加計町の五輪山

27日は朝、『天気いいからどっかへ行こう』と五輪山へ
まずは、思いがけなく…まだ5月の終わりなのにササユリ、しかも白色

五輪山 024-001

お馴染みのたい焼き屋さんで2個買って…
ついでに登山口まで車を入れました。
無理をすれば3~4台は停めれそうです。

五輪山 015

廃屋になったお家の先にミヤコワスレの花が…
自然に生えることはないと思うので植えられたんでしょうね

五輪山 016-001

五輪山 017-001
           珍しくないホウチャクソウ

五輪山 019-001

五輪山 018-001
           ノリウツギ?→ガクウツギかも?

鎌ケ原分岐…尾根の直登コースみたいですが、荒れてそうなのでトラバースコースを

五輪山 029-001

今年初めて会った ギンリョウソウ

五輪山 023-001

そして、ここからチョットのところで…ササユリが咲いていたんです。
あたりを見合わせても1本しかありません。

五輪山 025-001

五輪山 030-001
           ハナイカダの実

そして、どう見てもゴリラに見えないゴリラ岩
岩が下に落ちてたので昔はゴリラの顔に見えたのかもしれない

    五輪山 031-001

五輪山 032-001
           タチネコノメソウ?

五輪山 034-001
           フタリシズカ

大きなシダがあったので前に立ってもらった

五輪山 035

なが~いトラバース道が延々と続きやっと、寺屋敷分岐に出た
右が五輪山と→が赤いテープに書いてあった

五輪山 036

こっからは急坂になり、山らしくなる。
ヤブレガサの花が咲き始めていた。
さっきとにつぼみがあります。
花を見るのは珍しい…

五輪山 039

チゴユリも沢山咲いていました。

五輪山 041-001

五輪山のいわれの標識があって五輪塔が残っている。

五輪山 042-001

五輪山 045

山頂は2等三角点で眺望は全くない
展望地があるとネットで見たので少し行ってみたが木が茂ってダメ。
山頂まで戻って昼食を

下山は747ピーク経由はやめてピストンにした。

あっという間にササユリのところへ下りた。
もう一度写真を撮ってるとすぐ近くにつぼみがあった。

五輪山 047

もう一度良くあたりを探してたら…
シライトソウが咲いている

     五輪山 048-001

五輪山は往復でも5時間くらいのハイキングコース。
山野草もぼちぼち咲いていて、木漏れ日の中を歩けるいい山です。
ただ、山頂からの眺望がないのが残念です。    
スポンサーサイト

3支部交流例会

18日から19日に比婆山に行ってきました。
第3回目となる山陰支部、四国支部、広島支部の交流会で
今年は広島支部が主催でした。
前日はルームで本部からO久保副会長をお招きして中国四国ブロックの
合同会議をしました。
会議の後、懇親会をして大いに飲みました。

翌日は交流登山で大雨警報が出ていたのですが、遠方から見えているので決行しました。
そんな大雨ではなかったので良かったです。
A組は出雲峠~御陵~池ノ段
B組はセンター~毛無山~出雲峠
私はB組みについて6人で歩きました。

3支部交流会(比婆山) 001

3支部交流会(比婆山) 004-001

3支部交流会(比婆山) 005-001

3支部交流会(比婆山) 009-001

ブナの
      3支部交流会(比婆山) 012-001

3支部交流会(比婆山) 014-001
           ツリガネニンジン

3支部交流会(比婆山) 016-001
           マツムシソウ 

     3支部交流会(比婆山) 022-001
           ヤマラッキョウ

       3支部交流会(比婆山) 023-001
           ワレモコウ

山頂でお弁当タイムです。
雨が強くなったのでツエルトを被って食べました。
今、この山のお弁当を参考にして本部でもうすぐ発売の予定です。
高尾山で展開します。

3支部交流会(比婆山) 020

3支部交流会(比婆山) 026-001
           ウメバチソウ

3支部交流会(比婆山) 032-002

3支部交流会(比婆山) 027-001

3支部交流会(比婆山) 031-001

3支部交流会(比婆山) 030-001

登り始めてからいっぱいのくりがあったので皆で拾って行くので倍の時間がかかりました。
お土産に持って帰りました。
中には親指大のクリもありました。

3支部交流会(比婆山) 055-001

A組はブナハリタケをものすごくいっぱい採っていました。
これもお土産に持って帰りました。
ブナハリタケは香りのよいキノコです。バター炒めと天ぷらでいただきました。
あまりパッとしなかったので、翌日天ぷらにしていただきました。
味は?…

 3支部交流会(比婆山) 054-001

全国初めてのブロック会議、懇親会、交流登山、懇親会…
忙しい3日間でした。
来年は四国支部の主催です。

花の名前など調べられませんでした…

宗箇山(三滝山)

5日の朝、急に思い立って三滝に行ってきました。
何年振りだろう?
登山口にこんなのがありました。
去年からあるんだと思います。
土砂災害復旧整備事業募金のようでした。

015-001_20160907155229cd0.jpg

三滝寺までは秋には紅葉がとても綺麗なところです。
寺の上にも寺がありました。
神社ではないので狛犬ではないと思います。
なって言うんだろう?

003-001_2016090715454403a.jpg

005-001_201609071545456cd.jpg

006-001_20160907154547696.jpg

      009-001_201609071545483d3.jpg


尾根までは崩れたところもありました。
孟宗竹が尾根を越えて勢力を増しています。

山頂からは宮島や絵下山が違った角度から見えます。

010-001_20160907155224979.jpg

011-001_201609071552266fb.jpg

       012-001_2016090715522631e.jpg


山頂で
三滝寺(Bコース)を下山しましたが、今年の2月の日付でこのコースは土砂災害で
通行できませんと確かに書いてはありましたが…

013-001_20160907155228e20.jpg

ちょっといったところからヤブになっていて背丈以上の笹が覆かぶっていました。
10分くらい歩いたところで林道の工事をしています。
登山道が切れているので仕方なく工事道路を下っていると見慣れたところに
出ました。
11月のジュニアクラブの候補でしたが、縦走はできないので見ておいて良かった…

ここしばらく写真の撮り込みができず、エデイオンに行ってみました。
メモリーカードリーダーは消耗品だそうです。
取り替えたら取り込みできました。

トレーニングで高尾山~呉娑々宇山縦走

なんとか一週間に一回くらいは山を歩いておかないと
アルプスなんて行かれなくなるという不安感で身近な山の
呉娑々宇山に行きました。
前回は3月でしたが高尾山までのピストンだったので
今回は呉娑々宇山まで行ければ…
無風の35~6℃の猛暑で岩屋の観音さん辺りでバテました^^;

高尾山~呉娑々宇山縦走 001-001

高尾山までとにかく行ってみることに…
結構面白い岩場があります。

高尾山~呉娑々宇山縦走 003-001

尾根歩きの整備された登山道ですが、何しろ暑い
送電線の2箇所目で分岐があって…
真っ直ぐ行けば1.7kmで山頂…
右に行けば榎川源流が80m先にあって700mで林道に出るみたい
今日の体調はすこぶる悪く林道から引き返すことにした

高尾山~呉娑々宇山縦走 005

榎川源流は初めてだった
綺麗な水と思ってペットボトルに入れておいたら砂が底に残っとった

高尾山~呉娑々宇山縦走 006

山頂を諦めたら途端に元気が出た。
3番目の林道から2~1番目の林道クロスをして草摺の滝に出た。
滝滑りをしているかと思ったが、誰もいない…

      高尾山~呉娑々宇山縦走 009-002

川遊びには最適なところと聞いている。
2時過ぎにセンターへ戻ったが、呉娑々宇山は秋にリベンジすることにした。
コースは林道クロスの方がやっぱりいいのかもしれないな~

登山靴慣らしは今回で3回目だがまだ足に馴染まない。




久しぶりの鈴ケ峰

11日に新しい靴の慣らしに鈴ケ峰に行ってきました。
2年振りかも知れない…
東の公園からの登山道は荒れていた。

    鈴が峰3

鈴ケ峰石碑のところだけに咲いていたオカトラノオ

鈴が峰2-001

東峰には4~5組くらいがいたので西峰に一気に行ってみた。
西峰には誰もいない。ここまでは来ないのかも?

鈴が峰4-001

ナツハゼの実が付き始めていた。
来月には熟れているかもしれません…

鈴が峰5

登り45分、下り35分…
靴も少しサキッポを調整必要。
明日は牛曳山~毛無山へミヤマヨメナとササユリを見に行きます。

島根県1等三角点(島ノ星山)

先週14日の中国新聞の生活情報『旅/レジャー』に載っていた山に
家内が目を留めて、行こうということになりました。
家を8時に出て登山口の椿の里には10時頃着きました。

標高は470mで高角山(タカツノヤマ)として柿本人麻呂の詩にも読まれているようです。
隕石が落下したことから「島ノ星山」、「星高山」と呼ばれるようになったとか…

島ノ星山浅利富士 1 001-001


椿が700本植えられているそうです。
スタートしてすぐ、874年に隕石が落下したところに出ました。

2島ノ星山浅利富士 005

その隕石が祀られているところが…

島ノ星山浅利富士 1 003

拡大して…

格子のところから触ってみました。
1140年前の感触がしました。
    
     島ノ星山浅利富士 1 004-001

頂上までは約1時間?
 
島ノ星山浅利富士 1 005

花は期待するほうが可笑しいくらい咲いてません。

   島ノ星山浅利富士 1 010-001

あっという間に山頂出合です。

2島ノ星山浅利富士 011-001

2島ノ星山浅利富士 010-001
              ヤマイチゴの実

山頂はなぜか三角点が囲まれていました?

      島ノ星山浅利富士 1 011-001

一等三角点です

      島ノ星山浅利富士 1 012-001

車で椿の里に向かってる時、4人くらいのグループが歩いていたので
登るのかな~と思っていたグループがやってきました。
ボーイスカウト達でした。
指導者らしきのおじさんが地図で方位、現在地確認とか教えていました。
ボーイスカウトでも地図読みはするんか…と感心。

2島ノ星山浅利富士 017

結構、眺望の良いところで満足。
南の方向に大佐山、雲月山、三瓶山、大江高山が見えるよう 

2島ノ星山浅利富士 014

江津の方は日本海…

2島ノ星山浅利富士 016-001

登り50分、下りは30分…あっという間。
移動中に振り返ってみたら

島ノ星山浅利富士 1 015-001

星型になってる
7月末~8月末の間イルミネーションが点灯されるらしい。

島ノ星山浅利富士 1 016

お昼は次の室神山(ムロカミヤマ)で地元では浅利富士と呼ばれているでとることにして
登山口は島根県立少年自然の家からになっている。
管理棟に行く途中、女子大学生らしい可愛い子達が大きな声で、「こんにちは~」と
10何人くらいに声を掛けてもらって、100倍元気が出た

管理棟で登山口を尋ねたら、登山口まで案内して頂いた。
気持ちのいい、清々しいスタートになった。
登山みちはコンクリート…
花もないのでツツジを

島ノ星山浅利富士 1 018

すぐに山頂が見えてきた。

島ノ星山浅利富士 1 019

頂上近道を選んでやっと山らしい岩場になった。
鑪のあった地域なのか、鉄山の感じ。

島ノ星山浅利富士 1 028

写真の奥がさっき登った島ノ星山

島ノ星山浅利富士 1 026

ナツハゼの実が付き始めている←ピンボケ

島ノ星山浅利富士 1 038-001

どこが山頂か分からずもうちょっと行ってみると地蔵寺があった

島ノ星山浅利富士 1 032

お礼を言ってすぐさっきの岩場に戻ってお昼に
移動中にコンビニでお弁当買うのを忘れて、非常食用のパンと、
カップヌードル(小)を食べた。
風力発電のプロペラが並んでいたのでそこに行きたくなって行ってみることに

島ノ星山浅利富士 1 037-001

登るときあった ばあさん井戸

島ノ星山浅利富士 1 022

下りる時外れにあった  じいさん井戸 

     島ノ星山浅利富士 1 040-001

何で、ばあさん、じいさんのかよくわからない?
ま~どうでもいい…

早くプロペラの下に行こう

何年か前に角島の帰りに山にあったプロペラの真下には行ったことがある。
海岸にあるのは初めて

   島ノ星山浅利富士 1 042-001

プロペラの音は結構大きい…
考えた人間の大きさに感心する

ハマヒルガオが咲いていた。

2島ノ星山浅利富士 046-001

そして、こんな可愛い花も咲いていた

島ノ星山浅利富士 1 049-002
       マンテマです。

Tちゃんに聞くと…「普通の草よ」って言われるから聞かない。

これも…

     2島ノ星山浅利富士 026-001

でも、気になるから誰か…「おしえて~」

よくぞ、最後まで見ていただきました  

多飯が辻山(東城町)

more...

多飯が辻山(東城町)

多飯が辻山 028-001

ワダソウ(和田草)  ナデシコ科 ワチガイソウ属
花期:4~5月  分布:本州・九州
山の落葉樹林の縁に生える多年草。
ワチガイソウに似ているが,花弁の先端に切れこみがあるのが特徴。
ほかのワチガイソウの仲間で切れこむ花弁をもつものは,北海道の
クシロワチガイソウと東北のナンブワチガイソウだけで,いずれも
分布エリアが限られている。また,上部の茎葉は幅が広く卵形に
なるのもワダソウならではだ。
名前の由来は長野県和田峠にて採取されたから。
別名のヨツバハコベのほうが特徴を良く表している。
茎の葉が上部に集まって、あきらかにワチガイソウとは区別できる。
中部地方以北の分布となっているが、東城町で随分前からQJYが確認している。

という山野草が山頂に群生していました。
比婆科学教育振興会編集の「広島県の山野草」という本を
ルーム図書室から借りていたので持って行っていました。
一緒に行ったTちゃんが調べて珍しい野草ということがわかりました。

多飯が辻山 021-001

本編に続く・・・

皇座山(山口県1等三角点)といろいろいろ…

27日に柳井市の上関(原発でニュースになっている)にある皇座山
(おうざやま)にプライベート仲間で歩いてきました。
今日のお世話はA本さん。
いろいろ下調べをしていて、駐車場の段取りもしてありました。

皇座山(山口県1等三角点) 001-001

お寺からコンクリート道のみかん畑の横を通っていきます。
ここが登山口。

皇座山(山口県1等三角点) 002

石垣の残る横を…

皇座山(山口県1等三角点) 003

ガレ場の急な坂が続きます…

    皇座山(山口県1等三角点) 005

山頂は草が刈り取ってあり少しは広い?
まずは1等三角点の証拠

   皇座山(山口県1等三角点) 006-001

015_2016032921233062a.jpg

お昼ご飯(とカップヌードル)を食べてから、白雲稲荷神社へ
ここからは観光
鉄製の鳥居もボロボロに錆びて今にも倒れそう…
神社も相当傷んでいて朽ちるのを待っている感じ。

展望地はもう行かないで引き返すことにしました。
登り1:34 下り55
下りはやはり楽…

    皇座山(山口県1等三角点) 011

お寺から上関の先の最先端の四代へ
別に何があるってわけでもないが… 
いたるところ矩や道路工事されている
原発は凍結されているが、工事は継続されているんだろう

四代はやはり何もなかった。
普通の漁村の風景

皇座山(山口県1等三角点) 013-001

ワカメやヒジキが干してあった

皇座山(山口県1等三角点) 014

皇座山(山口県1等三角点) 015-001

とにかく店がない。
次の目的地『鳩子の湯』へ
途中、気になっていた『鳴子の天ぷら』の店に寄ってみた。
天ぷらはこちらでは『あげはん』だが、いろいろ種類を買ったら
1730円にもなった。
皆が買ったので店の品物が無くなってしまった。
おばちゃんは大喜び
『鳩子の湯』は室津にある。
原発の地域新興の助成で出来たようだ。
施設は新しく、塩分の多い温泉で湯量も多く気持ちよかった。

A本さんがメールで長靴を持参と言っていたが、聞いてみるとマテ貝を
掘るらしい???
ふた組が掘っていた。
長靴はあっても掘るスコップがない^^;
でも塩は伯方の塩と贅沢?

皇座山(山口県1等三角点) 016

皇座山(山口県1等三角点) 017

掘っている人に聞いてみると、簡単に採っている。
スコップで泥をすくって→穴を見つける→塩を穴にかける
すると…

皇座山(山口県1等三角点) 019-001

マテ貝が伸び出してくる…
さっと、殻を手で掴んで引っ張る

すると、こんなに採れるらしい

皇座山(山口県1等三角点) 018-001

お刺身か炒めて食べるとのつまみになるそうだ…
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!  とうるさい。
初めて見るので堪えて欲しい。

今日は登山、観光、原発の様子、てんぷら、温泉、マテ貝掘り…と
てんこ盛りの楽しい一日でした。
こんなん、あり~ です。







三次市 岡田山(1等三角点)

3月12日
3月2週目の山ですが、最近はどこの山へ行こうかと候補の山がなかなか決まりません。
広島百山も残すところ、25~6座、中国百名山は岡山・鳥取・島根・山口と広いのでまだ、
44座くらい残っています。
1等三角点の山で17座ある広島の山もあと残り5座だったので三次の
岡田山に決めました。

ナビを頼りに登山口に行くまでも大変です。
ほとんど歩いた形跡がなくテープもない山で考えさせられました…
山頂手前の社

岡田山(一等三角点) 010

岡田山は三次の高谷山と同じく雲海の綺麗な山みたいです。
だからここまで車道が出来ています。

岡田山(一等三角点) 011-001

三角点までの案内表示ももなく、地図便りに歩きます。
一応タッチして証拠ゲット…

岡田山(一等三角点)2 006

お昼は久し振りに温かいラーメンを作りました。
野菜にレタスを使ったらシャキシャキして美味

岡田山(一等三角点)2 007

下山もGPSと地図、コンパスを便りに下りました。
この山はどうも赤松もあり白いテープもあるので松茸があるのかもしれません。
秋には歩けない山でしょう。
だからテープもないかと思います。
現在地と方向をGPSとコンパスで確認しながら藪こぎをしました…

もうこんな山へは二度と行きません。
1等三角点の山でもメジャーな山とマイナーな山、それ以下の山…
いろいろあることを認識しました。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク