御座石鉱泉登山口~鳳凰小屋

26日は4時半起きで6時スタートしました。
西の平までは急登が続きました。

     MSYK(鳳凰三山縦走) 017

燕頭山までは途中、旭岳を経由します。
コースタイムは2時間半ですが標高差800mのもっと急登で30分で休憩を
取りながらゆっくり無理をせず歩きました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 019-001

燕頭山は2104mの三角点があります。
唐松の大木が丁度腰をかけるのにぴったりです。

      MSYK(鳳凰三山縦走) 020-002

     
燕頭山からは標高差約300mをゆっくり2時間かけて歩きました。
こんななだらかな登山道があるとは…

MSYK(鳳凰三山縦走) 023

鳳凰小屋近くの砂礫の歩き難いところ

MSYK(鳳凰三山縦走) 024

計画ではコースタイム5時間40分(休憩無し)のところ8時間を見ていましたが、
7時間で歩くことができました。
30~40分(10分休憩)を1ピッチで歩くと随分楽です。

鳳凰小屋(2382m)には13時05分到着

MSYK(鳳凰三山縦走) 028

テン場は既にいっぱい…

MSYK(鳳凰三山縦走) 043

早速みんなで乾杯~
スーパードライは600円。

MSYK(鳳凰三山縦走) 025

夕食作りにはまだ早いので、お花を探して…

MSYK(鳳凰三山縦走) 033-001
         クルマユリ

MSYK(鳳凰三山縦走) 035-001
         ウサギギク

       MSYK(鳳凰三山縦走) 036-001

SYK(鳳凰三山縦走) 014-001
           タカネグンナイフウロ(日本固有種)          
  
          SYK(鳳凰三山縦走) 016-001
           エゾシオガマ(日本固有種)           

SYK(鳳凰三山縦走) 056-001
          カラマツソウ 

        MSYK(鳳凰三山縦走) 098-001
          ミネウスユキソウ

SYK(鳳凰三山縦走) 015-001

種類はたくさんありませんでした。

鳳凰小屋は水が豊富でとても美味しいです。
勿体無いくらい流していました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 037

環境面からすると小屋の雑水や炊事粕や皆垂れ流しで、沢に流れていました。
トイレは小奇麗に管理されています。

Mシェフがまず、ラーメンを
次にお好み焼きを30枚くらい焼いて数名の登山者に振舞っていました。
皆に注目されていました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 042

明日はここから地蔵岳に…
ご来光が4時45分なので、観音岳まで行くには3時出発になるので
みんなの意見を聞いて中止。

MSYK(鳳凰三山縦走) 039

Dさん、Aさん、Oさん、Mさん達はオベリスクから夕日を見たいと
5時から地蔵岳に登りに…
でも、夕日は7時半頃で待ちきれず帰ってきました。
元気…

明日は6時出発で7時から寝ることに
11時前には目が覚めました。

オベリスクは明日に続く~
スポンサーサイト

鳳凰三山(地蔵岳~観音岳~薬師岳)縦走

25日4時40分に家を出て、O河内さん、m村さん、h川さんを順にpuして
小谷SAに集合

3台の車で運転を交替しながら中央道須玉ICで降りてスーパーで食材の
調達。
今までにない悪路を砂煙をたてながら野営地の御座石鉱泉に
家からざっと740km
御座石鉱泉に着くとTSらしいところが見当たらない…
とりあえず、車1台を青木鉱泉までデポすることにしたが、そこまでがまた
凄い道…悪路である。
青木鉱泉は駐車料が750円/日で高い気がする。
ここへはたくさんの車があった。
青木鉱泉は鳳凰小屋へのどんどこ沢コースのスタート地点。

MSYK(鳳凰三山縦走) 005

駐車場脇の草むらがテンバと…
草も刈ってない これで840円/1人は高い。
テントを張って準備をしていると、可愛いパトが来た。
逮捕される覚えはないが…

登山者がこの近くの登山道で倒れているのを単独登山者が通りかかり救助を求められ
遭難救助を連絡されたらしい

MSYK(鳳凰三山縦走) 003

若い男女のお巡りさんが通報者からいろいろ聞いていたが、もう既に5時30分を回っていて
救助隊が上がってくる前に救助ヘリが飛んできた。

       MSYK(鳳凰三山縦走) 004-001

暫く旋回してホバリングをしていたが、無事救助したらしく去っていった。
お巡りさんの話では、命には支障がないそうだった。
単独登山の怖さを知った。

夕食は昨年に続きすき焼き。
その前にD居さんの奥さんからのポテトサラダと野菜サラダがとても美味しかった。

MSYK(鳳凰三山縦走) 002-001

MSYK(鳳凰三山縦走) 012

     MSYK(鳳凰三山縦走) 010-001

明日は6時の早立ちでここからスタートします。

MSYK(鳳凰三山縦走) 009

むし暑くて寝つきの悪い夜でした

南アルプス(鳳凰三山縦走)

7月25日~28日に鳳凰三山へ行ってきました。
運よく、南アルプスは前日お天気も良く素晴らしい登山となりました。

一番の目的の高山植物『タカネビランジ』、『オベリスク』、『富士山』もすべて
見ることができました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 056-001
         地蔵岳 『オベリスク』

MSYK(鳳凰三山縦走) 065-001
         タカネビランジ

観音岳から薬師岳へ向う稜線から富士山がずっと目の前に見えて
段々と大きくなっていく姿は最高でした。

MSYK(鳳凰三山縦走) 075-001

詳しくはまた…
写真クリックで大きくなります。

御座石鉱泉…鳳凰小屋…地蔵岳…観音岳…薬師岳…鳳凰小屋…どんどこ沢…青木鉱泉

cyubu-houou-map001.jpg

白木山トレーニング

お天気を見ながら雨マークが消えた昨日、白木山にトレーニングで登ってきました。
ここ数日、belleの痒いのが治らず(薬は飲ませていますが…)
何度も起きて掻いているので目が醒めます。
で・・・寝不足だったのかこの日は1ケ月前と違ってしんどかったです。
2回目の休憩でアミノバイタル3600を飲んでからは少し元気になりました。

     001-001_201407161845300ef.jpg

標高差が800mあり急登が続くのでいつ来てもきつい…

6合目手前でf川さんご夫婦に出会いました。
聞くと、9時頃から登ったそうでした。
頑張って下さいね。

今回も途中から元気になったので先月と同じ時間で登れました。
山頂にいた時間は30分…雲行きが怪しくなってきました。

     002-001_20140716184527eb4.jpg

急いで下山…
いつも振り返る白木山の山頂

     003-001_20140716184528655.jpg

下山は足元が悪く1時間40分かかりました。
竹やぶのところにこんな花が…

004-001_20140716184534142.jpg
          ボタンクサギ(牡丹臭木)←うすきさん、ありがとう)

005-001_201407161845306e2.jpg

わかる方は教えて下さい。
いよいよ来週末は南アルプス…
もう1回は歩いておかなければ。

2輪目の桔梗

今朝、2輪目の桔梗が咲きました。
花びらは少し小さいですが、可愛いです。

001-001_20140714203513a09.jpg

1番目の花は色が薄くなっています。
長持ちしますね…

先週は熊城山でヤマボウシの実をたくさん見ましたが、
我家のヤマボウシは結局、実が一つだけ残りました。

002-001_20140714203514854.jpg

赤くなるまでガンバレよ

桔梗が咲きました

昨日はまだ蕾でしたが、今朝見ると咲いていましたよ…

    桔梗 005-002
             正面
      桔梗 007-001
             右横
      桔梗 006-001
             左横

蕾が後1ケ付いています。
この桔梗は4~5年前に豊平で山野草の販売をされたところへ行って
買った物です。

咲いてくれて嬉しいです

広島百山(熊城山997.5m)へ

テングシデの続きです。
小雨になりましたが、行ける所まで行ってみようということでテングシデ群生地を
スタートしました。

足元は雨で濡れていてカッパのズボンは履かなかったのでビッシャリになりました。
最初に出会ったオカトラノオです。

熊城山〔天狗シデ) 019-001

ピンクのフジバカマ

熊城山〔天狗シデ) 020-001

ホワイトのフジバカマ

熊城山〔天狗シデ) 021-001

草ぼうぼうですが、いろいろ山野草が咲いているので飽きません。

熊城山〔天狗シデ) 022-001

     熊城山〔天狗シデ) 023-001

遊歩道を抜けると舗装道に出て、そこには立派なトイレがありました。
ここで、カッパを脱いで舗装道を進みます。

道路の脇にはヤマボウシがいっぱ~い実をつけています。
もの凄い数の実です。
実の熟れる9月頃に収穫にいこっと…

熊城山〔天狗シデ) 034-001
                    ※クリックしてください

熊城山〔天狗シデ) 037-001

道には…ミミズが

熊城山〔天狗シデ) 036-001

ブナの広場と広葉樹の森分岐に出ました。
広葉樹の森へ 
ここからいろんな山野草が楽しませてくれました。

熊城山〔天狗シデ) 027-001
                   ツルアジサイ 

       熊城山(天狗シデ)M 017

ヤマブドウの実がびっしり生っています。これも時期を計算して収穫に…

熊城山〔天狗シデ) 028-001

熊城山〔天狗シデ) 032-001
                     ヤマアジサイ     

オカトラノオが道にいっぱい咲いています。

     熊城山〔天狗シデ) 030

熊城山〔天狗シデ) 035-001
                     ウツギ

     熊城山〔天狗シデ) 039-001
                     アカショウマ

熊城山〔天狗シデ) 042-001
                     マタタビの花

熊城山〔天狗シデ) 043-001
                      トモエソウ

そして、ササユリが…

      熊城山〔天狗シデ) 044-001

      熊城山〔天狗シデ) 049-001

      熊城山〔天狗シデ) 050

ササユリがいっぱい咲いていました。
 
熊城山〔天狗シデ) 051-001

我家に咲いてたのと同じホタルブクロも

熊城山〔天狗シデ) 046-001

熊城山の頂上は何にもないところでした。

      熊城山〔天狗シデ) 053

写真だけ撮ってブナの広場方面に下山
ヤマアジサイが綺麗です。

熊城山〔天狗シデ) 054-001

アカショウマも綺麗です。

熊城山〔天狗シデ) 056-001

ヤマボウシを植樹したのか?と思うくらいたくさんあります。
実がびっしり…
ヤマグワ酒がたくさん造れそう…

熊城山〔天狗シデ) 057-001

もう紅葉し始めているナナカマド

熊城山〔天狗シデ) 058-001

ナナカマドノ実も赤くなりかかっています。

      熊城山〔天狗シデ) 065-001

ウツギの実を始めて見ました。

熊城山〔天狗シデ) 059-001

分岐でやっとお昼を、ビョニクソーセージ、カップラーメン
ここの分岐は見たことがあるようなないようなところでしたが、チョッと歩いて
やっぱり通ったところと納得しました。

行しには気がつかなかったヤマジノホトトギス見つけました。

     熊城山〔天狗シデ) 061-001

     熊城山〔天狗シデ) 062-001

       熊城山〔天狗シデ) 063-001

今日は雨でどうしょうかと迷ったけど、たくさんの山野草が撮れて…
気持の良い山歩きでした。
帰りは高速を走るのも無駄なのでナビを一般道にセットしたら
20kmも距離が短くなり、料金分で豊平の道の駅によって野菜をたくさん買って…
かあさんの靴慣らしもできて…

次はもう一度、白木山でトレーニングを。                                

熊城山麓のテングシデを見に…

5日、大朝町のテングシデ群落を見に行ってきました。
ここは何年も前から行ってみたいところでしたが、先月の15日の中国新聞の
「ちゅうごく山歩き」で紹介(広登研・松島さん)されていたので
家内の新しい登山靴の履き慣らしを兼ねて行ってきました。

      熊城山(天狗シデ)M 048-001

      熊城山〔天狗シデ) 004-002

テングシデ群落は北広島町田原の熊城山の裾野にあり、標高は約650m。
その幹や枝がねじれたり幾重にも屈曲した独特の樹形の木が約90本あり、
最も大きいものは幹の周囲が約約3m,高さ14mである。
イヌシデの一種で、突然変異によって生じた形質が遺伝的に固定しており、
種子による世代交代も進み、90本もの群落を形成している。
天を覆うくねくねと曲がった幹や枝が、いかにもテングが出てきそうな雰囲気であり、
これだけ多くの群生は世界中でここ1か所であり非常に珍しく。
平成12年9月6日「大朝のテングシデ群落」として国の天然記念物に指定される。

行きと帰りに撮ったテングシデの奇形をどうぞ…

          熊城山〔天狗シデ) 015-001

熊城山〔天狗シデ) 012-001

熊城山〔天狗シデ) 014-001
                      シモツケソウと…

      熊城山(天狗シデ)M 044

ぐにゃりと曲がった幹に穴が開いていました。

熊城山(天狗シデ)M 045

胴の部分です。 木肌がなんとも…    

      熊城山(天狗シデ)M 046-001

熊城山〔天狗シデ) 017-001

熊城山(天狗シデ)M 047

最後です…

熊城山(天狗シデ)M 049

そうそう…テングシデの葉っぱはこれです。
イヌシデの変種でシラカバ、ダケカンバと同じカバノキ科のようです。

熊城山〔天狗シデ) 069

小雨だったのでカッパを着て(2週連続 小
熊城山〔地元ではくまのじょうと呼ぶようです)へ

続く…
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク