芸北・霧ケ谷湿原保全及び環境整備活動の参加

21日はJAC HIROSHIMAの自然環境公益事業で主催者となって
霧ケ谷湿原下流の除草作業をしました。
20日の夕方から雪が降り、掛頭山、臥龍山も山頂は冠雪していました。
震えながらの作業になりそうです。
凡そ50人位の参加者です。←保険加入の申し込みで52名と判明しました(4/26)

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 029

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 032

霧ケ谷湿原はノイバラなどが蔓延って湿原を覆い隠していました。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 037
             二川キャンプ場側

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 038
             中間地

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 039
             刈尾茶屋方向

作業前に作業方法の説明がありました。
ノイバラは根が深く横に根をはやして増えていきます。
根こそぎ引き抜くために試行錯誤を繰り返しベストな方法を探っていくとのこと。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 036

3台の草刈隊が湿原に入っていきました。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 055

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 052

刈り始めて暫くして、何かがいる~という声に集まると
広島県絶滅危惧種Ⅰ類の「ミズトモグラ」← 午後から参加された生物学のn博士が
言っておられました。日本固有種。角髪土竜と書きます。
自然館のSさんもn先生も生きた姿を見たことがないそうで、
県内でも殆ど見た者がいない超…超珍獣だそうです。
もの凄く、興奮しておられました。
毛が黒々として艶があり、手は水かきがありました。
神戸モグラなどとは違って頭胴長は8~10cmのちいちゃい可愛いモグラちゃんです。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 078-001
            
お昼時間にケースに入れて、体長などの記録をとっていました。
それから、名残惜しい感じでしたが標本にするのかと思っていましたが、
みんなで湿原に帰してあげました。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 077

皆、一生懸命刈り取られたのをトラックまで運んだり、
ノイバラの棘に刺されながらも怯むことなく、一心に作業を続けています。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 075

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 074

綺麗になりました。
作業終了の3時前にn先生の調査されている「カスミサンショウウオ」の
タマゴや姿を見せてもらいました。

湿原の水路のところにいるんですね。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 081

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 094


千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 079


千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 082-001
             卵胞のなかにタマゴがありました。

霧ケ谷湿原の中を観察用に木道がありますがそこまで綺麗に刈り取りました。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 085

全員で記念写真を撮る前の整備を終えた湿原。
夏にはいろんな高原植物が花を咲かせるそうです。

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 093

千町原野焼き&霧ケ谷湿原保全・環境整備活動 090

予定の時間を2~30分オーバーしましたが、翌々月の6月1日のひろしま「山の日」
県民の集いのサテライトスタジオとして昨年作業をしたこの湿原の上流の整備を
するまでの1ケ月半、どんなになっているか楽しみです。

皆、素晴らしい笑顔で写真に納まりました。
晴れ晴れとした顔ですが、翌日は腰、肩の筋肉痛で殆どの人がぐったりしてたと
思います。

私もそうです…
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

目目連さん~こんにちは。

モリアオガエルはでっかいでしょう?
普通のアオガエルはちっちゃくて可愛いと思いますが
モリアオガエルは気色悪い感じ…

カスミサンショウウオは成長でも8~10cmくらいの大きさです。
もう今頃は孵ってチョロチョロ動いていると思います。
6月1日のひろしま「山の日」県民の集いというイヴェントで
昨年整備したここより少し上流の湿原の整備を致します。

昔の自然に早く戻れるよう地道に活動をしています。

カエルの卵

むかーし。
んーと、16年前だ。
5月下旬に雨飾山を梶山ルートから登った時に、中の池って所で木の枝にモリアオガエルの卵を見つけて感動しました。
中の池は栄養がいいのか、巨大な水芭蕉もありましたね。

カエルの卵で思い出しました。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク