玉の浦(椿)

今年も玉の浦(椿)が花開きました。

    タマノウラ 2-002

     タマノウラ 3-001

赤い花びらを白く縁取った、五島が世界に誇る幻の椿"玉之浦"。
その花姿は艶やかで、とても印象に残るものです。
この"玉之浦"の発見は偶然でした。炭焼を生業としていた故有川作五郎さんが
いつものように山(父ケ岳、七ツ岳)に入ったところ、そこには見慣れた椿とは違う、
美しい花がありました。それこそ幻の椿"玉之浦"だったというわけです。
昭和22年のことです。

毎年いい加減に選定しているのでつぼみが偏って付いています。
ざっと・・・100くらい
今年は咲き始めが早いような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

K.Nさん~こんにちは。

もう何年前になりますかね?
色紙に書いていただいた玉の浦椿は一年を通して咲いています。
手入れなどしていないので、自分で頑張って咲こうとしてるんでしょうね。

今年は広島椿も咲きました。
山野草ではないのですが、咲くと嬉しいものです。

いつ見ても可愛い椿ですね。

長崎の五島列島の「玉の浦の椿」,非常に珍しい椿ですね。突然変異の賜物でしょう。毎年,花を咲かせられるとは,余程,手入れが行き届いておられるからでは・・・。呉に,五島列島のうどんのお店がありましたが,先日行ったら,無くなっていました。うどんは細麺でつるつるして美味しかったのですが・・・。お店の名前は,「椿」でした。残念でした。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク