FC2ブログ

「自然の博物館」をつくる会・講演

昨日に続いて、市の広報で知った講演に行ってきました。
題目は…『勝丸恭子の天気と天気予報のヒミツ』です。

自然の博物館をつくる会 002

昨日の題目と同じでしたが、今日は部屋の前のほうで聞くことができました。
NHK広島放送の毎日18:00頃から天気予報をされています。

自然の博物館をつくる会 004

番組の中でお天気に関連したクイズを出されていますが、勝丸さんがぜ~んぶ考えて
いるそうです。

今日は3問ほど出されました。
その中で、広島県で新しく品種改良されたお米のクイズがありました。

自然の博物館をつくる会 005

正解は緑の「恋の予感」です。
このお米は今年、黒瀬町の友人が初めて作り玄米を定期的に届けてもらい
現在食べているお米です。
地球温暖化で暑さに強いお米だそうです。
で…勿論、正解。

7月の豪雨災害で過去明治時代からの慰霊碑を直接、探して確かめたそうです。
今回の災害地がまた、被災されたことが重大です。

自然の博物館をつくる会 006

「地域の砂防情報アーカイブ」で検索すると過去の災害情報が詳しく書かれています。

自然の博物館をつくる会 007

地球温暖化がこれからも続くことを想定して未来の天気予報と題して
2100年なんて82年も先のことで、ほとんどこの世に居ませんが、凄いことです。

自然の博物館をつくる会 008

埼玉県、45度 群馬県44.4度、広島県42.6度…

自然の博物館をつくる会 009

真夏日は…

自然の博物館をつくる会 010

今年は普通に35度cくらいで本当に狂ったように暑い日が続きましたが、42.6度cなんて
想像できません。

現実に起こった災害に対して山、川、海に近くに住んでいる時の心構えを話されました。

自然の博物館をつくる会 011

気象情報が発表される時間は一日に3回だそうです。
1週間先の予報が知りたい時は 11時以降
翌日のお天気が知りたい時は 17時以降

「NHK ニュース・防災」がお勧めです。

自然の博物館をつくる会 012

70分があっという間に終わりました。
勝丸さんが気を付けておられる事は、子どもからお年寄りまで、分りやすい言葉で
わかり易く話すことだそうです。
本当にそう感じていました。

終わってから写真を撮らせていただきました。

自然の博物館をつくる会 013-001

「自然の博物館」をつくる会の資料をもらって帰ったので活動内容をよく調べて
入会を考えてみようと思っています。

      自然の博物館をつくる会 014-001

スポンサーサイト



南区安全・安心なまちづくりフェステイバル

県産業会館で「南区安全・安心なまちづくりフェステイバル」があり、
14時から題目「防災教室」として気象予報士 勝丸恭子さんのトークが
ありました。

003-001_201812082059559be.jpg

NHK広島放送局『お好みワイドひろしま』『ニュース845』などの気象
情報に出演中の気象予報士・防災士です☻海田町出身。

katsumaru_16-e1491539460911.jpg

明日は、旧広島大学東館で「自然博物館をつくる会」で彼女が講演
されるので聴講にいきます。
「自然博物館をつくる会」はNPO中国山地自然史研究会が関係され
ているようなので、河野さんに会えるかもしれません…

倉橋島 岳浦山

2日に呉市倉橋の岳浦山に行ってきました。
12月のお天気とは思えないほど暑い一日でした。

岳浦山 M 009
          珍しいキノコ…まるでバラの花みたい(Mの写真)→カワラタケと判明

登山口は西宇土です。
道を1本間違って歩きましたが、途中で修正…
尾根までは沢があったり、荒れた登山道でしたが

写真グループ(岳浦山) 002

尾根に出るとまだ紅葉が残っていてきれい。

P_20181202_113752-001.jpg

岳浦山 M 003-001
            Mの写真

季節はずれのヤマツツジも

写真グループ(岳浦山) 012-001

山頂と下山の分岐

写真グループ(岳浦山) 018

ここからがロープガあって急登が続きます。
岳浦山山頂は木が茂り展望はまったく無し
昼食は折り返した少し広くなったところで

下山は分岐から大向へ
大岩で今日初めて山人に出会いました。
写真は了解を得て

写真グループ(岳浦山) 021-001

島独特の岩

写真グループ(岳浦山) 014-001

右から回り込めばこの岩に登れるようだったが、やめておいた。

写真グループ(岳浦山) 022-001

サンキライが大きな実をつけていっぱいありました。

     岳浦山 M 008-001

200m位のところにこんな石垣で囲んだ遺構が点在していた。
きっと、戦時中の砲台跡だろう

写真グループ(岳浦山) 024-001

ほぼ予定通り15:00に大向登山口に
7月の豪雨の時の災害跡があった

岳浦山 M 023
          Mの写真→名前は? →ボタンヅルでした。→センニンソウの間違い

前から気になっていた岳浦山、地図読みのいいトレーニングになりました。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク