気分転換に…花尾山へ

11日はOliveさんと『ぱ~っとしよう…』ということで松島さんの
「ちゅうごく 山歩き vol 2」から長門の花尾山を選びました。
コースはガイドとは逆を歩きました。

市ノ尾構造改善センター(普通の集会所)が登山口となるが、
駐車もトイレも解放されていて利用できる。
出発直前から通り雨で土砂降り
15分雨宿りをしてスタート

沢沿いを歩くが改造センターでもらった絵地図にもミニ屋久島と
書いてあったが、苔むした岩が雨上がりということもあるが
素晴らしい。
この木はタラの木です。直径は22~3cm…高いところにタラの芽が出ていた。
こんな、タラノ木が何本もありました。

    花尾山ハイキング 002

こんな道がず~っと続きます。
苔は木の幹にまでびっしりと付いています。

    花尾山ハイキングM 012

ガイドブックにも載っていた、樹齢200年以上の桂の木
葉はまだ芽吹いたばかりでの形は見れませんでした。
              
  花尾山ハイキング 009-001

さらに、さらに…苔の岩海を歩きます。
ヤブツバキもシャラの木も群生しています。

花尾山ハイキング 007

花尾山ハイキング 015-001


これも桂の巨樹です。
この樹にもコケがびっしり付いています。
沢の水が多いいだけではこんなに苔は付かないはず…
屋久島は年間400日?くらい雨が降ると言われているから苔むすのは
わかりますが…

花尾山ハイキングM 024-001

滑滝(なめらたき)に出ました。
おとなしい滝です。

     花尾山ハイキング 014-001

尾根の座禅石からは山頂まで600mの表示

花尾山ハイキング 016

山頂が見えた~~
                        
花尾山ハイキング 017-001

山頂直下の3~40mがなんと急斜面
コムラ…キンキン

山頂には3~4組の登山者がいました。
結構、若いカップルも。

花尾山ハイキング 022

花尾山は1等3角点でした。

     花尾山ハイキング 019

見渡すと、秋吉台… 門司方面
なおちゃんたちはこの日、ここら(秋吉台)を歩いていたんだって…

花尾山ハイキング 020-001

山頂の谷からガスがズッと上がってきていたので苔谷の理由がわかりました。
湿ったガスでいつも湿気があって、吹き上がるガスで樹木にもコケがつくんだと…

ハルリンドウを見つけました。

花尾山ハイキングM 039-001

花尾山ハイキング 030-001

花尾山ハイキング 026-001
                 シャガ(射干)

ちょっといろいろあったけど、楽しいハイキングでした。
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

NO TITLE

Rちゃん~今晩は。

山頂は開けていて天気が良ければ日本海が見えるそうです。
片道160KMかけて行きましたが、好きな苔に癒されました。

NO TITLE

こんにちは^^
とても眺めのいい山でお天気も良くて良かったですね^^
苔も美しいです。
プロフィール

yamadaisuki

Author:yamadaisuki
山登り・山野草を育てること・・
そして古木・流木の造作・・
そして書道の様子を綴ります。
(書道は現在お休み中)
気軽にコメントして下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク