雲月山山焼きボランテイア

12日は北広島町の雲月山の山焼きのボランテイアに行って来ました。
早速、その記事が出ていました。

    002-001_20140413101001cb4.jpg

約200名の参加のようでした。
昨年は積雪で中止だったので2年ぶりになります。

いつもの何故山焼きが必要かといったことの説明があります。
小学生も30人くらい来てたのでいいことです。

雲月山山焼きボランテイア 001-001

7班に分かれて作業開始です。
オレンジ班の7組は駐車場のところの東屋から谷沿いを上がったところの
山道(防火帯)の上を刈ります。

雲月山山焼きボランテイア 003-001

昨年度に雲月山野生生物保護区の指定を受け看板が設置されました。
立派なトイレもできていました。

雲月山山焼きボランテイア 005-001
             5人くらいが歩いていますが、そのずっと左のほうから
             刈りました。              

こんな風に法を刈ります。
斜度がきついところは刈った草を跳ね上げるのがきつかった…

雲月山山焼きボランテイア 006

刈った後にはもうショウジョウバカマが花をつけていました。

雲月山山焼きボランテイア 008

防火帯の作業は11:30まで
お昼を取りました。
参加費は500円ですが、お弁当と地元のご婦人がつくってくれた暖かいうどんと
『芸北オークガーデン』の入浴券(期限無し)600円もおまけでいただきました。

雲月山山焼きボランテイア 010-001

雲月山山焼きボランテイア 011
             北広島町の消防隊も30人以上いたかな?

13時頃からいよいよ火入れです。
これも各班ごとに山頂へ移動したり道路際の消火を受け持ちます。

雲月山山焼きボランテイア 013

約8ヘクタールの半分ずつに分けて焼きました。
火入れの開始です…

雲月山山焼きボランテイア 016

雲月山山焼きボランテイア 018

雲月山山焼きボランテイア 021

熱くて側に立っていられません…
バチバチと大きな音を立てて燃えます…

雲月山山焼きボランテイア 023

前半の終了

雲月山山焼きボランテイア 027

雲月山山焼きボランテイア 042


前半は早く焼けましたが、後半は小雨が落ちてきて中々火がつかず
30~40分は震えながら見守っていました。
山頂部は煙と風でで相当辛かったようです。

雲月山山焼きボランテイア 039

左の方に東屋があります。

雲月山山焼きボランテイア 036

終了予定の4時が40分くらい遅くなりました。
終わって下りてくる人たち

雲月山山焼きボランテイア 040

雲月山山焼きボランテイア 041

すっかり真っ黒けになった全景

雲月山山焼きボランテイア 043

山焼きは自然では植物も小動物も死ぬことはありません。
土から下5cmは熱くないそうです。
植物も今は根にエネルギーを蓄えていてこれから一斉に芽吹いて来るんだそうです。

5月にはいろんな花が咲き始めます。
咲く頃に来てみるつもりです。

NPO西中国山地自然史研究会のS川さんは何時も最後に
いろんな関わりのある方に感謝しましょうと言って締めくくりされます。

お世話になりました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

気ままさん~おはようv-278

このボランテイアはJACの行事ではありませんが、「NPO西中国山地自然史研究会」が地元と共同して山焼きを34~5年前からされています。

私も、今回で4回目くらいです。
5月中旬くらいに行くとお花がたくさん見れるので楽しみです。

NO TITLE

Rちゃん~おはようv-278

お天気がお昼から悪く(小雨)なってきたので、火入れに時間がかかり
4~50分遅れました。
でも、一旦火がつくと轟音をあげて火が斜面を上がっていく様は
恐怖を感じます。

山焼きと、山火事の違いを感じました。

人生、登山と同じで「山あり谷あり…」まさにその通です。
でも、谷のどん底まで下りるのはいやですがね…

お疲れ様でした(^_^)/

山焼きボランティアお疲れ様でした
それにしても大変な作業ですね
沢山の方々のお蔭で私たちもいろんな花を見ることが出来るんですね
感謝感謝です。
雲月山またいつか登ってみたいと思います

NO TITLE

こんばんは^^
野焼きの炎の勢いといい熱さ圧倒されますよね。
私も参加できる機会があればと思っています。
野焼きの後に一気に花が咲きだす事も不思議な気がして
今日はとても嫌な一日でしたが月を眺め★を見て
山の事を思って心を静めてる所です。
人生って山あり谷ありですね(笑)
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク