恐羅漢山スノーハイク…沈

17日、久しぶりにTちゃんも一緒に行ったけど、牛小屋駐車場に着いた
途端に吹雪になりレストハウスに入って様子を見ていましたが
トレースも消える恐れがあったので、断念しました。

恐羅漢山…沈 001

恐羅漢山…沈 002

4躯でないのでつるんつるんの雪道を肩、コリコリになってきたのに…
マークⅡはsnowドライブがあるので雪道でも運転は楽です。

恐羅漢山…沈 003-001

ここまで来たのだから、レストハウスでうどんを食べることに
2~30分してもますます吹雪は収まらず、リフトの頂上部も全く見えなくなって

諦めて帰ることに…
途中、深入山へも寄ってみましたが…

恐羅漢山…沈 004

恐羅漢山…沈 005

ここは、木がないのでもっと吹雪くとたまらんので、気も失せて…
車の中で、ゆず湯を飲んでいたら、8人の団体が来てピッケルを
持っていてるのが3人くらい、そのくせストックの先は夏用のまま?…
車のナンバーが福岡だったので雪のないところから来たのでわからないのかなど
興味で見ていました。
何人かはワカンやスノーシューを持っていましたが、履く様子もなくザックに
付けたまま登って行きました。

    恐羅漢山…沈 008-001

ズボ足で歩けるところじゃ~ないと思うけど、どこでワカン履くんかね?
とま~、余計なことを話しながら見ていました。 あ~ぁ
でも、いくら深入とはいえ12時過ぎから登たらいけんじゃろ~?

家で留守番していたbelleは帰りが早かったので驚いていました。

ところで、昨年、ここを歩いた時はしょっぱなから道迷いをし、夏焼峠からも
吹雪かれてホワイトアウトでトレースもなく大変でしたので
今回は地図ももっと詳しく用意して行ったのに…

恐羅漢山 2 002

細かく高度と度数を入れています。
ただ、その現在地が特定できての話ですが…
GPSがあれば現在地がわかるのでベストなのですが。
雪山ではコンパス、地図は絶対に必要です。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

やまやまhiさん~こんにちは。

今頃は必死にラッセルしてるところでしょうね…
お天気も良さそうで。

ホワイトアウトは嫌です。

NO TITLE

登山口まで行かれたのに残念でしたね。
風のある雪山は無理をしないほうが良いですね。
帰りのトレースがなくなって焦ったことがありますよ。
まだまだ、雪の季節は続きますので、天候をみて再挑戦してください。

NO TITLE

chocoちゃん~こんにちは。

マークⅡ、まだまだ乗れますね…と言うより買え替えれないのですがv-395
車検後に足回りを10万近くかけて修理したので尚更ね…

地図は使えますよ。
ホワイトアウトに遭遇すると絶対に地図がいります。
習慣づけたら地図は何でもないのですが…
chocoちゃんたちも地図を大切にしてくださいね

NO TITLE

ふくちゃん~こんにちは。

恐羅漢スキー場は県内でも積雪多いいところなのでまた何時でもいけます。
ただ、吹雪かれると稜線で広いところが続くので道迷いも起き易いところです。

去年、莇ケ岳のスノーハイクは積雪もあって大変でした。
弟見山までの予定でしたが、タイムアップで断念しました。

福岡は今年は雪が少ないそうですね…

NO TITLE

信ちゃん~こんにちは。

一日違いで吹雪き、快晴。。。
無理してもしんどいだけですぐ中止が決まりました。

また、お天気のいい時にいつでも行けるので。

こんにちは

残念、お天気悪かったんですね。
地図の準備等、次回に使えるのかな。次は晴れるといいですね。
最近、雪の事故が多いので、お気を付けください。
マークⅡ、すごい!がんばりますね。
うちも今月やっとスタッドレス買いました。

NO TITLE

恐羅漢山は雪が深いですからね。すきーには良いところですね。ちょっとの違いですが冠山系より雪が深そうです。福岡県人はうろうろしますからね。弟見山にカタクリを見に行ったとき、川で釣りをしているのも福岡県人ばかりでした。

NO TITLE

こんにちは。
やはり雪は多いですねぇ~~
スノーハイク、せっかく行ったのに残念でしたね。
けど安全第一ですものね。
私どもは昨日、高崎山でした。
大分の山友さんからのお誘いで、ふーふー言いながら登ってきました~。

NO TITLE

momoちゃん~(^_^)/おはよー。

この日はv-277v-276予報でしたが、
途中も風もなく、晴れ間も出ていましたが…
10時ころ着いた途端に吹雪き始めて暫く様子を見てたけど、
無理することもないので止めました。

深入も登山者はいませんでした。

NO TITLE

この日は風が強かったですし、
雪山に入るには検討が必要でしたね。
深入山の人たちはいつどこまで歩いたのでしょうかね・・・

次の山行は良い天気であることを祈って。。。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク