毛無山~阿佐山~三ツ石山縦走
2012-01-30 Mon 11:23
28~29日は所属会の例会で雪山を歩いてきました。
数日前から大雪となり体力的に心配でしたが…
戸河内道の駅8時集合、遅れ組の車を待つこと50分…
登山口の大暮登山口に到着したのは9:50分。
遅いスタートとなりました。ここまでは除雪も完璧でした。

阿佐山縦走 001

ここでワカンを装着して10:20分スタート

阿佐山縦走 003-1

出発から姥御前神社までは4人のパーテーがラッセルをしてくれてたので楽でした。
積雪はざっと、1m4~50cmくらいかな?
雪質がよく、よくしまっていました。
それでも膝くらいはありました。

     阿佐山縦走 004-1

林道までもずっと急登で、林道からはものすごい斜面・・・
先頭のラッセルが手こずっています。

阿佐山縦走 006-1

景色が開けました。
高杉山のスキー場辺りかな?

阿佐山縦走 008-1

又ここから毛無山目指して
山頂まで24名が交代でラッセルをします。
積雪2m位あって吹き溜まりを避け、ルートをGPSとコンパスで確かめながら
ただひたすら一歩、一歩踏み固めて進みます。

阿佐山縦走 007-1

阿佐山縦走 010-1



毛無山山頂到着は13:05でした。予想以上の時間がかかりました。
このペースで行くと、テント設営の阿佐山山頂までは無理かもしれません。

         阿佐山縦走 022-1

阿佐山縦走 023-1

        阿佐山縦走 026-1

デジカメの電池が切れ掛かって、予備電を取り替えようとしたのですが、
何処に入れたか記憶がない
胸ポケット、パンツ、ザック…
この日のためにバッテリーを2個も用意したのに
兎に角大事に使うしかない。

三時を過ぎた頃に今日の野営は二十丁峠辺りに変更決定。
大木を避け、広い雑木の場所を探す。
テント数は7張り。
丁度良い場所があった。

阿佐山縦走 028-1

阿佐山縦走 034-1
             15:40

右のテントが我が家

阿佐山縦走 036-1

女性用のトイレも作りました。

阿佐山縦走 033-2

雪山は兎に角寒いから早くテントに入って、ではなく我が家のブランデー梅酒で乾杯
雪を溶かして水を作って、アマノフーズのカレー。
米はアルファー米です。
カレーはチキンカレーを選びましたがこれが辛いこと…
「旨い…旨い」と言って食べる者、「辛い…辛い」と言って食べる者
いろいろ面白いですね。
辛いのを和らげるのに、ふくしん漬けの汁をかけて食べました

他のテントでは賑やかに大きな声が聞こえています・・・
寒いのとアルコール類は殆んどないので早く寝ることにしました。

8時前にはもう   
続きは又・・・
スポンサーサイト
別窓 | 山登り | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
遠赤外線ヒーターとbelle
2012-01-27 Fri 18:20
我が家はいつもリビングで一日の大半を過しています。
室温が15℃前後でも我慢して過せるようになりました。
ホットカーペットを半分だけつけて、時々寒くなると先日息子が買ってくれた
遠赤外線ストーブをつけます。
エアコンは朝方しか使いません。節約しています。

そうすると、眼の見えないbellegaどうしてわかるのかストーブの前に
ちょこんと座っています。

008-2belle.jpg

そして、時たま後を振り向いて『温かいね…』と言っているようです。

009-1belle.jpg

010-1belle.jpg

011-1belle.jpg

瞳がにごっているでしょう
網膜萎縮症という病名です。

今日、ダイエットドッグフーズを買うついでに体重を量ってもらったら
6.4kgにまでなっていました。
7.2kgの時から約一年で0.8kg減りました。
あと頑張って6kgを切りたいです。

belleは頑張っているのに、人間どもは一向に減量しません
明日から、雪山・・・しんど
別窓 | belle | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ワカンが壊れそう
2012-01-25 Wed 13:57
先日、スノーハイキングに行って乾かしていました。
その時、異常を見つけました。

ワカンの修理 001-2

ワカンの修理 002-1

現物を持ってコーナンへ行って相談したら、部品は何百円ですが取り付けの機具が4000円位…
7年使って壊れたのであと7年使うかどうかわからないので、代わりのビスはステンを使うことにしました。

取り外すのに苦労しましたが何とか分解できて作業終了

ワカンの修理 003-2

ワカンの修理 005-2

不思議なんですが、右側だけが壊れていました。
左はちょっとだけ潰れていますが支障はないようです。
アスファルトの上を何の気なしに歩いてたので、知らず知らずの間にガタが生じ
取れかかったんでしょう。

これで、安心して履けます。
因みに、ステンボルト、ナットは4×30です。
別窓 | 山道具 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
臥龍山スノーハイキング
2012-01-23 Mon 12:30
22日に雪を求めて?臥龍山へ行ってきました。
5日前に刈尾茶屋の様子を見てきましたが、それから雪は随分少なくなっていました。

臥龍山 019-1

刈尾茶屋から千町原までは除雪してないのでスノーモービルの跡を歩いていきました。

臥龍山 003
            千町原臥龍山登山口 11:10

去年は近道をして千町原から登らなかったので随分ルートを探し歩きましたが、
この登山口からは迷うことはありませんでした。

雪質が悪くて、ワカンが重いです。
50cm位の圧雪なので沈むことはそんなにないけど、結構しんどかったです。
ブナの大木が見えてくると雪霊水はもう直ぐです。

臥龍山 008-1

        臥龍山 007-1
             
山頂には先客が3~4名いました。2時間近くかかりました。
途中、お腹が愚図ついて・・・ロスタイムなどありはしましたが。
矢張り雪山は疲れます。

雪も降ってきたのでツェルトを出そうと思ったのですが、風もでてきて寒いので
ちょっとだけパンを食べて一気に下山することにしました。

臥龍山 013
             13:11

山頂の岩は1/3位までしか埋もっていません。
昨年は岩が全部埋まってしかも50cm位掘ったら岩がでてきました。

臥龍山 015-1

標識は埋まっていました。
勿論、掘ってみました。
埋まってるってことは約1m以上あるってことですね・・・

臥龍山 M 003-1

あとは一気に下りました
千町原に下りたのは2時…
てっことは、50分?
膝や腰が痛かった~

千町原から帰り道家内が撮ったカンボクの真っ赤な実
本人は雫を撮りたかったそうです。

臥龍山 M 008-1

臥龍山 018-1

刈尾茶屋へ着いてから雪の中の駐車場の東屋でお昼にしましたが
寒くて寒くてカップヌードルも3分間待つ間に熱湯も冷えて麺がホッチンでした

今日はジュニア自然学校がここで開かれてたのですが、もう既に終わって
いませんでした。
刈御茶屋を登ったところの斜面で思いっきり滑ってたり、雪だるまなど作って
遊んだそうです。
一緒に遊んでくれたIさんの愛犬『ルッキー』は後で写真を見せていただきましたが、
子供達のソリーを後押ししてたそうです。

Iさんが山荘ででも飲んでいきなさいって言ってくれたので
寄せていただきました。
薪ストーブが温かくホットしてホットを美味しくいただき、また焼き芋までご馳走になりました。
ホッカリとした焼き芋は本当に美味しかった

外では『ルッキー』が大人しく-4℃の中じっとしていました。
belleでは考えられないことです。
belleならきっと凍死するかもしれません。^笑^

臥龍山 020-1

温かい中にいれてっ~という顔をしています。

臥龍山 022-1

5~6時間なら外のハウスの中でじっと耐えられるそうです。
この子もRちゃんのところの悟空君と同じように散歩が大好きで、雪の中でも飛び回って遊ぶそうです。

小雨交じりの雪で寒い一日でしたが、楽しく遊べて良かった~~
今日は予報で相当の雪が降っていることでしょう…
別窓 | ハイキング | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
1月の言葉
2012-01-21 Sat 11:59
                 今月の言葉です。

       2012005-1.jpg

      一歩一歩頑張る 頑張る
       きっといつかは てっぺん てっぺん

               
別窓 | 今月の言葉 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
雪の深入山へ
2012-01-18 Wed 11:03
17日は予定通り今年初の雪山になじむ為深入山へ行ってきました。
ここ数日、雪が降ってないので雪崩が心配でしたが、行ってみると…
憩いの森ひろしまも昨年と比べると積雪は半分以下でした。

007_20120117221451.jpg
             9:20
しかし、平日とあって駐車場に男性が早朝に朝日を山頂で撮って
下山した一人意外にはだ~れもいません。
ここからは貸切で山頂が目指せます。
今日は、雪崩箇所があちこちに見られたのでコースは最短で登ることにしました。
できるだけトレース跡は使わないで歩きました。

009.jpg

013.jpg


南斜面は大きく崩れています。

024-1.jpg

雪質は重く深く沈むことはありません。

023-1.jpg

トレーニングには最適の急斜面がありました。
一応、膝ぐらいまで埋まるので…

012.jpg

今日は快晴に近く、しかも風も殆んどなく最適なスノートレッキングです。

018-1_20120117221442.jpg

南登山口別れの標識まであっという間でした。
そこからは急な登りが続きますが、すぐに山頂の標識が見えてきました。

028.jpg

最近できたんでしょうね・・・深入山山頂パノラマです。
山容がよくわかります。
今日は三瓶山、大山まで見渡すことができました。

035-1.jpg
034-1.jpg

中央の奥に白っぽく見えるのが大山です。

030-1.jpg

昼食はこのパノラマ板にザックを立てて風除けにしていただきました。
でも、殆んど風がありませんでした。
こんなことは初めてです。

037-1.jpg

初めてのクノール・スープパスタですがうっかりして溢してしまいました
でも、美味しかったです。

下山は雪崩箇所が多いので南登山口方向に安全を確かめながら降ります。
真っ直ぐ行って、あの先から右に迂回しながら降りました。

038-1.jpg

ここからがお楽しみの場面です。
何度かいろんな斜面で滑ってみたけど雪が重いので全然滑りません
で…丁度40m以上のちょっとした斜面があったので足で踏み固めてすべりコースを作りました。

042深入

049-1.jpg

これが結構きつくて3往復しました。

052-1.jpg

スノープレートだと結構のスピードがでて最高です。
しかし、レジャーマットだと下手なこともあってこの無様な格好 

055.jpg

3~4回滑って遊びました。
そして、恒例の…

062.jpg

064-1_20120117223518.jpg

見上げると…

065-1_20120117223517.jpg

可愛い鎌倉がありました。
二人が入れるくらい。

066-1.jpg

結局、今日は一人も出会いませんでした。
下山して、刈尾茶屋まで様子を見に行きましたが、除雪はそこまででした。
千町原登山口もカキツバタの交差点までしか除雪されていません。

途中、ランプの付いている事を確認しておいた『花樹』でをして帰りました。

068-1.jpg

先客が一人おられ、あとから3人、7人も居たのは珍しいです。
一緒に行ったMちゃんは今回やっとこのお店に入れて喜んでいました。
別窓 | 山登り | コメント:12 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
今年2度目の弥山へ
2012-01-12 Thu 15:40
11日にと宮島の弥山へ行ってきました。
8日の新年互礼登山には参加できなかったので年の初めの山の
スタートは16年前から欠かしたことがないのでのんびりと
歩くことにしました。
ちょうど満潮時で良かったですよ・・・

      001-2_20120112151426.jpg

      先日は厳島神社はお参りできなかったのでお参りすることに

満潮の厳島神社は絵になります。

006-1弥山

005-1弥山

007-1弥山
  卒堵婆石
 鬼界島(硫黄島)に流された平 康頼が母恋しさに千本の卒堵婆に
二首の和歌を書いて海に流したその内の一本が池の中の石に流れ着
いたと云われる

008-1弥山
  康頼燈籠
 鬼界島の配流先から許され帰郷した平 康頼が神恩を感謝して
 奉納した燈籠

012-2弥山

017-1弥山

何度も来ていますが、こんな満潮時には来た事がありません。
高潮の時はこの回廊が潮に浸かって板が浮くようになっています。

019-1弥山
 
神社をでて、先日TVで放映した清盛神社へ行ってみました。
この神社も知りませんでした。

      020-1 弥山

この石燈籠の先にありました。

023-1弥山

                  024-2弥山

今日は多宝塔から駒ケ林~弥山~四宮コースを
多宝塔登山口の東屋で途中買ったまんじゅうをいただきました。
これは普通にこしあんのもみじ饅頭です。

025-1弥山

この一帯はアセビロードと言われていますが、まさかまだ鼻は咲いていないと思って歩いていたら…
待ちきれない、気の短いアセビが一本だけ咲いていました。
誰かさんに似ていらなんでしょうね。満開でした。

027-1弥山

少し登ると、絶景場所があります。
四宮コースにも絶景場所がありますが、ここからが鳥居、厳島神社、千畳閣、五重塔、桟橋と
ぜ~んぶ見えます。

028-1弥山

四宮コースには夕日観音さんがありますが、こちらは朝日観音さんがあります。

030-1弥山

駒ケ林でお昼にしました。
登山口から80分でした。距離はこちらのコースが長いです。
山頂で3人に会っただけで途中はだ~れも会いません・・・
平日だとこんなもんかな?

031-1弥山

駒ケ林を降りていると、前から山ガール(本当の若い)7~8人と出会いました。
元気がでました

弥山山頂から駒ケ林をズ~ムするとぼんやり写っているでしょう…

038-1弥山

お父さんは単純で若い女性がいたらすぐ、元気になると言われてしまいました
山頂の売店も今年取り壊しになるそうです。
新しく建替えはされるそうですが、飲食はダメだとか聞いたような気がします。

036-1弥山

さ~てと、下山は四宮を下りますが、先日は小走りで35分でしたが
普通に下りたらどのくらいか?

結果は50分でした。
15分差がどってことはないのですが、無理はしないほうがいいことだけは間違いありません。

今日のお土産は…

001-3あなご弁当
             うえの・あなご弁当

ほんと~久しぶりです。
ここのお店のが一番です

これで、本当の山の始まりです。
元気でいろんな山に登ります。
別窓 | 山登り | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
新年互礼登山&昼食会で宮島へ
2012-01-09 Mon 10:37
8日は新年互礼登山&新年会で恒例の宮島・弥山へ行ってきました。
7:40のフェリーに乗るには家からのもなく娘に広島駅までで送ってもらいました。

8時に宮島口集合、3コース(博ち尾、多宝塔、四宮)分かれて8:30スタート
参加者は12時30分までに昼食会場へ戻ればいいのですが、私は11:30までに戻って
受付等をする準備があるので、四宮登山口から一人で歩きました。

鳥居は陽に当たって綺麗です。

新年互例会(弥山) 005-1

      新年互例会(弥山) 007-1
             老舗旅館・岩惣の松明

    新年互例会(弥山) 009-1
             四宮参道  

新年互例会(弥山) 013-1
             夕日観音さんがあったといわれています。
             弘法大師さんが祀られています。             

山頂まで1時間を切れないものかと思って挑戦しました。
途中一回休憩を取ってマイペースで歩くと、少々息が切れますが
55分で山頂に着きました
普通より少し早いペースで歩きましたが、一人だとできるんですね・・・

新年互例会(弥山) 014-1
             高度計は合っていませんが・・・

駒ケ林の大敷岩にはだ~れもいません。
その奥には雪を被った山が見えます。

新年互例会(弥山) 015-1

10:10下山です
11時までには登山口まで下りれそうです。
途中、後発組と出会ってお神酒をいただきました。
目薬くらいのお酒だったのですが、目元が温かくなり足も弾みます
Hさんも一人で登っておられました。
硬く握手して
いつもの、絶景ポイントで…

新年互例会(弥山) 017-1

ズ~ムして・・・

新年互礼会(弥山) 001-1

そして、35分で四宮登山口に到着

     新年互例会(弥山) 019-1
              おおボケ

お土産に昨年、気ままさん&のほほんさん達に教えてもらった
坂本菓子舗さんで『もんぶらんもみじ』と『焼きいももみじ』をお土産に買いました。

新年互例会(弥山) 020-1

003_20120109120219.jpg

そして、新年会(昼食会)会場の『蔵宿いろは』に到着

新年互例会(弥山) 021-1
 
1時から3時過ぎまで過ごしました。
家内は息子が帰省してたので参加できなかったので、11日当たりにでも
もう一度、ゆっくり弥山に連れて行く予定です。
『一年の安全登山のお願い』をし忘れましたので…
別窓 | ハイキング | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
初詣
2012-01-02 Mon 22:29
1日に昨年竣功した邇保姫神社へ初詣をしました。
家から歩いて約20分のところにありますが、belle姫が
目が見えないのでゆっくり歩いていきました。
10分ぐらいのところで、雲行きが悪くなって傘は持っていたのですが
結局家まで車を取りに帰りました。

2012-01-02.jpg

三時ごろだったのですが、参拝客も結構いました。
お願いをして、お神酒(ノンアルコール)を頂いて、おみくじを引いて(末吉)
破魔矢を買って帰りました。

雨はすっかり上がっていました。
もう少し我慢すればよかった。

今年はちょっと、雨が心配な年初めでした。
別窓 | お出かけ | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
2012年明けましておめでとうございます。
2012-01-01 Sun 13:49
        718IMG_6231-2.jpg

           2012年元旦003-1

       2012年元旦008-1
              十連凧 
 
     2012年元旦011-1
                   床飾り

     2012年元旦014-1
                   お節

    今年もよろしくお願いいたします
別窓 | 未分類 | コメント:16 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| よっちゃんの趣味悠々 |