広島県百名山の天上山(972.6m)へ

中島篤巳著の『広島県百名山』を数えていたら、今日27日の天上山で66座になっていました。
先月から何処の山に行こうかと思っていたのですが、どうも気になっていた山だったのと
23日に宮島へご一緒させてもらった『気ままな山登り』さんたちが11/13に登られているのを
知って記録を参考にさせていただいて決めました。

筒賀の龍頭の滝からのコースです。
清流広場・もくもく館駐車場へを停めて

1127001-1.jpg
             9:20

途中の紅葉です。
落ち葉も道脇に沢山落ちていました。

      1127003-1.jpg
             9:24

龍頭橋のところに二段滝、奥の滝の標識がありました。
引き明けの森は真っ直ぐ進みます。

112704-1.jpg
             9:28

車道終点から右に登山口があります。 

1127006-1.jpg

急登が続き、朽ちた橋が気色悪いです。

     1127010.jpg
             9:45

コムラサキかムラサキシキブのどちらかわかりませんが結構大きな実をつけていました。

1127013-1.jpg
             10:05

ささやきの滝です。

         1127017.jpg


結構きつい道です。

         1127018-1.jpg

引き明けの森の標識がありました。
ここからは樹齢の多きいヒノキ、杉、栃、樅の木の原生林へ入ります。

         1127021-1.jpg
             10:37

一寸と炭焼き窯跡があり・・

1127024-1.jpg
             19:45

途中、天上山への標識が2本10m位空けて立っていたので可笑しいなって思いながら
進んだのでしたが、これが道間違いの藪漕ぎになるとは・・・

あたりがパッと開けたところに出ました。
樹齢が4~500年くらいありそうな栃の木の大木です。

               1127026-1.jpg
             10:50  

暫く歩いていると目印のテープが見えなくなり、コンパスで方向を定めながら
ほぼ、直登で藪漕ぎをすることになりました。

25分くらいかかって尾根に出てホット
久しぶりの藪漕ぎをしました。

尾根には引き明けの森の説明版がありました。
野鳥も数多くいるらしくて学術参考林と書いてありました。

1127029.jpg


ここで、車道と合流し、天上山の登山口があるようです。

1127031-1.jpg
             11:22

小休止をしていると、男の人が寄ってこられ、『どちらから登られましたか?』
と尋ねられたので、『龍頭峡からですが、途中道間違いをしたんですよ』…
その方も龍頭橋に二段の滝・天上山への標識があったので滝のほうから
登られたそうです。
大変な道だったそうです。
下山は龍頭峡への林道のあることを教えてあげました。
そして、ここから山頂までは約30分と聞いて

1127032-1_20111127230904.jpg
             11:25

尾根に出ると笹道です。

            1127033-1_20111127230903.jpg
             11:50

11:55 山頂に到着

1127037-1_20111127230856.jpg
             11:55

山頂の木にアチコチでよく見るプレートがありました。
726山目という事なんでしょうかね?

1127038_20111127230855.jpg
  

展望は良くないといろいろブログなどで見ていましたが、恐羅漢山、十方山がかすかに見えました。

1127040-1.jpg

お昼ごはんは、戸河内道の駅で買ったおむすび弁当です。

1127039_20111127230902.jpg

12時半までいて下山です。
802ピークの先からから左回りと右回りに分かれて下りることにしました。
さ~て・・・何処に出るか楽しみです。
Tちゃんたちは右コースへ

1127051-1.jpg
             13:15

自分達は左コースを
競争する気がチョッと起きましたが・・・笑!
途中、紅葉がとても綺麗なのでゆっくりと。

       1127059-1.jpg

1127053-1.jpg

出たところは、橡の木の古木のちょっと先でした。
一方は登りのとき標識が2本立っていたところでした。

渓谷の崖道は見下ろすと深い谷で落っこちたら助かりそうもないほど。
一気に下りて登山口に。
そこで、タイム。

そして龍頭橋に。
折角だから二段の滝へ。
落差は40m位あるんでしょうかね? 

     1127061-1.jpg
             11:40

そして、駐車場へ
見納めに最後の紅葉を 

    1127057-1.jpg
            
           1127066-1.jpg

面白いものが・・
ヒントは 『渓流に多い、映画のタイトルに・・愛染??』

1127067.jpg
 
み易いよね。

1127068.jpg
             15:00

そういえば・・・車道終点のところにこんな物がありました。

1127005.jpg

結果は普通の人でした
今日は日曜日なのに出会った登山者はあの悠久の森の石碑のところであった方だけでした。
思ったよりきつい山でしたが、久しぶりに藪漕ぎをして面白い山登りでした。

お疲れ様。
スポンサーサイト

紅葉の宮島・弥山~駒ヶ林~多宝塔

23日にブログ友達の『きままなDIARY』さん、『のほほん日記』のなおちゃん&とうさん、
『・・・の山遊び』さんの4ファミリーで紅葉を期待して宮島へ行ってきました。
『5人てるてる坊主』の念力も及ばず何故かこの日だけ予報。
フェリーが出航したと思ったら窓にポツン・・ポツンと

今日のコースは博打尾~弥山~駒ケ林~多宝塔の約10kmコースです。
桟橋から町家通りを通って

     1123001-1.jpg

この先に『坂本菓子舗』というもみじ饅頭屋さんに立ち寄りました。

丁度傘を売っているお店があったので傘を買って

       1123003-2.jpg

五重塔も紅葉で鮮やかです。

     1123002-1.jpg

何年ぶりかで千畳閣の横を通りました。
岩惣のある紅葉谷公園橋でまず

1123004-1.jpg

雨に濡れてもみじも鮮やかでした

1123006-1.jpg

四宮前の紅葉も見事です

1123012-1.jpg

茶屋の横のもみじも

                  1123017-1.jpg

見あげると…

1123018-1.jpg

ロープウエー乗り場の左へ廻ると『包ガ浦自然歩道』の標識があります。
ここからが博ち尾ルートの基点になります。
暫くと博ち尾の尾根ですが、今までゆっくりと読む事もなかったのですが・・・
説明板には
『毛利軍がここから陶軍を奇襲したという厳島合戦の場所』とありました。

石巻の松の手前に『大砂利のお堂』に行ける道を教えてもらいました。

かや谷駅を過ぎて見晴らしのよいところでタイムとなりました。
暖かいとなおちゃん達が坂本菓子舗で買われたもみじ饅頭を頂きました。
もみじ饅頭は「モンブラン」と「紫芋」の珍しいお饅頭でした。
折角買われたのに頂いてすみませんでした

ガスもでててロープウエーも霞んでいます。

1123024-1_20111125114252.jpg

獅子岩駅に展望台がありますが、このガスでは景色も見えないのでパスして
ロープウエーで上がって来る観光客も多いですね…
紅葉谷ルートの分岐から少し行ったところから右に近道があるのでそっちへ

弥山本堂前の紅葉も綺麗でした。
十三仏の前に真新しい地蔵さんが・・
『にっこり地蔵』と掻いてありました。
外にも沢山のいろんなお顔や仕草の違う地蔵さんが沢山ありました。

    1123030-1.jpg

1123033-2.jpg
             本堂前

1123031-1.jpg

丁度お昼時ですが、山頂は風もあるし御山神社でお昼をする事にしました。
になおちゃん希望の煮たまご→写真はなおちゃんの『のほほん日記』を見てください。

そして、なおちゃんから目出度いお餅と我が家から持って上がった「御座候のおぜんざい」に
きままさんが重たいのに小豆の缶詰をたっぷり足して甘~いおぜんざいを頂きました。

1123035-1.jpg

1123037-1.jpg

御山神社で礼拝をして山頂へ
山頂も結構の人がいました。

            1123043-1_20111125115803.jpg


山頂から大日堂へ下りる途中にある『千満岩』の岩の穴になおちゃんが指を浸けて
塩からいかどうか味わってみましたが、無味だったそうです。
引き潮だったので塩からくなかったんでしょうね。
『弥山七不思議』の一つになっています。
因みに後6っは→長くなりますが…
1つ…不消霊火(霊火堂の日は弘法大師修行から1200年消えることなく燃え続けている
2つ…金昜(よう)杖の梅(弘法大師が立てかけた杖が根付いたと言われる八重の紅梅)
3つ…曼茶羅岩(弥山本堂の崖下にある弘法大師が刻んだと言われる文字の残る大岩)
4つ…千満岩
5つ…しぐれ桜(何処にあるかわからないが、この木の下は晴天でも梅雨で濡れていた
        らしいが、今は枯れてなくなっている)
6つ…龍灯杉(山頂にあった龍のような枝振りの杉辺りから厳島神社の沖に現れる謎の
       龍灯が見えたというが今は枯れてない)
7つ…拍子の音(深夜に天狗の打つ拍子木の音が聞こえると言う)


仁王門跡から駒ケ林へ登る道が、ザックは軽くなった分、身体が重たくなって
足が上がらんと悲鳴がアチコチに…

駒ケ林の大敷岩からは弥山の山頂が見え、又瀬戸内海もよく見えるのですが、
今日は残念ながらガスがかかってダメでした

途中、名前の出てこなかった観音さんの名前は『朝日観音』です。
絶景箇所で
潮が引いているので鳥居に沢山の人が見えます

1123049-1.jpg

多宝塔のある直前にもポスターになっている写真の撮影ポイントがあります。
何気なく今まで撮っていましたが、きままさんのだんなさんから聞きました。
『知らんかった

1123050-1.jpg

東屋で少し休憩して大願寺を抜けて大鳥居へ行ってみることに。

1123055-1.jpg

後は…
何か蟹らしきものがいた様で・・・
「あそことか」、「そこそこ」とか言っています

1123053-2.jpg

参道へ戻り、行きしに寄った坂本製菓舗で一寸お土産を買って

1123058-1.jpg

やまだ屋でも又、お土産を買って…
Tちゃんは「よう、みんな買うんが好きじゃね~」と感心してました。

今日は一日、山歩きをし、観光客にもなり、楽しい時間を過ごす事ができました。
何回となく宮島を訪ねていますが、紅葉の時期に訪ねたのは初めてです。
計画をして誘ってくれたきままさん…ありがとうございました。
そして、遠路津和野からこられたのほほん&とうさん・・・お疲れ様でした。
家内と娘に頂いた手作りのポーチ、ありがとう

1123060-1.jpg
             ↑娘                        ↑家内    
1123061-1.jpg

大事に使わさせていただきます。

いやいやのbelle姫

ブログを更新しているところにお散歩から帰ってきたbelle姫。
去年、娘からお誕生日のプレゼントで贈って来た服を着ていたので

でも、嫌そうでじっとしていませんでした。

2011-11-21belle.jpg

今は、ベットの上でコッチを見ながら『ご褒美をくれって』顔をしています。

theme : ミニチュアダックス
genre : ペット

紅葉を見に岩国へ

20日はお天気も良いので『気ままな山登り』さんのブログの
紅葉便りで紅葉が見頃ということなので10時半に家をでました。
地御前辺りから渋滞していました。

いつもの運動場の駐車場に車を停めて吉香神社の前を通って

1120005-1.jpg

1120007-1.jpg

家をでる前に紅葉だけ見に行くのもどうかなって事で岩国城へ登る事にしました。

案内図を見るとロープウエーの先のほうに登山口があるみたいで紅葉谷公園の入り口に
城山の案内がありました。
紅葉谷公園は沢山の紅葉狩りの観光客がいました。

1120010-1.jpg

見頃でした

1120012-1.jpg

黄色っぽいのは陽に当たった銀杏の木です。

         1120016-1.jpg

旧ユースホステルのところから舗装道になりました。
暫く歩くと
見晴らし台がありましたが、木が茂っていて見晴らしは?
錦帯橋をズームしてみました。

1120017-1.jpg

ロープエイが見えてきました。登山口から約30分です。
岩国城まで10分?

    1120024-1.jpg

岩国城はもう何年前だろうか?20年?になるかも。
お弁当を食べてもう一枚

   1120026-1.jpg

錦帯橋もよく見えました。

1120023-1.jpg

上った道を戻るのは面白くないので、城の裏からの登山道を探していたら・・・
大きなカゴノキがありました。
大きさがわからないと思いますが、幹周りは7~80cm位あります。

              1120028-1.jpg

      1120029-1.jpg

株立ちで7本に分かれたのもありました。
この一帯に数本あったので広がったのでしょうね。

1120030-1.jpg
             カゴノキ(鹿子の木)
             樹皮が剥がれて斑模様模様になり、鹿の子の模様に見えることから

こんな大きなカゴノキは本当にはじめて見ました。
この近くから道らしきものがあったので、地図はないけど一応コンパスで方位を決めて
下りることにしました。
何箇所か道がわからなくなりましたが、目印を付けながら凡その見当をつけて下山。
建物の屋根が見えてきたと思ったら、日本庭園の奥のひぐらしの道にでました。
『な~んじゃぁ…ここへでるんか!』
でも、城山へといった案内はされていませんでした。
一般の観光客はロープエイを利用するから仕方ないかな?

吉香神社の裏側を歩いていると・・
白鳥が一羽いました。
近づくと白鳥も近づいてきました。

1120031.jpg

1120032-1.jpg

1120033-1.jpg

多分餌をもらえるのかなと思って近づいてきたのでしょう。
餌をくれないと思ったのかユータンしていきました。

1120034.jpg

白鳥さん…ごめんね

                   1120035-1.jpg

最後の紅葉です。
銀杏の落ち葉と紅葉がベストマッチです。

1120039-1.jpg

1120041-1.jpg

1120043-1.jpg

2時間半足らずの間でしたが、まあまあの紅葉で満足した一日でした。

庭の紅葉

やっと冷え込みがあって紅葉が綺麗になりました。

1110013-1.jpg

4~5年前に母の実家から50cmくらいの苗木を貰って植えたヤマボウシと
言われたのですが、違うような気がします。

005_20111114195048.jpg

ヤマモミジです。
山の帰りの道の駅で300円で買ったものです。

      1110006-1.jpg

このナンテンは4年前氷ノ山の温泉で買った物です。

1110012-1.jpg

ヘンリーツタとハゼです。
シンボルツリーのヤマボウシは今年は虫食いと葉枯れでぱっとしません。
これから落ち葉との戦いが始まります。

石亭のお料理紹介

離れの『苔石』と言うお部屋は説明によると、
離れでは一番小さなお部屋だけど、モーエンセンのソファー、ラーセンのエリザベスチェアーがあって
小部屋には別のモーセンのソファーに蔵書がありました。

ご主人によると『とってもかわいいお部屋』であり、
スタッフがお勧めするお部屋投票第1位の部屋だって・・・

それでは お献立『霜月』のフルコースです。

1114002-1.jpg

『食前酒』…梨シャーベット

『先付け』…胡桃豆腐和え・柿・若き茸・黄ニラ・長芋・トンブリ

1114027-1.jpg
                     ↑シャーベット

1114030-1.jpg
             先付け

『前菜』…味噌パン・トマトカナッペ・穴子二味焼き・大葉百合根二身蒸し・
     焼き目唐墨と翡翠銀杏・揚げ姫慈姑・織部零余子・蒸し鶏野菜胡麻タレ

1114033.jpg

『お酒』…大吟醸生酒・旭鳳「酒なくば」冷酒とスパードライ

1114035-1.jpg

『椀』…白味噌仕立て(牡蠣豆腐・松茸・木の葉人参・鶴菜・柚子)
      松茸は何年振りかな? 笑

1114034-1.jpg

『造里』…虎魚(オコぜ)の薄造り 妻色々
      オコゼのお刺身は初めて?

1114026-1.jpg

『中皿』…豚ロース角煮(人参・ブロッコリー・エリンギ・ポテト・タルタルソース)

1114037-1.jpg

『凌ぎ』…温穴子黒米寿司
      寿司というより、甘いおこわのようでした。 

1114041-1.jpg

『石焼』…牡蠣・茄子・蓮根摺り流し・浅蜊ゴーヤかき揚げ
      浅蜊ゴーヤかき揚げは苦くて矢張りダメでした

1114042-1_20111116180957.jpg

『焼物』…鰆西京焼き・栗渋皮煮・菊花蕪

1114046-1.jpg

『煮物』『酢物』…穴子山椒煮・白菜束ね巻き海老芋・牛蒡・生湯葉・菊菜霞煮・なまこ

1114049-1.jpg

『食事』…穴子釜炊きごはん・赤出汁・香の物
        穴子ご飯は多かったので持ち帰りをさせてもらいました

1114054-1.jpg

『水菓子』…黒糖わらび餅・青黄粉まぶし・コーヒー

1114055-1.jpg

ざっと、お献立にそって並べました。
お献立がなかったらとても何を食べたのかわかりませんでした。
約、2時間かけていただきましたが少しづつのお料理でもお腹一杯になりました。

予約の際、娘から結婚記念日と言ってくれてたので、はサービスしていただきました。
次はいつ来れるか?
素晴らしい一日でした。

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

石亭のお庭

14日は何と40th結婚記念日でした。
子供達から石亭の予約を取ったから行っておいでよって言われて
3年ぶりに行ってきました。

紅葉は矢張りここもダメでした。
平日とあって7~8組位のお客さんでした。
お料理はこれから整理して記録に残そうと思います。

1114013-1.jpg

1114016-1.jpg

1114020-1.jpg

1114017-1.jpg

1114016-1.jpg

1114021-1.jpg

1114023-1.jpg

そして、最後に私達の離れの間『苔石』
             

1114024-1.jpg

    1114009-1.jpg
             
1114008-1.jpg

貸切の檜風呂

1114005-1.jpg

1114011-1.jpg

お部屋の前の手水鉢。

1114057-1.jpg


御もてなしの言葉

1114001-1_20111115121542.jpg

続く・・

セイロンベンケイソウの生育日記 1

先月娘が西表に行った時変わった葉っぱを貰ってきました。
お皿に浸けておいたらいいと言うことだったので様子を見ていました。

1週間後の31日頃に葉の淵にお髭さん(根)がでてきました。
2週間後にはちっちゃな葉っぱのようなものがのぞいて来ました。

1110003-1.jpg

1110001-1.jpg

この時点で、娘に何と言う植物か聞いておいてっていっても中々返事が無かったので
ネットで調べてみました。
『西表島で葉っぱの端から葉っぱの出てくる植物は?』とか言う検索をしてみたら
ヒットしました。

『セイロンベンケイソウ』といって熱帯に分布する不定芽(フテイガ)というそうで
葉や根、茎の節間など普通は芽が出てこない部分から生ずる芽をそういいます。

結構、面白そうなので生育日記として見守っていこうと思います。

因みに3週間後の状況は・・・

1114001-1.jpg

ちっちゃな葉っぱのしたから又、ちっちゃな葉っぱがでてきました。
(クリックするとよくわかりますよ)

1114003-1.jpg
             11月14日             

もう少し大きくなったら一枚づつ鉢に植え替えたらいいようです。
ただ・・・これから寒くなっていくので成長は止まるみたいです。
来春まで枯らさないように気をつけて育てていきます。

柿をたくさん採らせていただきました。

12日にS先生からお声をかけていただき、柿をもぎに(広島弁です→採りに)行って来ました。
背は高くなかったのですぐ採れました。

1112001.jpg

キンカンもたわわに成っていたので採らせてもらいました。
まだ完全には熟れてないのですが、とても甘かったです。

1112004-1.jpg

お芋さんを掘らせてもらいました。
金時と言うお芋さんです。

1112006-1.jpg

とても大きかったので、携帯と比べてみましたが・・・
そして、可愛い花が一輪残っていました。

1112003-1.jpg

右の花が終わった後はどうなるんですかね?
花の種が残るんかな?
芋の苗はあったかな?
でも、種芋と言うのがあるし…  わからん

もがしてもらった柿はこんなに沢山ありました。

1112008-1.jpg

そして、こちらでは一銭柿と言うんですが・・・
とてもちっちゃな渋柿で、干し柿用にもぎました。

チッチャイのは親指位のもありましたが、全部で62ケありました。
頂いたものなので、一人で1時間以上かかって皮を剥きました。
長さは長くて5cm位しかありません。
干し柿になると、3cm位になるんでは?

       1112062-1.jpg


つかれた~

武田山の下見

5日の予定を雨の為急遽、7日にして下見に行ってきました。
3年前に歩いたことはあるのですが、今日はOさんも一緒に
歩きました。

武田山はいろんな登山道があって、何所もボランテイアで整備されていて
いいハイキングコースです。
ただ、この日は前夜から急に喉の調子がおかしくなり風邪を引いたのだと思いましたが
汗をかいて吹き飛ばしてやろうと思いましたが、ひどくなりました。

2011-11-08武田山下見

帰宅してすぐ内科へ行って8日は一日中寝ていました。
改めて無理のできない年令をひしひしと感じました。

紅葉の吾妻山~烏帽子山

3日は30日の予定を雨の為延期して吾妻山へ紅葉を見にいってきました。
休暇村駐車場は既に満車の手前…
沢山の人でした。

1103002-2.jpg

少し登ると遠く山々がよく見えました。

1103m022-1_20111104182652.jpg

この鮮やかな紫色をした実が沢山ありました。
3冊の図鑑を調べましたがわかりません

      1103005-1.jpg

1103013-1.jpg
             サワフタギ →k.nさん~ありがとうございました。

  1103014-1.jpg
             ビッチュウフウロ 

1103012-1.jpg
             カワラナデシコ

1103006-1.jpg
             マムシソウ

一寸休憩

1103008-1.jpg

1103m034-1.jpg
             ?

吾妻山山頂は沢山の人で一杯です。
順番に写真を撮ってから烏帽子山を目指します。
しかし、折角の新しいデジカメのバッタリー切れ
家内のを借りました。

下山はここから南ノ原へ…

1103m036.jpg

大膳原まではススキの草原です。

     1103037-1.jpg

1103042-1.jpg
             ツルリンドウの実

楢系の木々は既に落葉していました。

   1103043-1.jpg

        1103050-1.jpg
             ヤマモミジ

     1103047-1.jpg

烏帽子山山頂は今まで見たことのない人で4~50人位いた感じでした。
烏帽子岩の前で
 
                     1103054-1.jpg

ここで、お弁当の時間です。
とカップヌードルでお腹満腹
デザートにMさんから
烏帽子山から大膳原に下りた所にキャンプ場があるので偵察に行ってみました

この道の奥に9年前にできた立派な避難小屋がありました。
中も綺麗で炊事棟、トイレなど整備されています。
炊事用の水も煮沸すれば十分利用できそうです。
今度、お花見登山で来よっと

1103059-1.jpg

登りのときと一寸違うところを歩いたら・・・
リンドウのがかたまって咲いていました。

1103060-1_20111105141034.jpg

で…吾妻山をバックに

1103063-1.jpg

そして、ここから南ノ原方向へ少し下ったところに1/25000の地図では稜線に上る道が
記されていたのですが、それはありませんでした。

1103m036.jpg

稜線をトラバースする道ですが自然歩道のように整備されていて、左手に立烏帽子、池の段等が
見え隠れしながらで結構良かったですね・・・

もう、見れないと思っていたマツムシソウもありました。

1103067-1.jpg

            1103068-1.jpg

背丈が13cmくらいの花でアキノキリンソウとは違うんでしょうね?

       1103070-2.jpg

1103m035-1.jpg
             ツリガネニンジン

紅葉には少し遅かったかも知れませんが、初秋の頃の暑さで異常気象を感じるハイキングでした。
まだ、山野草も残っていて楽しい一日でした。
              
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク