里山ハイキング講座で安芸小富士へ

前日の土曜日は生憎のでしたが『五人てるてる坊主』が頑張ってくれて

1010IMG_6945.jpg

10日はとなりました。
ここ最近はこの子達のお陰でお天気に恵まれています。

広島港9:30発の似島行きのフェリーに乗ります。
今日の受講生は9名です。
今月から新規受講生が一人増えました。

フェリーから撮った似島です

1010IMG_7096-1.jpg


似島港へ10:07到着
コース説明とストレッチをして出発です。
港から少し左に行くと案内版があります。
狭い路地を通るのであちこちにわかりやすく案内板があります。

1010IMG_7075.jpg

登り始めは舗装された急坂ですが、約30分で尾根に出ます。
蚊が異常に多くて小休憩はあと10分頑張って下山道の分岐の少し見晴らしの利く所で・・

1010IMG_7078.jpg

ここからはもう山頂まで20分位で歩きやすい道でした。

         1010IMG_7097-1.jpg

下見の時気になっていた木ですが・・
図鑑で調べてみましたがわかりませんでした。
(ネムの木のようなのですが・・)→フサアカシア  ごくうさん~ありがとう

1010IMG_7076-1.jpg

11:55山頂に到着
日陰が欲しいくらいの暑さでした

1010IMG_7098-1.jpg

今月のワンポイントレッスンは『山の楽しみ方』です。
『十人十色で山の楽しみ方は、人それぞれにある』の通りそれぞれです。
湯を沸かしてタイムです。
集合写真を撮って下山です。

       1010IMG_7101-1.jpg

小休憩を取った分岐から展望台コースを下ります。

景色が良くて遠くに絵下山が見えています。

1010IMG_7104.jpg

そして、海上自衛隊の駆逐艦が呉港に向かって航行していました。

1010IMG_7103-1.jpg


13:40展望台広場に到着
ここには遊戯用の大スベリ台があって皆で童心にかえって滑りました。

          1010IMG_7108-1.jpg

こんなのもあります・・

          1010IMG_7112-1.jpg

少し下りたところに『少年自然の家』があってトイレがあります。

1010IMG_7114-1.jpg

似島学園港まで海岸線を20分歩きます
クールダウン体操をして14:50発のフェリーで広島港へ・・
一日暑い日でしたが皆さん元気で瀬戸内海の小島のハイキングを楽しまれました。


関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

なおちゃん~こんばんは^^
そういえば、何時かここでHさんと会われたんだったですよね?
ここはフェリーの便が限られているのでコースは決まってしまいますね。

北岳に行くメンバーが5人いたので5つのてるてる坊主を作りました。
5人の願いが未だに残り続けてるんでしょうね^^

熊さん~こんばんは^^
ご無沙汰しています。

この『てるてる坊主』はよく叶えてくれます。
初めての山歩きをされた方が殆どなのでが、半年も経つと
随分しっかりとした山歩きができるようになられました。
里山とはいえ、楽ではありませんからね・・

こんばんは
お疲れ様でした。
お天気が良くなって良かったですね。
安芸小富士は眺望が良くて登ると気持ちが良いですよね。
コースもいろいろあるみたいだから
また登りに行きたいですね。
てるてる坊主さんはどうして5人なのですか?

こんばんは~

こんばんは~

てるてる坊主ききましたね~

皆さんお元気ですね~

momoちゃん~こんにちは^^
北岳に行く前に『てるてる坊主』を作って
お願いして以来何度もお天気に恵まれています。
岩国は近いのでお願いも叶うと思うので言って下さいね ^笑^

安芸小富士は山頂で2歳10ケ月の子供連れの親子と会いました・・
1時間ちょっとで登れます。
お遊びもできるので是非、行ってみてください。

ごくうさん~こんにちは^^
殆ど下山後のお遊びなので皆楽しそうでした。
山の中にいる時は常に『安全』という言葉を
頭において行動しています。

週末はこちらは秋祭りで子供御輿のお手伝いをします。→孫はいないのですが・・
だから、てるてる坊主は又出しますよ ^笑^

良い天気で何よりでしたね。
てるてる坊主様、私も何かの折にはお頼み申します~。
遊具が楽しそうですね。まだ登ったことがない山なので、子供らが登れるようになったら家族で行ってみようと思います。

楽しそう*^^*娘も喜ぶコースですね^^
皆さん童心に返ってます^^
山の楽しみ方は人それぞれですね。
本当にそうだと思います。これからも楽しんで山登りを続けていきたいと思います。
てるてる坊主今週も宜しくお願い致します(笑)
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク