鬼ケ城山~備中高松城~備中松山城
2015-12-19 Sat 17:37
14日はSYKの仲間で岡山の城郭巡りに行きました。
腰痛も治りきっていなかったのですが、途中で引き返せばいいと思って
参加しました。

古代山城・鬼ノ城(きのじょう)は標高約400mの鬼城山山頂一帯に、高さ6mにも及ぶ
土塁や石塁が約2.8kmにわたって巡らされた古代の山城です。
昔話「ももたろう」の原形といわれる「温羅(ウラ)伝説」の地として知られています

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 007-001

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 010-001
鬼ノ城 西門(復元中)
正面3間(12.3m)、奥行2間(8.3m)の大規模な城門です。

史書にはいっさい記録がありませんが、発掘によると、天智天皇2年(663)、白村江の戦いに
日本が敗れた後、唐・新羅の侵攻に備え築城したものではないかと考えられている
古い城跡です。
眺望は素晴らしく、四国山脈や備前平野などを一望できます。

屏風折れの石垣を望む
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 012-001

屏風折れの石垣
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 013-001

城門(北門)
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 016-001

鬼ノ城山山頂
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 M 018-001

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 M 019

鬼ノ城山を一旦下りて奇岩、巨岩のある岩屋観音院へ行きました。
巨岩の多いところです。
奇岩があることから伝説も多く伝えられているようです。

鬼の差し上げ岩
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 018-001

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 M 022

8畳岩で昼食です。
次の予定があるので急いで下山。

馬頭観音
鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 022
          クリック…+すると右の観音さんの頭に馬がある

皇の墓、犬墓山は素通りして登山口の鬼ノ城山ビジターセンターへ到着
なかなか歴史のある古城巡りでアップダウンも少なく良いところです。

高梁市まで戻って黒田勘兵衛で水責めのされた備中高松城址へ
20年くらい前に仕事の途中で寄った記憶がありました。

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 024

鬼ケ城山・備中高松城・備中松山城 025-001

次は備中松山城へ
スポンサーサイト
別窓 | 城郭巡り | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
東広島市西条小学校4年生屋外授業サポート 
2015-12-17 Thu 18:03
8日西条小学校4年生153人の屋外授業で山の手入れと竜王山登山の
サポート要請がありJACから5名が協力しました。

西条小学校屋外授業サポート 002

半分の児童を①ハイキング+山の手入れ、②ハイキング+山の手入れに
分けて3時間の間に2往復しました。

    西条小学校屋外授業サポート 007-001

75~6人の児童をサポートするのは大変です。
子供たちは水筒しか持っていないのでどんどん走っていきます。
先頭を歩いていてもすぐ、最後部になってしまいます。

途中竜王山の水源地で一人づつ水を飲ませます。
酒都、西条の水がここから50年かけて町に届くそうです。

西条小学校屋外授業サポート 005-001

西条小学校屋外授業サポート 009-001

急な階段も飛び跳ねて行く児童について行かざるを得なかったので
死ぬかと思ったくらいです。

6日の山、7日のルームの新しい本棚のペンキ塗り、8日の過酷な?一日・・・
8日夕方から腰の激痛が始まりました。
別窓 | ボランテイア | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
玉の浦(椿)
2015-12-09 Wed 16:57
今年も玉の浦(椿)が花開きました。

    タマノウラ 2-002

     タマノウラ 3-001

赤い花びらを白く縁取った、五島が世界に誇る幻の椿"玉之浦"。
その花姿は艶やかで、とても印象に残るものです。
この"玉之浦"の発見は偶然でした。炭焼を生業としていた故有川作五郎さんが
いつものように山(父ケ岳、七ツ岳)に入ったところ、そこには見慣れた椿とは違う、
美しい花がありました。それこそ幻の椿"玉之浦"だったというわけです。
昭和22年のことです。

毎年いい加減に選定しているのでつぼみが偏って付いています。
ざっと・・・100くらい
今年は咲き始めが早いような気がします。
別窓 | 庭の山野草 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
瀬戸内アルプス(文殊山~嘉納山~源明山)縦走
2015-12-08 Tue 16:12
6日6年ぶりに屋代島(大島)の3座+1座を歩きました。
前回と季節が違うので2度目を感じませんでした(…というより覚えていない)

文殊堂はさすがに記憶にありました。

   瀬戸内アルプス縦走 007

文珠山へは直ぐです。
山頂には展望小屋ができていました。
文珠山から嘉納山の重曹は標高650mのちょっとしたアップダウンがあるだけで
ハイキングコースです。
登山道もよく整備されていて歩きやすい…

嘉納山の三角点を今回はタッチできました。
山頂の手前にありました。

アオキの群生がいっぱいありました。

瀬戸内アルプス縦走 009-001


嵩山(だけやま)へは嘉納山からになりますが、往復6km近くあるので
今回はパスして源明山へ行きます。

瀬戸内アルプス縦走 017-001

文殊山、嘉納山、嵩山を振り返って…

瀬戸内アルプス縦走 014-001
 
今日初めての岩場?

      瀬戸内アルプス縦走 013

紅葉も残っています。
正面の山が源明山

      瀬戸内アルプス縦走 039

源明山直下の階段…

     瀬戸内アルプス縦走 019


源明山の山頂でお弁当。
今日はTちゃんがうどんを作ってくれました。
我が家からは「おにぎら~ず」を

瀬戸内アルプス縦走 023

山頂から源明峠へはあっという間…
峠から車をデポしている笛吹峠は林道…
紅葉がまだ楽しめました。

    瀬戸内アルプス縦走 030-001

    瀬戸内アルプス縦走 031-001

瀬戸内アルプス縦走 028-001

あと残りの嵩山へは車で移動…
結構距離があった

嵩山の山頂は携帯で撮ったので…
どってことない山でした。

       2015120615130000.jpg
           逆さまで…お見苦しい写真です。

文殊堂までの帰り道で道を間違ってとんでもないところへ下りてしまいました。
ナビに頼りすぎの結果です。

これで、一応瀬戸内アルプスは完了
別窓 | 山登り | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| よっちゃんの趣味悠々 |