昨日の夕飯
2016-11-18 Fri 21:56
先日間違って買った牛アキレス、ごぼ天、アゲハンの煮こみにしました。
アキレスは灰汁をとってトロ火で柔らかくなるまでが下ごしらえとか…
あとは、1時間くらいごぼ天とアゲハンをいれて30分くらい煮込みました。

002-001_2016111821422547a.jpg

柔らかく味もいけてました。
次は買い置きのもやしと豆腐のあんかけです。

003-001_201611182142271fe.jpg

これは入院中に買った本のメニューからある材料を探して見つけました。

004-001_20161118214227d9f.jpg

本を見てすぐ作れるものではありませんが、暫くはカロリー、糖質を控える
食事を考えています。
1ケ月半過ぎましたが、体重も約4kg落ち、腰のヘルニアも先生から言われた
脂肪の一種ができて神経を圧迫してるのが坐骨神経痛のような痛みが続いて
いたのも、ここ1ケ月も前から消えたような気がしています。

あまり気にしすぎないように、ちょっとだけ食事に気をつけるくらいの付き合いで
行きましょう…
スポンサーサイト
別窓 | 料理に挑戦 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
自分で料理を…
2016-11-17 Thu 14:23
14日に家内が入院して15日手術、16日退院とあっという間の
3日間でした。
家内もお陰で元気で帰ってきました。

それで、留守の間に作った料理です。

料理 001-001

料理 003-001
           もやしとツナ缶の炒め物

料理 002-001
           牛すじ煮込み

スパーへ買い物に行って牛すじを買ったつもりが牛アキレスとわかったのは
PCでレシピを検索して材料確認した時です。
それで、また探しに2件のスパーへ行きました。
牛すじ煮込みって手間のかかるお料理だと知りました。

料理 005
          キノコスパゲッテイ

買ってきたしめじ、、椎茸、メレンゲとハムで作りました。
調味料のだしの素の威力を知りました。
今夜は間違って買った牛アキレスとゴボテン煮に挑戦。
家内はまだ消化の良いものしかダメだそうで、おうどんを作って
あげています。
なにやらかにやら一杯買ってしまったので、冷蔵庫窮屈そうです。  
別窓 | 料理に挑戦 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
第9回子どもとハイキング(弥山)
2016-11-13 Sun 16:58
6日にジュニアクラブ例会で弥山に行ってきました。
8日から風邪を引いてやっと更新できました。
紅葉は随分進んでいると思います。

参加者24名+スタッフ7人で3組に分けて歩きました。
今回は初めての参加が4家族ありました。

ジュニアクラブ(yym 006-001

9時だというのに観光客が大勢います。
もみじ橋の紅葉はこれからといったところ…

ジュニアクラブ(yym 009-001

でも、これはきれい

弥山(ジュニアクラブ) 003

紅葉谷コースを歩いて

弥山(ジュニアクラブ) 005

みんなに紅葉の種類の写真を渡したのでいろいろ立ち止まってなんの葉っぱか
お勉強です。
ただ歩くだけでなく、自然の観察をしながら歩くことが大事です。

     ジュニアクラブ(yym 013

こんな綺麗な紅葉も…

弥山(ジュニアクラブ) 006-001

急坂も、岩もありますが子供たちもお母さんたちも頑張って歩いています。
弥山の山頂で楽しみなお昼をして…

ジュニアクラブ(yym 017

下山は駒ケ林のピストンをして大聖院へ下ります。
駒ケ林もなかなかの急登ですが、元気に頑張っています。

ジュニアクラブ(yym 027

駒ケ林の大藪岩から弥山山頂をみて皆んな感動していました。
2004年の土石流で流された跡もを見るのも社会勉強です

      ジュニアクラブ(yym 030-001

下山後にもみじ饅頭焼きの体験を予約していやのでそちらへ…
7参加費56円/人でしたが、体験焼きを4個とお土産付き(やまだ屋の桐葉菓3個)なので
いい体験がができました。

ジュニアクラブ(yym 033-001

やまだ屋さんがいろいろサービスして下さいました。
ありがとうございました。

絶好の紅葉狩り日で参加していただいたファミリーも小学校1年生から
中学校2年生までみんな元気に歩きました。
お母さん達も頑張りました。

次回は2月の子どもと雪遊びです。
また会えるのを楽しみにしてお別れをしました。


別窓 | ジュニアクラブ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
真っ白なツルリンドウ
2016-11-08 Tue 09:03
白色のツルリンドウが咲きました。

ジュニアクラブ(yym 005-001

ジュニアクラブ(yym 003-001

リンドウは陽が照らないと花が開きません。
しかし、長い間咲きます。
今、7個咲いています。
別窓 | 庭の山野草 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
御在所岳
2016-11-02 Wed 17:26
30日は7:15出発。
日向小屋にお別れを

御在所岳 033
大岩でゴロゴロした沢を歩きます。
クライミングの団体がこんなところにいました。
教室かなんかやってるんでしょうね

御在所岳 034
           7:24 
『七の渡し』とかいう橋を渡ります。
石橋なら叩いて渡ってもいいんですが、怖いのか一歩ずつ確認しながら
渡っていました。

御在所岳  036

沢を歩いたり山に中を歩いたり、また2008年の落石の跡が生生しい横を歩いて…

御在所岳  039

変んなきのこがありました

御在所岳  040

37分かかったけどやっと4合目の藤内小屋に着きました。
登山者らしい人はもうほとんどなし…

御在所岳  041
           7:52  

大きな岩の間を歩いて‥・

御在所岳  046
          8:00

杉の奇木の5合目に着きました。

御在所岳  049
           8:31

そしてすぐ横に
藤内碧の取り付きみたいです。

御在所岳  050

どこのパーテーかわかりませんがもう壁に取り付いています

     御在所岳  051-002

「凄い」…けど「こんな危険なところ登らんでもえかろうに」…
    
御在所岳  052

15分ほどで景色の良いところに
伊勢湾が見えているんかな?

御在所岳  053-001
           8:52

この頃から、へりが旋回してずっとあの辺りを3~40分飛んでいました。
下山途中でわかったのですが、キレットあたりで事故があったんです。

     御在所岳  059-001
          9:08

また岩場が続きます…

御在所岳  060

紅葉が少し見れてきました。

御在所岳  062-001

御在所岳  065-001
           9:25

先を歩いてたTちゃんが何かを見つけました。
花ではないようです。

    御在所岳  066

御在所岳  067-001
           ?

視界が開けて…

御在所岳  071-001
           9:33 中道の尾根

8合目の国見峠です。
2時間30分かかりました。

御在所岳  073-001
           9:42 

標識はよく見ていましたが、コンパスとは違う方向に歩いている?
でも、登山道はしっかりしていて上からも登山者が降りてくる?

ま・・・いいか
紅葉も綺麗だし。

御在所岳  075-001
           9:55

御在所岳  077-001
           10:10

御在所岳山上公園に出ました。
 
これは雨量観測の施設らしい

御在所岳 M 056

どうやらあれが御在所の山頂か?
スキー場のゲレンデを歩くんかい?
ロープエーできた観光客がワンサといる。
なんじゃ~これは。

御在所岳  080

山頂もワンサかいるわいるわ…
写真撮ろうとしても次から次に

御在所岳  084
           10:35

三角点は囲ってあったので中に入ってタッチするわけにはいかないので
ストックでタッチした。

    御在所岳  090

琵琶湖やら伊勢湾やら伊吹山が見えるらしい

御在所岳  092

御在所岳  094-001
           10:43 琵琶湖   

澄み渡っていればアルプスも

御在所岳  096
           11:22

こんなところもあったよ

    御在所岳  099

富士見岩展望台へ移動

御在所岳  100
           11:53

ロープエーがどんどん人を運んでいる

     御在所岳  102
           11:53

お昼をちょっと食べて
さ~これから中道を下りるど~

ひっきりなしに登山者とすれ違う。
すごい渋滞だ
10人、20人と続いてくる
すれ違いの人にちょっと聞いてみた。
ヘリコプターがキレットのところで転倒か、滑落か分からないが
救助をしていて1時間半位上待たされて大変だったと…
血痕が残っていますよ…

その場所に来たことが後でわかった

御在所岳  104-001
           13:00

この岩場で上からどんどん下りてきて登りの切れ目がつかめない
前を歩いていたお兄さんもどうしようか迷っていたので上の見えるところまで出て
登りをさせてください~って声をかけた。
それで、やっと上に出れた。
しかし、血痕が目に入りドキッとした。

急峻な岩場が続き気がぬけない
渋滞がまだ続いている
若い人が2時間も待ったんですよ…って言ってた。

やっと休めそうなところに
あんなところを下りてきたんです。

御在所岳  107
           13:20 

地蔵岩に着いたが若い非常識なグループが場所を譲ろうとしない
我慢しきれず登っていったが邪魔になって写真が撮れなかった

本当の山を知らない輩だと思う。

おばれ岩というらしい←おばれという意味が分からない

    御在所岳  118-002
           13:56

おばれ岩から中登山口までは比較的緩やかな登山道で役0分で下山

御在所岳 M 069
          14:30   

ほぼ予定通りの時間で下山できたのであとは安全運転で帰るだけ。
湯の山温泉もあったけど、帰りが遅くなるのでやめました。

Tちゃん、Tくん…運転してもらって楽でした。ありがとう。
別窓 | 山登り | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
三重県鈴鹿 椿大神社(ツバキオオカミノヤシロ)参拝
2016-11-01 Tue 09:23
29日に御在所岳の途中に鈴鹿にある由緒のある神社へ寄ってみました。
      
        御在所岳  002-001

鳥居前で拝礼し左側を通ります。
この奥に猿田彦大本宮がありました。

御在所岳  003

夫婦円満はもうこれ以上は望まなかったのでっすが、根元が繋がった夫婦杉
(勝手に名前を付けました)があったので、恥を捨て手をつないでしまいました。

御在所岳  005

参道の大杉は昔はまっすぐな道ではなかったのでは思います。
参道にはみ出して立っていました。
昔のままの参道でいいような気がします。

      御在所岳  006-001

      御在所岳  007

拝殿が見えてきました。

御在所岳  008-001

御在所岳  009-001

ぐるっと境内を回ってみました。
この玉を三回撫でながら六根清浄と唱えながらお願いをかけると叶うそうです。

御在所岳  011
このおみくじは持ち帰ることができるので弾いてみました…
息子の気持ちになって…

001_2016110109261185f.jpg

お守りは大黒天様でした。

珍しいものが…

御在所岳  012
                さざれ石
御在所岳  013-001

国歌の『君が代』にあるさざれ石みたいでした。

そろそろ、今晩お世話になる『日向小屋』に向かいます。
鈴鹿スカイラインを走って御在所トンネルの手前にPがあるみたいです。
広い駐車場でした。
裏登山道の入口です。

御在所岳  015

登山道から焼く15分で…

2008年の土砂災害で流された日向小屋は2013年に建て直されたそうです。
歴史はK森さんからよく聞いて訪ねました。

御在所岳 017-001

御在所岳 024

御在所岳  025

御在所岳  021
気温は13度でした。            

御在所岳  031
                6畳個室

御在所岳  032
                20畳の大部屋

2階が寝るところです
20畳の大部屋と6畳位の個室に分かれています。←個室をいただきました。
檜の匂いのする綺麗な部屋で山小屋というより、避暑小屋といった感じでした。
4人の他に団体で10人が今日の泊り客でした。
若い団体はガチャガチャをつけています。クライミングの定宿になっています。
クライミングのことはわからないので話ができませんでした。

さ~あ、楽しみの夕食です。

御在所岳  027
                生ハムレタスサラダと肉炒め

御在所岳  028
                 おでん

小屋代は1泊2食付きで…4000円 
御夫婦で金曜、土日、祝日だけ営業されています。
ご主人はクライマーでもあり、JAC東海支部の会員でもあります。

3年前に京都滋賀、東海支部交流会でこの小屋にお世話になって
御在所を案内してもたった時の写真が部屋にありました。
広島からは16人くらいが参加していたようでした。
写真の下の方です。

御在所岳 001

あいにくと、4人はアルコールに弱いので500mlので十分です…
協力できなくてどうも(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

何もすることもなく、7時ころにはお布団の中…
何度かおトイレに行きましたが、ウオシュレットでした。
明日はいよいよ、御在所岳です。6時に起きます
別窓 | お出かけ | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| よっちゃんの趣味悠々 |