

聖山へ行くグループが先に出発し、あとは中トロ(とろとろ歩く)組、
大トロ組に分かれて出発。←なぜか、私は大トロ組をサポート…
結局、大トロも中トロも同じように山頂へ着きました。

山頂は去年の山頂整備で綺麗に草刈などしたのですが、1年経つとこんなに
笹や、ススキが茂っていました。 ちょっとショックでした。

山の日・プレイベント(高岳) 008
        
            聖山 ↓   恐羅漢山↓
山の日・プレイベント(高岳) 005

      山の日・プレイベント(高岳) 013-001

  深入山        ↓
山の日・プレイベント(高岳) 007

昼食をとって美女3人と

山の日・プレイベント(高岳) 012

下山は50分で下りました。
山には3時間くらいしかいませんでしたが、暑いので他の山にもどのくらいの
参加者があったか知りたいものです。

いずれにしても、来年から8月11日は「山の日」で祝日になります。
ただ、山に登るだけでなく
山に親しみ、山の恵みに感謝しましょう

第14回 ひろしま「山の県民の集い日」in芸北会場

ひろしま「山の日」県民の集い
「山の日」宣言


広島県の面積のおよそ7割は山です。
全国に誇る里山があります。
山から湧き出る水は命の源であり、その水が里の稲や野菜を育てています。
山を被う緑の木や草は、新鮮な空気をつくりだしています。
広島の豊かな山で生まれた水は豊かな川となり
瀬戸内海や日本海へ注ぎ、魚や貝を育んでいます。
私たちは、6月の第一日曜日を「山の日」とし
ひろしま「山の日」県民の集いを、県内各地で開催し山の大切さを訴えています。
ひろしまの里山から、山の大切さを理解し行動する人の輪を拡げ、
山がよくなる運動にしていくことを宣言します。

いよいよ、来年8月11日から国民の祝日『山の日』が施行されます。
祝日が一日増えます。
日本の山岳5団体、特に日本山岳会が主導的に関わって来ました。

で…先週6日に芸北八幡地区の霧ガ谷湿原下流部の草刈、伐採作業をしました
苅尾茶屋古民家(保存)前で開会式。
今年は参加者が少なく30数名でした。
JACは霧が谷湿原下流部再生地の除草、伐作業に、山岳連盟は掛頭山登山道の整備に…

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 001

草刈隊が先に行って草刈をするまでに、恒例の自然館のS川学芸員の自然観察会
4月にもいろいろ聞いたのにもう忘れています。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 003
                
カンボクの白い花が紫陽花に似ています。
秋には真っ赤な実をいっぱい付けます。
ガマズミとは似てますが、葉っぱが違います。

孵化したばかりのトンボが2匹…ヒロシマサナエ?

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 005-001

今年4月に作業した霧ガ谷湿原上流部の今の状況。
もういっぱい草が生い茂っています。
でも、昔の草原に戻ったようです。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 006

湿原の所々に猪が掘り起こした穴があります。
ここではこの猪が掘った穴に水が溜まって昆虫類の生息に必要な水源になるそうです。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 008-001

皆んな一生懸命耳を傾けています。
でも、聞くはしから忘れていきます。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 009-001

マムシグサの話も興味が湧きました。
マムシグサは葉っぱが2枚でウラシマソウとは違います。
サトイモ科でミズバショウ、ザゼンソウ、カラーなどと同じ科目です。

       霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 011

作業開始です。
既に、刈った草木が山にしてありました。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 012-001

刈ったあとの草を山にします。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 013-001

山になったものをブルーシートで集めて車まで運びます。
軽トラック3台でピストン搬出です。

年々、奥へと広がっていくので運搬距離が長くなりしんどいです。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 020-001

12時にお昼休憩をしてる時に撮った写真

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 015-001
                 カンボク(潅木)

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 017-001
                 サワフタギ

作業終了時間を超えて2時45分ころ片付けに…
急いで集合写真を撮りましたが、急いでいたので私の写真はなしです。

霧ガ谷湿原再生活動 ボランテイア 021

3時の閉会式が少し遅れました。
いつもそうですが、作業しているときは誰ひとりサボっているものはいません。
一生懸命作業をします。
腕、腰、足…ガタガタになります。

でも、皆んないい顔をしています。

7月~8月には再生地にはいろんな高原植物が咲きます。
今年は確認に行こうと思っています。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク