『岩崎元郎さんの健康登山講座』
2017-01-25 Wed 18:31
24日に支部創立20周年記念事業のトップとなる
『岩崎元郎さんの健康登山講座』を催しました。
各方面に募集案内をして370~80人の申し込みがありましたが
30人くらいのキャンセルと申し込みなしの参加で346人の来場と
なりました。
主催は(公社)日本山岳会広島支部で特別協賛は救心製薬さん
協賛会社はアシーズブリッジ、好日山荘ゼロゲート店、ICI石井スポーツ広島店
モンベル祇園店・広島紙屋町店
協力はアルパインツアーサーサビスさんでした。

入場前に岩崎元郎さんのサイン本販売をしました。

    岩崎元郎さん 002-001

30冊しか持ってこれれなかったのですぐ完売しました。

岩崎さんを知ったのは20数年前に山を始めた頃NHK趣味百科と趣味悠々と
いう番組で『中高年のための登山学』のテキストを買って知識を得ていました。
その中で今でも実行しているのは
「歩幅は小さく、ゆっくりと、静移動・静荷重」です。
会場でお会いした時には余りにも小柄な方でしたので驚きました。
147cmだそうです。昭和20年生まれの早上がりのようなので
学年は1つ上みたいです。

演題は…山に登って元気になろう
頷くことがたくさんありました。

岩崎元郎さん 006-001

2部は…岩崎元郎さん×JAC広島支部のデイスカッション
「安全に登山を楽しむためには」、「登山の仲間作り」でした。

岩崎元郎さん 007-001

そして、お楽しみの抽選会は…
協賛会社から150点以上あり、いい物(高価)がたくさんありました。
抽選番号1番でしたが、ICI石井スポーツさんの日本タオルが当たりました。
18時から始まり20時30分ころまであっmと言う間の時間でした。

打ち上げ会で岩崎さん、救心さん、アルパインさんを囲んでいろいろな
お話ができました。
終わりに持参した本にサインしてもらいました。

001-001_20170126183538223.jpg

002-001_20170126183540ba0.jpg

これからは自分に合ったた山を、無理をせず、楽しんで、仲間を大切にしていこうと
改めて思いました。

ご案内して参加していただいた、Tさん夫婦、Iさん夫婦、Mさん…
ありがとうございました。

25日は午前中、ルームで登山講座の運営について講座スタッフと
岩崎さんとの意見交換会がありました。
講座から離れて5年経ちましたが、同じ問題を抱えていることが
わかりました。

スポンサーサイト
別窓 | 講習会・研修会 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『岩崎元郎さんの健康登山講座』の開催案内
2017-01-15 Sun 16:13
今年の11月1日は支部創立20周年になります。
その記念事業の1つとして記念講演をしますので
是非、参加ください。

   008-001_2017011516061806b.jpg

詳細はクリック、拡大してご覧ください。
岩崎さんは20年くらい前に登山を始める頃にNHKの番組で知りました。
今でも実践しているのは…
小幅でゆっくりと歩くです。
別窓 | 講習会・研修会 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
大山環境フォーラム~大山環境新時代の展開について~
2013-07-29 Mon 11:58
27日にモンベル大山店多目的ホールにて「大山環境フォーラム」が
開かれ参加してきました。

大山・ユートピア 003-001

主催は鳥取県西部総合事務所環境局です。
基礎後援では日本山岳会「山の日」祝日制定プロジェクトリーダーでもあり、
「山と渓谷社」出版の元編集長、現在山岳・自然図書出版部部長の萩原氏の
「現代のアウトドアー潮流から見た大山の展望」の講演がありました。

大山・ユートピア 004


続いて「大山環境新時代の展望と題して」のシンポジュームがあり
パネラーとして

大山・ユートピア 005-001
左から、林鳥取県副知事、萩原氏、真崎モンベル代表取締役、森田大山町長、
鷲見大山小学校校長

そうそうたる方たちで、前列で厚かましく拝聴しました。
6月1日に大山環境会議で「大山環境宣言」がだされて地域の取り組みなどの
ディスカツションがありました。

萩原氏とお会いするのは去年山の日前日、尾道のフォーラム以来です。
ちゃっかりと写真も撮らせていただきました。

大山・ユートピア 007-001

自然環境について、より一層の認識を深めることができたフォーラムでした。
今日は、豪円山キャンプ場でテントを張り明日は、宝珠山~ユートピア~
三鈷峰の予定です。

中の原スキー場の豪円山キャンプ場です。

大山・ユートピア 010-001

大山・ユートピア 008-001
             焼肉
別窓 | 講習会・研修会 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山岳辺境セミナー2011 
2011-12-11 Sun 15:06
10日に広島県山岳連盟主催の第19回山岳辺境セミナーがあり
講師に三浦雄一郎さんno『「生きがい」人生の最高峰を目指して』の
講演を聞きました。

講演前に所属会のK編集長(支部報編集)からの依頼で
三浦雄一郎氏のインタビューの迷カメラマンをさせていただきました。

インタビュー前には昼食を横で一緒にさせていただきました。
『山のおべんとう』をいただきましたが、へぎの弁当箱、内容、
後始末のできる工夫など感心されていました。

  1210008-1.jpg

  1210009-1.jpg

私も久しぶりの『山のおべんとう』で緊張しながらいただきましたが
美味しかったです。
昼食を済ませて約20分間のインタビューでした。

インタビュー前に色紙にサインをお願いされましたが、快く書かれていました。
「しもうた・・・俺も持って来れば良かった~」と思いましたが、もう遅し・・・

  1210012.jpg

  1210014-1.jpg

  1210015-1.jpg

K編集長からいろんな事を聞かれて応えておられました。
来春の支部報に記事が載ると思います。
三年前にもクラーク記念国際高等学校の校長もされているので、
広島校の何かの講演会があった時買った本にはサインをいただいて
いますが、それ以来でした。
勿論、ツーショットも撮らせていただきました。
ありがとうございました。

  1210023-1.jpg
             インタビューを受ける三浦雄一郎氏

  1210032-1.jpg

2時から講演会があり、101才でなくなられたお父さんの話の中で
『3つの力』と言う若さを保つことがあります。
 
その1  スペシャルドリンク 
     牛乳+ヨーグルト+ごまの粉+きな粉+酢玉子+黒砂糖を
一日コップ一杯飲む

その2  鼻の片方を押さえて片方の鼻で息をする。それを交互にする。

その3  舌だし
     べろをべろべろ出したり、入れたり一日100回する。

これをお父さんが毎日されていたそうです。
普通に100才を越えた人は全国に何万人といるが、100才にして山スキーを
元気にしていた人はいないと思う。と話されていましたが本当だと
思います。

標高差1,000mを登るということは、30倍の30kmを歩くと同じ運動量
があり、10kgのザックを背負って登るということは50倍、50kmを歩く
運動量だそうです。

登山は本当に過酷な厳しいスポーツだと思いますね・・・
そのことは、ある大学のスポーツに関する研究室で70才台の男女で
山登りをしている人と、していない人の成長ホルモンの分泌量等の 
分析をしたら、山登りをする人は成長ホルモン(若返りホルモン)の分泌量が
数十倍多いというデーターが出たそうです。
だから、登山をしてる方に若く見える男女が多いインでしょうね・・納得

講演が終わってから抽選会が会って・・・
今年は当たりました

  016-1.jpg

提供は『ナカシン』さんです。
でも、携帯ホールダーはこの頃使いませんよね~

ま~当たらないよりましか

    
別窓 | 講習会・研修会 | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
平成22年度中高年安全登山指導者講習会『西部地区』に参加して
2010-10-06 Wed 11:49
9月24~26日の3日間宮島をフイールドに講習会がありました。
滋賀県から沖縄県まで64人の受講者と主催者講師、岳連講師約40名の100人以上で
始まりました。

講義1は『中高年登山の現状と問題点・楽しい登山とリスク』です。

924IMG_6997-1.jpg

講義2は『高年齢の体力、運動能力、危険回避能力の向上』です。

924IMG_6998.jpg

座学はもう何年も机から離れているので姿勢が辛いですね・・
内容は納得できる事ばかりですが、実践でいかに活用できるか・・
という事だと思います。

宿泊先は県内の受講者は宮島・包ケ浦自然公園のケビンです。
24人用の弐段ベットのユースホステルのようです。
食事は炊事棟で岳連のスタッフが準備されました。

924IMG_6999.jpg

翌日の25日は3コース(7時間・5時間・4時間)に分かれて弥山を歩きます。
僕は5時間コースの:博打尾~弥山~駒ケ林~大元公園を選びました。
博打尾は下山では4~5回歩いていましたが登りは初めてでした。

925IMG_7001.jpg

925IMG_7002-1.jpg
             満潮の大鳥居

925IMG_7004-1.jpg
             ロープウエーだと約20分?で

駒ケ林で昼食をとり、大元公園に着いてから実技の『簡易テント』の作り方です。
100円ショップで売っているレジャーシート3枚を使っての作業でしたが・・

925IMG_7006-1.jpg

925IMG_7008-1.jpg

925IMG_7010-1.jpg

実際に怪我人が出たときに安全な場所を確保し、低体温対策でテントに収容する事は
当たり前ですが、我々はその為に『ツェルト』を常時もっているので
このようなレジャーシートを誰かが持っている確率のほうが低い訳だし・・
この実技に1:30も時間をかけてやるほどのことはないとアンケートに書きました。

3時から又、座学で講義3:『リーダーの責任と法律』を勉強しました。
このことが一番の知りたいことでしたが、法律はより難しく頭が痛くなりそう^^;

終了後、入浴し『夕食と情報交換会』の始まりです。

925IMG_7011-1.jpg

925IMG_7013-1.jpg

925IMG_7014-1.jpg

・・・と『国民宿舎みやじま杜の宿』にしては美味しい料理でした。
各地の指導者の立場の方々との情報交換は有意義でした。

最終日の26日は『研究協議・分科会』でした。
分科会は希望の分科会(13人)でなかったので協議といっても
『講習会の今後の取組・日体協公認山岳指導員の役割と有効活用』なので
受講者は関わりのないことだったので内容のあるものではありませんでした。

こうして約3日間の講習会が終了し、終了証の授与です。
代表して沖縄からこられた方が・・

926IMG_7018.jpg

沖縄は山がないのに登山?と思ったりして・・
高額の受講料を払って受講したので、これから少しでも生かしていきたいとは
感じたけど・・
スッキリしない気持ちも残ってしまいました。
(関係者の方々には大変だったと思います。ありがとうございました。)
別窓 | 講習会・研修会 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| よっちゃんの趣味悠々 |