2日目の寒風山
2016-05-30 Mon 11:00
23日は旧寒風山トンネル登山口に8:35頃到着
前日の野良はいませんでした。

8:45出発
桑瀬峠には昨日と同じく50分で到着。
寒風山は一番奥の山です。

伊予富士~寒風山 054

尾根歩きなので気持ちがいいです。
でも、まだまだ先…

伊予富士~寒風山 055-001
                                ↓笹ヶ峰
伊予富士~寒風山 046

伊予富士~寒風山 047-001

これはマミバツツジですが、所々にアケボノツツジも咲いていました。
でも、寒風山は名前のとおり寒風が強く、咲いたツツジもすぐ風で飛ばされていました

      伊予富士~寒風山 061

寒風山山頂に10:44到着。
風が強い…
1763mのピークですが三角点はありません。
今日のお勉強
寒風山の標高のように小数点以下の表示がないのは三角点ではない山。
標高に小数点以下の表示がある山は三角点の山です。
昨日登った伊予富士は1756.2mで2等三角点

      伊予富士~寒風山 063

ここではお昼もできないので桑瀬峠まで下りることに

                       ↓ 伊予富士
伊予富士~寒風山 062-001

桑瀬峠でお昼 お弁当は宿舎で520円のお弁当(写真撮り忘れました)
寒風山トンネル登山口までは33分で下山…

予定していた温泉は休みと温泉は廃業していて今治まで走って
湯ノ浦温泉 四季の湯ビア工房というところに入りました。
420円と安かったのですが、シャンプー、ボデイーソープなし…
セットを買うと700円?だったので石鹸なしで我慢しました。

2日間良いお天気で、念願の伊予富士~寒風山を歩けて良かった~
K岡さん、いろいろありがとう
そして、SYKの仲間に感謝です。
スポンサーサイト
別窓 | 山登り | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
伊予富士(1756.2m)~寒風山(1763m)
2016-05-27 Fri 10:43
23日から24日にSYKの仲間6人で愛媛県の伊予富士と寒風山に
行ってきました。

伊予富士~寒風山 070

登山口は旧寒風山トンネルです。

伊予富士~寒風山 017-001

登山口から尾根分岐の桑瀬峠までは標高差330mの急登です。
約50分で到着
峠からの伊予富士

伊予富士~寒風山 018

桑瀬峠は1451m、伊予富士は1756m…8km?
コースタイムは2時間10分
まだまだずっと先に見えます

伊予富士~寒風山 020-001
                                  
iyofuji4.jpg
                                  okukouchiさん提供
iyofuji6.jpg
                            okukouchiさん提供

ほぼコースタイムで山頂へ。
今日は登り始めから足の痺れがあり、何度も屈んでは骨盤調整をしながら
歩きました。
山頂からの眺望は最高で足の痛かったこともパッ~と吹き飛びます。

       伊予富士~寒風山 023-001

伊予富士~寒風山 029-001

                  
Tちゃんが山頂の南側のこんもりとしたところにピンクの気になる花があるよって
言ってくれたけど、結構疲れてたので偵察にO河内さんと二人で行ってもらいました。

      伊予富士~寒風山 040-001
          クリック…+  天辺のちちゃな白いのが二人

伊予富士~寒風山 038-001
       ピンクニ見えたのはシャクナゲの花でした。プリック…+  シャクナゲとわかります

反対側からO河内さんがこちらを撮ってくれました

iyofuji2.jpg
                          okkouchiさん提供
富士山の姿をしているでしょう…

iyofuji.jpg
                          okukouchiさん提供
咲いていたシャクナゲです。

iyofuji8.jpg
                          okukouchiさん提供  

下山はピストンする予定だったけど、O河内さんとD居さん二人に車をデポしてる
登山口に下りてもらって、K岡さん、T西さん、Tちゃんの
四人で東黒森への稜線を下ろさせてもらいました。

前での写真の←を下りました。

伊予富士~寒風山 029-001

伊予富士~寒風山 048

気持ちのいい稜線歩きは晴れ晴れ…
40分でYFOラインに出ました。
ココからだと山頂まで1時間くらいで登れそうでした。

     伊予富士~寒風山 049-001

二人を待つ間、T西さんはクライミング…

         伊予富士~寒風山 050-001

しばらく休憩をして、UFOラインを石鎚に向かって歩くことにしました。

伊予富士~寒風山 051-001
           ダケカンバ

万歩計で1800歩くらい歩いたかなと思いましたが、1200mほどのところで
二人を待ってまた休憩…
行き交う車から何か心配そうに見てくれる運転者
車が見えたときは嬉しかった

宿泊は国民宿舎 石鎚
7~8年前に石鎚から瓶が森の縦走の時は横目に見て素通りしたところ
建物は古い…
が美味しかった。
部屋に帰ってからはみんなの差し入れを出し合って 賀茂鶴、三岳、
yocchan酒造のナツハゼ酒、ヤマグワ酒、ヤマボウシ酒…
酔った~~酔った~~    
別窓 | 山登り | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
『子どもとハイキング&ワラビ狩り』in深入山
2016-05-26 Thu 10:29
22日は第7回のジュニアクラブの例会でした。
丁度運動会などがあって参加者は15名(子供10人、親5人)+7人(スタッフ)
公募し、ボランテイアの例会なのでもっと、親子の参加者が増えるように
PR活動をしていく予定です。

今日は東登山口からスタートです。

ジュニアクラブ 深入山-001

すぐに元気なTさん親子はどんどん進んでいきます。

ジュニアクラブ 深入山2-001

もう、あんな先を歩いています・・・

ジュニアクラブ 深入山3 (2)

ジュニアクラブ 深入山3

楽しみなお昼です。
てんでに集まって弁当開き…

ジュニアクラブ 深入山5

さ~いよいよ、ワラビ探しです。
東屋に向かっての斜面を探します…

ジュニアクラブ 6-001

ジュニアクラブ 7-001

ジュニアクラブ 9-001

あちこちで大きな声が上がっています  「あったよ~」、「これ採ってもいいん?~」

じゅにあくらぶ10

急な斜面なので、ここまで人が入らないのでいい蕨がたくさん採れました。
皆、ビニール袋にいっぱい採っていました。

東屋からは西登山口への遠回りコースを下りました。
展望台(大岩)があるのを知りませんでした。
凄~い…眺めでした。

ジュニアクラブ11

今日撮った花は…

    ジュニアクラブ 8-001
          イワカガミ

ジュニアクラブ 13

南口で休憩をして東口に移動

「みん~なおつかれさま」子供たちも、親御さんたちもいい顔をしています。
山の日の案内とジュニアクラブの会員募集の紹介をお願いして解散です。

次回は恐羅漢山でデイキャンプとテント泊の体験例会です。
たくさんの参加がありますように…
別窓 | ジュニアクラブ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
誕生日のぷれぜんと
2016-05-18 Wed 16:30
17日は??回目の誕生日でした。
子供たちから来月の父の日と合わせてのプレゼントです。

001-001_2016051816200428d.jpg

開くまで軽そうだし、コーヒーが好きなのでコヒー豆か?
と言いながら開けてみると…

003-001_20160518162006ee8.jpg

ぐい呑みにしては大きいし…
娘が 「小鉢よ」って

会社の近くにある雑貨店の『Tanemaki』とかいうところで買ったそうです。
井手原敬一作らしいけど、誰だかわからん。
器に興味があるので嬉しいかったです。
食事の時、いろいろな小鉢にとるので食器洗いが大変みたいですがね…

ちょっとwebで見てみると、東広島市の日本でも稀有の陶造形作家だそう
豆小鉢と三足小鉢でした。
別窓 | プレゼント | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
島根県1等三角点(島ノ星山)
2016-05-17 Tue 17:56
先週14日の中国新聞の生活情報『旅/レジャー』に載っていた山に
家内が目を留めて、行こうということになりました。
家を8時に出て登山口の椿の里には10時頃着きました。

標高は470mで高角山(タカツノヤマ)として柿本人麻呂の詩にも読まれているようです。
隕石が落下したことから「島ノ星山」、「星高山」と呼ばれるようになったとか…

島ノ星山浅利富士 1 001-001


椿が700本植えられているそうです。
スタートしてすぐ、874年に隕石が落下したところに出ました。

2島ノ星山浅利富士 005

その隕石が祀られているところが…

島ノ星山浅利富士 1 003

拡大して…

格子のところから触ってみました。
1140年前の感触がしました。
    
     島ノ星山浅利富士 1 004-001

頂上までは約1時間?
 
島ノ星山浅利富士 1 005

花は期待するほうが可笑しいくらい咲いてません。

   島ノ星山浅利富士 1 010-001

あっという間に山頂出合です。

2島ノ星山浅利富士 011-001

2島ノ星山浅利富士 010-001
              ヤマイチゴの実

山頂はなぜか三角点が囲まれていました?

      島ノ星山浅利富士 1 011-001

一等三角点です

      島ノ星山浅利富士 1 012-001

車で椿の里に向かってる時、4人くらいのグループが歩いていたので
登るのかな~と思っていたグループがやってきました。
ボーイスカウト達でした。
指導者らしきのおじさんが地図で方位、現在地確認とか教えていました。
ボーイスカウトでも地図読みはするんか…と感心。

2島ノ星山浅利富士 017

結構、眺望の良いところで満足。
南の方向に大佐山、雲月山、三瓶山、大江高山が見えるよう 

2島ノ星山浅利富士 014

江津の方は日本海…

2島ノ星山浅利富士 016-001

登り50分、下りは30分…あっという間。
移動中に振り返ってみたら

島ノ星山浅利富士 1 015-001

星型になってる
7月末~8月末の間イルミネーションが点灯されるらしい。

島ノ星山浅利富士 1 016

お昼は次の室神山(ムロカミヤマ)で地元では浅利富士と呼ばれているでとることにして
登山口は島根県立少年自然の家からになっている。
管理棟に行く途中、女子大学生らしい可愛い子達が大きな声で、「こんにちは~」と
10何人くらいに声を掛けてもらって、100倍元気が出た

管理棟で登山口を尋ねたら、登山口まで案内して頂いた。
気持ちのいい、清々しいスタートになった。
登山みちはコンクリート…
花もないのでツツジを

島ノ星山浅利富士 1 018

すぐに山頂が見えてきた。

島ノ星山浅利富士 1 019

頂上近道を選んでやっと山らしい岩場になった。
鑪のあった地域なのか、鉄山の感じ。

島ノ星山浅利富士 1 028

写真の奥がさっき登った島ノ星山

島ノ星山浅利富士 1 026

ナツハゼの実が付き始めている←ピンボケ

島ノ星山浅利富士 1 038-001

どこが山頂か分からずもうちょっと行ってみると地蔵寺があった

島ノ星山浅利富士 1 032

お礼を言ってすぐさっきの岩場に戻ってお昼に
移動中にコンビニでお弁当買うのを忘れて、非常食用のパンと、
カップヌードル(小)を食べた。
風力発電のプロペラが並んでいたのでそこに行きたくなって行ってみることに

島ノ星山浅利富士 1 037-001

登るときあった ばあさん井戸

島ノ星山浅利富士 1 022

下りる時外れにあった  じいさん井戸 

     島ノ星山浅利富士 1 040-001

何で、ばあさん、じいさんのかよくわからない?
ま~どうでもいい…

早くプロペラの下に行こう

何年か前に角島の帰りに山にあったプロペラの真下には行ったことがある。
海岸にあるのは初めて

   島ノ星山浅利富士 1 042-001

プロペラの音は結構大きい…
考えた人間の大きさに感心する

ハマヒルガオが咲いていた。

2島ノ星山浅利富士 046-001

そして、こんな可愛い花も咲いていた

島ノ星山浅利富士 1 049-002
       マンテマです。

Tちゃんに聞くと…「普通の草よ」って言われるから聞かない。

これも…

     2島ノ星山浅利富士 026-001

でも、気になるから誰か…「おしえて~」

よくぞ、最後まで見ていただきました  
別窓 | ハイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山野草をもらいました
2016-05-06 Fri 21:18

連休に庭いじりをしているところに近所の同級生(小学校)が
オダマキいらない?って

言われたので喜んで貰いに行きました。
去年も白色のオダマキやイカリソウなど貰いました。

オダマキ5

   オダマキ4

また、サギソウを鉢ごともらいました。
彼女は種から上手に育てていく人です。

サギソウ

このオダマキは去年もらったものです。

オダマキ3

これも去年もらった白色オダマキです。

オダマキ-002

来年咲かせることが楽しみです。

別窓 | 山野草 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山菜を探して天狗石山麓へ
2016-05-05 Thu 17:43
30日はSYKの仲間と大江高山へ行った帰りの車の中でE石さんが提案した
『コシアブラで天ぷらを…』をしましょう。。。で天狗石山へ

大暮川を遡って毛無山~阿佐山を登るコースの反対側から
天狗石山へ登る登山口辺りのようでした。
K岡さんがタラの芽採取の道具を人数分用意してきました。
針金をストックの先に取り付けて引っ掛けて手繰り寄せます。
→写真に撮り忘れしました。
荒廃した登山道を探して行きましたが、コシアブラ、タラの芽は全く
ありません…
なんとしても7人分の山菜天ぷらの材料を確保せねば…の必死の
思いが通じたのか、上りでは気がつかなかったところに
コシアブラ、タラの芽…ゲットしました。

山菜の恵をいただいて天ぷらを… 004-001
    タラの芽、新玉ねぎ、カッポン、コシアブラ、椎茸、アザミ

新玉ねぎはD居さんが朝採りで差し入れ
O河内さんは舞茸とイモ(自家栽培)の差し入れ
M枝の作った蕨の酢漬けがとても好評でした。

山菜の恵をいただいて天ぷらを… 007
           タラの芽を揚げているところ

山菜の恵をいただいて天ぷらを… 008
           アザミを揚げているところ

椎茸は倒木しているナラの木の下に生えていました。
美味しかった。
アザミは口に入れた途端に舌がチクッとして…もう勘弁
カッポンは揚げても酸っぱかったそうです。
舞茸は外側カリカリ、中はもっちりとして天ぷら最高
コシアブラ、タラの芽はタラ腹いただくことができました。

ほぼ自分たちで山でいただいた山菜を外で食べれるって
贅沢なことです。
自然の恵みに感謝して… 
 
別窓 | 山の恵み | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
帝釈峡散策
2016-05-04 Wed 15:52
29日の多飯が辻山の帰りに帝釈峡の山野草を探索に…
去年も4月29日に行っていました。
駐車場から直ぐ、イチリンソウがたくさん…

多飯が辻山~帝釈峡 006-001
                 イチリンソウ
多飯が辻山~帝釈峡 007-001

多飯が辻山~帝釈峡 009-001
          ホタルカズラ

     多飯が辻山~帝釈峡 010-001
           コンロンソウ

多飯が辻山~帝釈峡 016-001
           ヤマブキソウ 

去年も同じようにブログにアップしたと思うのでどんどんいきます…

    多飯が辻山~帝釈峡 017-002
          オドリコソウ

         多飯が辻山~帝釈峡 018-001
          クサノオウ?

のんびりと、歩くのもいい…

多飯が辻山~帝釈峡 019

多飯が辻山~帝釈峡 020-001
          オドリコソウ

       多飯が辻山~帝釈峡 022-001
          ジュウニヒトエ

多飯が辻山~帝釈峡 025-001
          ツクバネウツギ
 
新緑がきれい…

多飯が辻山~帝釈峡 026-001

多飯が辻山~帝釈峡 031-001
           ニリンソウ        

   多飯が辻山~帝釈峡 033-001
           ユキザサ

多飯が辻山~帝釈峡 035-001
           ウシハコベ

一ヶ所だけに咲いているヤマシャクヤクはまだつぼみでした。
ズームで撮ります ←今年はちょっとボケ

多飯が辻山~帝釈峡 036-001

    多飯が辻山~帝釈峡 039-001
          コンロンソウ      

鳳凰三山を登ってる時に見た枝にぶら下がっているコケのようなもの?

多飯が辻山~帝釈峡 041-001
           クリック→+してみてください

多飯が辻山~帝釈峡 042-001
          表

多飯が辻山~帝釈峡 046-001
          裏

     多飯が辻山~帝釈峡 050-001
          なんだったけ?  クサノオウ?

     多飯が辻山~帝釈峡 051
          ムラサキキケマン

045-002.jpg
           ヤマルリソウ  

    046-001_20160505115709bd2.jpg
           ヤマエンゴサク

052-001.jpg
           ヤマルリソウ

変な格好で歩いてます
もう、臀部が痛くて痛くて…

055_20160505120122273.jpg

ウツギのつぼみ

056-001.jpg

    059.jpg

        060-001.jpg

ハナイカダ
これはオス花です。
メス花は花が一つしか咲きません

063-001.jpg
          クリック→+

根っこが面白いので家内が撮りました。

    068-001.jpg

これもそうです。
 
074-001.jpg

ふ~ぅ… 疲れた
キリがないのでここらで→ 

1年前の時はもっと感動しましたが、記憶がまだ残っていたので
感動値はちょっと

Tちゃんは花の名前に詳しいので…
え~と… 
あれよ~
と言ったことがありませんでした。  ありがとね
別窓 | 山野草をさがしながら | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
多飯が辻山(東城町)
2016-05-02 Mon 12:09
多飯が辻山(東城町)…の続きを読む
別窓 | ハイキング | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
多飯が辻山(東城町)
2016-05-01 Sun 12:16
多飯が辻山 028-001

ワダソウ(和田草)  ナデシコ科 ワチガイソウ属
花期:4~5月  分布:本州・九州
山の落葉樹林の縁に生える多年草。
ワチガイソウに似ているが,花弁の先端に切れこみがあるのが特徴。
ほかのワチガイソウの仲間で切れこむ花弁をもつものは,北海道の
クシロワチガイソウと東北のナンブワチガイソウだけで,いずれも
分布エリアが限られている。また,上部の茎葉は幅が広く卵形に
なるのもワダソウならではだ。
名前の由来は長野県和田峠にて採取されたから。
別名のヨツバハコベのほうが特徴を良く表している。
茎の葉が上部に集まって、あきらかにワチガイソウとは区別できる。
中部地方以北の分布となっているが、東城町で随分前からQJYが確認している。

という山野草が山頂に群生していました。
比婆科学教育振興会編集の「広島県の山野草」という本を
ルーム図書室から借りていたので持って行っていました。
一緒に行ったTちゃんが調べて珍しい野草ということがわかりました。

多飯が辻山 021-001

本編に続く・・・
別窓 | ハイキング | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| よっちゃんの趣味悠々 |