日本百名山・蓼科山 7/31

やっと、最終日のアップです。
もう、新鮮さがなくなってしまいました

今日は最短コースで蓼科山(2530m)に登ることにしました。
夢の平スカイラインで蓼科山7合目まで

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 132-001

唐松林の中を馬返し~天狗ノ露地~将軍平~蓼科山荘と登ります。

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 142-001

途中振り返るときれいな景色だったのですが、デジカメがマクロになったままで
全部、ピンボケでした

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 150-001

登山口から約1時間で蓼科山荘に到着

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 143-001
             蓼科山荘

平日ですが、簡単に登れる山なので登山者が多いいです。
しかし、足場はゴロゴロした岩場で結構疲れます。でも、楽しい

約30分で山頂の蓼科山山頂ヒュッテに着きました。
一寸歩くと…
火山岩ばかりで砂がありません。
山頂ももの凄ご~く広い。
写真の奥に三角点がありました。

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 158

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 153

       唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 154-001
             一等三角点

       唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 155-001

眺望は360度…ぜ~んぶ見えます。
八ヶ岳もすぐ近くに見えます
槍ケ岳も奥穂岳も見えました。
今度、10月には奥穂岳から蓼科山が見れるかもしれません。

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 157-002

しかし富士山は見えませんでした。 
さっきの山頂ヒュッテでカキゴオリを食べました。
氷はちょっとだし、イチゴはチョロットしかかけてないけど、
冷たくて、美味しかった。

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 164
             400円

下山は早~っ
目の前には…
白樺湖の上が車山です。

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 160

下山して、白樺湖の写真タイムです。

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 165-001

唐松岳~五竜岳~美ヶ原~霧が峰~蓼科山 167
             白樺湖と蓼科山

白樺湖は17年位前に来たところですが、なんか湖が狭く感じました。
人造湖ですが、その頃はバブル時代の終焉でしたが、まだ活気があったような?

帰りは然程渋滞もなく、9時過ぎには家に着きました。
5日間は矢張り、長~い。
疲れがドットでました。

そして、ブログアップに半月かかりました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

momoちゃん~おはようv-278

20年前はバブル全盛時代、今とは全然違いますよね。
僕はまだその20年前だったので、そんなに建物はなかったように思います。
今回の例会とプライベートで五竜、蓼科の2座が百名山にカウント出来ました。
そうそう…v-306よりも、かき氷(願わくばv-367)が
一番のご褒美でしたよ。

僕も、腕の日焼け…というより火傷(1ランク)になり水膨れになりました。
治癒に半月かかりました。

NO TITLE

熊太郎がお腹にいる頃、美ヶ原・霧ヶ峰を歩いて百名山の数をかせぎました。
美ヶ原は山なのか何なのか分かりませんね・・・。

白樺湖、私もよっちゃんと同じで、20年前位に見たのと5年前に見たのでは
雰囲気が別物だったような記憶があります。

蓼科でもお天気良くで気持ちよさそうですね(暑いですね)
かき氷なんて!ビールに匹敵する位 魅力的v-238

そうそう、後立山に行かれた人(Hさん)の腕の日焼けがすごかったです。
日差しすごかったのでしょうね。

NO TITLE

Rちゃん~こんにちは。

日本百名山になっていますが、美ヶ原や霧ヶ峰は
山としての名山ではないような気がします。
険しい山ばかりが百名山だとは思いませんが、岩崎元郎の
新百名山もこれからチェックしていきたいと思います。

Rちゃんも早く、アルプスの頂から夕日、ご来光が見れるように
なるといいですね。

NO TITLE

こんばんは^^
さすが百名山!!景色が違いますね^^
いいです!!こんな景色を早くみたいです*^^*

たてしなやま

なおちゃん~こんにちは。

今日も一日暑かったですね~
蓼科は簡単に登れる百名山ですね。
山頂の360度、眺望が素晴らしかったv-398

蓼科山は読めるけど、書けといったら書けませんv-292
何処の避暑地もバブル時代の施設は本当に寂れてて、栄枯盛衰の
感がします。

夏の避暑地とはいえ、矢張り夏は暑い…

蓼科山

こんにちは
蓼科山は山頂がすごい特徴がありますよね。
数年前に登ったので懐かしいです。
途中のガレ場が結構苦痛でした。
ここの名前をどうしてもと~さんが覚えられなくて(笑)
漢字を何度見ても読めないんですよ・・・クックック・・
いいなぁ~またゆっくり行きたいですね~
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク