一年ぶりの可部冠山へ・・
2010-10-28 Thu 11:23
28日は5月に大山でご一緒したDさんと可部冠山をハイキングしてきました。
前回とは逆に竜頭ケ原園地~加賀津の滝~石采の滝から登りました。
37m?の滝で立派なものです。

        1028002-1.jpg
             加賀津の滝

明神ダムが左に見えた分岐から西冠山へ・・

1028004可部-1


西冠山迄は結構長く急坂でした
お天気はガスっていて眺望はよくありません・・

西冠山を過ぎると可部冠山までは快適な広い道が続きます。
山頂では霧雨となり急いでお昼ご飯にしました。
Dさんはおむすびとサラダが
我が家からはおでん
寒かったのであたたかいおでんは美味しかった。
おむすびもちょうど良い塩加減だし、サラダも玉子がたっぷり入ってて
とても美味しかった。

1028005-1.jpg

取りあえず、証拠写真を

1028007-1.jpg

下山は可部峠~旧石州街道~冠山官行造林地登山口~南原峡キャンプ場へと下りました。

1028011-1.jpg


駐車場の某所に去年はアケビがたくさんあったので期待しましたがぜんぜんありませんでした。
今日のハイキングは約4時間で結構汗もかき、良いトレーニングになりました。

下山後はDさん宅で奥さんの素晴らしいイタリア料理をご馳走になり
とても素晴らしい一日でした。
お料理もに撮るつもりでしたがお料理の美味しさと
山話に時を忘れて撮ることができませんでした。

帰りには畑で茄子、水菜、檸檬、柚子などたくさん採らせていただきました。

1028016-1.jpg
             レモン

これは檸檬の花です。初めて見ました。
でも、実が成っているのに何で花が今頃咲いているのか不思議です。
気候がおかしいのでしょうね・・

1028017-1.jpg

お庭も日本庭園でよく手をかけておられます。
ちょっとかわいい花があったので・・

     1028019-1.jpg
             シュウメイギク

今日は12時間belleはお留守番でした。
  
スポンサーサイト
別窓 | ハイキング | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
石鎚山へ  その2
2010-10-24 Sun 10:25
23日はぐっすり寝ることができました。
天候が崩れそうなので5時には起きて夕べのご飯の残りで
アマノフーズの『鯛茶漬け』『明太子茶漬け』をいただきました。
これは最高の朝食です。おじやよりも美味しいと思います。

10024186-1.jpg


テントを撤収して7時に面河渓(おもごけい)経由で土小屋へ

途中で紅葉などを写真に撮りながらのんびりと・・高度を稼いでいきます。

   1024191-1.jpg

1024192-1.jpg

1024193-1.jpg

標高約1500mの土小屋登山口に8時20分到着
駐車場も9割くらいの込みようです。
登山シーズンにあわせて無料登山案内所がありました。
紅葉状況を聞いてみると相当期待できそうでした。

霧雨だったので雨具を付けて出発

1024194-1.jpg

出発してすぐのところです・・
石鎚山は土小屋からのコースは距離も4.6km、標高差約400mで二ノ鎖小屋までは
ほぼ1600mが続いてハイキングコースです。

1024196-1.jpg
             8:51

ガスがかかってるので残念ですが・・紅葉が見ごろでした

1024198-1.jpg
             8:56

1024 (2)
             9:06

山頂まで3km標識 クマササ地帯です。

1024201.jpg
             9:11

黄葉は辺りを明るくさせてくれます

      1024202-1.jpg
             9:11

カエデの紅葉は本当に綺麗です

          1024204-2.jpg
             9:49

葉がすっかり落ちたブナの枝は血管のよう?

    1024207-1.jpg
             9:59

1024208-1.jpg
             落ち葉の絨毯 10:05

10:35 二ノ鎖小屋に到着
4年前の思い出が蘇ってきます。
鳥居のところで寒い中、日の出を待ちました・・

1024211-1.jpg
       
     1024210-1.jpg

雨で足元も悪く、相方には鎖道は危ないのでトラバースコースを歩きました。
スチールの急な階段、橋がずっとあって歩きにくい・・
山頂真近かから強風と雨で視界は0です。
天狗岳はガスの中で姿も見えません
寒くて仕方ないので石鎚神社頂上社前で証拠写真を撮って

1024212-1.jpg
             11:00

無料休憩所の中で持参したカップヌードルとホットケーキをさっと食べて下山することにしました。
休憩所の中は暖かくて天国のよう

11:35に山頂を出発
たくさんの登山者、お遍路姿の老若男女・・普通の格好でビショ濡れ濡れの親子、若者・・
さまざまです。

1024213-1.jpg
             11:54

下山の写真は小雨の中なので撮れていません。
とにかく早々に下りよ~う

13:00土小屋登山口に着いたと思ったら土砂降りになりました
着替えにあと5分ずれてくれたらな~と贅沢なこと。

帰り道、『古岩屋温泉』で疲れを癒して一路広島へ
往復700km・・もう少し近かったらと思いつつ
belleの待ってる義弟のへ・・
もちろん『顔なめの刑』を受けました。

お天気だったらと少し残念だったけど、紅葉も見れたし、若者達との触れ合いもでき
思いで残る山となりました

忘れるところでした。
『太秋の柿』です。

1024214-1.jpg
別窓 | 山登り | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
23日から四国・石鎚山へ その1
2010-10-23 Sat 23:15
日本百名山の四国最高峰・石鎚山の紅葉を家内に見せたくて行って来ました。
片道約300kmあるので一泊は途中の久万高原ふるさと旅行村キャンプ場で
テント泊です。

23日は松山ICから寄り道をして松山城を見学しました。
独身時代に来て以来です。40数年振り?
全く覚えていないのでナビ頼りです。
つい焦ってロープエイの往復切符を買ってしまいました
ゆっくり歩けるところでした・・

1023117.jpg
             往復 500円
    
1023119-1.jpg
             松江城の古図(天保13年)

1023124-1.jpg
             本丸太鼓櫓
              
       1023121-1.jpg

松山城は伊予松山城とも云われ日本三大平山城の一つです。
創建は1645年ですいが現存は1854年の再建です。

1023126-1.jpg
             天守閣

1023134-1.jpg

石垣の曲線がなんともいえませんが、写真に撮って表現するのが難しいです。

          1023142-1.jpg

          1023139-1.jpg
             うしとら門の扉→ケヤキの紋様が綺麗でした

城から出たところにこんなお店があったので入ってみました
『東雲かまぼこ』(東雲は東雲と読みます。広島にも東雲町がありますが・・)さんで
揚げたての『じゃこてん』を食べました。
10/28~29日に呉のそごうで実演販売があるという話をしてたら
400円のお釣をもらい忘れてしまいました
150円のものが250円になってしまいました

1023150.jpg

後は今日のキャンプ地の久万高原ふるさと旅行村へ
昼食は道すがら珍しくもない『餃子とラーメンの豚太郎』でたべて

キョロキョロ走っていると無人売りでみかんのようなものが見えたので立ち寄ると
それは、柿でした。
内子の太秋柿というブランド柿だそうでおばあちゃんの言葉に乗せられて
一箱買ってしまいました。→写真は後半で・・

やっとふるさと村キャンプ場へ着きました

1023151.jpg

受付で手続きを済ませて野営場へ行くとそこは寂れた芝生のフリーサイトです。
      費用は    525円/テント1張り+105円/水代1人で735円だけです。

テントを張り終わったころ4人組みの若者たちがやってきました。
山用のテントとオートキャンプ用のテントではずいぶん違いますね・・

1023152.jpg

夕食の時間まで旅行村の中を歩いてみました。
移築された旧民家、土蔵などがありましたが手入れがあまりさてなくて
荒れているところもありました。
この民家は明治12年建築のもの。国の登録有形文化財指定

1023153.jpg

この土蔵は明治3年建築。
蔵と屋根が二重合掌造りで風通しがいいのかもしれません。
国の登録有形文化財指定。

1023157-1.jpg
屋根と土蔵の間が空間になっています。

     1023160-1.jpg

明治12年建築の民家。

1023164.jpg

その台所の中。
ちょっと冷蔵庫があったのが台無しです。

1023166.jpg

小高い展望台のようなところへ上っていく途中見つけました。
いろんな方がブログにアップされていてどうしても見たかった花です

1023169-1.jpg
             センブリの花
  
      1023170-1.jpg

こんな景色はまだどこかにあるような気がします。

1023177.jpg

5時を回ったのでテントに戻って夕食の準備です。
二人なので焼肉です。
ご飯も上手に炊けて満足。

1023178.jpg

4人組のグループの一人が挨拶にやってきて→20歳代の地元の子と大阪、京都からの女の子
後で途中で買った『太秋柿』と『りんご』を持っていきました。

オートキャンプは道具がずいぶん違いますね・・
ダッヂオーブンでホルモン鍋を作っていました。
みんな感じの好い子達でいろいろ話をしました。

1023180-1.jpg

お返しにいただいた『大きなみかん』です。

1023185-1.jpg

このころから2組のグループがテントを張っていました。
広い芝に4組のテントで寂しい感じ・・
8時には明日の天気が午後から予報なので早めに出発することにしたので
寝ることにしました。
『あした、天気になあ~れ』
別窓 | 山登り | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
咲きました・・
2010-10-22 Fri 19:03
22日、やっとシロホトトギスの花が咲きました。
夏の暑さで葉枯れを起して心配していました。
一輪しか咲きませんでしたが珍しいのでどうぞ・・

    1022115-1.jpg

1022116-1.jpg
別窓 | 庭の山野草 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『おおの自然観察の森』のベニマンサクの紅葉とお花
2010-10-20 Wed 15:02
20日は廿日市市の『おおの自然観察の森』へ熊ちゃん夫婦と行ってきました。
17日にTちゃんたちが行って紅葉も綺麗だったそうで楽しみにしていました。

駐車場から自然観察館までのところのベニマンサクも色づいていました。

   1020036-1.jpg

お母さんが赤ちゃんを抱っこしてるような影絵に見えませんか?

  1020004-1.jpg

黄葉に映った影がちょっといいかな?

1020007-1.jpg

    1020019-1.jpg
             ヤマシロギク→葉っぱが小さいらしい

    1020009-1.jpg
             シロヤマギク→葉っぱが大きいらしい

  1020011-1.jpg
             普通のリンドウ

               1020013-1.jpg
             ミヤジマママコナ

      1020016-1.jpg
             コウヤボウキ

1020056-1_20101021145631.jpg

1020054-1.jpg
             紅葉しかかったコウヤボウキ

1020017-1.jpg
             ツルニンジン

ここからはベニマンサクの紅葉です・・

1020038-1.jpg

                  1020036-1_20101021145440.jpg

紅葉の準備中・・

1020029_20101021145440.jpg

1020040-1.jpg

そして・・型の葉っぱを探しました・・

1020041-1.jpg

型はなかなかありません。
虫食いだったり、形が整ってなかったり・・
見事だと思いませんか? →自己満足満点 笑!

  1020042-1.jpg

マンサク湖はまだ紅葉がわずかでしたが・・
見つけました
恋人同士のように寄り添って泳いでいる鴨 

1020053-1_20101021145544.jpg

1020044-1.jpg


     1020051-1.jpg
             一輪だけ咲いていたスミレ

お昼は大野権現山・おにぎり岩への登山口の東屋で
ときつねうどんとで・・

野鳥が鳴いていたので林へ近づいてみると・・
枯葉と間違えそうな赤いものが見えたので『アケビ』に間違いないと思って
ズームしてみると・・

1020046-1_20101021145545.jpg

熊ちゃんと二人で手繰り寄せて採ってみると実はありませんでした

2時近くになったので自然館に戻り、撮った写真でわからなかったものを
観察員さんに聞いたりしていましたが・・
ベニマンサクの赤い花を見る事ができなかったのでたずねてみたら・・
自然館前のところに数輪咲いていると教えてくれました。

1020066-1.jpg
直径は1cm位の小さな人形のような形をした可愛い花です

1020063-1.jpg
ベニマンサク湖

    1020068-1.jpg

ベニマンサクは広島県の天然記念物に指定されていて準絶滅危惧種です。
自生が確認されているのは長野県、岐阜県、高知県とここだけのようです。
去年の暮れに忘年登山で大野権現山に登ったときは木々は冬の様相で
来年の秋にベニマンサクを必ず見たいと思って実現しました。

花も見逃すところでしたが、帰り際で教えてもらったおかげで見ることもできました。
最後に2つアップします。

   1020062-1.jpg
             バネウツギ

   1020057-1.jpg
             キクバヤマボクチ   

最後まで見ていただいてありがとうございました
別窓 | お出かけ | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
お誕生日
2010-10-20 Wed 10:34
20日はbelleの9歳のお誕生日でした
生憎と、大野町の[大野自然観測の森]にベニマンサクの
紅葉と花を見に行ったのでお留守番をしてもらいました。

で・・お誕生会は夕方になりました。
9本のローソクを立てて・・

1020046-1.jpg

ローソクを消して・・

      1020048-1.jpg

いただきました。
親ばかのようですが・・
belleは『待て!』『よし!』がよくできる子で自慢できます

1020053-1.jpg

1020059-1.jpg

この写真は、お母さんがを買いに出かけたので
玄関で帰るのを待っているところです。
待ち遠しそうな顔をしています
別窓 | belle | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
松笠山の続き・・
2010-10-18 Mon 17:22
JR坂駅は無人駅でもちろん駐車場もないので近くの[ザ。ビッグ]の駐車場で
お弁当を買ってしばらくの時間駐車させてもらいました。
駅裏から松笠観音を目指します・・

1018002

急な階段を上がると何とか言う滝に出ました。

      1018005-1

          1018006-1

滝からは急坂ですがよく整備されていて歩きやすい登山道です。
しばらく上ると尾根に出て展望台への案内があります。

1018024-1

1018017-1

途中咲いていたコウヤボウキですが・・ボケました^^;

1018019-2

八畳岩展望台から武田山の眺望 
可部町方面もよく見えました。
この展望台で[ナツハゼ]の実を採りました。

1018020-1

松笠山への尾根歩きはハイキングコースです・・
ハギの花が綺麗です。
濃いピンク、薄い色のピンクとさまざまですね・・

1018041-2

1018044-2

331.4mのピークを過ぎて、NTTの電波塔を過ぎ・・

1018025-1

松笠山山頂(374.3m)に着きました
相方は北岳以来の山スカです。

     1018030-2

とチキンラーメンを・・
ここにもシバグリがあったので拾いました。
山頂手前にこの標識があったのですが、地図には別のルートがあったので
下りているといくら歩いても分岐がなくて結局、仕方なく東浄団地へ下りることにしました。

1018026-1

1018032-1
             ハゼの紅葉

1018045-2
             アキノキリンソウ?

そして、東浄中学校の校庭裏に出ました。
ここからが出ているはずなので探しましたが15分も歩いてやっとバス停がありました。

1018034-1

そして車をおいている[ザ。ビック]まで乗って帰路に・・
来年度の里山ハイキング講座の候補山にどうかなって思いましたが・・
ちょっと・・迷います。    
別窓 | ハイキング | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
松笠山の副産物
2010-10-18 Mon 07:21
18日は東区の松笠山(374.3m)を来年度の里山ハイキングの候補にどうかと思って
行ってきました。
山レポはあとで・・

途中の八畳岩という展望台のところにナツハゼの実が沢山なっていたので
自然の恵みに感謝して採らせていただきました。
ナツハゼの実をリキュール漬けすると美味しいと家内がichimuraさんに聞いていたようです。

1018038-1

そして、きれいに整備された山道に栗[シバグリ]が沢山落ちてたので
こまめに拾ってみました。
木切れを探して落としたのもありますが・・^笑^

1018035-1

猪も食べるのか、あちこち掘っていました。
熊はこの辺では出ないはずだから栗のイガを剥いていたのはどんな動物なんでしょうかね?
シバグリはちっちゃくて食べにくいのですが、belleと一緒にいただきたいと思います。

別窓 | ありふれたこと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山野草ではないのですが・・
2010-10-17 Sun 22:48
去年11月の結婚記念日に子供たちからプレゼンとしてもらった
オンシジュームが一株ですが咲きました。
50数個の花がついています。
蕾が全部咲いてもまだ一輪も落ちていません。
新しい株から芽が出て4ケ月位かかって咲きました。
嬉しくてブログにアップしました。

       1017012-1.jpg
    

水苔を敷いてやってから元気になったような気がします。
別窓 | 庭の山野草 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
久しぶりの庭の山野草たち
2010-10-14 Thu 14:30
近所に小学校の同級生の女性がいて水遣りをしてたら
可愛い山野草を持ってきてくれました
昨年は翁草をもらいました。
カリガネソウといいます。
花はとても可愛いのですが、葉っぱをちょっとでもこすると
もの凄く臭いです

1014193-1.jpg
             カリガネソウ

            1014194-1.jpg

どこかからか飛んで来たのでしょう・・
鉢に芽を出してきたので抜かずにいたら可愛い花をつけました。
本当の雑草です。

          1014195-1.jpg
              アカマンマ 

今年何度も登場のルリヤナギです。
今年の異常気象で・・まだ蕾もたくさんついていています。

1014197-1.jpg

そして、綿の花もまだどんどん咲きます。
綿が採れたら何にしようか?と考えたりして・・

1014198-1.jpg
             綿の花

今年はもの凄く暑かったのでよしずで暑さから守ってあげたので
ムラサキシキブ類が葉枯れせず、たくさん花が咲いたので実もたくさんつきました。

1014199-1.jpg
             コバノムラサキシキブ

1014200-1.jpg
             シロシキブ  

昨日から新しいになって全てが早~いです。
音もほとんど聞こえないくらい静かです。
苛々もなくなりました。
さ~手・・PC代、どこから工面しょうか・・

            
別窓 | 庭の山野草 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
里山ハイキング講座で安芸小富士へ
2010-10-10 Sun 06:45
前日の土曜日は生憎のでしたが『五人てるてる坊主』が頑張ってくれて

1010IMG_6945.jpg

10日はとなりました。
ここ最近はこの子達のお陰でお天気に恵まれています。

広島港9:30発の似島行きのフェリーに乗ります。
今日の受講生は9名です。
今月から新規受講生が一人増えました。

フェリーから撮った似島です

1010IMG_7096-1.jpg


似島港へ10:07到着
コース説明とストレッチをして出発です。
港から少し左に行くと案内版があります。
狭い路地を通るのであちこちにわかりやすく案内板があります。

1010IMG_7075.jpg

登り始めは舗装された急坂ですが、約30分で尾根に出ます。
蚊が異常に多くて小休憩はあと10分頑張って下山道の分岐の少し見晴らしの利く所で・・

1010IMG_7078.jpg

ここからはもう山頂まで20分位で歩きやすい道でした。

         1010IMG_7097-1.jpg

下見の時気になっていた木ですが・・
図鑑で調べてみましたがわかりませんでした。
(ネムの木のようなのですが・・)→フサアカシア  ごくうさん~ありがとう

1010IMG_7076-1.jpg

11:55山頂に到着
日陰が欲しいくらいの暑さでした

1010IMG_7098-1.jpg

今月のワンポイントレッスンは『山の楽しみ方』です。
『十人十色で山の楽しみ方は、人それぞれにある』の通りそれぞれです。
湯を沸かしてタイムです。
集合写真を撮って下山です。

       1010IMG_7101-1.jpg

小休憩を取った分岐から展望台コースを下ります。

景色が良くて遠くに絵下山が見えています。

1010IMG_7104.jpg

そして、海上自衛隊の駆逐艦が呉港に向かって航行していました。

1010IMG_7103-1.jpg


13:40展望台広場に到着
ここには遊戯用の大スベリ台があって皆で童心にかえって滑りました。

          1010IMG_7108-1.jpg

こんなのもあります・・

          1010IMG_7112-1.jpg

少し下りたところに『少年自然の家』があってトイレがあります。

1010IMG_7114-1.jpg

似島学園港まで海岸線を20分歩きます
クールダウン体操をして14:50発のフェリーで広島港へ・・
一日暑い日でしたが皆さん元気で瀬戸内海の小島のハイキングを楽しまれました。


別窓 | 山登り | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
下見で安芸の小富士へ
2010-10-07 Thu 13:29
7日は今月の里山ハイキング講座の安芸の小富士へ下見に行ってきました。
広島港から似島汽船フェリーで似島港で下船します。
待合所前の広場にわかりやすい看板が出てました。

1007IMG_7074.jpg

コース説明に十分使えます。

山頂はこんな風です・・
赤い塔が建ってて船舶用の灯台の役目をしています。

      1007IMG_7083.jpg

下山は似島少年自然の家へ下りて、似島学園桟橋からフェリーで帰ります。
フェリーの便数が極めて少ないので14:50に乗り遅れたら帰れません^^;

1007IMG_7092.jpg

10日はお天気もですが雨さえ降らなければです。
様子は又アップします。
別窓 | 里山ハイキング講座 | コメント:7 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
平成22年度中高年安全登山指導者講習会『西部地区』に参加して
2010-10-06 Wed 11:49
9月24~26日の3日間宮島をフイールドに講習会がありました。
滋賀県から沖縄県まで64人の受講者と主催者講師、岳連講師約40名の100人以上で
始まりました。

講義1は『中高年登山の現状と問題点・楽しい登山とリスク』です。

924IMG_6997-1.jpg

講義2は『高年齢の体力、運動能力、危険回避能力の向上』です。

924IMG_6998.jpg

座学はもう何年も机から離れているので姿勢が辛いですね・・
内容は納得できる事ばかりですが、実践でいかに活用できるか・・
という事だと思います。

宿泊先は県内の受講者は宮島・包ケ浦自然公園のケビンです。
24人用の弐段ベットのユースホステルのようです。
食事は炊事棟で岳連のスタッフが準備されました。

924IMG_6999.jpg

翌日の25日は3コース(7時間・5時間・4時間)に分かれて弥山を歩きます。
僕は5時間コースの:博打尾~弥山~駒ケ林~大元公園を選びました。
博打尾は下山では4~5回歩いていましたが登りは初めてでした。

925IMG_7001.jpg

925IMG_7002-1.jpg
             満潮の大鳥居

925IMG_7004-1.jpg
             ロープウエーだと約20分?で

駒ケ林で昼食をとり、大元公園に着いてから実技の『簡易テント』の作り方です。
100円ショップで売っているレジャーシート3枚を使っての作業でしたが・・

925IMG_7006-1.jpg

925IMG_7008-1.jpg

925IMG_7010-1.jpg

実際に怪我人が出たときに安全な場所を確保し、低体温対策でテントに収容する事は
当たり前ですが、我々はその為に『ツェルト』を常時もっているので
このようなレジャーシートを誰かが持っている確率のほうが低い訳だし・・
この実技に1:30も時間をかけてやるほどのことはないとアンケートに書きました。

3時から又、座学で講義3:『リーダーの責任と法律』を勉強しました。
このことが一番の知りたいことでしたが、法律はより難しく頭が痛くなりそう^^;

終了後、入浴し『夕食と情報交換会』の始まりです。

925IMG_7011-1.jpg

925IMG_7013-1.jpg

925IMG_7014-1.jpg

・・・と『国民宿舎みやじま杜の宿』にしては美味しい料理でした。
各地の指導者の立場の方々との情報交換は有意義でした。

最終日の26日は『研究協議・分科会』でした。
分科会は希望の分科会(13人)でなかったので協議といっても
『講習会の今後の取組・日体協公認山岳指導員の役割と有効活用』なので
受講者は関わりのないことだったので内容のあるものではありませんでした。

こうして約3日間の講習会が終了し、終了証の授与です。
代表して沖縄からこられた方が・・

926IMG_7018.jpg

沖縄は山がないのに登山?と思ったりして・・
高額の受講料を払って受講したので、これから少しでも生かしていきたいとは
感じたけど・・
スッキリしない気持ちも残ってしまいました。
(関係者の方々には大変だったと思います。ありがとうございました。)
別窓 | 講習会・研修会 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
島根県・石見冠山例会
2010-10-02 Sat 14:36
2週間ぶりにブログを更新することができました
いろいろPCをいじくってて写真の取り込みができました。
新しくなるまで何とか生き延びて欲しいものです。


昨日は雨予報でしたがその心配もなく28名の参加者で島根県の
石見冠山(859.3m)へ12~3年振りで登りました。
3班に分かれてスタート
相方とも分かれて登りました。

1002IMG_7052.jpg
             野呂谷登山口

途中、戦後に植えられたメタセコイア(アケボノスギ)ですが、成長が早い杉科の木で
大昔に絶滅した化石植物と思われていましたが、1945年に中国四川省で発見されたそうです。      
もう既に胴回りが3m近くありました。
これで、樹齢は60数年?
    
     1002IMG_7053-1.jpg
            
1002IMG_7054-1.jpg

分岐のたいのすけタタラ跡地に着きました
かなりの急登でした。
ここからが又急登できつい山でした。

1002IMG_7056.jpg

3日には70数名の団体が登るようで登山道は整備されていて歩き易いです。
登山道を整備された方の気持ちがよくわかります。

    1002IMG_7058.jpg

山頂手前の分岐です。
後、130m→と親切です。

1002IMG_7059.jpg

ここからも急登でやっと山頂に着きました

     1002IMG_7061.jpg

山頂は360度のパノラマで三瓶山、大万木山、大佐山などなどが展望できます。

1002IMG_7062-1.jpg
             邑南町の盆地

石見冠山の山頂から3~4分西に西峰があってこちらが約4m高いのですが
二等三角点はこちらにあります。

昼食をとっていると相方の組が登ってきました。

     1002IMG_7065-1.jpg

Hさんがゆっくりと歩いてくれたそうで少し心配でしたが
元気のようで安心しました。

下山は皆、ストックを長くして下りましたが、やはり急坂でかなりの者が
尻餅をついていました。
その中に私も入っていますが・・

解散後は『いわみ温泉・霧の湯』で疲れを癒し、近くで『ジェラート』と美味しい
『牛乳』を飲み、お土産に椎茸、ピオーネを買って帰りました。
別窓 | 山登り | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| よっちゃんの趣味悠々 |