FC2ブログ

九州へチョッと

26日から27日にかけて大分、福岡へ行って来ました。
26日は大分の万年山へミヤマキリシマを見に…
27日が山開きという情報を得ていたので、大勢を避けるために前日にしました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 029-001

ここは何年か前の12月のクリスマス前後に来たことが有ります。
歩き始めて、まんじゅう岩が有りました。思い出しました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 001

それから牧草地へでます。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 004

後ろを振り返ると久住山が見えます。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 003-001

牧草地を暫く行くと左側にミヤマキリシマ園地が見えます。
見た限りでは茶色っぽく見えるのでもう終わっているのかも知れません…

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 005

近づくとピンクが所々に残っています。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 009

園地へ行って見ました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 021-001

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 023-001

ピンクの多いところを見つけては奥へ入っていきました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 031

限がないのですが、撮りまくります…→あとで写真の整理が大変と分っていても

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 014-001

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 040-001

なんとかミヤマキリシマを見れて満足でした^^
それから急な長い階段を上がって山頂へ…

     万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 045

山頂からは360度のパノラマです。
面白そうな雲を撮ってみました。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 043

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 044-001

風が強く、早々に下山…
ここから、福岡の豊前へ移動。
途中で道迷いをして、食料を買いだししてキャンプ場に1時間近く遅れて入りました。
管理人さんにはご迷惑を掛けてしまいました^^;

求菩提山キャンプ場
5人用バンガローで管理費込みで7000円でした。

万年山&犬ガ岳~求菩提山縦走 047

明日は出発時間を1時間早くして7時にすることにしてzzz~
スポンサーサイト



岩屋の観音さんの樹木の花

九州の山行前の足慣らし?で岩屋の観音さんへ行ってきました。
ネジキの花がたくさん咲いていました。

020_2018052817403494f.jpg

あとは…

034-001_2018052817412359a.jpg
            ウツギ

035-001_201805281741245e7.jpg

032-001_201805281741228a8.jpg
          エゴノキ   

021-001_20180528174036c1f.jpg
           不明

023-001_20180528174037d42.jpg

028-001_20180528174039759.jpg
            不明

026_20180528174038bec.jpg
            山頂に咲いていたヤマツツジ

と言った具合に珍しいものは有りませんでした。

東赤石山~八巻山~西赤石山~銅山越~日浦登山口の縦走

11日は4時起床し朝食を取ってスタート

赤石山系縦走 035

寝具の方付けをし→元通りにしまう

赤石山系縦走 016-001

朝食は

赤石山系縦走 011-001

赤石山系縦走 014-001

5時に出発。
山荘から東赤石山分岐まで引き返し、東赤石山へ登ります。急登です。
9年前も同じ写真を撮っていました。

     赤石山系縦走 018-001

アケボノツツジがホンワリと可愛いです。

赤石山系縦走 020-001

これも、9年前に撮っていました。

赤石山系縦走 021

赤石山系縦走 026

途中すれ違った人がシャクナゲが一つ咲いていたと言っていたのがこれだと思います。

赤石山系縦走 027-001

山頂手前で霜柱が… 0度以下ってこと?

赤石山系縦走 028-001

東赤石山山頂(1706m)

       赤石山系縦走 030

赤石山系縦走 033-001

遠くに石鎚山が見えています。

赤石山系縦走 037-001

これからこの尾根を歩いて行きます。
ほとんど岩稜です。

赤石山系縦走 038-001

稜線上の分岐点

赤石山系縦走 039-001

マークがなく、岩についた足跡を頼りに岩稜を登ったり降りたり…
ずっと緊張しっぱなしです。

赤石山系縦走 041

八巻山を通っていくと下に赤石山荘が見えて来ました。

赤石山系縦走 043

怖いばっかりではなく、アケボノツツジが和ませてくれます。

赤石山系縦走 046-001

物住頭山頂(1625.8m)→なんて読むのかカナをうってて欲しい

赤石山系縦走 050-001

西赤石山へはまだまだ先です…
こんなのがあるからガンバレます。

赤石山系縦走 049-001

9年前に教えてもらったコリンゴが有りました。

赤石山系縦走 055-001

歩いてきたほうを振り返って…
本当によく歩いた…
昨日は両足が攣って、みんなに迷惑を掛けてしまったが、今日は打って変わって元気

赤石山系縦走 054-001

西赤石山へ(1625.8m)到着

赤石山系縦走 060

西赤石山から銅山越まではほぼ下り…

赤石山系縦走 062-001



赤石山系縦走 061-001

ツガザクラも咲いていました。

赤石山系縦走 063-001

歓喜間符跡に着きました。
美味しい水があって生き返りました。

赤石山系縦走 064-001

少し休憩をして日浦へ
ダイヤモンド水を目指して

       赤石山系縦走 067-001

9年前と変らず豊富な水量が有ります。
ダイヤモンド水の発見は、鉱脈を探すために1951年ボーリング調査をし、
この辺りを調べていた際、発掘で使用されていたロッドの先端が水脈にあたり、
水が湧き出ました。
このダイヤモンド水と名が付いた由来は、ボーリング調査で使用したロッドの先端の
工業用ダイヤモンドを散りばめられたビットが、調査終了後、回収不能となって地下
に残っていることからこの名前が付きました。

500ccほど持って帰り、コーヒーをドリップしました。
ダイヤモンドの味がしました。

001_20180516170942d9f.jpg

今日のコースは5時スタートし、日浦に下山したのが14:40分。
9時間40分のロング…
ほぼ、9ケ月ブランクをおいての登山で本当に厳しいものでしたが、気心の知れた
仲間と過せたことに、感謝です。

四国(赤石山系縦走)

10~11日にプライベート山行で東赤石~八巻山~西赤石山を縦走しました。
S原さんの声掛けで7人で赤石山荘小屋泊です。

赤石山系縦走 041

ここは、9年前に例会で歩いたところです。
その時は赤石山荘のTSにテント泊をしましたが、今回は赤石山荘泊です。

11時に筏津登山口からスタートし、瀬場分岐から旧道廻りで赤石山荘…

赤石山系縦走 002

長さは6~7mの木橋ですが、揺れるのでチョとビビッて…

赤石山系縦走 003

アケボノツツジの自生している山でやっと、念願が叶いました。
でも、1200~300m位ではもう散っていました。
9年前の写真を見ると、アケボノツツジらしい花を撮ってはいましたが…

予定では、10日は東赤石山へピストンで山荘に入る計画でしたが、
今までになく足が度々攣って、時間が遅くなったので山荘へ入りました。
みんなに、迷惑を掛けてしまいました^^;

赤石山系縦走 005-001

赤石山荘へのロックガーデンらしき山道は花紋岩がたくさん有りました。
花紋岩はたくさんの種類があるようです。

赤石山系縦走 004

赤石山荘は今日、管理人さんがいない時なので、2000円/人を封筒に入れて
管理人の部屋に入れておきます。
電気は発電機が使えないので、ランタンが照明です。
寝具は大きな敷布と毛布と布団が有ります。
こんな風に丸めて有りました。
床はだっていて斜めになっている所も有りますが、安い金額で泊まれて有り難いです。

赤石山系縦走 016-001

夕食はS原料理長がうな丼と松茸風味にゅう面を準備してくれました。
山小屋でまさか、うな丼をいただけるとは…
ご飯は無洗米を炊きました。

赤石山系縦走 010-001

朝食は…
フランスパンと?のポタージュ
美味しくいただきました。

赤石山系縦走 014-001

赤石山系縦走 011-001

11日は4時起きの5時出発
続く…

吾妻山ハイキング

連休の5日にD居さんご夫婦とbelleと最初に登った吾妻山へ行って来ました。
5月から活動再開し始めての個人山行です。
吾妻山国民休暇村からスタートして直ぐの池のところに咲いていた
ミツガシワです。
氷河期の残存植物だそうです。絶滅危惧種
ミズバショウは一株だけ残っていました。

008-001_201805082044000bb.jpg

小坊主へ回りました。
ほとんどこちらへ上がって来るハイカーはいません。

009_20180508204401e94.jpg

018-001_20180508204407762.jpg
          写真のミツガシワは間違いです
          ウマノアシガタ?

010-001_20180508204403883.jpg
           キジムシロ

014-001_20180508204949e3c.jpg


016-001_20180508204407d4c.jpg

振り返って…

013-001_20180508204945634.jpg

山頂に到着。
大山が霞んで見えました。
お天気が良くて、大万木山、猿政山や烏帽子、御陵、池の段、立烏帽子がはっきり見えます

019_201805082047135f1.jpg

お昼を食べて
南の原への稜線をおります。

021_20180508204712163.jpg

木漏れ日の中を歩くのは気持ちいい

023_20180508204721b46.jpg

025-001_20180508204719e80.jpg
           ネコノメソウ

030-001_20180508204719553.jpg
           フデリンドウ

ざっと、3時間くらい山の中にいましたが、気持ちの良いスタートができました。
ボツボツ、例会や個人山行で足を慣らしていかないと…

大朝の「わさーる祭り」

29日に北広島町大朝の春祭りに行ってきました。
わさーる産直館前にはたくさんの店がでていました。
山菜天ぷらを食べて、ミニトマトの苗を7株買って帰りました。

お昼は田原温泉にある「天狗の里交流館」で天ぷらうどんを
食べて、国の天然記念物の「テングシデ群落」に

大朝の天狗シデ 011-001
             樹齢は160~170年らしい

3度目になりますが、新緑が青空に冴えて心和みました。

大朝の天狗シデ 021-001

幹や枝がクネクネして枝垂れます。

大朝の天狗シデ 018-001

大朝の天狗シデ 023-001

テングシデはカバノキ科、イヌシデの変種で「曲がりくねった枝に天狗が来て
とまると」との言い伝えからこの地でイヌシデの変種として新しく「テングシデ」と
名づけられたようです。

大朝の天狗シデ 015-001

山野草は…

     大朝の天狗シデ 026-001

大朝の天狗シデ 017-001

     大朝の天狗シデ 033-002

豊栄のどんぐり村経由で帰りすがら、コシアブラ、タラの芽、ワラビなど
たくさん採って帰りました。

早速夕ご飯は山菜天ぷらでした。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク