FC2ブログ

オダマキ

三種類のオダマキが咲きました。
ピンク…

P5044647-001.jpg

             P5044646-001.jpg

  
イエロー…

P5044650-001.jpg

ホワイト…

P5044649-001.jpg

まだ他にもブルーもあったのですが、消えてしまいました
スポンサーサイト



令和元年最後のボランテイア(高岳山頂整備)

11月30日は高岳山頂整備の作業がありました。
22名の参加がありました。
9月の高岳~奥匹見中央分水嶺登山道整備、聖山山頂分岐~高岳聖分岐の
整備に参加予定が実施4日前に交通事故に会い、参加できなかったので
最後を飾れました。

山頂はかなりのススキや笹で覆われていました。

PB304438-001.jpg
           作業終了後(匹見方向)

PB304439-001.jpg
           作業終了後(聖湖方向)

PB304426-001.jpg
           作業前

作業は草刈り機3人、チェンソー1人であと18人の払いのけが
いたので2時間足らずで作業完了しました。

今日は特にさほど寒くなく、晴れていて十方山、三瓶の方まで
見えました。
こんなことは今までで初めてでした。
作業の方、ご苦労様でした。

終了後はいひろしまこいの村で汗を流し、忘年会を『ルーデンス 齋』で
しました。
ぼたん鍋、猪肉炒め、ローストした鹿肉、鹿肉のお刺身で盛り上がりました。

PB304446-001.jpg
          ぼたん鍋
PB304443-001.jpg
          鹿ロースト
PB304444-001.jpg
          鹿刺

鹿刺は初めていただきました。
初めは箸が出ませんでしたが、皆に美味しいからといわれて
恐る恐るいただきました。
最近はジビエ料理が知れるようになってきているので、美味しく
いただかせてもらったことに感謝です。

NPO西中国山地自然史研究会『2019 千町原の草刈り 夏』

3日に臥龍山山麓の千町原の草原の草刈りのボランテイアに参加しました。
集合時間が8時と早いのでちょっときつい?

P8034396-001.jpg

場所は、牧野富太郎碑の向側の一帯です。
小低木と草を刈り茅原(ススキ草原)の範囲を広げました。
機械班の草刈り機と手刈り班は低木をノコギリで切り、
また、霧が谷湿原の時にも使われる『ハンマーナイフモア』の
運転もさせてもらいました。

P8034397.jpg

この日も猛烈な暑さで30分ごとの休憩を取り、9時から11時半まで作業しました。
参加者はJACが5名、NPO関係の方などが6~7人?
終了後は刈尾茶屋に戻ってお昼を

P8034398-001.jpg

800円ですがとても美味しく頂きました。
八幡高原はコツコツと草原に戻すためにボランテイアで行われています。
少しでも多くの方が参加して自然環境を維持していきたいものです。


ひろしま『山の日』県民の集い 八幡会場(霧が谷湿原再生地保全整備)

6月2日は4月に続いて芸北の八幡高原『霧が谷湿原再生地』の
保全整備活動のボランテイアがありました。

総勢約60名の参加がありました。
4月に整備した湿原の続きをしました。

P6024284-001.jpg

機械隊が刈払い機とチェンソーで切った木を一定ヵ所に積み置きします。
自然に土に戻す方法です。見た目はよくありませんが…

P6024283-001.jpg

P6024288-001.jpg

トイレ休憩の合間に刈尾茶屋前のフィールドで毎年やっている
ツリークライミングの会場を見てきました。
スタッフは我々の所属会の精鋭メンバーです。50人くらいの参加だったそうです。

P6024285-001.jpg

近くではカキツバタ祭りも盛大に開かれていました。

霧が谷湿原の保全&環境整備活動ボランテイアに参加

21日は継続活動の北広島町・八幡の霧が谷湿原の保全、整備活動に
参加しました。

支部から21名、地元やNPO西中国山地自然誌研究会などから9名の
参加がありました。
昨年の6月以降に湿原に新しく導水路が作られて環境が自然に近づきつつ
あるような気がしました。

作業前の全景
右の奥をきれいにします。

P4213396-002.jpg

作業終了後
これからは木道から湿原が観察できるようになります。

P4213420-002.jpg

作業は、草刈り機、チェンソーの機械隊と搔き集め隊です。

P4213397-001.jpg

P4213398.jpg

30分の作業をして休憩…
昼食後の1時間に導水路の状況を案内してもらいました。
湿原らしく水の流れが聞こえてきます。

P4213405.jpg

P4213406-001.jpg

湿原は地下の水位で保たれることが自然で、導水路も流れの計算などいろいろ
されているようです。
環境が整うためには3年後を期待して下さいとのことでした。

早くもアカガエルの産卵がありました。

P4213412-001.jpg

そして、ヒメミズバショウ→花はありません※ヒメザゼンソウの間違いです。

P4213409.jpg

バイケイソウ

P4213415.jpg

そして、ハルリンドウ

   P4213414-001.jpg

ヤドリギが実をつけています。

P4213411-001.jpg

3時までの作業も終わって、暑い一日でしたが、清々しい気持ちになりました。
6月2日の「山の日ひろしま県民の集い」ではこの霧が谷の下流を整備します。
きっと、緑でいっぱいの高原野草が見れることでしょう。

3年ぶりの雲取山・山焼き

13日は一昨年は大雨、昨年は残雪で中止になった山焼きが3年ぶりに
実施されました。

P4133334.jpg

午前中は延焼を防ぐため、防火帯から枯れ草などの除去、

P4133316.jpg

P4133320.jpg

お昼は炊き込みご飯とおうどんが出ました。
参加料は500円なので「オークランド」の入浴券をサービスしていたら赤字だと思います。

午後から火入れです。
年令のせいか一番楽な道路際の班だったので尾根には上がらなくて済みました。

P4133325.jpg
           火入れ前

P4133343.jpg
           山焼き後

尾根から火入れをしていきます。

P4133328.jpg

笹があると燃えにくくなりなかなか下へ火が下りてきませんが、下から火入れをすると
あっという間に燃え広がります。

P4133330.jpg


P4133334.jpg

どんなボランテイアかというと、火が燃え移らないように見張ることです。
消防団が90人近く、地元、小学生、ボランテイアが約90人くらいでした。

P4133322.jpg

道路が5mくらいしかないので火付けをして燃えてくると熱くていられず、道路下の
笹藪に避難しました。

P4133352.jpg

P4133355.jpg

燃えた後を触ってみるとほとんど熱を持っていません。
表面は一時的に熱くなっても地面はほとんど同じで植物は大丈夫なのだと聞きました。

P4133358.jpg

P4133360.jpg

ほぼ予定通り4時過ぎに終わり、今年の山焼きは今までになく良く焼けたと
関係者の方々が仰っていました。

6月になると一面緑の草原となり草花が咲きだします。
7月になったらここはササユリがたくさん咲くらしいので尋ねてみようと思います。

家内は尾根班だったので煙に巻かれて体中が煙臭かったです(笑  

ひろしま「山の日」県民の集い…霧が谷湿原再生地整備

もう1週間前のことですが…
山の日の北広島会場で湿原再生地の刈り取り作業がありました。
4月は下流部でしたが、今回は上流部になります。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 002

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 001

今回は刈り取りしたものはそのままにしておきました。
1時間毎の休憩です。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 006

休憩時間に花を撮りました。
一株だけアケボノツツジが色鮮やかに咲いていました。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 003

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 009-001

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 012-001
           フジバカマ

刈り取られずに残したマムシグサ

     ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 013-001

カンボクは辺り一面、真っ白い花をいっぱい咲かせています。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 017-001

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 015-001
            カンボク
ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 016-001

2:45分に作業を終了しました。

ひろしま山の日県民の集い(霧ガ谷湿原再生地) 019

年2回の作業ですが、これを1回でも空けると湿原の再生が遅れます。
会員の方にももっと、積極的に参加して欲しいものです。

かりお茶屋の前ではジュニアツリークライミングの体験会をJACのメンバーが
4年前からやっています。26名くらいの参加があったようです。

今日は、「ルーデンス斎」に泊まって、翌日臥龍山・雪霊水辺りで
バードウオッチングを初めてします。

 芸北 霧が谷湿原再生地 ボランテイア

22日は芸北の臥龍山山麓の霧が谷湿原再生地の除伐、草のボランテイアに
行ってきました。
刈尾茶屋前は2ケ月前の大雪が嘘のようです。

総勢(JAC、県、西中国山間地自然史研究会、地元)40名位いたかな

いつものように、木道を歩いて行きますが、まだ木々は芽吹き初めで
桜が満開でした。
コブシも満開で、こちらはまだ初春です

霧が谷湿原再生 003-001
          写真中央の山稜あたりは山桜が満開→写真をクリック+

霧が谷湿原再生 004-001

刈り払機部隊が入っている間に生きものの勉強です。

霧が谷湿原再生 006

作業前の写真

霧が谷湿原再生 005-001

刈ったものをブルーシートに入れてトラックまで運びます。

霧が谷湿原再生 008-001

作業後の写真

霧が谷湿原再生 010-001

木道が見えるようになりました。
6月3日の「ひろしま県山の日」にもここの上流部の整備が有ります。
あたりはグリーンの湿原になっていると思います。

整備を始めて7年になります。
初めから参加しているので、身体の元気な間は続けていきたいと思っています。

第7回霧が谷湿原再生地整備活動

16日は雨の谷間で良いお天気の中、芸北の臥龍山麓の霧が谷湿原再生地の
ノイバラ、ハンノキの除伐ボランテイアに参加しました。
今までのところから苅尾茶屋に近いところの湿原復元中のところの
テスト的な除草作業でした。

霧が谷湿原再生地除草作業 032
           終了後の参加者と

before

霧が谷湿原再生地除草作業 017

after

霧が谷湿原再生地除草作業 028

作業開始…

霧が谷湿原再生地除草作業 018

草刈り機でノイバラや小さいカンボクを刈っていきます。
直径5cmくらいのものは鋸で刈ります。
10cm以上の木はチェンソーで切ります。

霧が谷湿原再生地除草作業 024

霧が谷湿原再生地除草作業 025

みんな一生懸命です。
サボってるものは一人もいません。

刈り取ったのをブルーシートに置いて引っ張って車まで運びます

霧が谷湿原再生地除草作業 021

それを軽トラックに積んで運びます。
9:30~12:00    午前中作業
13:00~15:00   午後作業

この地を湿原に戻すための水を山から引いています。
何年か先には湿原として潤っていると思います。

霧が谷湿原再生地除草作業 033

6月の広島県 山の日(6月4日)の前日にも霧が谷湿原の下流の整備があるので
どのようになっているか楽しみです。

皆さん~お疲れ様でした。
帰ってから飲んだが美味しかった

高岳~匹見登山道整備

9月10日中央分水嶺の高岳~匹見登山道の整備に行ってきました。
集合場所の草についた梅雨が綺麗でした。

004-001_20160916071148909.jpg

虚弱隊は高岳山頂から匹見分れまで…
元気隊は匹見分かれから行けるところまで。
制限時間は14:00で作業終了。

虚弱隊はK森さんが下刈機で刈っていき6人が払いのけします。
登山道は広くなっていてそんなに笹は出ていませんでした。

020_201609160726467d7.jpg

刈られる前にお花を撮っておきます…

008-001_20160916071150fdc.jpg
            ツルリンドウ

012-001_201609160711505c2.jpg
            ツリガネニンジン

017-001_201609160711519de.jpg
            ヤマジノホトトギス

025-001_20160916072330f98.jpg
            ツルニンジン

坂なので後ろ向きに刈ります。 キツイでしょうね…

023_20160916072328121.jpg

登山道はゆうに2m以上あります。
良いのか良くないのか?

      022_201609160711538c1.jpg

033-001_20160916072648bdd.jpg
             アキノキリンソウ

032-001_20160916072647234.jpg
             ヤマジノホトトギス

我が家の庭のホトトギスは今年は一向に咲く気配がありません‥

027-001_20160916072331642.jpg
              ?キク

ササユリの株があったので保護しました。
来年咲くのかどうかはわかりませんが…
ひとつ良いことをしました。

024_2016091607232957a.jpg

虚弱隊は結局、聖分かれまで行くことができず(半分位)、山頂に戻りました。

030_2016091607233391c.jpg

元気隊は山頂に戻ってきたのは15:30頃
みんな疲れきった顔でした…

出発前の元気な顔…

016-001_20160916072649774.jpg

下山はチェンソーを担いで下りました。
今日は不思議と膝が痛くなく、元気でしたよ…

明日11日は別の隊が匹見から高岳に向かって刈っていきます。
あっちからはキツいんです。
開通することを願って… 
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク