安佐北区土砂災害ボランテイアに参加して

28日、思い切ってボランテイアに参加してきました。
特に被害の大きい安佐南区は毎日放映されていますが、旧市内から23~4km奥の
安佐北区の被害については余り放映されていないように感じています。

それで、仲間を誘って4人で行ってきました。
公共の交通機関を使ってとありましたが、迷った挙句車で行きました。
8時30分からの受付にたくさんのボランテイアの方が集まっていました。

10人以上車の人がいましたが、センターの方も言ってることと違いますが…
と前置きされ、車で遠くの災害復旧本部まで参加者を乗せてくださいと
言うことでした。

遠方とは大林地区のことです。
ここには先日、K岡さんを訪ねて行った所であり、願いも叶ったりでした。
k岡さんを探しましたが今日はお休みとか・・・
きっと疲れがでたんだろうと思っていましたが、終了後電話をすると
今日も朝からずっと出ておられたそうでした。

受付で注意事項を聞き5人である方の家に行きました。
既に、床下の泥は排除されていたので家周りヘドロなどを取る作業をしました。
最初はこちらの4人と便乗された方5人で作業しました

安佐北区災害復旧ボランテイア 007

ヘドロの匂いがきつくて大変でした。
細かいところまで皆必死に作業しました。

作業開始して20分後くらいに阿蘇市公衛協のベストを着た20人くらいの内7~8人も
加わって作業が捗りました。

安佐北区災害復旧ボランテイア 008

お昼の時間に聞いてみると、本来は県外からのボランテイア参加は見合わせて
下さいとの事だったが、2年前に阿蘇市の大雨被害の時広島市からボランテイアに
来ていただいたのでお手伝いをせねばと3時に到着、仮眠もできないまま作業に
参加したそうです。

安佐北区災害復旧ボランテイア 009


土嚢が重くて腰はいたけど、それぞれモクモクとヘドロを取り除きました。
5人で数えてはいませんが100ケ近くあったのでは?

安佐北区災害復旧ボランテイア 014

お隣のお家も大勢で動くと見る見るうちに綺麗になっていきます。
この一帯の上のほうを見ると土砂、大木がアチコチにありました。
悲惨で写真には撮れませんでした。

瓦礫置き場もいつの間にかいっぱいになっています。
重機が頼もしく見えました。

安佐北区災害復旧ボランテイア 013

運ばれてくる土はまさに、マサ土で大きな重機が乗っても一度絞まると崩れません
このマサ土が水を含むと一変に泥化してしまいます。

3時までの作業時間でしたが、少し早く終わっておうちの方も大勢で隅々まで綺麗に
していただき感謝のしようがありまっせんと仰ってくれました。
笑顔を見ると、疲れも飛びます。

また、様子を観てボランテイアに参加するつもりです。
参加を悩む前に行動を起こせば、いろいろお手伝いすることがあります。
・・・ということを今回思いました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

chocoちゃん~こんばんは。

長い間コメ返せなくてすみませんでした…
症状がでず、手こずったようでした。
購入時にギガアッぷのため追加で付けたメモリー基盤が原因のようでまだ、
部品待ちです。
で・・・今日一時帰宅させてもらいました。
メールが何やかにやで335件入っていました…

ボランテイアは気持の問題なのでできることは微々たることですが何か
しなければと行動を起こす気持ちになっただけです。
落ち着けば登山道整備などの作業ができればと思っています.

大切な山仲間の職場が土石流で全壊し、無残でした。
中々ニュースで取り上げられず、最近やっとTVで放映されました。

NO TITLE

Rちゃん~こんばんは。

長い間、コメントが返せなくてすみませんでした。

パソコンが今日仮退院しました。
まだ、部品交換待ちで半月後に修理(通院)に入ります。

この日のボランテイアはとても喜んでいただき、疲れも飛びます。
次は4日の予定です。←雨で7日に延期済。

NO TITLE

こんにちは。
やはり・・・絶対参加されるんじゃないかと思ってました。
頭が下がります。お疲れ様でした。
テレビの映像で、赤ちゃんを抱っこしたお母さんが怖かった様子を話しているのを見たりしましたが、ちょっと辛くて見てられませんでした。
あまりの被害の大きさに、言葉も出ません。
でも、よっちゃんさんのように、たくさんお手伝いされる人もいて、勇気づけられるでしょうね。不安な気持ちが少しでも和らぐのではないでしょうか。

NO TITLE

こんばんは^^
お疲れ様です。
皆さまの笑顔で疲れも吹っ飛びますね。
本当に頭が下がります。
福岡でも何かあれば私もボランティアに参加した井と思います。
本当にお疲れ様でした。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク