下見で神ノ倉山へ

21日は8月の里山ハイキング講座の下見で安佐北区井原市(いち)にある
神ノ倉山の下見に行って来ました。
台風6号の影響も殆んどなく日差しもそこそこで真夏には珍しく
ガマンできるハイキングでした。
                       このあたりが山頂↓
7021002-1.jpg

山頂まではでも上がれる山で春は桜を見に沢山の人が上ってくる山です。

7021001-1.jpg

藤の棚公園に三角点があるらしいのですが、見つけられませんでした^^;
見晴らしの利くところで『シラビソ?』ではないかと思われるのが・・

7021016-1.jpg

7021014.jpg
             井原市の町並み             

7021015-1.jpg

しかし、『シラビソ』がこんなところに育つわけないと思って図鑑を見ると・・
実の色が濃紫色してないし・・
四国までは分布しているらしいが、ここは中国地方。
結局よくわかりません。

本番までに調べておかないと・・
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

ふくちゃん~こんにちは。

オオシラビソは信州でロープウエイから見た事のある木だったので、まさか広島の560m
の里山で見るとは思いませんでした・・
白樺の木は中国山間地でも植えられているのは見ますが・・
もう少し、調べてみようと思います。

おおしらびそがが中国地方の山でそだっているのですか。この木はどこでも育つのではないですか。1700Mに育つ大山きゃらぼくを、大山から買って帰りましたが、平地で元気でそだちます。阿東町で大きな白樺を見たことがあります。気温35度ありましたが、植物は育つものですね。おおしラビそも同じではないですかね。

名前・・ありがとう^^

k.Nさん~おはようございます。

オオシラビソではないかとも思ったのですが、長野、新潟、群馬県に
分布しているとどの本にもあるので違うのでは?と思いました。
シラビソだとしても、何故こんな里山に一本だけ生えてる野か不思議です。
8月7日の講座で色が変化してないか観察してきます。

オオシラビソという木では・・・。

マツ科の常緑針葉樹で亜高山帯に生息。別名はアオモリトドマツという木ではないですか。こんな大きな松ぼっくりをどこかで見た事あります。先が丸くなっているのが特徴ですね。エゾマツというのも大きな松ぼっくりが出来ますが,先が尖っています。実は薄緑ですが,段々黒くなるのでは・・・。名も知られてない木や草花が沢山ありますね。

コビトさん~こんにちはv-278
新築へのお引越しも終わってホッとされた事でしょうねv-290

ここも広島市内なんですよ・・
でも、市内からだと一時間以上かかります。
ハングライダーの基地で今日当たりは沢山のハングライダーが気持ちよく飛んでいるでしょうね。

miporingさんのお店に寄れたらいいなって思っていますので、よろしくお願いいたします。
もう一日遅かったらコビトさんにも会えるのにね~

ご無沙汰していました!
すぐ麓まで民家がある山なんですね。
稲も緑がとてもきれいです。
ビニールハウスも多いですね。
何を作られているのでしょうか・・・
月末の燕~常念、楽しみですね。
お天気も良いといいですね。
安曇野かぁ、いいなぁ~・・・
私も1日から行きたい♪っと密かに狙っているのですが
どうなることやら・・・デス
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク