FC2ブログ

萩城址(指月山・詰丸跡)

笠山から萩城址へ回りました。
子供が小学生2~3年生のころ連れてきた記憶がありますが、城内へは
入らず待っていました。
入場料がJAFカードで半額の120円になりました^^

IMG_4800-001.jpg
                  本丸門跡

石垣の反りが美しい→天守閣のあったところ

IMG_4802.jpg

IMG_4808-001.jpg

IMG_4821-001.jpg


本丸のあった指月山(詰丸跡)へもせっかくなので行ってみることに
結構の急坂もありましたが、この詰丸を攻めるのは大変だっただろうと思いました。

山頂手前には土塀が

IMG_4820.jpg

指月山(141m)山頂には石切跡が
割残した岩がゴロゴロ…

IMG_4809.jpg

こうして岩を割っていたのでしょうね。凄い…

IMG_4810.jpg

毛利元就の子の輝元が築城した歴史を感じた指月山でした。登ってみて良かった^^
スポンサーサイト



雲海の竹田城跡

宿を4時起き、5時に立雲狭に向かって出発
昨日、駐車場の確認をしていたのですが、すでに駐車場は9割り方停まっていた
薄暗い中第1展望台へ向かう。
そこにもすでに3~40人位がいました。
寒い~~
6時過ぎころから雲がかかり始めてきて、雲海が期待できそう^^
一眼レフで2~30枚くらい撮った。
コンデジでも撮った。
スマホでも撮った。

でも、これはといった写真が3~4枚しかなかった^^;
来月開く『みんなの自慢の写真展』に出品予定の写真

IMG_4684-001.jpg

IMG_4690.jpg

何年も前から行きたかった竹田城跡
それも雲海の竹田城跡
念願かなった例会だった。
リーダ-をお願いしたk田さん、ご苦労さまでした。

竹田城跡

20日から21日にかけて例会で朝来市の竹田城跡と兵庫県の雪彦山
に行ってきました。
竹田城跡はずっと訪ねてみたかったみたかったところで今回実現しました。
まずは登城です。
表米神社登山道から登り駅裏登山道を下山しました。
平日にも限らず観光客は多い…

IMG_4665-001_2019112417205798b.jpg

IMG_4654-001.jpg

IMG_4651-001.jpg

IMG_4658-001.jpg

観光客が映らないように苦労しました。
明日は5時出発で立雲狭第1展望台で雲海を期待して…

大洲城と冨士山と今治城(blog)

佐多岬灯台から大洲市へ戻り大洲城へ

IMG_4459-001.jpg
           大天守と台所櫓

IMG_2072.jpg

大洲城のあと行ってみる冨士山(トミスヤマ)とクスノキのような切株

IMG_4462-001.jpg

天守閣へはもう時間が無いのでパス…

IMG_2075-001.jpg

冨士山へで移動
展望台駐車場へ車を置いて山頂まで約15分…
炎天下でくたびれたので顔をカット

P7284387-001.jpg

春のツツジが良いらしいです。
そして、最後の今治城へ

17時を5分過ぎたので閉門でした。
立派なお城のようです。
今治城は1602年に藤堂高虎が築城したお城。

IMG_4475.jpg

IMG_4472-001.jpg

今回は52年振りの佐多岬と四国の現存12天守閣の最後の宇和島城と
2つの城を見れて楽しい旅だった。
スズキパレットでは矢張り長距離は経済的だけど運転が疲れることが分かった。

城巡りの前に、四国最西端 佐多岬灯台へ(blog)

28日は早立ちをし四国最西端の佐多岬へ
佐多岬は独身だった52年前に友達4人(家内を含む)とキャンプに訪れたところで
結局は台風でテントが張れず、急遽無理をお願いして民宿に泊まったところです。
ほとんど記憶はありませんが…

IMG_4421-001.jpg
          佐多岬灯台(大正7年)  

結構の距離でしかも狭い道だったのでパレットで来てよかった。
現在地が灯台への駐車場
ここから片道40~50分かかるようだ

P7284375-001.jpg

舗装された観光道のアップダウンを2~3回して先端の灯台へ

IMG_2066.jpg

IMG_4417-001.jpg

IMG_4423-001.jpg

灯台の先に椿山展望台があります。

IMG_4428-001.jpg

P7284379.jpg
           ハマユウ
   
     IMG_2050-001.jpg
           キツネノカミソリ

P7284377.jpg

ウミネコをズーム

IMG_4440-001.jpg

大型輸送船も

IMG_4450-001.jpg

IMG_4430-001.jpg

そろそろ次の大洲城へ行かないと時間が無くなる
駐車場入り口におばあさんがお土産買ってくださいと熱心に?言ってきたので
ウニを買いました。ふつうは1800円のところ1500円にまけたげるからと…

         P7284382-001.jpg

行きしはまだ時間が早いので開店してなかったところの道の駅『瀬戸農業公園』でお昼に…
シラス丼を頂きました。

P7284385-001.jpg

次は大洲市の大洲城に移動です

現存12天守閣…宇和島城

27~28日に四国の現存4天守閣の最後の宇和島城他の城巡りに
出かけました。
まずはその雄姿から

IMG_4375-001.jpg

家を7時20分スタート…今回はパレットで
パレットでの遠出は2回目。
高速の追い越しや、坂はエンジンはしんどい^^;
でも、90㎞くらいで走るには問題ないですね。
また、四国は対面走行が多いいから運転は楽^^

宇和島城(鶴島城)は天守が重要文化財で、藤堂高虎の築城。
唐破風、千鳥破風が調和していてみごと。
登城は桑折家武家長屋門が移築されたところから急な石段を上る。

     IMG_4365-001.jpg

IMG_4370-001.jpg

本丸跡につくと天守が目の前に飛び込んでくる。
写真ではそんなに大きな城には見えなかったが、壮大でなんと美しい
最上層が唐破風、二層が千鳥破風、その下が二つの千鳥破風、最下層に唐破風

IMG_4390-001.jpg

IMG_4392-001.jpg

IMG_4391-001.jpg

       IMG_4393-001.jpg

いつ枯れのか分からないが切株があった。

         IMG_2034-001.jpg

何の木か分からないが素人的に樹齢を想像してみると、築城時に100年物を植え、それから
約460年経てざっと5~600年か?

IMG_2036.jpg

天守閣には展示物は無く今流行りらしい絵だけがあった。

IMG_4378-001.jpg

千鳥破風を格子の隙間から撮ってみたが…

        IMG_4382.jpg

今日は本当に暑かった
沢山写真も撮り、今日の宿泊の西予宇和市『宇和いきいき森林公園』の
ログハウスへ移動。夜はBBQ

P7284374-001.jpg

お昼は宇和島城近くの『すしえもん宇和店』の回転寿司ので…
大トロ、中トロ、赤身…美味しかった^^

P7274369-001_2019072917185088e.jpg

明日は、四国最西端の佐多岬灯台と、大洲城と冨士山、時間があれば今治城へ


13日 佐賀城祉(blog)

祐徳稲荷神社からは約1時間で佐賀城址へ着いた。
広い無料駐車場があり助かる。

IMG_4182-001.jpg
                     佐賀城本丸歴史館
                      
歴史館は後にして、天守台の方へ行ってみた。
                         ↓ 天守台
IMG_4174-001.jpg

天守台は1726年に焼失し、以後の再建はされなかった。

IMG_4170.jpg
                  天守台への階段(当時のまま)

天守台の石垣のところに咲いていたセンダンの花
城内にもたくさんセンダンの木があった。

IMG_4171-001.jpg

IMG_4169-001.jpg
               見事な石壁
せっかくなので、歴史館へ入ってみることに。無料だったので協力金を箱に入れた。

IMG_4180.jpg

IMG_4177-001.jpg

IMG_4176-001.jpg

博物館内は写真撮影ができたので結構撮れたが…
blogにアップするのは大変なのでやめた

さ~ぁ、次は佐賀市内へ戻って、吉野ケ里遺跡の観光だ…

岩国城巡り

24日は所属会の例会で歴史グループ担当の郡山城址から先月の
日野山城址~吉川氏の岩国城と毛利ゆかりの地を巡りました。

P1243837-001.jpg

岩国観光協会のボランテイアガイドさんの案内で錦帯橋から

P1243813.jpg

下から見上げると技巧のすごさがわかります。

        P1243814.jpg

P1243816-001.jpg

吉香公園の中を歩いていくと…
満開の紅梅や、もう桜が咲き始めていました。

P1243819.jpg

P1243822-001.jpg

旧加田家の瓦が珍しいそうです。
両袖瓦です。

P1243825-003.jpg

十月桜も・・・

P1243826-001.jpg

次に吉川家の墓所へ…
2代目城主と3代目城主の墓

P1243827-002.jpg

    P1243829-001.jpg
        みみずくの手水鉢

P1243833-002.jpg
        誰が袖手水鉢 

初代城主、吉川広家の墓所もみて、紅葉谷公園から岩国城へ舗装道を約30分
登ったら岩国城です。

  P1243836-001.jpg

最上階(望楼)を『唐造り』とした城には、小倉城、高松城があるが、さらに四階にまで
唐造りをした城は岩国城だけのよう
また、現復元天守閣は昭和37年に錦帯橋付近からの景観を考えて、本来の位置より
50m前に復元されたものと聞き、ちょっと残念に思えた。

P1243837-001.jpg

下山途中に『鹿子の木』(カゴノキ)が群生していた。

      P1243846-002.jpg
        案内をしていただいた??さん

計画通り、13時に吉川資料館へ到着。
それぞれに昼食をとり、小次郎茶屋でをして解散。。。


 

郡山城址(毛利元就) 

11日にお天気もいいようなのでoliveさんを誘って郡山城址に行きました。
大河ドラマで16年くらい前にイベントがあって両親を連れてきたことが
ありますが、ここはパスしていました。

郡山城址 001

郡山城址 002-001

毛利元就は12代になるんですね。
苔むして一族の墓所として何百年経ってるんでしょうかね?

郡山城址 004-001

よく知っている『百万一心』の石碑です。
これは後のものらしいです。

   郡山城址 006-001

説明を読んでください。

     郡山城址 007-001

続く

鬼ケ城山~備中高松城~備中松山城

14日はSYKの仲間で岡山の城郭巡りに行きました。
腰痛も治りきっていなかったのですが、途中で引き返せばいいと思って
参加しました。

古代山城・鬼ノ城(きのじょう)は標高約400mの鬼城山山頂一帯に、高さ6mにも及ぶ
土塁や石塁が約2.8kmにわたって巡らされた古代の山城です。
昔話「ももたろう」の原形といわれる「温羅(ウラ)伝説」の地として知られています

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 007-001

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 010-001
鬼ノ城 西門(復元中)
正面3間(12.3m)、奥行2間(8.3m)の大規模な城門です。

史書にはいっさい記録がありませんが、発掘によると、天智天皇2年(663)、白村江の戦いに
日本が敗れた後、唐・新羅の侵攻に備え築城したものではないかと考えられている
古い城跡です。
眺望は素晴らしく、四国山脈や備前平野などを一望できます。

屏風折れの石垣を望む
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 012-001

屏風折れの石垣
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 013-001

城門(北門)
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 016-001

鬼ノ城山山頂
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 M 018-001

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 M 019

鬼ノ城山を一旦下りて奇岩、巨岩のある岩屋観音院へ行きました。
巨岩の多いところです。
奇岩があることから伝説も多く伝えられているようです。

鬼の差し上げ岩
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 018-001

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 M 022

8畳岩で昼食です。
次の予定があるので急いで下山。

馬頭観音
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 022
          クリック…+すると右の観音さんの頭に馬がある

皇の墓、犬墓山は素通りして登山口の鬼ノ城山ビジターセンターへ到着
なかなか歴史のある古城巡りでアップダウンも少なく良いところです。

高梁市まで戻って黒田勘兵衛で水責めのされた備中高松城址へ
20年くらい前に仕事の途中で寄った記憶がありました。

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 024

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 025-001

次は備中松山城へ
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク