三重県鈴鹿 椿大神社(ツバキオオカミノヤシロ)参拝

29日に御在所岳の途中に鈴鹿にある由緒のある神社へ寄ってみました。
      
        御在所岳  002-001

鳥居前で拝礼し左側を通ります。
この奥に猿田彦大本宮がありました。

御在所岳  003

夫婦円満はもうこれ以上は望まなかったのでっすが、根元が繋がった夫婦杉
(勝手に名前を付けました)があったので、恥を捨て手をつないでしまいました。

御在所岳  005

参道の大杉は昔はまっすぐな道ではなかったのでは思います。
参道にはみ出して立っていました。
昔のままの参道でいいような気がします。

      御在所岳  006-001

      御在所岳  007

拝殿が見えてきました。

御在所岳  008-001

御在所岳  009-001

ぐるっと境内を回ってみました。
この玉を三回撫でながら六根清浄と唱えながらお願いをかけると叶うそうです。

御在所岳  011
このおみくじは持ち帰ることができるので弾いてみました…
息子の気持ちになって…

001_2016110109261185f.jpg

お守りは大黒天様でした。

珍しいものが…

御在所岳  012
                さざれ石
御在所岳  013-001

国歌の『君が代』にあるさざれ石みたいでした。

そろそろ、今晩お世話になる『日向小屋』に向かいます。
鈴鹿スカイラインを走って御在所トンネルの手前にPがあるみたいです。
広い駐車場でした。
裏登山道の入口です。

御在所岳  015

登山道から焼く15分で…

2008年の土砂災害で流された日向小屋は2013年に建て直されたそうです。
歴史はK森さんからよく聞いて訪ねました。

御在所岳 017-001

御在所岳 024

御在所岳  025

御在所岳  021
気温は13度でした。            

御在所岳  031
                6畳個室

御在所岳  032
                20畳の大部屋

2階が寝るところです
20畳の大部屋と6畳位の個室に分かれています。←個室をいただきました。
檜の匂いのする綺麗な部屋で山小屋というより、避暑小屋といった感じでした。
4人の他に団体で10人が今日の泊り客でした。
若い団体はガチャガチャをつけています。クライミングの定宿になっています。
クライミングのことはわからないので話ができませんでした。

さ~あ、楽しみの夕食です。

御在所岳  027
                生ハムレタスサラダと肉炒め

御在所岳  028
                 おでん

小屋代は1泊2食付きで…4000円 
御夫婦で金曜、土日、祝日だけ営業されています。
ご主人はクライマーでもあり、JAC東海支部の会員でもあります。

3年前に京都滋賀、東海支部交流会でこの小屋にお世話になって
御在所を案内してもたった時の写真が部屋にありました。
広島からは16人くらいが参加していたようでした。
写真の下の方です。

御在所岳 001

あいにくと、4人はアルコールに弱いので500mlので十分です…
協力できなくてどうも(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン

何もすることもなく、7時ころにはお布団の中…
何度かおトイレに行きましたが、ウオシュレットでした。
明日はいよいよ、御在所岳です。6時に起きます
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

Rちゃん~こんにちは。
ぜひ、是非…手をつないで見てください。
一緒に行った山友達にも手をつないでもらったので
恥ずかしいのはお愛顧かなって…

rちゃんはキモいって言わないかもよ。

chocoちゃん~こんにちは。
椿大神社は夫婦円満…とあったのでもうこれ以上は
どうかと思いましたが、つい手を繋いでしまいました。いい年をして、不覚。
裏登山道から中登山道へ下りました。
午前中、滑落事故があって中登山道からの登山者で大渋滞してて時間がかかりました。

こんにちは^^
私も今度手をつないでみたいと思います(笑)
娘に気持ち悪いって言われそうですが(苦笑)
難しい年ごろなので(笑)

こんにちは~。
来られたんですね。
手をつないだ写真がいいです。
ちょっと照れながらの表情がすてき。
いつも仲良しですね~。
登ったのは裏道?中道?
泊まりが裏道だからどっちなんだろうと思って。
楽しみに次の報告まってま~す。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク