御座石鉱泉登山口~鳳凰小屋

26日は4時半起きで6時スタートしました。
西の平までは急登が続きました。

     MSYK(鳳凰三山縦走) 017

燕頭山までは途中、旭岳を経由します。
コースタイムは2時間半ですが標高差800mのもっと急登で30分で休憩を
取りながらゆっくり無理をせず歩きました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 019-001

燕頭山は2104mの三角点があります。
唐松の大木が丁度腰をかけるのにぴったりです。

      MSYK(鳳凰三山縦走) 020-002

     
燕頭山からは標高差約300mをゆっくり2時間かけて歩きました。
こんななだらかな登山道があるとは…

MSYK(鳳凰三山縦走) 023

鳳凰小屋近くの砂礫の歩き難いところ

MSYK(鳳凰三山縦走) 024

計画ではコースタイム5時間40分(休憩無し)のところ8時間を見ていましたが、
7時間で歩くことができました。
30~40分(10分休憩)を1ピッチで歩くと随分楽です。

鳳凰小屋(2382m)には13時05分到着

MSYK(鳳凰三山縦走) 028

テン場は既にいっぱい…

MSYK(鳳凰三山縦走) 043

早速みんなで乾杯~
スーパードライは600円。

MSYK(鳳凰三山縦走) 025

夕食作りにはまだ早いので、お花を探して…

MSYK(鳳凰三山縦走) 033-001
         クルマユリ

MSYK(鳳凰三山縦走) 035-001
         ウサギギク

       MSYK(鳳凰三山縦走) 036-001

SYK(鳳凰三山縦走) 014-001
           タカネグンナイフウロ(日本固有種)          
  
          SYK(鳳凰三山縦走) 016-001
           エゾシオガマ(日本固有種)           

SYK(鳳凰三山縦走) 056-001
          カラマツソウ 

        MSYK(鳳凰三山縦走) 098-001
          ミネウスユキソウ

SYK(鳳凰三山縦走) 015-001

種類はたくさんありませんでした。

鳳凰小屋は水が豊富でとても美味しいです。
勿体無いくらい流していました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 037

環境面からすると小屋の雑水や炊事粕や皆垂れ流しで、沢に流れていました。
トイレは小奇麗に管理されています。

Mシェフがまず、ラーメンを
次にお好み焼きを30枚くらい焼いて数名の登山者に振舞っていました。
皆に注目されていました。

MSYK(鳳凰三山縦走) 042

明日はここから地蔵岳に…
ご来光が4時45分なので、観音岳まで行くには3時出発になるので
みんなの意見を聞いて中止。

MSYK(鳳凰三山縦走) 039

Dさん、Aさん、Oさん、Mさん達はオベリスクから夕日を見たいと
5時から地蔵岳に登りに…
でも、夕日は7時半頃で待ちきれず帰ってきました。
元気…

明日は6時出発で7時から寝ることに
11時前には目が覚めました。

オベリスクは明日に続く~
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク