遅咲きのリンドウ

やっと、リンドウが咲きました。
夏場に背たかく成長して、葉っぱが焼けてしまってダメかと思っていました。

     庭の山野草 001-001

3~4日後のリンドウ

     リンドウ003001


 リンドウは本州~奄美諸島の山野に自生する植物で(近縁種も含めると
ほぼ日本全域に分布しています)。
秋空に映える濃い青紫色の花は野趣・美しさ・かわいらしさなどを兼ね備えた
日本人の心に響く古くから親しまれてきた野草ともいえると思います。
厳密にはリンドウは学名で「Gentiana scabra var. buergeri」と
呼ばれるひとつの種を指すのですが、近縁種や変種もひっくるめて
「リンドウ」「リンドウ類」と呼ぶことが多いような気がします。

そして、キチジョウソウも沢山咲き出しました。

   005キチジョウソウ

キチジョウソウ(吉祥草、学名:Reineckea carnea)はスズラン亜科の常緑多年草。
日本国内では関東から九州、また中国の林内に自生し、栽培されることもある。
地下茎が長くのびて広がり、細長い葉が根元から出る。花は秋に咲く。
ヤブランにやや似た穂状花序で茎は紫色、花は白い花被が基部で合生し筒状と
なっている。果実は赤紫色の液果。
家に植えておいて花が咲くと縁起がよいといわれるので、吉祥草の名がある。

これは何処から嫁に来たんだっけ?

ヒメツルソバも…
いくらでも広がって咲きます。

庭の山野草 002

ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)とは、タデ科の植物の1種。別名はカンイタドリ、ポリゴナム。
ヒマラヤ原産。
日本にはロックガーデン用として明治時代に導入された多年草。 花はピンク色で、
小さい花が球状に集まった金平糖のような形をしている。 花期は5月頃から秋に
かけて真夏には花が途絶える。冬季には降霜すると地上部が枯死するが、
地面が凍結しない限り翌年には新芽が成長する。
花は小花が球形にまとまっており、内部には種子が成熟する。
葉にはV字形の斑紋があり、秋には紅葉する。
茎は匍匐(ほふく)性。1株でおよそ直径50cmほどに広がる。
性質が丈夫であるためグラウンドカバーとしても用いられる。
種子や株分け、挿し木などで容易に繁殖が可能なほとんど手のかからない
植物であるため、空き地や道端などで雑草化もしている。
近縁に白い花のツルソバ(蔓蕎麦)がある。花も葉もソバ(蕎麦)に似ている
ことからの命名。

今日は、花の詳細を覚えるために資料を引用しました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

やまやまhiさん~おはようv-279
長い間読み逃げしていて済みません。
いろいろ行かれていますね…

庭は山野草が95%占めています。
山野草展や、道の駅で買ってきますが4~5年すると
ひっそりと、知らない間に召されています。
山野草は単年性が殆どなので、春の芽吹きが楽しみですね。

ちゃんと「ヤマグワ酒」はとってあります。
「田部井式干し柿のしそ巻き」はまだこれからなんで
ご一緒の時にもって行きますよ…

NO TITLE

こんばんわ。
なかなか、ご一緒できる機会が無くて・・・。
山クワ酒、干し柿の紫蘇包みを味見できません。残念です。
山野草も育てておられるのですね。
我が家も色々と植えたのですが、枯れてしまいます。
草だけは立派に育っています。冬になり枯れるのを待っています。

NO TITLE

Rちゃん~こんばんは。
山で見るリンドウは特別可愛いですが、家に咲いた
リンドウもけな気で可愛いですね^^

我が家の干し柿はサランラップで包んで冷凍庫で
仮眠中です。
山にもっていく時は、種を出してから塩漬けした紫蘇で
包みます。←これ、田部井さんから聞きました。

NO TITLE

こんばんは^^
山で見てまた自宅で遅咲きのリンドウを見て贅沢です^^
花の事詳しく書かれて何度か読まないと頭にはいりませんでした(笑)
今日はよっちゃんさんのように干し柿を作りましたよ^^/
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク