FC2ブログ

3ケ月ぶりの高尾山

春一番の吹いた20日の朝、思い立って府中町の高尾山を周遊しました。
いつもは高尾山手前の岩場までなんですが、久しぶりに周遊してみました。

DSC_1272.jpg

高尾山山頂あたりからいつものところ

DSC_1264.jpg

DSC_1267.jpg

ファミマで買ったおむすび🍙がおいしかった。
3時間半のハイキングでした。
スポンサーサイト



初ハイキング

武田山から火山のピストンをしました。
登山口駐車場はほぼ、満車でした。

DSC_1171-001.jpg
         武田山山頂から市内南方向

DSC_1174-001.jpg
         火山山頂からサンフレッチ球場方面

武田山へはコースタイムで歩けたので、お弁当を食べてから火山へ行こうってことになり
ました。
火山へは一旦200m下りてから登るのでアップダンがあってきつかった^^;
でも、コースタイムで歩けました。
ウオーキングで体力はついていると思いますが、山のアップダウンは違う…
家内もよく頑張っています。

岩国山へ

5日にTちゃん達と久しぶりに山歩きをしました。
約半年ぶりです。
岩国城から見て反対側の山です。

PC055441-001.jpg

錦帯橋河原の駐車場に停めて、錦川に沿って山道を歩きます。
岩国山は277.6mで200mの尾根に出れば緩やかな稜線歩きで
アベマキの木がやたらと多いかったです。
また、アベマキの木で気が付いたことがあります。

PC055442-001.jpg

ほぼ、7~8割の木が根元から2~4本股割れがしていることです。
この時期なので紅葉も既に終わってて…

PC055440-001.jpg

山頂は…
もぼ見晴らしなく、東へ少し行ったところに眺望がありました。

PC055435-001.jpg

岩国城も木立の間から見え、お昼を食べて

PC055434-001.jpg

錦見3丁目に下山し、13:30分頃錦帯橋へ帰りました。
朝10時ころには車も10数台しかいなかったのに3~40台に増えていて、
観光客もぼちぼち…

PC055444-001.jpg

3時間30分くらいのハイキングでしたが、久しぶりにTちゃん達と歩けて、
足を引っ張ることもなく元気でした。

二年半ぶりの鈴ケ峰

先日、2年半振りに鈴ケ峰を歩いてきました。
昨年は🐻が出て歩くのを控えていました。

PA185257-001.jpg
          宮島・弥山

東峰には今までになく親子ずれがたくさんいました。
西峰までピストンしてから東峰でお弁🍙

花はこの時期ほとんど見かけられませんが…

PA185251-001.jpg
          アキチョウジ

PA185277-001.jpg
          コウヤボウキ

PA185280-001.jpg
          ヤマツツジ

PA185258-001.jpg
          テングタケ?

西峰山頂から比治山(中央のTV塔)、右中央の黄金山方面を見る
中央の高層ビルが中四国一の53階建てマンション

PA185282-001.jpg
           写真クリック→⊕で見るとよくわかります

8月からの早朝ウオーキングの効果が出てきました。

秋吉台(西の西山~御鉢山~龍護峰)散策

4日は写真グループで秋吉台の散策に行ってきました。
パラパラと⛆が降ってきて心配しましたが、歩き始めるころには
あがっていました^^

秋吉台家族旅行村から西の西山を目指します。
西の西山三角点は標識のところからまだ少し北側にあるようです。
三角点のある所へ行くはずだったのですが、すすきで道が見えず、
結局、三角点は踏めず御鉢山迄背丈以上もあるススキの藪漕ぎと
なりました。

PA045101-001.jpg


PA045098-001.jpg
          ジンジソウ

     PA045100-001.jpg
          ヤブハッカ?

IMG_5250-001.jpg
           ヤマハギ

  龍護峰~西の西山 055

昼食もススキと石灰岩のごつごつした岩の中で…

   PA045105-001_202010060916239d3.jpg
          ナンバンギセル 

龍護峰~西の西山 033

御鉢山から龍護峰へは山頂を見ながら登れるので気持ち楽

PA045103-001_20201006091623fc4.jpg

龍護峰~西の西山 036

        龍護峰~西の西山 024-001

御鉢山家族村分岐へ

PA045110-001.jpg

IMG_2647-001.jpg

秋の秋吉台はススキが生い茂ってカルスト台地の石灰岩岩も隠れて見えず、
花も10種くらいしか見つけられず、やはり春の方がいい
約1kmくらいのススキと隠れた石灰岩の中をルートファイデイングするのは
大変だったけど、久しぶりに緊張したハイキングでした。


日本三百名山「吾妻山」へ

先日の敬老の日に娘が一緒に山に行くと言ってくれたので
5~6年前に監修した日本三百名山の「吾妻山」へ行ってきました。

P9225088.jpg

P9225089.jpg

10時頃に国民休暇村・吾妻山ロッジの駐車場は満車でした^^;
先ずは小坊主まで
原池にはスイレンが咲き始めていました。

IMG_5219-001.jpg

草原にはマツムシソウが咲き乱れています。

IMG_5225-001.jpg

IMG_5222-001.jpg

小坊主で

IMG_5226-001.jpg

小坊主から

P9215072-001.jpg

登山道に入ったところに

IMG_5236-001.jpg
          リンドウ

IMG_5241-001.jpg
          やまらっきょう

IMG_2616-001.jpg
          アキノキリンソウ

   IMG_5231-001.jpg
          シライトソウ

IMG_5235-001.jpg

ビッチュウフウロウが沢山咲いています。

IMG_5230-001.jpg

山道から少しそれたところにトリカブトが…
6~7株ありました。

IMG_5229-001.jpg

あっという間に山頂へ
ざっと、20人位居たかな
比婆山御陵は秋に行こう

IMG_5239-001.jpg

下山は南口への稜線を
ススキが良いです。

IMG_2626-001.jpg

娘と歩けたことが一番の敬老祝いとなりました。

庄原市・釜峰山(アベマキの巨木群生林)

2日、4ケ月振りで写真GRのプライベート山行をしました。
庄原市口釜が峰釜峰山森林浴公園でアベマキ巨木群生林
(釜ケ峰林木遺伝資源保存林)となっています。

P8024959-001.jpg
          釜峰山(788.2m)山頂

伊与谷集落から狭い、数日前の大雨で抉れた山道を通って大きな駐車場へ停めて
登山口の山門跡から光明寺跡~釜峰神社へと歩きます。
釜峰神社の前も流れた土砂で荒れていました。

P8024954.jpg
          釜峰神社 

釜峰山城跡への途中の社も土砂で道が埋まっていました。
相当な降雨だったのでしょう

P8024956-001.jpg

釜峰山城跡の開けたところに子供たちの学習の為ではないかと思われるものがありました。
ニューヨーク、北京、ソウル、札幌、東京…距離が書かれています

P8024958-001.jpg

P8024957-001.jpg


城跡から山頂への700mピークにかけて7条の堀切があって山城の珍しい防御が分かりました

P8024960-001.jpg

下山は光明寺跡からアベマキの一番の巨木がある方へ行きました
直径は88cm、幹回り2.7m、樹高33mのアベマキです

P8024964-001.jpg

P8024966-001.jpg
      
チゴザサの中に珍しい…キノコ?

P8024969-001.jpg
          ホウキダケ

P8024961-001.jpg
          キンミズヒキ

道すがら出会った山野草

P8024977-001.jpg
         ゲンノショウコ

P8024974-001.jpg
         ノカンゾウ

P8024973-001.jpg
         キツネノカミソリ

P8024953-001.jpg
         ヤマホトトギス

         DSC_0703-001.jpg
               イチヤクソウ

           DSC_0708.jpg
                ヤマイモ

IMG_2540-001.jpg
          キンミズヒキ
          
暑い一日でした。
やはり、バテテしまいました^^;
体力、気力が無くなっています。

で…
新規一転…4日からウオーキングを始めました。

藤ケ丸山~呉娑々宇山

よく行く県緑化センター内に登山口のある藤ケ丸山から呉娑々宇山を縦走してみました。
尾根までの急坂が暑さと体力激減でくたくたでした。

このキノコは下山で見つけたのですが、グーグルレンズで検索したらシロオニダケらしい。
形がとてもキレイでゴルフボールの大きさでした。

P7184948-002.jpg

藤ケ丸山頂から呉娑々宇山までは稜線歩きの約1.6kmですが、ほぼ木陰で本当なら
歩きやすいコースですね。

P7184945.jpg
          藤ケ丸山山頂

P7184947.jpg
          呉娑々宇山山頂

これは登の途中で咲いていた唯一の花です。

P7184942-001.jpg

5㎜くらいの小さな花ですが、草ではなく木のようで、たぶんヤブコウジかも?
梅雨の合間を狙って行ってみましたが、やはり熱いし、5kmと短くてもこの時期は
しんどいの一言です。

突然変異のツクバネソウ発見

P5304813-001.jpg
これが突然変異のクムバネソウではないかと思います。

伊良谷山から毛無山迄約45分らしいので頑張って何とか行ってみることに
イワカガミの群生があちこちにあります。
こんなに良く咲いていたのかと驚きました。

P5304816-001.jpg

白色のイワカガミも咲いていました。
薄ピンク色もありますが、これはれっきとしたホワイトです。

P5304817-001.jpg

突然、前を歩いていたTちゃんが
「変わったツクバネソウがあるよ…」と大きな声で呼んでいます。

             P5304814-001.jpg

P5304812-001.jpg

P5304813-001.jpg

普通に見るツクバネソウは…

P5304748-002.jpg

花柄の外花被片が普通のは4枚なのに、これは八重のようで10枚くらいありました。
そして、一つでなくこの辺りの3~4㎡のツクバネソウすべてがこれと同じでした。
「これは新発見かもしれないね~」とワクワクしながらネットで検索してみても
このような写真は無い。
帰ってからの楽しみにして毛無山山頂へ到着

P5304819.jpg

山頂には15~16人位の登山者がいてにぎやかだった。
全部上っている山だ・・・
P5304820.jpg
              ↓伊良谷山
P5304821.jpg
               ↓池の段                 ↓御陵
P5304822.jpg

山を始めてこの比婆山連峰が春夏秋冬一番多く歩いているかもしれない
魅力ある山です。

P5304825-001.jpg

ギンリョウソウが珍しく横を向いててくれて中を撮らせてくれた。


ミヤマヨメナの花道

白樺林の続きです。
ミヤマヨメナが出てくるのは尾根の手前辺りからです。

P5304783-001.jpg


      IMG_2460-001.jpg

花の咲き具合は6分?
ずっ~と花が続きます。
写真を撮っても撮っても撮りたくなります。

          P5304766-001.jpg

          P5304770-001.jpg

ツクバネソウが群生しています。

P5304780-001.jpg

オトコヨウーゾメという花だそうです。Google Lensでもヒットします。
男よー無しって覚えたらいいかも^^

P5304787-001.jpg

    P5304808-001.jpg


P5304806-001.jpg
         ハクサンボク?

牛曳山・三井野原分岐

P5304796-001.jpg
                             ↓ 御陵
P5304807.jpg

イワカガミの群生もあります。日当たりがいいのか、背が高い

P5304802-001.jpg

伊良谷山までの稜線にもミヤマヨメナのロードが続きます。
本当にここまで広い範囲でミヤマヨメナが咲いているところは他にないと思います。

P5304793-001.jpg

伊良谷山山頂でお昼を食べて、写真を

P5304805.jpg

毛無山まで約45分…続く
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク