広島椿

6年前に三次の知人から実生をもらって育てていましたが、
5つのつぼみが付き、3日前に咲きました。

広島椿は、眼前に広島湾の海が開け、金輪島を臨む風光明媚な地、
元宇品観音寺にあります。
樹齢約400年の広島椿は、江戸時代初期に浅野長晟公が紀州から移られる際、
妻の振姫(徳川家康の三女)が丹精こめて育てた椿を持ってこられ、
この地に植えたものだと伝えられます。一本の木から数種類の花を咲かせます。
毎年3月のお彼岸の頃、広島椿祭りを催しております。

という由緒ある椿です。
実生からこんなに大きくなって嬉しいです。

       002-001_2015112017115118b.jpg
           クリックするとよくわかります。

   003-001_20151120171152ed1.jpg

1本の木に赤、白、紅白の花が咲きます。

宇品の椿は樹齢400年でもの凄く大きい木です。

img_2279.jpg

鉢植えなのであまり大きくならないと思うので紅白以外の花が咲くかどうかわかりません。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク