FC2ブログ

岩屋の観音さんへ

昨年7月の西日本豪雨災害で入山が規制されていた岩屋の観音さんへは
みくまり神社からの入山は禁止されていますが、神社の手前のトイレがある
ところからの入山は制限されていません。
尾根までは急登ですが、途中のどこかに珍しい白い色のツツジが咲いている
とH川さんが聞いていたので注意して登っていると前方にありました。

P3303270-001.jpg
        シロヤシロ

確かに山で見るシロヤシロは珍しいと思います。
普通の山ツツジはもう満開です。

P3303268-001.jpg

尾根道は中国自然歩道なので広い登山道です。
今日は植物観察なので樹木の花を探しながらゆっくり歩きました。

P3303271-001.jpg
          ザイフリボク

手の届くところに咲いていたので写真も撮りやすい

 P3303272-001.jpg

P3303273.jpg

白色のヒサカキはよく見ますが、ピンクのヒサカキは珍しいです。
登山道脇に咲いていてこれも近づいて撮れます。

P3303275-001.jpg

何の木か分からなかったので帰ってから本で調べてみたら
月桂樹の花でした。
葉っぱを乾燥させたものはローリエと言われている香料

P3303276-001.jpg

いつも登っているところと、この自然歩道との分岐からはいつも通りですが、
岩屋の観音さん址から展望岩への道は初めてのところを案内してくれました。
展望岩の直下にある摩崖仏?です。
初めて見ました。

P3303279-001.jpg

P3303282.jpg

手前のところに咲いているのがシキミの花です。

P3303281-001.jpg

帰りは88観音さんがあるところを下りてみました。
登山道の真ん中に座っていたり、山の中に座っていたり、墓所の中に座っていたり…
建てられた大昔は参道沿いだったのがその後、広い道ができたりお墓が出いたりして
変な感じになったんでしょうね…
どれも大きなお地蔵さんで立派でした。

岩屋の観音さんはトレーニングにちょうどいいところですが、いつも同じコースしか歩いて
いなかったので、今日は新しいコースを教えてもらって、樹木の名前も勉強できて楽しい
一日でした。

H川さん、案内してくれてありがとう。
スポンサーサイト



安芸太田市の大土山

23日の更新をうっかり忘れていました。
ずっと前から気になっていた山で、グループの個人山行です。
大土山憩いの森キャンプ場が登山口です。

     P3233236-001.jpg

なだらかな登山道を行くと30分くらいで開けた一帯に出ておおきな鳥居に向かっていくと

P3233238.jpg

おおきな鳥居に『天岩座(あまのいわくら』と書かれていた。

P3233239.jpg

奥の巨石群一帯を聖地と遥拝する自然の構造になっているそうだ。
説明板には最大の岩が天照大神、猿田彦大神、豊受姫大神、天宇受賣命、弁財天女大神、
などなどが祭られているようです。

P3233240-001.jpg
           天照大神

大鳥居のところまで引き返して尾根を778ピークを目標に合わせて進む。
登山道は土塁の上を歩く状態でとても歩きやすい
ピークから緩やかに左へ行くがずっと土塁の道だった
こんなに長い土塁は初めてで境界杭が埋め込んであったので境界で
こんなに立派な土塁がよく作られたものだと、歩くには楽だった。
目標の念仏岩までの尾根サイドには馬酔木の群生が続きこれほどの
群生は初めてだ。
ただ、今年は馬酔木の花が本当に少ない。

      P3233243.jpg
         念仏岩

念仏岩と書かれていたが、と大きな岩に『南無阿弥陀仏』と彫り込まれていた。
南無阿弥陀仏ということは浄土真宗?

P3233244-001.jpg

この一帯は岩海になっている?
800mの山頂は中継塔の横で眺望もなく全くつまらない(怒
昼食をとっていると小雪が舞いだして寒くなってきたので、レインを着た

潜岩へ行く途中に地図上の道に気を付けていたがをなかった。
前方に大岩が見えてきた
潜岩(こぐりいわ)と読むらしい
こっちが入り口

     P3233258-001.jpg

横向きに中腰で1mも行かないうちに屈んで膝を付けないと通れない
ぎりぎりで挟まれて動けなくなるんじゃないかと冷や汗をかいた。

     P3233248.jpg

全員がくぐることができてホッとした^^;
下山は地図上の道が無かったので林道を
道幅も3~4mくらいあり巨岩がいっぱいあり後でわかったのだが、
この山は庭石の採石場で運搬のための道で広いらしい

P3233259.jpg

だらだらだら…
ダラダラダラ…
ただ道を下って
沢に出たところから逆に上り返して集落跡を探して大反田集落を抜けて
あの大鳥居のあったところへ出た。

結構な距離を歩いたが、よく整備された歩きやすいところだったがまさか雪が降るとは
思わず寒いハイキングとなった。

チームラボ 広島城光の祭

20日、広島城築城400年&RCCテレビ60周年記念の広島城へ
行ってきました。
19日と20日は天守閣へ上がれるという情報でこの日にしました。

暗くなる7時ころに着きました。ものすごい人出です
流れに連れられて行ったところが…
桜の池跡に写ったところがいい

P_20190320_190705-001.jpg

色が変わります

P_20190320_190819_LL-001.jpg

P_20190320_190811_LL-001.jpg

P_20190320_190806_LL-001.jpg

触ると色がかわるんですが…
なかなか思い通りのシャッターチャンスが^^;

IMG_3224.jpg

天守閣へは長い列
天守閣入り口まで70分…
そこから5層の天守まで15分…
天守にいた時間は制限されて2分…
なんのこっちゃ

P3203225-001.jpg

折角撮ったので見てください

P3203230-001.jpg

   IMG_3237-001.jpg

IMG_3250-001.jpg

石崖に鯉の映像が映されて動く写真はピンボケ
長い時間並んだので腰やら膝やらが痛くなって最悪…
予約券を買ってくれた娘には『もの凄く良かった~』とお礼を。

広島県緑化センター・自然観察会

17日は14日(木)の中国新聞「情報交差点」に県緑化センターで自然観察会が
あると載っていたので行ってみました。
ちょっと前に苔の観察会にいは参加したことがあります。無料です。

昨年7月の西日本豪雨で公園内途中のいたるところで工事しています。
今日の自然観察は樹皮の観察でした。
シャラノキは樹皮に特徴があるのでよくわかる木です。

IMG_3194_20190317210726dbf.jpg
          シャラノキ(ナツツバキ)

樹皮の観察にポイントを教わりました。
・樹皮の色 ・手触り ・はげるかはげないか ・割れ目があるかないか ・平滑か
・皮目の並び方 ・枝が付いていた跡などで観察するそうです。

モッコクは江戸五木の一つで庭木の王様と言われている。
特徴は葉柄が赤色
山の木が興味あるので庭木はどうでも…

    IMG_3196-001.jpg
          モッコク

名前はわからないが、木肌のプツプツとしたのが皮目(空気を取り入れる孔のこと)
円形、楕円形、横長、ひし形、いぼ状があります。

IMG_3197.jpg

これも名前は忘れたが、樹皮に細い縦割れの筋があります。

    IMG_3198.jpg

トサミズキの蕾

IMG_3199-001.jpg

あと少しで咲きそう…

IMG_3200-001.jpg

地衣類のコアカミゴケは赤色から濃紫色に変わったところです。

IMG_3201-001.jpg
          地衣類(コアカミゴケ)

これはどんぐりの木で縦割れが大きいのが特徴

   IMG_3203-001.jpg

タマミズキの樹皮はつるつるの肌をしています。
牛田山に2~3所大きなのがあって、実が真っ赤でよく目立つそうです。

    IMG_3204-001.jpg

シキミの花はよく見ますが、匂いもいい香り

IMG_3206-001.jpg

10月ころから咲き始める十月桜がまだ咲いていました。
花弁に特徴がありますね

IMG_3209-001.jpg

ヒノキの葉っぱのようなのはアスナロ

IMG_3210.jpg

他にもたくさん見ましたが、約2時間の観察会…
覚える端から忘れていきます^^

12時になったので終了
可部のM奥さん、Tちゃん夫婦にも偶然会いました。

帰りの道端で踊子草の群生に

IMG_3212-001.jpg
          ヒメオドリコソウ

月末ころには桜が満開になるでしょう。
三本木という山があるので登ってもいいかも…

雪のない小室井山へ

14日は例会でもみの木森林公園の小室井山へ
昨年末の計画のためスノートレッキングを計画していました。
が、…今年は過去にない暖冬で全く雪がありませんでした。
前日に降った雪が何とか雪気分を味わせてくれました。

管理センターからみた吉和冠山は薄化粧

P3143913-001.jpg

多少は雪山気分?

P3143914-001.jpg

高崎山へ向かってスタート
いつもならこちらへは行きません

      P3143916-001.jpg

中途半端な雪で靴底に雪が付きます。

P3143920.jpg

あっという間に山頂です。

P3143925.jpg
       三角点のある山頂

カメラアングルでは… 結構の積雪に見える?

P3143923.jpg

東屋で小休止してダム回りで下山。
東屋を出たところに蕗のとうが2個ありました。
そして、途中にたくさん見つけて

P3143927-001.jpg

公園内では採取禁止の立て札が出ていましたので、これはNGです。
すみませんでした。
申し訳ないので、16人でセンターでをいただきました。

今日が今年最後の雪になるでしょう…

やってきたよ…メジロが

今朝、やっとメジロが3羽やってきました。
庭の玉の浦(日本固有の山椿)が半月ほど前から咲き始め、花弁を
突っついているので鳥がやってきていると思っていました。

IMG_3191_20190313113433b50.jpg

IMG_3191-001.jpg

      IMG_3193-001.jpg

カメラを取りに行って、望遠にセットし、窓をそっと開けて構えるまで
3分…

メジロも花の蜜を求めているのでじっとはしていまあせん。
何とかカメラに収まりました。

可愛い

遅い雪割草

暖冬の今年はもっと早く雪割草が咲くかと毎日見ていましたが
ピンクと白が一輪ずつやっと咲きました。
年々、花が少なくなってきました。

IMG_3185-001.jpg

IMG_3187-001.jpg

何年か前には紫のユキワリイチゲがあったのですが、もうどこかへ
行ってしまいました^^;

でも、今年も咲いてくれてありがとう

more...

水滴がかかって苔がきれい

昨日から降った雨で庭の苔がきれいで撮ってみました。

IMG_3160-001.jpg

写真をクリック→+拡大してみると胞子がみえます。

IMG_3156-001.jpg

苔ではありませんが、え~名前が出てこない→ 黄金シダ(コガネシダ)?

IMG_3180-001.jpg

胞子嚢で増えるのかあっという間にあちこちに増えてきます。
放っておいたら大変です。
でも、これは冬を越したのできれい。

馬酔木が一気に咲き始めました

雨上がりの今日、馬酔木がきれいです。

IMG_3154-001.jpg

IMG_3159-001.jpg

以前はピンクの馬酔木もあったのですが、育ちませんでした。

その後の黄金山

昨年の7月豪雨で黄金山麓の日宇那町の土砂崩れで犠牲者の方がおられるので、
山は控えていましたがそろそろ桜が咲いているかどうか見に行ってきました。
本浦町から北大河町・丹那町へ抜けるの峠のところの山も土砂が崩れていました。

       5黄金山P_20190302_120948

峠から車道を歩いて右側にある最後の民家(2軒)のところから右側に山へ入ります。
標高は150mくらいのところです。
2~30m行くと送電線下に急登があります。斜度は35度くらい?
標高差は60m…
結構しんどいです。ここにもシリブカガシのどんぐりの木があります。

       30分黄金山P_20190302_115550-001

       2黄金山P_20190302_115450

喘いで登りきると山頂の駐車場に出ます。
この道はほとんど知られていないので、いきなり茶店の前に現れると驚かれます。

電波塔のほうへ行く途中にまだ樹齢の若い桜がもう咲いていました。
樹齢5~60年の老木はまだ蕾も堅そうですが…

     黄金山P_20190302_113326-001

展望の利くところで休憩
霞んでいて宮島は見えませんでした。

4黄金山P_20190302_114028-001

家から登り40分、下山35分
丁度トレーニングにいい山です。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク