久々のbelleちゃんの様子

belleも後2ケ月で9才になります。
一年位前までは階段も上がれて下りる事もできていましたが
今では上がれても下りられなくなりました

二階でパソコンをはじめるとやってきますが、今日はその様子を
撮ってみました。

これから上る為の心の準備をしているんでしょうかね?

731IMG_6453-1.jpg

決心がつきました。

731IMG_6454-1.jpg

二階から写真撮れれてる気配を感じたのでしょう・・
見つかってしまいました

731IMG_6455-1.jpg

チョッと隠れてやると・・
あと少しといわんばかりにかけって来ました・・

731IMG_6456-1.jpg

そして一気に横を通り過ぎました
シャッター・・間に合いませんでした

   731IMG_6457-1.jpg

そして・・
何をしてるん?といわんばかりにこちらを見ます

731IMG_6458-1.jpg

あとは、ベッドの上に上がって何時もの定位置に・・

731IMG_6444-1.jpg

731IMG_6447-1.jpg

エアコンをかけるとやはり気持ち良いんでしょうね・・
直ぐ、寝ます

今までに数回、留守をする時に階段の下に上に上がれないように
柵をし忘れて出かけてしまったことがありましたが・・
二階から下りられなくて踊り場にずうっといて可哀想なことを
させました。
夏場は犬も部屋で熱中症にかかることがあるそうで・・
お出かけの時はずっとエアコン入れたままです・・
病気になるよりは電気代少しかかっても良いですよね^^
スポンサーサイト

theme : ミニチュアダックス
genre : ペット

北岳 最終日編

19日・・北岳とお別れです。
3:30起床し三度目の朝日を堪能しました。

719IMG_6406-1.jpg

719IMG_6405-1.jpg
                                              甲斐駒ケ岳↓  
719IMG_6404-1.jpg
                              ↓八ヶ岳連峰
719IMG_6408-1.jpg

富士山も見納めです。

719IMG_6409-1 (2)

北岳肩ノ小屋を4:45出発
小太郎尾根分岐から白根御池小屋分岐を下り・・
いよいよ急坂の草スベリを・・

719IMG_6410-1.jpg
             5:30

ダケカンバのほとんどが真横に生えていました。
積雪が相当なんでしょうね・・

   719IMG_6411-1.jpg

白根御池が下に見えてからの長かった事・・
下りても下りても中々近づきません
やけくそで下りました。

小さな池でした。

719IMG_6414-1.jpg
             6:40

719IMG_6418-2.jpg

北岳が見ています。

719IMG_6415-1.jpg

池に映った逆さ北岳

719IMG_6417-1.jpg

白根御池小屋は綺麗なまだ新しい小屋でした。
池の周りのテン場にもテントを張っていました。
小屋のトイレは水洗便所で一番綺麗なトイレでした。

      719IMG_6419-1.jpg

ソフトクリームの幟を見てお値段を聞いたら500円だったけど・・
値段なんか言っておられないってことで・・
濃くて美味しかった

719IMG_6420-1.jpg

35分くらい休憩したので広河原小屋までまだ2時間以上かかりそうなので
慌てて出発

下山しながら沢山の登山者と出会いましたが、老いも若きも皆苦しそうで
下を向いてただひたすら登っていました。
このコースを登ろうとは思いませんね~

    719IMG_6421-1.jpg

何度も休憩を取りながら予定時間通りの9:25に山荘到着
直前になって体調を悪くして一緒に登れなくなったTちゃんへお土産の
バンダナを皆で買ってあげて、来る時お願いしたタクシーの待つセンター前に行きました。

既に待っていてジャンボタクシーだったのであと5人の便乗できて
1100円/人で済みました。7000円の約束だったので2600円も助かりました

芦安駐車場の近くで温泉に入って4日間の汗を流して
ついでに食事も済ませて岐路につきました。

白根ICから中央道~名神道~京滋バイパス~山陽道~を何度も渋滞に会いながら
12時間近くかかって我が家に着いたのは0時30分でした。
勿論、遅くなったのでbelleちゃんを迎えに行かれなくなったので
翌日早々に迎えに行きました。

これで4日間のレポを終ります。
毎回長々としてて目を通していただいてありがとうございました

theme : 登山
genre : スポーツ

南アルプス・北岳 18日編

18日も4時起床しまずは
朝食は乾麺を食べゆっくり出発前の朝日を堪能しました。

718IMG_6233-2_20100723203647.jpg
             4:19

718IMG_6234-1.jpg
             4:28                     ↑ 八ケ岳

718IMG_6226-1.jpg

718IMG_6228-1_20100723203649.jpg

718IMG_6231-1.jpg
             4:42

718IMG_6229-1.jpg

予定通りの・・・6:00出発
肩ノ小屋から北岳まで約50分。
山頂には沢山の登山者がいます。
ざっと数えて40人?
自分たちが着く頃には減ってるかも?
でも、この人たちと登りですれ違うのでは?
    込みそう

718IMG_6236-1.jpg
             6:27

6:50・・北岳山頂に到着
20数人に減っていた。
順番を待って証拠写真を撮る。
そして、三等三角点にタッチ

718IMG_6354-1_20100723204405.jpg
             6:50

北岳の正式山名は『白根岳』って言うんですね。
白峰三山の意味が今頃分かりました
標高は3192mと書かれていますが、正式には3193mです。
標識は訂正されていますが、名盤は3192mのままですね・・・


718IMG_6355.jpg

718IMG_6349-1.jpg

さ~てと間ノ岳に向かって出発しましょう
急坂を下りていくと北岳山荘が見えてきました。

718IMG_6237-1.jpg

池山吊尾根分岐を過ぎて→八本歯コルへ30~40m下ったところに
キタダケソウが残っているとの16日の広河原で情報を聞いていましたが・・
北岳山頂手前のチョッとしたピークで誰かがこれ・・キヌガサソウではない?
といってたので後でわかったのですが、チョウノスケソウを一生懸命キヌガサソウと信じて
沢山写真撮ってたので、もういいやって事で下りてみませんでした

718IMG_6356-1.jpg
             7:27

718IMG_6357-1.jpg
             チョウノスケソウ

718IMG_6358-1.jpg
             8:10

718IMG_6253-2.jpg
             ミヤマオダマキ

718IMG_6254-2.jpg
             イワベンケイ

北岳山荘が真下に見えてきました。

718IMG_6363.jpg
             8:22

でも、下りても下りても中々着かない

718IMG_6364.jpg
             8:51

北岳山荘でエコトイレを借りて小休止して中白根山へ・・・
ここのテン場は良さそうだった。
風の心配が要らない。
砂地に近い立派なサイトでした。

9:30 間ノ岳中間地点の中白根山(3055m)へ着いた。
お腹も空いてきたので肩ノ小屋で買ったお弁当を食べる事に・・
1000円は少し高いが行動食を運ぶ事を思えば納得できる。
梅干の種以外は全部食べた。
鮎の甘露煮が美味しかった。

718IMG_6367-1.jpg

ここから間ノ岳は近くに見えてまだ相当先のようだ・・・
色々考えて間ノ岳は断念した
目的の北岳は登ったので諦める事に・・・

そうと決まればゆっくりお花を撮りながらゆっくりと戻りましょう

     718IMG_6373-1.jpg
             ハクサンチドリ

718IMG_6375-1.jpg
             コイワカガミ

718IMG_6274-1_20100723204209.jpg
             ハクサンイチゲ

10:55 北岳山荘に戻った。
雪渓で  

        718IMG_6376-1.jpg

山荘の小屋はこんな感じ・・・

718IMG_6377-1.jpg

北岳へ登る途中、なんと雷鳥がすぐ近くに・・
慌ててデジカメを出して・・
2mちょっとのところにいてゆっくりと写真を撮らせてくれました。
ファミリーかなって他を探してみましたがどうも一羽だけみたいでした。

718IMG_6269-1.jpg
             11:45

13:30 肩ノ小屋へ戻りました。
やはり間ノ岳の往復は少し無理な計画だったのかも?

テントに帰ってゆっくりとする時間は十分すぎるくらい・・
で・・・昨日見た黒百合をもう一度見に・・
よく開いていました。

718IMG_6272.jpg

718IMG_6273-1.jpg

相方は折角持ってきた山スカを着てみることにして
記念すべき山スカデビュー
恥ずかしいのでぼかしました

718IMG_6383-1.jpg

山スカもきっと沢山見ることだろうなって思っていましたが
10数人くらいしか見なかったように思います。
これだけの山だとやっぱし厳しい山なのでそれなりの者が登っているんでしょうね?

     718IMG_6403-1.jpg

  718IMG_6398-1.jpg

山スカは後姿で見るのが基本だなって感じました ^笑^

718IMG_6267-1.jpg
             ウラジロナナカマド

      718IMG_6259-2.jpg
             タカネウスユキソウ

今日のテントの数は昨日の7割位かな? 
小屋のアルバイトのオバサンが牛乳を訪問販売にやってきた。
ビールも売れるんじゃ~ないって助言してあげたら本当に缶ビールと
おつまみを持って歩いてた。
ボチボチ売れてたみたい。
昨日の登山者を想定して沢山仕入れをしたようだった・・見込み違い。

718IMG_6401-1.jpg

718IMG_6287-2.jpg

今日もブロッケン現象を見ることができました。
これは相方と二人の影です。
皆てんでに手を上下横に振っています。
体操をしているようです 
718IMG_6402-1.jpg

今日の夕陽は中々落ちてこなかったので疲れもあって回りでは
綺麗・・綺麗・・の歓声も聞こえたけどもう外に出ませんでした。

おやすみなさい・・・     

theme : 登山
genre : スポーツ

南アルプス・北岳 17日編

17日は4時起床、予定より50分早出の5:40出発

大樺沢コースを・・

717IMG_6173-2.jpg
             5:40

大樺沢の激流の音を聞きながら早速花を撮りました

717IMG_6136-1.jpg
             ミヤママンネングサ(ベンケイソウ科)

717IMG_6139-1.jpg
             ヤマブキショウマ
     
717IMG_6138-1.jpg
             コアジサイ

白根御池小屋の分岐です。
19日はここに下りてきます。
二俣まで3時間になっていますが・・
ここで衣類調整のため小休止。

     717IMG_6178-2.jpg
             6:14

少し開けたところにでました。
北岳が見えました。
遥か遠くに見えました。

717IMG_6141-1.jpg
             6:44

沢に仮の橋が架かっていたので小休止。

717IMG_6188-2.jpg
             7:43   

717IMG_6186-3.jpg
             ミヤマハナシノブ

見上げると空は真っ青で梅雨明けを宣言してるよう・・

717IMG_6189-2.jpg
 
大樺沢二俣にやっと到着
休み休みをして広河原から3時間・・
八本歯のコルが見えます。
雪渓があってこの方へ行く登山者は数人でした。

717IMG_6190-2.jpg
                8:30

いよいよ右俣コースへ入ります。
白根御池小屋分岐2750mまでコースタイムは2:30ですが3:10の予定で出発
急登なので高度100mごとに小休止しました
気を紛らわす為お花を撮ります。

717IMG_6193-2.jpg
             カラマツソウ(キンポウゲ科)

    717IMG_6194-2.jpg
             シナノキンバイ(キンポウゲ科)

717IMG_6137-1.jpg
             ミネウスユキソウの蕾(キク科)

11:00白根御池小屋分岐に着きました
本当にきつかった 
足が攣りかかってザックガ肩に喰い込む感じ・・
ここまで来れば小太郎尾根分岐まで標高差150m・・

         717IMG_6196-2.jpg
             コイワカガミ(イワウメ科) 

717IMG_6198-1.jpg
             11:11

       717IMG_6199-1.jpg
             シナノキンバイ(キンポウゲ科)

小太郎尾根に出ました・・
雪渓が残っています。

717IMG_6200-2.jpg
             11:30

アオノツガザクラに癒されます。

717IMG_6202-1.jpg

717IMG_6203-2.jpg
             タカネウスユキソウ(キク科)                  

もう既に2900m辺りの尾根です。

717IMG_6205-2.jpg
             11:33

この尾根を登ると肩ノ小屋に・・
しかし、ここからが長く感じました^^;

717IMG_6159-2.jpg

12:20・・やっと到着
6時間40分かかりました。
でも、予定は7時間30分みていたので皆よく頑張りました。

テン場は既に色とりどりのテントが張られています。
風を避けられる場所は既にいっぱいです。
比較的どうかなって場所に設営。

717IMG_6210-2.jpg
    ↑ これ     12:30  

717IMG_6218-1.jpg

そして、で乾杯~
500円は高いけど・・持って上がるのはできないから。
3人は殆ど飲まないので1本づつ
時間は十分あるので散策を・・

       717IMG_6209-1.jpg

717IMG_6212-2.jpg
             ミヤマシオガマ(ゴマノハグサ科) 

717IMG_6169-2_20100722223808.jpg
             
717IMG_6168_20100722223807.jpg
             ハクサンイチゲ(キンポウゲ科)
   
717IMG_6214-1.jpg

717IMG_6166-1 (2)
             キバナシャクナゲ(ツツジ科)

717IMG_6174-2.jpg
             お花畑

717IMG_6177-2.jpg
             本来のテントサイト
             残雪が残っててテントが張れません
 
717IMG_6189-2 (2)

肩ノ小屋は次から次へと登山者がはいっていきます。
布団一枚に3人だそうです。
夕食も4時前から始まったようです。
我がテントはレトルトカレーとタマゴスープです。
アルファー米にレトルトカレーは何とか食べれます。

717IMG_6255-2.jpg
             15:42 

夕食後も散策してみました。
イワウメが本当に岩にはびりついています。

717IMG_6237-2.jpg

雪渓に鳥が飛んできてチョコチョコ何か餌をついばんでいました。
名前はなって言うんでしょうかね?

717IMG_6248-2.jpg

中々陽が沈まないのでぶらぶらしていましたが・・
スクリーンとなる山側にガスがかかって太陽が出てくると・・・
じゃ~ん・・『ブロッケン現象』をカメラに捉えることができました。

      717IMG_6264-2.jpg
             18:14

そうしていると、今まで雲で見えなかった富士山が現れました。
大きい富士山です。
こんな大きい富士山を山から見たことはありません。
というより、晴れの登山がほとんどないから・・

717IMG_6284-2_20100723120107.jpg

717IMG_6283-2_20100723120107.jpg
 18:48

そしてこんどは夕陽の饗宴です。

717IMG_6216-2.jpg
             19:00

717IMG_6218-2_20100723110935.jpg

717IMG_6219-2 (2)

甲斐駒雲が取れて綺麗です。

717IMG_6303-2.jpg
             19:03 

テン場もこんな数のテントが張られました。
明日の日の出を楽しみに20:00寝ました

theme : 登山
genre : スポーツ

南アルプス・北岳遠征 16日編

16日は3:40に家を出てbelleちゃんを義弟のところに預けて
JR東広島の駅前駐車場にを預けて高屋ICを5:40にスタート
一路、山梨県南アルプス市へ向けてひたすら走る・・・
13:25諏訪SAに到着
駐車場は比較的漉いていました

   716IMG_6150.jpg

716IMG_6151.jpg

空は梅雨明けしたと思われ、入道雲が・・

716IMG_6152.jpg

716IMG_6153.jpg

諏訪湖SAも2年ぶり?
八ケ岳の時に寄って以来・・

716IMG_6149.jpg

昼食を取って中部横断自動車道白根ICでおり市営芦安駐車場へ
予定より1時間早く到着
予約をしていたタクシーは9人乗りのジャンボタクシーで4人は贅沢?
帰りもお願いしました。大変親切な運転手さんでした

S38年ごろ開通した南アルプス街道を約1時間走って広河原に到着

716IMG_6154-1.jpg
             16:24  

716IMG_6157-2.jpg

徳仁皇太子の登頂記念碑と南アルプス開祖の碑がありました。
左から、名取運一、ウオルター・ウエストン、天野久。

716IMG_6158-2.jpg

広河原から野呂川に架かった吊り橋を渡って右に広河原山荘の野営場へ

    716IMG_6159-2.jpg
             18:37 

716IMG_6170-2.jpg
 広河原山荘

野営場には相当のテントが張られているものとばかり思っていましたが・・
我々を入れて3張り・・

すぐ近くのテントにはかなり有名な方のようなのですが・・

716IMG_6165-2.jpg

江口さんと仰る方で・・
7/15現在76歳、176回の記録だそうです。
動植物の観察、調査をされているそうです。
76歳には見えないお髭のよく似合った方でした。

    716IMG_6169-2.jpg

色々情報を教えていただきました。
キタダケソウの咲いている場所も教えてもらいました。

716IMG_6132-1.jpg
             ピンクの濃いヤマホタルブクロウ

野呂川は先日の豪雨で川岸が流木でいっぱいでした。
鼾もかき消す轟々とした中で一夜を過ごしました。

716IMG_6163-1.jpg

17日は4時起床です。
20時に就寝   

theme : 登山
genre : スポーツ

南アルプス・北岳(3193m) 前編

無事、北岳登頂でき元気に帰ってきました。
てるてる坊主のお陰と皆さんのお陰です。

山頂で・・  夕陽

717IMG_6218-2.jpg

山頂で・・  日の出

718IMG_6228-1.jpg

そして・・  富士山

718IMG_6227-2.jpg

718IMG_6409-1.jpg

北岳山頂・・

718IMG_6354-1.jpg

でも・・疲れました
で片道730kmは遠いです。
おまけに19日の帰りは渋滞にあいました。
帰宅は零時をまわっていました。

レポはまた・・

theme : 登山
genre : スポーツ

ジュニア自然学校

10日は中国新聞文化センターのジュニア自然学校の登山の
サポートをしました。
4月から開講していて今月が2回目の登山学校です。

集合はエコロジーキャンプ場前の駐車場です。
小学校3年生から6年生までの10人が参加しました。

ジュニアimg_6120

3班に分かれて夏焼峠から恐羅漢山を目指します。

ジュニアIMG_6121

夏焼けのキビレで小休止。
とに角やんちゃです・・

ジュニアG_6123-1

ジュニアIMG_6124

でも、子供達と一緒に山登りは初めてで新鮮です。
台所原分岐を過ぎてもう少しで山頂です。

ジュニアIMG_6130

広島県最高峰の恐羅漢山(1346m)に着くなり子供達は岩の上に登ります。
元気です。

ジュニアIMG_6132

班毎に昼食を取りました。
食事でも色々な子供がいます。
マイペースで食事する子、さっさと食べて遊びまわる子、性格も様々です。

ジュニアIMG_6135

M講師が8kもするスイカを背負って来ました。
誰も知らなかったのでサプライズです。本当にご苦労様でした・・

ジュニアIMG_6138

ジュニアIMG_6139

子供達も大人達も冷たいスイカに歓声です。
甘くて本当に喉を潤してくれました。
保冷剤も重たかった事と思います。

ジュニアIMG_6144

集合写真を撮って下山はスキー場横下りるコースです。
子供達は下りは益々元気です。
自由に下りても言いと言った途端・・・斜面をかけって行きました。

ジュニアIMG_6145-1

抜けていました。
休憩中に撮ったタイツを履いた将来の山スカ女の予備軍です。

ジュニアIMG_6131

今回初めてジュニアー自然学校のお手伝いをして講師の方々の大変さが
よくわかりました。
心身ともに疲れるだろうと思いました。
本当にお疲れ様です。

まだ孫のいない自分たちにとっては楽しい山登りとなりました。
また機会があったら参加させていただきたいと思います。

収穫

5月に苗を2株買ってプランタンで育てたプチトマトが
じゃじゃ~ん・・・美味しそうに熟れました。
昨晩帰郷してきた娘に収穫してもらいました。

ミニトマトIMG_6116-1

imgミニトマト_6112-1

ミニトマトIMG_6113-1

今夜冷やしていただきます。
途中、何でか葉っぱが枯れてきてもうダメかと思っていました。
雨にかからないようにビーチパラソルの下に置いたりしていましたが、
考えてみると水遣りの時に水を掛けてたような気がします 
友人から聞くと・・
『トマトは水が足らないくらいのほうが一生懸命土から養分を補給しようとして
トマトが甘くなる』んだそうです。
知りませんでした

だから、甘いかどうか分かりません

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

フウラン(風蘭)

4日山仲間のTちゃんがフウランを持ってきてくれました
生まれ故郷のお庭から頂いてこられた日本蘭の原種で危険危惧種に指定されている
貴重なフウランです。

相当弱っていたのですが、専用の鉢にミズゴケを沢山はってあげて
元気になりつつあります。
来た時弱っていた蕾も元気になって花が咲きました

フウランIMG_6114-1

フウランIMG_6115-1

株分けをしたので元気になったら里帰りをさせてあげようと思います。
これで、我が家にはエビネラン、シラン、フウキランの三種類になりました。

theme : 草花
genre : 趣味・実用

てるてる坊主

ついに今日、てるてる坊主を作りました。
11日の里山ハイキング講座がまたしても50%の予報 
こうが続くとそろそろ受講生の方も気が付かれるのでは?
『N講師は雨男』だ~って

勿論講座もでなくてもであって欲しいと願いますが・・・
来週末は南アルプスへ遠征がある。
これだけは絶対にお天気であって欲しいという願いをこめて

てるてる坊主IMG_6105-1

5人で行くので五つのてるてる坊主を作りました。
あえて雨を想像させるような水玉の日本手ぬぐいを切って作りました。
アッチコッチ向いていますがどの方角へも願いが届くようにと思って
整列させませんでした ^笑^

たのむど~

theme : 大切なこと
genre : ライフ

珍しい花が咲きました

何日かまえから変わった蕾がつき段々と大きくなって
かれこれ3年かかって桔梗が咲きました。
新聞の記事に田舎の山野草の好きなおばさんがご主人の協力を得て
庭に山野草園を作って安く販売すると言う記事につられて買いに行った
山野草の寄せ植えです。

蕾の時・・・
                   ↓

    701IMG_6052-1.jpg

現在・・・

   701IMG_6064-1.jpg
キキョウ
そして・・他にも。

    701IMG_6051-1.jpg
             ネジリバナ   
   701IMG_6047-1.jpg

    701IMG_6049-1.jpg
             シロシキブ

    701IMG_6050-1.jpg
             ムラサキシキブ

このブルーベリーは昨日、30個くらいの収穫がありました
   701IMG_6048-1.jpg
             ブルーベリー

701IMG_6055-1.jpg

ルリヤナギは雨に打たれて散りかけました
でも、次から次に長い間咲いてくれるので夏場の癒しです。

竹林寺・タカムラ山

1日、曇り空のお天気でしたが、今月の里山ハイキング講座の下見と相方の
インナーソールの試運転?を兼ねて行ってきました。

本番はJRで入野駅まで行きますが、今日は
駅前にも車は駐車できましたね→遠くに停めたので。
駅前からグルーネン入野方面へ

701IMG_6065-1.jpg

約15分で林産物直売センターへつきました。

701IMG_6066-1.jpg

センターで乾燥椎茸を500円で買って→国産品なので安心です。
古びたタカムラ山荘を過ぎて参道へ・・

701IMG_6067-1.jpg

案内板を見て・・

701IMG_6069-1.jpg

701IMG_6074-1.jpg

近くでナツハゼの実を見つけました。まだ少し早いです
これが紫色になると甘酸っぱくて美味しいのですが・・

701IMG_6075-1.jpg

2m近い岩です。

701IMG_6076-1.jpg

こんもりとしたところに姫路滝があります。
松ケ嶽城ゆかりの滝と書いてありますが・・・

701IMG_6078-1.jpg

スタートから約1時間でその松ケ嶽城跡分れに

701IMG_6079-2.jpg

一応行ってみましたが、途中井戸があってその先の荒れた細い山道を
暫く整備しながら進みましたが、途中で倒木があってもっと荒れていたので
断念しました。
後で聞いた話ではその先は荒れていて城跡へ行けないとか・・
説明板だけ見ました。

701IMG_6080-1.jpg

城跡分岐からは5分で竹林寺山門へ着きました。
紫陽花がきれいです。

701IMG_6083-1_20100702181345.jpg

701IMG_6085-1.jpg

701IMG_6086-1.jpg

701IMG_6087-1.jpg

701IMG_6088-1.jpg

池があって左に行くと100mで鐘楼堂があるみたいです。
そこがどうもタカムラ山(535m)のようです。
しかし、三角点は無いようです。

701IMG_6097-1.jpg

慈姑の葉のようでした。
花はこんなにまっ黄で可愛い花です。

701IMG_6096-1.jpg

国の重文のようですが、あちこち痛んで修復がされていないみたい
茅葺の屋根は近年葺きかえられていて木割が太くしっかりとした素朴な感じの
建物ですね・・
地蔵の『竹林寺縁起絵巻』に行基の開基と伝え、当寺と小野たかむらを結びつけた
伝説を載せているそうです。

     701IMG_6092-1.jpg

詳しくはこれを・・

701IMG_6095-1.jpg

本堂に掛けてある額の『たかむら山』という漢字はこうです。

      701IMG_6094-2.jpg

住職さんに当日、お寺の説明をしていただけるようにお願いして
お昼にしました。
もう少し時期が早かったらアヤメも見ごろだったでしょう・・

701IMG_6091-1.jpg

睡蓮も咲き始めのようなので11日は沢山の花が見れると思います。

701IMG_5970-1.jpg

下山は河内駅へ・・
小野たかむら生誕の地碑のちょっと先に道標があります。

701IMG_6098-1.jpg

701IMG_6099-1.jpg

この道が舗装道で欝蒼としていて薄気味の悪い暗い道です。
花を見つけながら歩きます。

701IMG_5967-1.jpg
             ホタルブクロウ

701IMG_5978-1.jpg
             ?ウツボグサ →yo-chanありがとう
  
701IMG_5972-2.jpg
             コバノタツナミソウ?             

701IMG_5974-1.jpg
             ?トンボ

701IMG_6101-1.jpg
             オカトラノオ

竹林寺を14:30に出てJR河内駅に16:00に着きました。
そして入野駅迄乗って車で帰りました。
今日はどんよりしたお天気で風も殆ど無く、蒸し暑い一日でした。
結局、お寺参りをしたようなコースでした。
どんな風に感じられるか・・受講生の方々が。
   

プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク