庭の山野草も少しづつ咲き始めました

ここ数日、暖かい日が続いているのでパット花が咲きました。
公園等でよく見かける白色のユキヤナギの仲間で

   ドライブ3.27 022-001

ドライブ3.27 014-001
             ピンクユキヤナギ

花びらが白い水仙(何水仙かはわかりません)

ドライブ3.27 025-001

花びらの黄色い水仙(これも、何水仙かわかりません)

ドライブ3.27 026-001

イワヤツデです。
花は5~6mmととてもちっちゃな花です。

      ドライブ3.27 015-001

二度登場したユキワリソウです。

ドライブ3.27 011-001

ドライブ3.27 010-001

今年も、何とかユキワリソウが咲いてくれました。
4株だけ残ってか細くそだっていますが、一向に増えません。
球根なんでしょうね・・・

ドライブ3.27 019-001

沈丁花は満開でボチボチ散り始めました。
香りのとても良い花です。
義兄のところで一枝貰って帰ったのを育ててこんなに大きくなりました。

さ~次はどれが咲くだろうかな?

スポンサーサイト

すっきりしました

belle姫にとってはすっきりしたのかどうかはわかりませんが、
カット、シャンプーに連れて行きました。

belle 003-001

belle 005-001

いつも、可愛いリボンをつけていただくのですが、belle姫にとっては
これも、耳障りで2~3日で取れてしまいます。
こうしてみると、瞳が濁っていますね・・・
もう、殆んど全盲のようです
昔は瑪瑙のように澄んだ赤い目をしていました。

シャンプーした後はデブデブちゃんになるので、それがわからないように
載せました

土筆を探しにドライブに

26日にまだ見ぬ土筆を探しに行ってきました。
ずっと前から気になっていた、福富町の『道の駅 湖畔の里・福富』へ

ドライブ3.27 001-001

久しぶりに高速に乗らず、熊野跡~西条~福富~豊栄へと走りました。
道の駅だからお弁当は売ってるだろうなって途中のコンビニも寄らず
行ったのですが、パン類しかありませんでした。
belle姫が一緒なので仕方なく豊栄町までさがしにいきました。

学校が春休みなので子供連れで駐車場も満車…

ドライブ3.27 002-001

ドライブ3.27 005-001

芝生内にはペット立ち入り禁止
仕方なく駐車場横でお弁当を食べました。

福富ダムって言うのかわかりませんが、何処にでもあるダム。

ドライブ3.27 006-001

belle姫は驚くほどよく歩きました。
舗装道なので歩きやすいのか?
目が見えないので、二人の間に入って歩きます。
匂いもついてないところなのによく歩けるんです・・・

ドライブ3.27 008-002

連れて出てやればちゃんと歩くことがわかったので、
これからは外に連れて行ってやろうと思いました。

肝心の、土筆も蕗の薹も影も形もありません
もう時期が遅いのかどうかわからないまま、志和堀の川土手の
草焼きの跡に見つけました。

        ドライブ3.27 009-002

まだ、早かったんだ~
根っこごと数本採って持って帰りました。
今、プランタンの中に植えました。
成長したら旬のものだからいただきます。

しかし、蕗の薹どころか、蕗の花も咲いてなかったし、
葉っぱも出てなかったし、蕗の薹は絶滅したんだろうか???

今年3度目の弥山へ

20日は先月雨で延びていた親友夫婦と、その親戚(その友人の娘婿の
ご両親)の6人で宮島へ行ってきました。
この親友とはS43年来のお付き合いの共通の友人です。

この友人達が7月に富士山に登るから山へ連れて行って・・・
ということになって、市内近郊のゆるい里山でもと思ったのですが、
昔行ったことのある「弥山」へ行きたいからと・・・
コースを四宮~駒が林~多宝塔にしてきつさに耐えられるか
思い切って選んでみました。

何しろ、初めての山歩きが3人、案の定超、スローペースです。
ゴルフはよく行っているけど、山で使う筋肉は全然違うから
大変でした。

弥山 002-002

山頂まで2:20掛かりました。
何度も足が攣って痛さがわかるだけに気の毒でした。
駒が林でお昼に

弥山 007-001

ご飯を食べたら少しは元気になりました
しかし、すぐに又足が攣ってその度に伸ばしたり、揉んだり…
もう引き返すわけに行かないから我慢して歩いてもらいました。

本人が一番辛かったと思いますが、いきなりのコースで弥山を
歩けたので、これから週一で山を歩けばどうなるかわからないけど、
富士山の5合目から6~7合目までは行けるかもしれません。
余りにも、富士山が簡単に登れるなんて思っていたようなので、
それ以上に「高山病との闘いがある」ことを教えてあげました。

ここからは、アセビの写真です。

弥山他 M 021-001

弥山他 M 011-001

弥山 023-001

多宝塔コースはアセビ街道といわれて、アセビがたくさんあります。

弥山 032-002

そして、シキミの花。

弥山 015-001

この花はわかりません。
3冊の樹木の本で調べてもわかりません
金木犀の花の付き方なんですが・・・

      弥山 017-001
             イヌガシ→九ちゃんありがとうございました。

多宝塔からありる途中の古クスノキで恒例の

     弥山 039-001

帰りに、藤いやでをいただき、お土産に坂本製菓舗の紫芋もみじ
やまだやのチーズもみじを買って帰りました。

そして、夕食は友人の娘さん夫婦がやっている鉄板焼きの「絆や」で
ご馳走になってしまいました。

諦めずに、目標に向かって頑張って欲しい。
応援をしたいと思っています。
又、これで予定を明けないとイケン…トホホ

里山ハイキング講座で初めての受講生を連れて歩いたときのことを
思い出しました。

庭も春らしくなってきました・・・

ここ数日、雨だったり、暖かい日が続き山野草もボツボツ咲いてきました。
ユキワリソウも賑やかになりました。

庭の山野草 2 011-001

庭の山野草 2 001-001

庭の山野草 2 003-001

まだ、しばらくは楽しませてくれそうです。
フッキソウもいつの間にか花開きました。
この花は目立たない花で、いくらでも増えてきます。

庭の山野草 2 004-001

アセビも7分咲きかな?

      庭の山野草 2 007-001

庭の山野草 2 005-001

山椿の『玉の浦』は本当に今年は少ない…

      庭の山野草 2 010-001

庭の山野草 2 012-001

ジンチョウゲは一斉に咲いてよい香りを漂わせています。

庭の山野草 2 008-001

蕗の薹ももうじき花が咲きそうです。

庭の山野草 2 006-001

蕗の天ぷらは先日、なおちゃんが採れ立てをたくさん持ってきてくれたので
思う存分いただきました。

これからは、タラの芽、コシアブラ、ワラビ、ゼンマイ、蕗と
楽しみな季節になります。

いよいよ卒業の白木山を最後に

11日は天気予報も/で最後の講座として
ほっとしました。
白木山駅に集合しここから広島県で一番標高差(約830m)のある
白木山へ登ります。

登山口からいきなりの階段で・・・急坂になります

里山ハイキング講座 白木山 001

ここらはまだ大丈夫・・・
急坂といってもゆっくり登れば大丈夫です。
白木山はアルプスなどへ行く時のトレーニングの山としてメジャーな山です。

里山ハイキング講座 白木山 002-1

4合目を過ぎた頃から雲行きが怪しくなり…
がチラついてきました。

       里山ハイキング講座 白木山 003

里山ハイキング講座 白木山 004

水のみ場はもうすっかりユキで真っ白になっていました。
最後の足元の悪い道を喘ぎながら登って山頂に着きました。
避難小屋にはもう、10名くらいの登山者がいました。
外はユキで寒いので、お互いに譲り合って昼食をとりました。

里山ハイキング講座 白木山 007-001

里山ハイキング講座 白木山 008


次から次に登山者が登ってくるので、小屋の中でワンポイントレッスンを
する訳にもいかないので、下山してすることにしました。

下山はユキも解け始めていて、ドロドロの道です。
登りよりもっと時間が掛かりました。

白木山 M 003

しかし、3月に憧れの白木山に登れてしかもユキも見れて
受講生の方は感動されていました。
皆、自信を持ったことだろうと思います。

予定通りのJRに乗れて、駅近くの源蔵で皆勤賞の授与と、懇親会を去年の
卒業生も参加してもらって楽しく過しました。
受講生の方からいろんな感謝の言葉をいただき胸が詰まる思いがしました。
でも、2年間を通して受講生は減りましたが、皆見違えるように
逞しくなられました。
4月から他の教室で継続される方、上級講座へ進まれる方、
事情があって今年で止められる方、いろいろですが
卒業してからも、声を掛け合って山登りをしていきたいと思っています。

本当に…ありがとうございました。

気がつかないうちに春はそこまで…

「おとうさん~、おとうさん~」と庭のほうから呼ぶ声が
「ユキワリソウが咲いてるよ~」と言う声に急いで庭へ…
一昨日はまだ咲かないな~と見たけど、健気に咲きました。
陽が照っていないので、窮屈そうです。

庭の山野草 1 001-1
             ピンクのユキワリソウ

          庭の山野草 1 002-1
             ホワイトのユキワリソウ

他にも、レッドのユキワリソウが覘いていました。
去年は200くらい咲いた「玉ノ浦」は今年は数えるくらいしか
蕾がありません。
そして、雪などで凍傷にかかったのでしょう・・花びらが傷ついています。

庭の山野草 1 003-1

アセビも去年は枝一杯に撓むほど咲いたけど、今年はホンのすこしだけです。

庭の山野草 1 004-1

鉢植えのアセビは元気です。
真っ赤な蕾です。

庭の山野草 1 005-1

庭の山野草 1 006-1

去年、蕗の薹を植えたのが出てきましたよ・・・
大事に育てよっと
蕗の天ぷらにはしないからね

庭の山野草 1 008-1

ブルーベリーは去年は大不作だったけど、今年は剪定しないで
自然のままにしておこうと思います。
この蕾が花になるのかまだわかりません。

          庭の山野草 1 007-1


久しぶりに庭の山野草のアップができました。
花も裏年って言うのがあるんでしょうね。

おっ!黄色カタクリの芽がニョキニョキのぞいてきました。
    咲くかな?

抱きまくら

昔から寝相が悪いらしく、とうとう証拠姿を娘に見られたらしく
外出している間にこんな恥ずかしいものを買って渡されました。

抱き枕 001

二人の間にはbelle姫が一緒に寝るので、何度も寝返りを打って
その度にbelleを起こしているようです。

このお布団を抱く癖があるそうで、こんな大きな抱きまくらを抱くことに・・・
でも、意外と心地よい
しかし、気がつくと矢張り横に落としている

スノーハイキングで比婆山へ

3日は例会山行で比婆山の毛無~御陵~スキー場をスノートレッキングしてきました。
お天気はいま一つでしたが、雪山を楽しむことができました。

公園センターまでの道には雪はありませんでした。
週末と言うのに駐車場もガラガラ…

比婆山(毛無山~御陵) 001-1

総勢22名ですが、今日は烏帽子で泊まる組と日帰りの組です。

毛無山までは夏道をジグザグしながら登っていきます。
積雪は1mくらい?

比婆山(毛無山~御陵) 003-1

比婆山(毛無山~御陵) 008-1
             毛無山頂から伊良谷山

         比婆山(毛無山~御陵) 010-1
             毛無山山頂(1444m)

比婆山(毛無山~御陵) 009-1

昼食は出雲峠でとることにして
夏道からそれると雪山は歩くところが道とは言いますが、軌道修正に
時間が掛かります。
出雲峠で昼食を取って烏帽子山へ
雪質は粗目で烏帽子まではつぼ足で歩きました。

比婆山(毛無山~御陵) 007-1
             烏帽子山山頂前

比婆山(毛無山~御陵) 020-1
             烏帽子山山頂(1225m)

比婆山(毛無山~御陵) 017-1
             烏帽子山山頂から御陵

霧氷がとても綺麗でした。
霧氷が風で飛ばされて落ちたので撮ってみましたが、わかりますか?

     比婆山(毛無山~御陵) 015-1


比婆山(毛無山~御陵) 021-1

雪洞組みはここで泊まりです。
日帰り組みは御陵まで行ってスキー場へ降りるので皆とお別れです。

あっという間にガスが出てきてルートが見えにくくなってきたので、ワカンを着けて
進みました。

御陵の社もコッポリ埋もれています。
ここからはコンパスを頼りにスキー場を目標にショートカットします。
雪は表面は凍っていて膝上まで沈む歩き難い雪でした。
スキー場のリフト終点からすこし、ゲレンデ横を歩かせていただいて
途中からゲレンデを避けて下りましたが、沢に出てしまったので、
危険回避のため又、尾根に戻りゲレンデ横を通ってスキー場体育館前に出ました。

駐車場に下りたのが4時10分、ここで解散して帰りました。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク