納山で弥山へ

29日に名古屋のブロ友のchocoちゃん家族と弥山へ行ってきました。
chocoちゃんの実家の北九州帰省の途中、岡山・広島と途中下車して来られました。

chocoちゃんは2010年5月のフラワーフェステイバルにも来られてその時は健くんも
まだタッチができるかなって感じの時でした。
そもそもは、ブログがご縁で2008年に大山の下山キャンプ場で初めて会いました。
別行動でしたが、山頂で合流しいい出会いをしました。

ブログでは2歳になったあずちゃんの様子を見ていましたが、とても可愛い子です。
5歳の健くんも笑顔がとてもいい男の子です。頼もしい男の子です。

前置きはこのくらいにして、8時半に宿泊のホテルへ迎えに行って宮島へ…
年末だというのにすごい観光客です。

鹿も珍しいようで…
恐る恐るタッチしてました。
あずちゃんはまだタッチできません…

chocoちゃん家族と弥山へ 002-001

帰りのJR新幹線の時間のこともあり、鳥居まで歩いてから厳島神社参拝は
下山してからにして、紅葉谷コースを歩くことにしました。

   chocoちゃん家族と弥山へ 008-001

健くんは一人でザックを背負って元気に先を歩きます・・・
あずちゃんはお父さんがショイッコできるザックでおんぶです。

chocoちゃん家族と弥山へ 009

紅葉谷コースも階段が多くて急でお父さんはよく背負えると感心です。
冬山装備のザックくらいの重さだったよう。相当しんどそうだった。

尾根の鞍部からあずちゃんも一緒に歩かせましたが、何しろ2才なので歩幅も
せっまいし、手をつないでゆっくりゆっくり歩きました。
周りから見るとおじいちゃんおと孫連れに見えたことでしょう。
未だにおじいちゃんになれない事情、孫の可愛さを体験させてもらいました。

山頂のの展望台で上野屋の『あなご弁当』を食べました。
1740円だったか、値上がりしていましたがchocoちゃんがご馳走して
くれました。申し訳ないです。

展望台から思いっきりヤッホ~を叫んで周りから笑いをもらいましたが、
駒ケ林に向かって3度目の『ヤッホ~』です。

chocoちゃん家族と弥山へ 013-001

あずちゃんはchocoちゃんと下りていましたが、途中からよっちゃんと一緒がいいと
ロープエーまでずっと手をつないで階段を下りました。

     chocoちゃん家族と弥山へ 014

今でも柔らかいもみじのような手の感触が残っています。
ロープエーも喜んでくれて、厳島神社もお参りしたくさん写真を撮りました。

chocoちゃん家族と弥山へ 024

そうそう、弥山本堂とロープエーにのぞき絵があったので…

      chocoちゃん家族と弥山へ 017-001

          chocoちゃん家族と弥山へ 020-001

藤い屋でもみじ饅頭をいただいて帰路につきました。
帰りのフェリーも超満員で驚きました。

新幹線も結局1時間くらい後の便になり実家のおじいちゃん、おばあちゃんも
待ちくたびれておられるのではないかと申し訳なく…

今度はいつか名古屋で会えることを約束して別れました。
後で聞くと別れた後,、あずちゃんは泣きじゃくっていたそうでした。

『親子登山』、『子供とハイキング』を体験できた忘れられない楽しい一日でした。
スポンサーサイト

今治市『鷲ケ頭山』

昨日、お天気を見計らって3月例会の下見に鷲ケ頭山へ行ってきました。
忠海港からフェリーもありますが港から登山口までタクシーの使用になるので
山陽道~しまなみ街道で大三島icを利用。

登山口の『大山祇神社』手前の道の駅かスパーに駐車できます。
鷲ケ頭山はこんな感じです。
左の山が鷲ケ頭山です。

鷲ケ頭山 019-001

鷲ケ頭山 003-001

大山祇神社の中を抜けて宝物殿手前の川に沿って別所橋を右に回って
わくわくパークの横を登ります。
安神山と入日の滝の分岐を左の安神山へコースを辿ります。
すぐ展望台に出ました。

安神山山頂は龍神が祀られていて三角点は裏のわかりにくいところにありました。
真ん中のピークが烏帽子岩です。
その奥が鷲ケ頭山です。
縦走路が見えて素晴らしい…

鷲ケ頭山 006-001

烏帽子岩を振り返って…

鷲ケ頭山 007-001

縦走路がコンクリートで固められているのが残念ですが、このあたりは何年か前に
山火事があって禿山になっていて岩が剥き出ています。

     鷲ケ頭山 008-001

車道に出てから登山道は急なコンクリートで固められた道を送信塔(nhk)まで
登ると荒れた山頂に三角点がありました。

鷲ケ頭山 009-001

木が茂り景観もなく、なんで整備しないのかと疑問がわきます。
仕方がないので中継塔の裏で昼食をとりました。
山頂から逆光ですが、四国の石槌山も見えました。

鷲ケ頭山 014-001

下山は登ってきた道に向かって下りるので景色は見放題です。
野呂山も見えます。
神峰山(大崎上島)は去年の3月例会で雪で道路規制やjr運休で中止になった山です。

鷲ケ頭山 010-002

下山は入日の滝へ下ります。
分岐からは急傾斜の送電線の管理道のような歩きにくい道です。
電柱に沿って下ります。

  1-1鷲ケ頭山 

管理道が終わったらシダのブッシュです。
ほとんど通らないのかもしれません。

  1-2鷲ケ頭山 

藪こぎが終わったらいきなり入日ノ滝寺の横に出ます。
15mくらいの滝は見所です。
滝から5分くらいで右に分岐する自然休養探索路へ…
約30分100mくらいの遊歩道を歩くと登りの時あった分岐に出ます。

分岐からは10分で大山祇神社に
樹齢2600年と言われる楠があります。

鷲ケ頭山 004-001

鷲ケ頭山 M 002

鷲ノ頭山は登山道の90%がコンクリートで少々荒れていますが、縦走路を見ながら、
振り返ると島々が映えて結構いいコースです。
下山後時間があれば、大山祇神社の宝物殿も見学できたらと思います。

完成しました。

ついに完成しました。
11月10日頃からテラスを作り、19日には物置の屋根とbelleのスロープを
作り、12月9日にわざわざ八木の西村ジョイに行って木塀の材料を買いに
行ってから、2週掛かりで仕上げました。

お隣さんの境にネットフェンスはありますが、ネットでいろいろな施工例を見て
1mの高さで板塀を作ることにしました。
全長14mありますが8mだけにしました。

018-001_20141219171843753.jpg
          befor

004-001_20141219165603f90.jpg
after

006-001_20141219165604be5.jpg

杉材ですが、まず塗装をしてから組み立てるので手間がかかりました。
メンテナンスをしないと、5~6年しか持たないのではと思います。
多少、ダンチにはなっていますが、業者に頼むと5~6万はかかるかな?
材料費(木材、塗料、ステンネジなど)は約12000円。

腰が痛い~
でも、約1ケ月でしたが、楽しく DiYでき達成感に浸っています。

フナッシー

娘が、『これ食べてもいいよ~』と言ってくれたスナック菓子。

003-001_20141219165558444.jpg

本当に梨の味でした。
よく考えるね...

安納芋

16日は柳井の琴石山~三ケ岳のハイキングの予定でしたが、
またもや雨で仕方なく温泉&昼食会に変更し周防大島に行きました。
竜崎温泉っていう温泉で来年の雪山、夏のアルプス、秋の紅葉の
山を決めました。

行きつけの田中海産でいろんなものを買いました。
その中に大島産安納芋がありました。
以前、福岡のブロ友のRちゃんから頂いたことのある安納芋です。

     001-001_20141219165558002.jpg

本当に甘いおいもさんです。

積もりました

今朝6時半に起きて外を見ると雪がどんどん降っていました。

積雪 001-001

まだ、この時は4cm位だったと思いますが…
車の上は5~6cm積もっています。

     積雪 002-001

みるみるうちに積もってきて、市内の渋滞情報が出てたので娘を会社まで
連れて行きました。

積雪 005-001

今,作り途中の板塀にも約10cm積もっています。
せっかく今日で完成の予定でしたが、明日も雪が降るようで
明後日に完成するかな?

雪の曽場ケ城山

13日は突然に福山教室の里山ハイキング講座の講師ピンチヒッターを
することになり3年ぶりの講座でした。
福山、三原から6人(9人欠席)の受講生でした。

あたりの山も雪景色です。
曽場ケ城山はちょうど5年前に講座で歩いた山だったので下見をしないで
いいので、助かりました。

019-001_20141214184243298.jpg

雪の山を歩いたのはみなさん初めてで喜んでいましたが、下山が落ち葉と
雪で滑りやすかったので気が気ではありませんでしたが、全員無事下山でき
ホッとした一日でした。

そういえば、矢竹のアーチの写真も5年前に撮っていました。

    020-001_2014121420584908e.jpg

久しぶりに地図読みの講習をしました。
何人かは興味を持って真剣でした。
遠方からご苦労様でした。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク