FC2ブログ

早朝ウオーキングスタート

8月4日から早朝(5時起き、約5㎞、1時間)ウオーキングを始めました。
5月ころからチョッと山を歩いても直ぐバテて、持続気力も失せてきて
これではもうここで山は終わってしまいそうな気がして、一転奮起して
まず、3日坊主にはならないようにと歩き始めて、今日で17回目になり
ました。

これは60m足らずの一応、比治山という山を歩いてて、見つけました。
カラスウリの咲き始めみたいです。

         DSC_0751-001.jpg

歩き始めの1週間は広島高速1号のところまで歩いていましたが、歩道を
ただ歩くだけなので、第2週目は黄金山団地から邇保姫神にコースを変え
第3週目からは比治山コースに変えています。

丘のような山でも急坂があり、トレーニングには十分です。

          DSC_0771.jpg
          出汐交差点歩道橋から2号線・観音方面

          DSC_0770-001.jpg
          出汐交差点歩道橋から東雲・海田方面

6時過ぎはまだ車も少ない。
10000歩にはまだ届きませんが、今のところ約7000歩…
無理をしないで続けてみます。
スポンサーサイト



庄原市・釜峰山(アベマキの巨木群生林)

2日、4ケ月振りで写真GRのプライベート山行をしました。
庄原市口釜が峰釜峰山森林浴公園でアベマキ巨木群生林
(釜ケ峰林木遺伝資源保存林)となっています。

P8024959-001.jpg
          釜峰山(788.2m)山頂

伊与谷集落から狭い、数日前の大雨で抉れた山道を通って大きな駐車場へ停めて
登山口の山門跡から光明寺跡~釜峰神社へと歩きます。
釜峰神社の前も流れた土砂で荒れていました。

P8024954.jpg
          釜峰神社 

釜峰山城跡への途中の社も土砂で道が埋まっていました。
相当な降雨だったのでしょう

P8024956-001.jpg

釜峰山城跡の開けたところに子供たちの学習の為ではないかと思われるものがありました。
ニューヨーク、北京、ソウル、札幌、東京…距離が書かれています

P8024958-001.jpg

P8024957-001.jpg


城跡から山頂への700mピークにかけて7条の堀切があって山城の珍しい防御が分かりました

P8024960-001.jpg

下山は光明寺跡からアベマキの一番の巨木がある方へ行きました
直径は88cm、幹回り2.7m、樹高33mのアベマキです

P8024964-001.jpg

P8024966-001.jpg
      
チゴザサの中に珍しい…キノコ?

P8024969-001.jpg
          ホウキダケ

P8024961-001.jpg
          キンミズヒキ

道すがら出会った山野草

P8024977-001.jpg
         ゲンノショウコ

P8024974-001.jpg
         ノカンゾウ

P8024973-001.jpg
         キツネノカミソリ

P8024953-001.jpg
         ヤマホトトギス

         DSC_0703-001.jpg
               イチヤクソウ

           DSC_0708.jpg
                ヤマイモ

IMG_2540-001.jpg
          キンミズヒキ
          
暑い一日でした。
やはり、バテテしまいました^^;
体力、気力が無くなっています。

で…
新規一転…4日からウオーキングを始めました。

イヌビワ

毎月1日は氏神さんの邇保姫神社へ一日参りをしています。
家から歩いて25分足らず、往復2.5㎞くらいのところにあります。

境内の手に届くところに見つけました。
イヌビワです。

DSC_0693-001.jpg

まだ熟れていませんでしたが、種取の為採らせていただきました。

DSC_0697-001.jpg

イヌビワはイチジク属で実は無花果そのものです。
黒紫色まで熟すと、甘くて無花果のようです。

神社の高い石垣の隙間にも生えていたので鳥が運んだ種が育ったのだと
思います。
熟した種でないといけないかもしれないので後1週間後にももう一度行って
みようと思います。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク