FC2ブログ

イヌビワ

毎月1日は氏神さんの邇保姫神社へ一日参りをしています。
家から歩いて25分足らず、往復2.5㎞くらいのところにあります。

境内の手に届くところに見つけました。
イヌビワです。

DSC_0693-001.jpg

まだ熟れていませんでしたが、種取の為採らせていただきました。

DSC_0697-001.jpg

イヌビワはイチジク属で実は無花果そのものです。
黒紫色まで熟すと、甘くて無花果のようです。

神社の高い石垣の隙間にも生えていたので鳥が運んだ種が育ったのだと
思います。
熟した種でないといけないかもしれないので後1週間後にももう一度行って
みようと思います。
スポンサーサイト



山菜を探して

5日はとうとう我慢できなくなって北広島町大朝の方へ山菜を探しに行きました。
途中、どんぐり村へ寄ってトマト、ピーマン、オクラ、サニーレタス、パセリなどの
苗を買いました。
結構な人がいました。

テングシデ群生地入り口から林道を車で上がって、登山道の合流するところから
下ってみました。
何とか、コシアブラ、ワラビ、タラの芽が採れました。

DSC_0413-001.jpg

DSC_0411-001.jpg
          チゴユリ

DSC_0410-001.jpg
          ガマズミ

DSC_0406-001.jpg
          ヒメハギ?

久しぶりに140㎞くらいのドライブをしました。
いつの間にか山は新緑で早くコロナウイルスが終焉して自由に登山ができるように
なってほしいですね。
その為にはまだ、自粛が必要です。
頑張りましょう^^

蕗の薹を探しに

昨日はお天気も良かったので、山口県錦方面に出かけました。
スパ羅漢の先から羅漢高原に細い道をかけりました。
と、その時…
雪がありました。

P3214597.jpg

標高は830mくらいのところですが、4~5日前の雪みたいです。
8~8年ぶりの羅漢山でした。

山頂は記憶通りの展望塔があった。
タッチして

P3214598.jpg


今まで気が付かなかった大きな建物が北側にあるので行ってみると
まだ雪が残ってる

    P3214602-001.jpg

    P3214604.jpg

建物の正体は… 元建設省の雨量測候所
なんで今まで気が付かなかったんだろうか?

お昼は

P3214600.jpg

下山の途中に子羅漢山があるので行ってみたが、ここにも展望塔があるだけで
なんてことなかったが…
蕗の薹があった^^
良かった。

テングシデ群落と山菜採り

30日が雨で2日に順延して大朝の国の天然記念物「テングシデ群生」と山菜を探しながら
熊城山を歩いてきました。

P5023441.jpg

イヌシデの突然遺伝子で世界中でここしかありません。
約100本あるそうですが、樹形がどれもグニャグニャです。

P5023483-001.jpg

P5023440-001.jpg

       P5023442-001.jpg

去年の4月29日に来た時にはこんもりとした杉林に囲まれて薄暗い、
いかにも名前の由来の天狗が飛んできそうな雰囲気だったのに、
登山口から上の方まで伐採していて雰囲気ががらりと変わっていました。 
後は熊城山へ向かって山菜と山野草を探しながらゆっくりと歩きました。

P5023444-001.jpg
          チゴユリ

ref="https://blog-imgs-128.fc2.com/y/a/m/yamadaisuki/P5023447.jpg" target="_blank">P5023447.jpg
          ヤマツツジ

P5023453-001.jpg
          ミヤマカタバミ

途中ずっとワラビ、コシアブラ、ゼンマイ…
なかなか進みませんでした。

舗装道へ出たところの斜面にイワカガミが…

    P5023454-001.jpg

エンレイソウも萼片が紫褐色で鮮やかでした。
普通には緑色が多いいと思います。
あと、シロバナエンレイソウもありますが、日本にはこの三種類しかありません。

P5023461-001.jpg

P5023468-001.jpg
            オオカメノキ(ムシカリ)

12時を過ぎたので山頂は何にもないのでブナの森でお昼を…
ブナは樹形がいいですね^^
でも、写真を撮るのはむつかしい^^;

P5023472.jpg

思いがけず、左コースの登山口手前で斜面に山シャクヤクの蕾を見つけました。
写真を撮っていると、右の少し下ったところに花が咲いているのをを見つけて
のを斜面を下りて行って撮りました。

P5023476-001.jpg

カキドオシも群生するときれいです。

P5023478.jpg
            ヒメハギ

どこでにでもあるのですが、キランソウ(ニシキゴロモ)は鮮やかなのでのですがついつい
撮ってしまいます。

P5023482-001.jpg

P5023480-001.jpg

皆さん、ワラビ、コシアブラ、ゼンマイそれと貴重なタラノメ
夕食は天ぷらでしょうね。

個人山行で案内しましたが、皆さん喜んでいました。
山といえば1000m近い山なのですが、この時期は山野草、山菜があるので
ゆっくりと歩くのもいいですね…
山の恵みに感謝です。

山菜を探して天狗石山麓へ

30日はSYKの仲間と大江高山へ行った帰りの車の中でE石さんが提案した
『コシアブラで天ぷらを…』をしましょう。。。で天狗石山へ

大暮川を遡って毛無山~阿佐山を登るコースの反対側から
天狗石山へ登る登山口辺りのようでした。
K岡さんがタラの芽採取の道具を人数分用意してきました。
針金をストックの先に取り付けて引っ掛けて手繰り寄せます。
→写真に撮り忘れしました。
荒廃した登山道を探して行きましたが、コシアブラ、タラの芽は全く
ありません…
なんとしても7人分の山菜天ぷらの材料を確保せねば…の必死の
思いが通じたのか、上りでは気がつかなかったところに
コシアブラ、タラの芽…ゲットしました。

山菜の恵をいただいて天ぷらを… 004-001
    タラの芽、新玉ねぎ、カッポン、コシアブラ、椎茸、アザミ

新玉ねぎはD居さんが朝採りで差し入れ
O河内さんは舞茸とイモ(自家栽培)の差し入れ
M枝の作った蕨の酢漬けがとても好評でした。

山菜の恵をいただいて天ぷらを… 007
           タラの芽を揚げているところ

山菜の恵をいただいて天ぷらを… 008
           アザミを揚げているところ

椎茸は倒木しているナラの木の下に生えていました。
美味しかった。
アザミは口に入れた途端に舌がチクッとして…もう勘弁
カッポンは揚げても酸っぱかったそうです。
舞茸は外側カリカリ、中はもっちりとして天ぷら最高
コシアブラ、タラの芽はタラ腹いただくことができました。

ほぼ自分たちで山でいただいた山菜を外で食べれるって
贅沢なことです。
自然の恵みに感謝して… 
 
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク