FC2ブログ

サギソウ連舞

我家に来てから3年目…
サギソウが舞っています。

庭の山野草 サギソウ 011-001

10日前はまだ1輪しか咲いていませんでした。

庭の山野草 サギソウ 002-001

3輪目から一気に咲き始めました。
これは、絶滅危惧種に指定されており、現在鉢に3~40株植えています。
6月の霧が谷湿原再生地の整備に行った時、刈尾茶屋のところで野菜などを
売っているところで、地元のオジサンにサギソウの育て方を教わりました。

1~2株づつ分けて植えたほうがいいそうでした。
来年は植え替え時期をよく調べて、分けようと思います。

庭の山野草 サギソウ 010-001

黄色っぽいところが頭で口ばしのようです。→クリック・+でよくわかります。
このサギソウは信州から近所にいる同級生のお母さんが買って帰られて
増やしたのをいただきました。
改良種ではないので貴重です。

スポンサーサイト



深入りしませんか…深入山へ『動物・山野草自然観察会』

25日にNPO西中国山地自然史研究会主催の自然観察会に参加しました。

深入りしてみませんか…深入山へ 2 001-001

いこいの村で机上講習があり深入山自然観察会の資料として、生育数の数、
構成種の数、絶滅危惧種の数などについて勉強のあと、深入山元スキー場辺りと
南登山口辺りの蝶や山野草の説明を受けました。

この看板は3月から2箇所に立てられています。
昆虫採集は昔は自由にされていましたが、絶滅危惧種が増え、保護していかなければ
いずれは絶滅することになります。

山を愛するものは自然を守っていきましょう。

深入りしてみませんか…深入山へ 2 008

深入りしてみませんか…深入山へ 2 005

深入りしてみませんか…深入山へ 2 009

深入りしてみませんか…深入山へ 003

深入りしてみませんか…深入山へ 009-001

ツリガネニンジンかシャジンか見分けが難しい山野草です。

      深入りしてみませんか…深入山へ 013-001

深入りしてみませんか…深入山へ 016-001
          ミヤマママコナ

     深入りしてみませんか…深入山へ 018-001
          ホソバシユロソウ

観察していたらマムシが出てきました。
予測されていたようで捕獲道具を準備されていました。

深入りしてみませんか…深入山へ 022

もう一つ、珍しい植物をみました。
珍しいというか、気がつかなかった植物です。
葉っぱがナツハゼに似ていて、実もついているが実がブルーベリーです。

深入りしてみませんか…深入山へ 019-001

これは、アラゲナツハゼといってブルーベリー近縁種だそうです。
ナツハゼは低山にあり、アラゲナツハゼは高山にあることがわかりました。
これからはよく注意して探してみたいと思います。

登山南口に保護されているウメバチソウはまだ早かったです。
他にもいろいろ観察しましたが、深入山はここ3年、山焼きが気候の関係で
中止になってドングリ系の木が太くなり、草が聖高くなっているので山野草が
育たない状況です。

参加者がスタッフ入れて28人?…参加者の多いことに驚きました。
S間さん、K野さん、N島さん、U野さん、O竹さん、M田さん、K手さん、W田さん、
yositarou君、いろいろありがとうございました。

2度目の須佐のフォーンフェルス

盆の12~13日、益田へ行ってきました。
観光するところがないので、娘が行ったことのない須佐のフォーンフェルスへ
行きました。

004-001_20180820100520b75.jpg

段々近づきます。

007-001_20180820100521042.jpg

      014-001_201808201005234fe.jpg

010_20180820101555171.jpg

008-001_201808201005218cb.jpg

12日は息子のところに泊まって13日は長門の仙崎港に美味しい、新鮮なお魚が
食べれるところへ連れて行ってくれました。

037-001_20180820101027c9e.jpg

036-001_2018082010081022c.jpg

035.jpg

034_20180820100809d3d.jpg

033_20180820100807934.jpg

仙崎港の眺め

038_20180820101029f29.jpg

帰りは浜田経由で何年か前にbelleときた夕陽の見える丘で夕陽をみました。
belleと写真を撮ったところははっきりと覚えていて、つい涙がでてきます。

024-001_20180820100523a3b.jpg

031-001_20180820100805e9c.jpg

どこへ行くにもbelleと一緒だったのでとても悲しくなりますが、まだまだ跡をたどって
いきます。

唐松岳 その三(八方池から唐松岳)

ペンションのオーナーからリフトの安く利用できるのを教えてもらったので
リフト代が焼く1500円/人安くなりました。
黒菱林道を通って黒菱リフト、グラードクワットリフトを乗り継いで八方池山荘まで
行けます。駐車料金も無料です。

プライベート(唐松岳) 086

           プライベート(唐松岳) 059

八方池山荘に登山届けを提出し、八方池ケルンまで直登のゴロゴロ岩を登ります。

プライベート(唐松岳) 066

五竜岳や鹿島槍をみながら歩けるので気分最高…

プライベート(唐松岳) 063-002

     プライベート(唐松岳) 075-002

プライベート(唐松岳) 071-001

プライベート(唐松岳) 074-001



プライベート(唐松岳) 077

プライベート(唐松岳) 076-002
           普通のマツムシソウの1.5倍の大きさです

イワイチョウの群生がありました

プライベート(唐松岳) 083-002

そして、今回の大きな目的の八方池に着きました。
5年前にはほとんど通りすぎで池のところまで下りずに行ってしまったので
ゆっくり写真を撮りました。
この景色を見せたかったのです。

プライベート(唐松岳) 091

プライベート(唐松岳) 086
    
プライベート(唐松岳) 084-001

プライベート(唐松岳) 090

クガイソウの群生

プライベート(唐松岳) 093-001

八方池までは普通の観光客で一杯だけどここからは本格的な登山になります。
登山者がグッと減ります。

プライベート(唐松岳) 096

下の樺に入ります。
ダケカンバの樹林帯です。植生が逆転現象しているのです。

     プライベート(唐松岳) 097
 
プライベート(唐松岳) 102-002

プライベート(唐松岳) 103-002

プライベート(唐松岳) 104-001
          ?

プライベート(唐松岳) 106-001

プライベート(唐松岳) 105-001

上の樺を過ぎ、扇ノ雪渓の手前にニホンザルの親子?が食事中でした。

プライベート(唐松岳) 107-001

プライベート(唐松岳) 108-002
           ミヤマトリカブト

扇ノ雪渓で昼食タイム
辺りがひんやりとしています。

プライベート(唐松岳) 111-001

プライベート(唐松岳) 109
           

プライベート(唐松岳) 113

プライベート(唐松岳) 112-001

カラカラのガレ場は砂埃がしています。
シンドイ急坂です。

プライベート(唐松岳) 114

シンドイけど高山植物の花が一杯で景色もよく疲れを少なくしてくれます

プライベート(唐松岳) 117-002

プライベート(唐松岳) 116-001
           チングルマ

プライベート(唐松岳) 118-002
           チイングルマ

プライベート(唐松岳) 120-001

2554ピークからはトラバース道が通行止めで尾根道を登りました。
ここが今日一番の難所…
登りきったら目の前に山荘が見えてきてホッとしました。

プライベート(唐松岳) 125-002

山荘前に久しぶりにトウヤクリンドウを見つけました。

プライベート(唐松岳) 124-001

八方池から唐松岳頂上山荘まで5時間20分。
途中、二人が足が攣ったので時間をロスしましたが、休憩込みなので
皆、よく頑張りました。
特にM子さんはアルプスデビューで本当に頑張ったと思います。

30分休憩して唐松岳に…

      プライベート(唐松岳) 127

三角点にタッチ

プライベート(唐松岳) 130

プライベート(唐松岳) 131

プライベート(唐松岳) 128
                                      五竜岳

5年前は唐松から五竜岳までテント担いで歩いたことが信じられません。
もの凄くしんどかった記憶があります。

プライベート(唐松岳) 133-001

立山、剣岳もよく見えました。
360度の眺望ができるのは今年の異常気象のお陰です。
ただ、兎に角暑い

プライベート(唐松岳) 134-001

山荘から登り18分、下山15分でした。コースタイムです。

プライベート(唐松岳) 142

途中やり過ごしたコマクサを撮りました。

プライベート(唐松岳) 145-001

コマクサを見るとアルプスに来た気がします。
高山植物の女王です。

夕食前にで乾杯

夕食の時も食堂に陽が入り込んで汗をかきながら食べました。
異常です。

プライベート(唐松岳) 151-001

プライベート(唐松岳) 155-001

プライベート(唐松岳) 152-001

プライベート(唐松岳) 154-001

次の日に続きますが、唐松岳に今日登っておいて正解でした。

唐松岳 その二  「朝の散歩と朝食」

5日は6時頃に起きて4~50分散歩をしました。
27年前にまだ山をやっていない時m、白馬ジャンプ場の近くの『ホテル 五竜館』に
泊まって大観峰まで行ったことがあるので懐かしく思いました。
また、子供たちがちっちゃい頃この近くの山小屋にも泊まった事が有ります。

プライベート(唐松岳) 037-001

プライベート(唐松岳) 040

6年前に大雪渓から白馬岳に登ったことも懐かしい

プライベート(唐松岳) 039-001

プライベート(唐松岳) 052-001

朝食です。

プライベート(唐松岳) 057-001

プライベート(唐松岳) 058-001

パンも焼きたてで美味しかったです。
さ~これから出発します。
オーナーから八方ゴンドラのいい情報をもらいました。
計画では八方ゴンドラリフトの八方駅からリフトを使う予定でしたが、
黒菱リフトまで車で行かれると教えていただき、リフト代が1500円/人
安くなりました。
黒菱リフト駐車場も無料で相当の台数が駐車できます。
お勧めです。

続いて八方池山荘からのスタートです

信州に行ってきました。。。 その一『ペンション林檎の樹』のこと

6月4日から3年ぶりに北アルプスへで行ってきました。
片道750kmは交替運転(2人)で乗り切りました。

ネットで探した「9.5ポイント」の評判のペンションにワクワクしながら到着。
白馬スキージャンプ場の近くのロケーションのいいところにありました。

プライベート(唐松岳) 022-001

プライベート(唐松岳) 023-001

夕食は

プライベート(唐松岳) 024-001


プライベート(唐松岳) 025-001
          カボチャと野菜のポタージュ
プライベート(唐松岳) 026-001
          生ハム野菜サラダ
プライベート(唐松岳) 029-001
          ツワブキ煮
プライベート(唐松岳) 027-001
          サケとキノコのホールド焼き          
プライベート(唐松岳) 030-001
          白馬ポーク
プライベート(唐松岳) 031-001
          デザート

オーナーの奥さんがシェフでした。
10人?の宿泊でしたが、手のこもった食事で満足しました。
1泊2食付で9720円はリーズナブルでレピーとのお客さんが多いそうです。
今日は疲れたので続きは明日…
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク