いよいよ卒業の白木山を最後に

11日は天気予報も/で最後の講座として
ほっとしました。
白木山駅に集合しここから広島県で一番標高差(約830m)のある
白木山へ登ります。

登山口からいきなりの階段で・・・急坂になります

里山ハイキング講座 白木山 001

ここらはまだ大丈夫・・・
急坂といってもゆっくり登れば大丈夫です。
白木山はアルプスなどへ行く時のトレーニングの山としてメジャーな山です。

里山ハイキング講座 白木山 002-1

4合目を過ぎた頃から雲行きが怪しくなり…
がチラついてきました。

       里山ハイキング講座 白木山 003

里山ハイキング講座 白木山 004

水のみ場はもうすっかりユキで真っ白になっていました。
最後の足元の悪い道を喘ぎながら登って山頂に着きました。
避難小屋にはもう、10名くらいの登山者がいました。
外はユキで寒いので、お互いに譲り合って昼食をとりました。

里山ハイキング講座 白木山 007-001

里山ハイキング講座 白木山 008


次から次に登山者が登ってくるので、小屋の中でワンポイントレッスンを
する訳にもいかないので、下山してすることにしました。

下山はユキも解け始めていて、ドロドロの道です。
登りよりもっと時間が掛かりました。

白木山 M 003

しかし、3月に憧れの白木山に登れてしかもユキも見れて
受講生の方は感動されていました。
皆、自信を持ったことだろうと思います。

予定通りのJRに乗れて、駅近くの源蔵で皆勤賞の授与と、懇親会を去年の
卒業生も参加してもらって楽しく過しました。
受講生の方からいろんな感謝の言葉をいただき胸が詰まる思いがしました。
でも、2年間を通して受講生は減りましたが、皆見違えるように
逞しくなられました。
4月から他の教室で継続される方、上級講座へ進まれる方、
事情があって今年で止められる方、いろいろですが
卒業してからも、声を掛け合って山登りをしていきたいと思っています。

本当に…ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

chocoちゃん~こんばんは。
春は『三寒四温』で『一雨ごとの暖かさ・・』で確実に近づいていますね。
雪山は雪崩が心配です。

殆んどの受講生は他のクラスで継続されて頑張られます。
2年前に初めて山登りを始められたのが、今ではもう見違えるほど
力をつけられました。
山登りのトレーニングは山でするのが一番ですね・・・

おつかれさまでした

こんばんは。
11日は寒かったですね。
雪の中、先生もみなさんもがんばられましたね。
うれしい感想も、よっちゃんさんがしっかり努められたからだと思います。
生徒さん、これからも山に登ってほしいですね。

私も桜の咲くころくらいから、歩き始めようかな。

NO TITLE

気ままさん~こんばんは。
お天気がすぐれず残念ですね。
登山講座は5年半携わりました。
おとどしの3月は野呂山だったのですが、大雪で山頂は30cmくらいの
積雪がありました。
下山は皆、平均して3~4回滑って転びました。
でも、みんなの忘れることのできない思い出の山になったようです。
雨男返上で雪男になったのかもしれません 笑!

祝卒業

最後の講座を無事終えられほっとひといきですね。2年間お疲れ様でした
雪の白木山はきっとみなさん思い出に残る山歩きになったことでしょう
受講者の方々はこの講座を通して山歩きの楽しさ素晴らしさを知りご卒業ですね


NO TITLE

なおちゃん~こんにちは。

講座最後の山でしたが、「白木山」で皆、自信を持たれたようで
良かったと思いました。
卒業後もまた、一緒に山を楽しむ機会もあるので
最後のお別れはしませんでした。

NO TITLE

Rちゃん~こんにちはv-278
殆んど、全員の方が白木山に登れるかどうか心配をされていました。
広島県では登りたい山ベスト10に入る山ですが、きつい山だと
思われています。
タイムを競って登らなくてもいいので、「ゆっくり登りましょうね・・・」と
言ってスタートしました。
休憩タイムを多くとって登ったこともありましたが、全員元気に登られました。
自信もついてこれからの山登りに生かされると確信しました。



寒かったでしょう・・・・

こんにちは
歩いてる時はそうでもないですが、
寒い山登りだったでしょう・・・お疲れ様でした。
講座の講師先生も卒業ですね。
ご苦労様でした。
講座を受けた方は山でのマナーがきちんとしていて気持ちが良いですよね。
私達は教えられることがいっぱいです。

NO TITLE

おはようございます^^
皆さんに感動を与える事が出来るって本当に素晴らしいと思います。
毎日が本当に充実しているんだなぁっていつも思います。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク